akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

「赤ちゃんは知っている!」村上信夫のトークライブvol.65

2018-11-30 | FAMILY

今日は酒田の母の誕生日。
お祝いを兼ねての帰郷も考えていたのですが、難しかったので、もう心置きなく
元NHKエグゼクティブアナウンサーの村上信夫さんと産婦人科医池川明先生のトークライブへ伺いました。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、村上 信夫さんを含む、、スマイル、テキスト

胎内記憶研究の第一人者。
こどもたちの生まれる前の記憶や前世の記憶、産まれてすぐの記憶などをたくさん取材、収集し、「神様とのやくそく」という映画も制作されています。

ずいぶん前から池川先生の著書は読んでいて、共感していましたが、今日も感動のお話がいっぱいでした。 

生まれる前の記憶がある子どもたちはみんな「お母さんを選んで産まれてきた」と言うそうです。私も、胎内記憶はなかったかもしれませんが、幼い頃そう思っていました。

なぜ生まれてきたかと問うと「幸せになるため」「お母さんや周りの人を幸せにするため」と答える子が多く、最近では「幸せでい続けるため」と言う子が増えているそうです。

前世は交通事故で、その前は沖縄戦で亡くなったという記憶を持つ子の話、
流産や死産、幼くして亡くなる子も皆、この世を覗きに(遊びに)来て、楽しんで帰って行っているから、ずっと嘆いていなくていいという話、
子宮内に小型マイクを入れて収録した音も聞かせてくれ、胎内ではお父さんやお母さんの声、音楽などがこんなにもはっきり聞こえているんだということも驚きでした。赤ちゃんはそれにちゃんとお腹の中で反応しているんですね。
自分を否定するようなことや、夫婦喧嘩ばかりだと、赤ちゃんは聞きたくないので、感覚を閉じてしまう。生まれてからもそれは影響するのだそう。
赤ちゃんは話せないだけで、みんなわかっています。

三つ子のたましい百までと言いますが、胎内にいるときから数えて三年の接し方が、その子の人格形成に大きな影響を与えるのだと、先生の確信のお言葉でした。数え歳のほうが、理に叶ってるかもと笑いながら。

私は、佐々木家長男の第一子ということもあって、両親と祖父祖母、叔父や叔母まで、愛情をいっぱい注がれて生まれてきたんだったなと振り返りました。

今日は、満席の会場の半分くらいが、(ご自身を含め)胎内記憶を持っている人を身近に知っているという方々だったようで、いろんなエピソードが飛び出し、不思議で素敵な時間でした。

私もピュアな幼心で思っていました。
みんなたましいの世界で一つにつながっていて、この世に生まれて、この世でしかできない尊い経験をして、またたましいの世界に戻って行く。それなのに、なんで人を憎んで争って、殺したり、戦争したりするんだろう。
みんな、生まれてくる意味がある。
みんなちがって、みんないい。
今も、その根っこにある思いは変わりません。

69年前の11月30日に母を生んでくれた祖母は、山形県内で最年少で助産婦になり、たくさんの赤ちゃんを取り上げた人でした。最後まで世界平和と皆の幸せを祈り続けて大往生しました。おばあちゃん、お母さんを産んでくれてありがとう。

母との記憶をずっと遡り、若い頃は泣かせたし反抗期も長かったけど、私はお母さんの子で良かった…としみじみ感じた母数え歳70の誕生日でした🌸

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内
 
コメント

庄内柿の季節。

2018-10-28 | FAMILY

酒田の実家から送ってもらった庄内柿がようやく食べ頃になりました。

今年も豊作。めいっこは、じいじばあばと一緒に柿もぎ初体験でした。

こどもの頃はうちの柿の木は3本あり、祖父と父と一緒に私たち姉弟も毎年柿もぎをしていました。秋の楽しみの一つだったな~

大好きな柿、食べ放題。嬉しいです。

 

