akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

24期ワークショップ、賑やかにスタート‼️

2020-09-28 | 活弁
24期活弁ワークショップの一回め、26日、27日、本日と3日に渡って、3~4名ずつで行いました。

役者さん、声優さんもいれば、大阪から参加下さった方も。どのワークショップもとても楽しい2時間でした。
4作品を活弁でご覧いただき、自身が取り組む作品を選んでいただいたところです。

さて、これから5か月で、それぞれどんな活弁に仕上がるか。
これまた、過程も含め、とても楽しみです!

皆様、公演をお楽しみに。
コメント

鎌倉文学館での小津安二郎展

2020-09-22 | 映画・芸術・エンターテインメント
鎌倉文学館での小津安二郎展最終日、活弁好きの友人と伺いました✨
 
一番乗りで、静かにゆっくり観覧できました。
朝は晴れていて清々しい空気。
 
数年前にここに来たのは、与謝野晶子展でした。
当時の館長は小津安二郎作品のプロデューサーも務めた山内静夫氏で、館長室で挨拶させて頂いたなぁと懐かしく。
 
 
 
今日はその後、鎌倉~逗子、葉山と巡り、お招き頂いた海の見えるお部屋で美味しい食事を頂きながら、たくさんお話できました。
 
人生は本当にいろいろですが、
お金の得方、使い方に、その人の知性と品性がよく表れるものだし、人相も変わるものだと痛感。
 
チャップリンじゃないけど
愛と勇気、希望と創造力と
ほんの少しの(暮らしていけるだけの)お金があれば
そして日々笑いあえたら、
幸せだよね
と、確認しあった日でした。
 
コメント

成瀬巳喜男監督セミナー「成瀬映画のここがすごい!」

2020-09-20 | 活弁
昨日は、成城一宮庵での成瀬巳喜男監督セミナー「成瀬映画のここがすごい!」に参加しました。
 
現存する成瀬作品69作をすべて、しかも何度もご覧になっている平能哲也氏(『成瀬巳喜男を観る』の著者)の解説。
 
演出方法、性格など、詳細な分析、小津安二郎との比較も面白く、あっという間の3時間でした。
 
コメント

松竹蒲田撮影所百周年記念蒲田映画祭開幕!「~日本初の女流脚本家水島あやめ~」感謝

2020-09-19 | 活弁
9月18日、松竹蒲田撮影所100周年蒲田映画祭開幕!
最初のイベント「~日本初の女流脚本家水島あやめ~」大盛況の中終えることができました😊
 
永田雅代さんのピアノ生演奏で「水島あやめ物語」。
水島あやめ研究家の因幡純雄さんと一緒に㈱ワイ・プランニングで15分の紹介動画を作らせて頂いたものです。
 
その後、永田さんの「蒲田行進曲」生演奏で再登壇、ごあいさつ。
「開演前に会場に流れていた曲は、『明け行く空』の主題歌。
今回のために永田さんのオルガン演奏、二人の声で、子どもたちが歌っている態で吹き込んだものです。」
 
 
そして、斎藤寅次郎監督、水島あやめ脚本の『明け行く空』(昭和4年)活弁上映。
 
『明け行く空』は、斎藤寅次郎監督の笑いのエッセンスが効いた母もの。
会場からの笑い声とすすり泣きに背中を押され語りました。
 
休憩を挟んで、因幡純雄さんの解説「水島あやめが活躍した蒲田の時代」。
サイレント映画全盛期の蒲田撮影所の隆盛と、あやめの活躍ぶり、『明け行く空』の制作背景など、
さすが、蒲田映画祭ならではの充実の内容でございました。
 
 
 
そもそも、因幡さんとの出会いは、2003年の新潟県六日町での「水島あやめ生誕百周年記念事業」でした。
佐藤忠男先生による記念講演「水島あやめと東洋のハリウッド・松竹蒲田撮影所」、
『明け行く空』活弁上演、パネル展、遺品展が催されました。
 
この時の会場の拍手と、佐藤忠男先生から頂いた言葉が、活動弁士としてやっていく上での私の大きな自信となり、
またその時のご縁が、こうして現在につながっています。
 
 ▲常に『明け行く空』の台本ファイルに入れてある2003年当時のチラシ。
 
 
今回は、斎藤寅次郎監督のご家族や、水島あやめの地元の新潟からもたくさんご来場賜り、
皆様と蒲田撮影所時代に思いを馳せながら、楽しく充実の時間を頂きました。
感謝です✨
 
