akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

9月9日活弁!桃李亭『江戸怪賊傳 影法師』

2017-08-31 | 活弁

9月9日(土)は、<活弁!桃李亭>です。
私は、阪東妻三郎主演の『江戸怪賊傳 影法師』、
平賀源大は、『雷電』を上演します。

日本の「映画の父」と言われるマキノ省三が関わった二作。

若き日の阪妻も魅力的です。
『雷電』に出演のマキノ正博は省三の息子で後の名監督ですが、コミカルないい演技で魅せます。

昼の部13:00~
夜の部17:00~

会場 目白セミナールーム(下落合駅徒歩7分)
木戸銭 2000円(ワンドリンク付)

ぜひお越し下さい。
コメント

9月22日アナウンサー体験講座開講

2017-08-30 | アナウンス、ナレーション、司会
足立区竹ノ塚地域学習センターで、9月22日より、アクティブラーニングの一つとして「アナウンサー体験講座」が開講され、講師を務めることになりました。


【アクティブ・ラーニング】。
2020年の教育改定に伴い様々な変革が予定されています。
知識を身に着けるだけででなく、今後は自分が見て、聞いて、考えて、そして発信する力をもっと重要視しようというもの。

アナウンサーの体験やトレーニングの中から、見る、聞く、考える、伝えることを学んでいただきたいと思っています。

対象は小学4年生から高校生まで。
北区の弁士教室も小学4年生から高校3年生までを対象としていましたが、子どもたちは、年齢の差を越えて
学び合うことで、
お互いに認めあいながら成長していく気がしています。
 
足立区の近藤やよい区長が、自身のブログ「区長のあだちな毎日」で「アクティブラーニング」と9月からのアナウンス体験講座について取り上げて下さいました。

是非お子さまに体験の機会をお届け下さい。

開催は金曜日。9月22日,10月6日、27日、11月10日、17日、12月1日、15日の全7回
16:30 から18:00です。

(会場)足立区竹ノ塚地域学習センター

(受講料) 全7回 7000円

(申し込み)足立区竹ノ塚地域学習センター 03-3850-3107

コメント

ひまわり荘でバリアフリー上映

2017-08-29 | バリアフリー映画、福祉

世田谷区障害者休養施設ひまわり荘でBmapのバリアフリー映画上映会。毎回楽しみにいらして下さる方が多く、今日の『エレキの若大将』も大盛り上がりでした。笑いはもちろん、一緒に歌う方も。


視覚障害の方々も毎回楽しみに来て下さいますが、車イスの方々も多く、皆「ガイドがあるとより楽しい」と声をかけて下さいます。

『若大将』シリーズ、若き日の加山雄三、おばあちゃん役の飯田蝶子が魅力的です。
スタッフとして参加したBmapのメンバーも、私含めみんなで大笑いして楽しませていただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、画面、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
コメント

活弁Wフェスティバル2017

2017-08-28 | 活弁

活弁Wフェスティバル2017、お越し下さいまして、誠にありがとうございました。

第15期から第17期までの活弁ワークショップを経て、取り組んだ三作品を、受講者それぞれが披露させていただきました。

 

5人の出演の弁士たち、自身で自己紹介しつつ前説と後説も行いました。

二回上映した作品もございますが、語り手も台本も違うため、その違いもお楽しみいただけたなら幸いです。

 

 

打ち上げ…、活弁について、芸について、イデオロギーに至るまで様々な意見が交わされ、熱い反省会となりました。

第18期活弁ワークショップは、10月スタートです。

活弁に挑戦し、一緒に次回の活弁Wフェスティバルに出演してみませんか?

 

<第18期活弁ワークショップ>

2017年10月~2018年2月 毎月第3日曜日17:00~19:00 (変更になる場合あり)

場所 高田馬場ダイカンプラザ1028号室

講師 活動写真弁士 佐々木亜希子

受講料 12500円 (税込、別途資料代2500円)

申込み・問合せ info@mokuren.gr.jp

 

コメント

「喜劇王対決 チャップリンVSキートン」

2017-08-26 | 活弁

活弁上演した作品のシーンもたくさん紹介されていました。

明日の活弁Wフェスティバルでも、『チャップリンの霊泉』『キートンのハードラック』両方上映します。違いも際立っています。今日のリハーサルも終え、あとは明日の本番です。