コメント

全国ホープス選抜卓球大会in小田原 ☆家族や友人とのひととき

2018-03-26 | FAMILY

24、25日は小田原での小学生の卓球全国大会があり、北海道チーム代表で姪っ子が出場、妹とともに上京し、応援団の酒田の両親も上京、私も小田原へ駆けつけ、楽しい時間を過ごしました。

初めて小3の姪、花ちゃんの勇姿を見て感動!すでに北海道1位の貫禄十分。
3年生~6年生まで5人(3~5年までは一人ずつ、6年生二人)の選抜チームによる県対抗選で、初日の予選リーグ、女子北海道チームは5-0で2試合快勝。

そして、なんと男子山形選抜チームの3年生代表として出場していたのは!幼なじみの新吾くんと高校時代からの友人祐子ちゃんの愛息子!!卓球を始めて、メキメキ強くなっているという話は聞いていたのですが。


二人も応援に来ていて、束の間、友人たちとの楽しい語らいもできました。

男子山形チームは、予選で北海道チームと当たり、甥っ子が出場していなかったので私は山形チームを応援❗隣で妹と姪は北海道チームの応援📣
元酒田卓球協会会長の父は、一応山形の応援団の中にいてじっと見守っておりました。

 

結果は、3-2で、接戦の末山形の勝利。

 

二日目の決勝トーナメントでは、北海道女子も山形男子も初戦敗退だったそうですが、いい試合を見せてもらいました。
(花ちゃんは全勝💮)

 

祐子ちゃんと桜咲く小田原城も行けて、海鮮料理で一杯やれて、23日は両親を柴又に連れていけて、千葉の叔父にも会いに行けて、公演の合間のいいリフレッシュでした。

▲友人と、山形チームの監督さんと。

▲二人でふらっと入ったお店で。日本酒も肴も美味しかった。

 

こんなこともあるのね~

またの機会を楽しみに

コメント

東京卓球選手権大会@東京体育館

2018-03-10 | FAMILY

今日は、甥っ子櫻井倭の全国大会の応援@東京体育館~

北海道のジュニア大会で優勝し、今回も出場した倭。

例のごとく大声でパワーを送るワタクシ🙌

ジュニア男子シングル、まずは二回戦突破

やまと、かっこいい~~

卓球も、本当にレベルが上がって、どのゲーム見ていても楽しい。

「世界の中で強くならないとメディアも取り上げてくれないからね」と義弟の匠くん。

世界のトップレベルになった日本の卓球は、多くの人が注目するメジャーなスポーツになった。

 

会場いっぱいの観客だけど、一日入場料一般1000円。子ども500円。

この莫大な収入も、多分卓球界の底上げを図っている。

選手たちの試合を見ているうちに昔の感覚が蘇ってきて、なんだか自分もあのスピードで打てる気がしてきた!のだが…

「どんだけブランクあんの。まあ、そう簡単にはいかないよね。」

と匠にニヤリと笑われ。

 

マジでラケットを買って帰ろうかと、ラケット販売ブースに立ち寄るも…

板だけで33000円!?高っ!!(トップ選手が使っているやつでしたけどね)

ラバー両面、シューズ、シャツ…

 

成長期の子ども3人卓球させて、3人とも全国大会だ、強化合宿だ…って全国飛び回るのって大変だわ~

妹夫婦も、思えばうちの両親も。いまだに孫たちの追っかけやってますけどね。
 

 

二回戦以降は明日。明日は行けないけど頑張れ~

コメント (1)

謹賀新年

2018-01-02 | FAMILY

謹賀新年

酒田の父は81歳に。スポーツマンだった父、現在も矍鑠としてます。

弟夫婦、姪っ子も山形で新年の一枚。
家族がみんな元気でいてくれるのが何よりです。

今年も皆様にとってハッピーな一年になりますように!