第8回蒲田映画祭は、10月18日まで様々な催しが続きます!
▲開演前の準備
▲「水島あやめの生涯」リハ
 
▲開演前のチェック
 
▲開場しました。コロナ禍の中、満席のご予約、ご来場、感謝です
 
▼楽屋で2ショット。きれいにヘアメイクして頂きました。
 
 
▲自分じゃできない。
 
▲蒲田映画祭実行委員の皆様と。著書もご購入頂き、感謝。
 
▲水島あやめの故郷新潟県南魚沼市からご来場くださった皆様と。
 
▲斎藤寅次郎監督の息子さん厚生さんと斎藤文恵さん。
そして、先日の横浜野外公演で共演させて頂いた馬場睦子さんと武石さんご夫妻も駆けつけて下さいました。
 
今回、『明け行く空』を初めてご覧になったという寅次郎監督の三男厚生さん(私の隣)より届いたメッセージ
「佐々木さんの語りで作品が助けられて居る!監督もあの世で手を叩いて喜んでいるでしょう!本当に有り難う!」
 
 
またお目にかかりましょう!
ありがとうごさいました✨
コメント

活弁と朗読で楽しむ『不如帰』at高円寺Grain

2020-09-16 | 活弁
昨日は、異業種交流会「横八会」で「活弁と朗読で楽しむ『不如帰』」を開催、私の活弁と唐ひずるさんの朗読で、徳冨蘆花の『不如帰』をお聞きいただきました。
 
コロナ対策でいつもの半数定員、そして、唐さんはリモートでの出演。
 
 
大正11年の映画の後、小説から4か所を抜粋しての朗読、
映像のイメージとともに小説の原文を味わって頂けたなら幸いです。
 
朗読の後の二人の対談も、ZOOMで行いました。
初の試み。
 
 
これまで何度もお世話になった会場高円寺Grainさん、10月4日で閉店は寂しいですが…。
横八会の皆様、本当にありがとうございました!
コメント

第24期活弁ワークショップ(2020年9月~2021年1月)開催!

2020-09-15 | 活弁

★第24期活弁ワークショップ(2020年9月~2021年1月)開催!

今期は、以下の4作品の中から一人一作品の短編を選び、台本作りから語りまで取り組んで頂きます。

①『チビッコギャング・モンキービジネス』 Monkey Business 
1926年 米パテー社作品 11分  製作/ハル・ローチ 
出演/ジョウ・コップ、ジャッキー・コウドン、ファリナ
チビッコギャングたちがおさるを味方に巻き起こす珍騒動。

②『無理やりロードレース』
1924年 アメリカ 11分 
監督 デル・ロード  出演ビリー・ビーバン
250マイル(400キロ)ロードレースに出場する二人のライバル、ガレージ「ブラックキャット」のバード対「レッド・ドッグ」のベン。
賞金25000ドルとヒロインをかけて、どちらが勝つか!?ドタバタコメディ。

③アニメ『のらくろ伍長』
1934年(昭和9年) 横浜シネマ商会作品 11分
原作/田河水泡 漫画・演出/村田安司
ちょっぴり出世したのらくろ伍長が、機密書類を盗んだ山猿聯隊のスパイを大追跡!?

④『弥次喜多 岡崎の猫騒動』 
1937年 大都映画 14分
監督/吉村操  出演/大岡怪童、山吹徳二郎
おなじみの弥次郎兵衛と喜多八が、東海道の宿場岡崎でドタバタ猫騒動。当時のローレル&ハーディ人気にあやかったデブとヤセの珍コンビ喜劇は、大都映画の名物だった。



第24期活弁ワークショップは、9月27日(日)より5か月、基本的に第4日曜日に開催予定です。
(9月27日、10月25日、11月22日、12月27日、1月24日)

密にならないよう、また2月以降に開催する活弁W公演のことも考え、
一作品2~3人にし、10月以降のワークショップは、時間をずらして少人数制にいたします。
(基本的に第4日曜日、班によって別日もあり)
一人で一作品ではなく、複数人で組んで取り組みたい方はそれでもかまいません。