9月24日はキートンの『セブンチャンス』
9月30日は『チャップリンの女装』
10月29日はキートンの『警官騒動』

上演機会に恵まれています。

 
コメント

映画『もうろうをいきる』試写会へ

2017-08-23 | バリアフリー映画、福祉

26日公開の『もうろうをいきる』
大河内直之さんはじめ、バリアフリー映画を一緒にやってきた皆様が企画・制作に携わっています。

22日のクラウドファンディング参加者のための試写会に伺いました。
8人の盲ろう者を取材し、それぞれの障がいや環境、生き方を浮き彫りにしています。
指でふれあうことで世界とつながっている盲ろう者。

福島智さんは「光も音も失った時、死のうと思った人もいる。生と死を分かつものは、人とのつながり」と言います。

「生かされ、生きる」ことの原点を見つめ直させてくれるドキュメンタリーです。

コメント

北区活弁フレンズ「淑女と髯と活動弁士」

2017-08-21 | 活弁

9月30日に、北区子ども弁士教室の卒業生たちと、活弁公演を行います!

総勢10名の弁士。
ほとんど大学生で、若干中学生も。

永田雅代さんの生演奏付き!

小津安二郎監督の『淑女と髯』を、笑い満載の声色掛け合い説明でお届けします☆

卒業生たち、ほとんどが演劇をやっていたり、アナウンス部に入っていたり。
昨日、今日とみんなでワイワイ台本作りに励んでおります。

ぜったいに楽しい会になります。チケットはお早めに!

 
コメント

朝日新聞「文化の扉」にインタビュー掲載

2017-08-20 | 取材・メディア

8月20日付けの朝日新聞朝刊、文化の扉で「ドラキュラ伝説」が取り上げられ、6月にムルナウの『吸血鬼ノスフェラトゥ』の活弁上映をしたこともあって、インタビューを掲載いただきました。

 

コメント

『ダグラスの海賊』感謝!

2017-08-17 | 活弁

『ダグラスの海賊』、13日、17日と、ご覧下さり、ありがとうございました!

活劇って楽しいですよね!
良くできた作品ですね~✨って声をかけて下さった方わりと多く、もっとお子さんにもご覧頂きたかったな…と思っております。

いや~、海賊たちのキャラクターの演じ分けが楽しくて。細かいギャグをたくさん拾ってしまいました。

来月の活弁シネマートライブは、ヒッチコック監督の『農夫の妻』です!
私も初挑戦ですが、お楽しみに☆

9月17日(日)16:45~
9月19日(火)19:00~

 

コメント

8月27日「活弁Wフェスティバル」開催!

2017-08-16 | 活弁

8月27日の日曜日は、大人の活弁ワークショップ参加者たちと作る「活弁Wフェスティバル」。

第15期~17期のワークショップ参加者と、4作品をご披露します。

素人と侮るなかれ、かなり楽しいです。
弁士による活弁の違いも楽しめます。
キートンとチャップリンの短編コメディ、漫画映画『桃太郎』と、子どもから大人まで、一緒に楽しくご覧頂けます。

『チャップリンの霊泉』井上一
『桃太郎』吉田 利夫
『キートンのハードラック』砂川和子
『チャップリンの霊泉』古賀義明
『桃太郎』平賀源大

『不如帰』佐々木亜希子

落合第一地域センターで14時より。
木戸銭1500円。
ぜひ遊びに来てください。

コメント (2)

9月8日『WOOD JOB!』バリアフリー上映会

2017-08-10 | バリアフリー映画、福祉
9月8日、私が理事長を務めるNPOビーマップによるライブ音声ガイド・日本語字幕付き『WOOD JOB!』 バリアフリー上映がございます。  
昨年も上映いたしましたが、大好評いただき、港区心身障害児・者団体連合会の主催で再上映です。 
なんと今回は無料でどなたでも参加いただけます。