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)

コメント

弟、上京。

2017-07-27 | FAMILY

昨日は、山形から、研修で弟剛が上京。

日暮里のフラワーショップCurtainFigTreeに立ち寄り、我が家へ。

 実は、お店は18日ゴルフボール大の雹にやられて、看板がなくなっております…(T_T)


でも、弟は店内の花の香りと彩りにひとしきり感激。

 

自宅では山形の美味しいワイン(南陽)など飲みながら、夜遅くまで盛り上がり、また元気に研修に行きました。

高校世界史の講義に関する研修で、全国の何校かが授業の研究発表をしたそうですが、先生が一方的に講義をして知識を与えるというスタイルから、少しずつ生徒自身が調べ、考えて発表するというスタイルを取り入れ始めている学校が多いようです。
時間も労力もかかるし、それを捌いていく先生の力量も問われるのでたいへんですが。

今日も1日研修場、明日は都内に残る江戸時代のキリシタン関連遺跡を見学するバスツアーだとか。面白そうです…

コメント

お正月アレンジ

2014-12-31 | FAMILY

フラワーショップCurtain-fig-treeも、年末で大忙し。

いつも私の公演のたびに素敵な生花コサージュを作っていただくので、嫁としてこんな時くらいはお手伝い。

お正月アレンジ、私もたくさん作り、完売しました(*^^*)

今回は、黄色の入った華やかなジャノメ松を使用し、千両は4種類からお花に合わせてチョイス、アレンジしています。楽しかった~♪

それぞれの家庭で、ハッピーな新年を演出してくれますように。

来年もよろしくお願いいたします。

コメント

谷中根津散策

2014-05-04 | FAMILY

世界卓球観戦を目当てに、上京した弟。酒田東高校の教諭で卓球部顧問の彼は強化合宿の名目でバス一台をチャーターし、2日の夜に酒田を出て、3日は一日代々木体育館で世界卓球観戦、昨日今日は古巣の慶応大学卓球部で生徒の強化練習をして、今日午後に帰っていきました。

父兄数人がこのツアーに便乗、酒田の父もはりきってやってきました。観戦チケットがあと二枚あるというので、私と高校時代やはり卓球部だったという義母(全国大会にも出場した腕前!)が一緒に観戦させてもらいました。

4日は父と叔父と旦那様と、谷中根津を散策。

朝倉彫塑館は本当にステキ!朝倉文夫の彫塑作品はもちろんですが、自身が企画し建築監督まで務めたアトリエ兼住まいの、木材の使い方、間取り、デザイン…、本当にセンス抜群です。3階建ての上に屋上庭園まで。現在はスカイツリーが見えますが、当時は富士山が綺麗に見えたことでしょう。

そして、時が止まったような、大名時計博物館。鬱蒼とした庭と、本当に鄙びた博物館なのですが、展示品は重要文化財、重要文化財…。

敷地内にある古めかしい木造の建物に何やら人の住んでいる気配があるのですが…買い物帰りの自転車のオバチャンが門を入っていく光景は、だいぶ違和感がありました…

そして、先日活弁公演したうどんの釜竹にたどり着くも、あまりの行列に断念。近くの定食屋でランチ。

私はここで北区子ども弁士教室のお仕事へ行きましたが、父たちは上野西洋美術館と歩き回り、夕方からうちで飲みながら世界卓球観戦。

白熱した試合の末、女子が決勝へ進出!いや~、よくやった!平野、すごかった。

いいGWを過ごさせていただき、感謝です。


 

コメント

世界卓球2014 代々木体育館

2014-05-03 | FAMILY

世界卓球、代々木体育館に来ています!自由席は満席、会場は熱気に包まれています。

女子準々決勝、日本vsオランダ。

ヒヤヒヤするシーンもあったけど、ラストの石川、よく粘りました!