遠方の方、またはコロナ感染対策で、リモート参加ご希望の方も可能です。

マンツーマンのリモートワークショップは、ご都合に合わせますが、一回1時間半とさせて頂きます。

初回は、
①9月26日(土)10:00~12:00 高田馬場ダイカンプラザ1028号室
②9月27日(日)14:00~16:00、高田馬場ダイカンプラザ1階会議室

③上記二日間が難しい方、リモート参加希望者は別途

すべての作品をご覧いただいて(一応私の活弁で)、チョイスして頂き、作品の班ごとに10月以降のスケジュールを決めます。

※24期終了後、希望者は活弁Wフェスティバルにご出演頂きます。

【会場】高田馬場ダイカンプラザ(新宿区高田馬場1-31-8)

【参加費】15000円(一期分/資料代込み)

【申込み・お問合せ】活弁ワークショップ「活弁人声会」
TEL 03-6233-7150 
mail; info@mokuren.gr.jp

【協力】㈱ワイ・プランニング/マツダ映画社

コメント

八潮市バリアフリー上映『おくりびと』

2020-09-12 | バリアフリー映画、福祉
埼玉県八潮市身体障害者福祉センターでバリアフリー上映会を開催頂きました。
81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『おくりびと』をライブ音声ガイドで。
 
通常定員の半分15名限定、市内の障害者手帳をお持ちの方々が来場し、涙しながら皆様とても喜んでご覧下さいました。
庄内の美しい風景とともに、私も久しぶりにこの作品を堪能しました。
 
コメント

9月18日(金)の蒲田映画祭 リハーサル

2020-09-11 | 活弁
9月18日(金)の蒲田映画祭「水島あやめ~蒲田を愛した女性初の映画脚本家」
満席となりました。
 
今日は永田雅代さんとリハーサル。
 
映画『明け行く空』の主題歌「湖畔の唄」も収録。当日ロビーで流します😊🎵
お楽しみに✨
 
コメント

世田谷区立保健医療福祉総合プラザ、施設の機能紹介動画UP!

2020-09-08 | アナウンス、ナレーション、司会
世田谷区立保健医療福祉総合プラザ、施設の機能紹介をさせて頂きました。
 
免震装置、グリーンインフラ、環境に配慮した施設です。
 
コメント

2月以来のバリアフリー上映会満員御礼

2020-09-06 | 活弁





今日は、練馬区平和台図書館で、NPOビーマップとしては2月以来のバリアフリー上映会!

コロナ対策で、定員を通常の半分にし、窓とドアを空け、ライブ音声ガイド席にはアクリルパネルを設置して開催。『喜劇 駅前旅館』。

「近所の図書館での上映会、待っていました!」と、募集から間もなく満席になり、キャンセル待ちの問い合わせもあったとか。
視覚障害の方も3名ほどご参加下さいました。

待って下さっている方々がいるのはとても嬉しいことです。

関連図書として
『カツベンっておもしろい!現代に生きるエンターテイメント「活弁」』も展示頂いておりました。

「とてもよく借りられていて、今日のために予約押さえたんです」
と図書館の方。ありがたいです。
コメント

横浜野外コンサート&上映会、感謝!

2020-09-06 | 活弁

横浜野外コンサート&上映会、雨予報の中、なんとか奇跡的に、二日間開催することができました。

満席といっても野外なのでその点は安心、お子さんたちも一番前に並んでご覧下さり、本当に充実の楽しい二日間でした!

二日とも、猛暑の中のセッティングと、大雨の中の撤収で、スタッフの皆様にはたいへんご苦労をおかけしました。
感謝でいっぱいです。

生演奏の武石玲子さん、声楽の馬場睦子さんとの共演、とっても楽しく、エキサイティングでした✨

本日の様子は、NHK山形時代にたいへんお世話になった浜谷修三カメラマンが撮影下さっており、後日YouTubeにアップして下さいます😄

次の機会を楽しみにして💕
コメント

ランチミーティング@おまかせ亭

2020-09-02 | 活弁
元NHKエグゼクティブアナウンサー、現在もフリーで活躍中の村上信夫さんとランチミーティング。

おちゃめな方です😄(私同様😊?)

渋谷のおまかせ亭。
コロナ禍で空いていましたが、すごく優しいお味で、どれも美味しく、オススメです。
コメント