この作品は、私がとても気に入ってライブでのバリアフリー上映を推薦したもの。
みんなでガイドを練り上げ、語りもみっちり稽古をつけました。
笑いあり、涙あり。

障害のある方もない方もご一緒にご覧いただきます。
当日直接会場へおこしくださいませ。 
  
『WOOD JOB!』(2014年116分)    
原作:三浦しをん「神去なあなあ日常」   
出演:染谷将太 長澤まさみ 伊藤英明ほか  監督:矢口史靖   

音声ガイド制作:Bmap  ライブ音声ガイド:藤原くに子    監修:佐々木亜希子 

◎平成29年9月8日(金)13時半上映(13時開場)    
◎港区障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ6階多目的体育室)    
 JR「浜松町駅」金杉橋口10分 都営三田線「芝公園駅」A1出口10分    
 浅草線・大江戸線「大門駅」A1・A3出口10分 ゆりかもめ「日の出駅」10分    
  都バス/ちいばす芝ルート「金杉橋停留所」3分    
◎入場無料 先着200名    
◎受付や挨拶に手話通訳がつきます。 
◎車椅子OK 
◎駅までの送迎が必要な方はNPO法人ビーマップへご連絡下さい。 
    
◎主催 港区心身障害児・者団体連合会事務局(月・水・金)    
TEL03(5439)8072  FAX03(3451)8388     

◎問合せNPO法人ビーマップ(Bmap)事務局    
Tel:03-6233-7150  Fax:03-6233-7158  
e-mail:
info@b-map.org     
URL:
http://b-map.org/  
 
コメント

8月の活弁シネマートライブ『ダグラスの海賊』!

2017-08-07 | 活弁

8月の活弁シネマートライブは、パイレーツ・オブ・カリビアンに負けない?元祖海賊映画『ダグラスの海賊』です!


12日(土)16:45~と、17日(木)19:00~の二回上演。

お子さんも楽しめる冒険活劇です。


永田雅代さんの音楽でお届け!

お待ちしてます★

 

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20171229_14460.html

 

コメント

フィルムセンター2017『三悪人』

2017-08-05 | 活弁

こども映画館二日目、西部劇『三悪人』。
小学校中学年が多かったようですが、中には幼稚園児もいたのでできるだけわかりやすく語りました。
会場の声にお応えするアドリブもいっぱい(笑)

FEBOさんの音楽もとってもよくて、こどもたち、笑ったり怖がったり、反応豊かに西部劇を楽しんでくれました。

三悪人の泥棒たちは、気がよく本当はとても優しい男たち。笑えて楽しいやりとりシーン、ドキドキのラブシーン、ハラハラの闘いシーン、疾走感あふれるレース、悲しい死のシーンなど、たくさんの感情を味わえるとてもいい作品でした。私も泣きそうになったシーンも。

楽しい二日間でした。
ありがとうございました!

コメント

こども映画館2017 ”ファンタジーとアクション”

2017-08-04 | 活弁

夏恒例の、国立近代美術館フィルムセンター「こども映画館」活弁と音楽の世界。今日は、”ファンタジーとアクション”の日。

ジョルジュ・メリエスの『雪の騎士』(1912年)
ちびっこギャングシリーズの『ドッグデイズ』(1925年)
バスター・キートンの『セブンチャンス』(1925年)
の3本立て。

音楽は、FEBO(小沢あき、永田雅代)のお二人。

満場の子どもたち(と保護者)は、とにかく大爆笑の渦で、作品の途中でも突っ込みを入れたり、登場人物の素晴らしいアクションや恋愛成就のシーンで拍手をしながら、めいいっぱい盛り上がってくれました。なんていいお客様!

ああなると、映画と音楽と語りと会場の笑い声とのコラボで、こちらも、テンションマックス。
司会者に「プロレス中継のような語りで」と言われるほど。たくさんの拍手、ありがとうございました。

明日は、”アメリカの西部劇”。小学校高学年向けかな。
『三悪人』というタイトルですが、けっこうジ~ンとくるいい物語です。
西部の荒野を駆け抜けるものすごい数の馬や幌馬車は、迫力満点です。
明日も楽しんでいただけますよう。

 
コメント

村上信夫さんのBLOGに『活動弁士の活動』

2017-08-01 | 活弁

元NHKエグゼクティブアナウンサーの村上信夫さんが、先日金曜日の活弁シネマートライブへお越し下さり、blogに記して下さいました。

むらかみのぶお「ことばの種まき」『活動弁士の活動』

村上さんがパーソナリティーを務めていたNHKラジオビタミンに出演させて頂いてからもう6年くらい経つのに、よく覚えて下さっていて、また「活弁」という話芸に関しても、私の選択に関しても、軽妙にまとめて下さっていて、光栄ですし脱帽です。
まさに「言葉の花束」。

エールを受け止め精進するとともに、これからも学ばせて頂きます。

コメント