コメント

山寺

2014-01-04 | FAMILY
酒田から今回は山形のおじさんおばさんのところに寄り、山寺へ連れて行って頂きました。
帰りに、唐松観音を背景に初代日本一のいも煮鍋という撮影スポットにてパチリ。

81歳のおばさんは、冨樫森監督の映画『おしん』『夏が始まる』などにエキストラ出演、健在で、さまざまなお話を聞きながらとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
息子さんを亡くされた悲しみはそう簡単には癒えないでしょうが、今年は穏やかに幸せな一年となることを祈っています。

おじさんとおばさんの手作り絶品蒟蒻や青菜漬おにぎりをお土産に頂き、帰り道。
今年は雪も少なく過ごしやすい冬のようですが、身体を大切に、ご活躍頂きたいです。
コメント

父の喜寿祝い

2014-01-02 | FAMILY

酒田の父の誕生日。今日で77歳です。
昨日は湯野浜温泉で、賑やかに喜寿祝い。人に恵まれ仕事に恵まれ、喜びと感謝の77年だったと半生を語ってくれました。

今日は高校の同級生が鶴岡で主宰している7‐Colorsガラスアート工房に立ち寄り、甥っ子姪っ子たちとガラスアート体験。

父も、孫のデザインアートが焼き付けられた手作りグラスと、新庄東山焼きのお皿に驚き、とても喜んでくれました。子どもたちは、自分たちの書いた絵が、グラスやキーホルダーになり、その工程も体験させてもらえて大興奮。本当にいい経験になりました。

 

矍鑠とした父、ますます健康で、子どもや孫の応援に走りまわってほしいと思います。

コメント

叔母の十三回忌

2013-08-28 | FAMILY
大船の叔母の十三回忌お墓参りで、佐々木家の父の兄弟夫妻が勢ぞろい。

私も一緒に手を合わせてきました。

帰りはご一行様十人連れ立って、横浜美術館で「プーシキン美術館展フランス絵画300年」を鑑賞。
300年のパリ画壇の変遷をロシアコレクションを通して観るという、面白い企画でした。

300年。芸術革新の速度も情報や流行の広がり方も、現代社会とはまるで違います。
映像の始まりとともに、この100年で情報伝達は急速に速く広く、アートもかなり多様化大衆化したものです。

観覧客はかなり多くゆったり鑑賞という感じではありませんでしたが、たくさんの絵画たちと向かい合い、遠い異国のさまざまな時代に思いを馳せつつ、よいひと時を過ごしました。

佐々木家一同、近況報告をしあい、今後の皆の健康長寿を願って、よい再会となりました。

コメント

卓球小学生北日本・花巻大会優勝

2013-08-19 | FAMILY
17、18日と岩手県花巻市で行われた卓球の北日本大会。

北海道留萌市の小学4年生の甥っ子も出場。

個人戦では、6年生以下オープンで4年生ながらベスト8と大健闘するも、昨日の朝一の試合で負けて大泣き。

団体戦では、「モンスターズJr」として、16チームのうち予選リーグを一位で通過後波に乗り、決勝トーナメントも順調に勝ち進んで、優勝!!

甥の櫻井倭くんは、酒田の小学生チャンピオンの6年生に勝って団体戦優勝に貢献したのが嬉しかったようです。


倭くんは、5月の北海道大会で準優勝、次男の2年生大地くんも、バンビの部で3位となり、7月末には神戸での全国大会に出場していました。

神戸、花巻と、応援で追っかけをしているのは、酒田の父です。

今回の花巻大会は、卓球一家佐々木家総出で酒田から応援に駆け付けていました。行けなくて残念だったわ~
対酒田戦では、酒田チームにもがんばってもらいたい、けれども、孫が勝つのがやっぱり嬉しい、という
父大興奮の大会だっただろうなと思います。

倭、おめでと~!!

コメント

家族新聞「きずな」

2013-06-03 | FAMILY
酒田の実家から、家族新聞「きずな」170号と171号(3月号)が届きました。

母が、作り始めてもう20年になります。

創刊号は白黒の手書きでした。

ワープロになり、カラーになり、パソコンで写真も取り込んで編集するように。

父や弟夫婦のこと、北海道の妹家族の情報ももれなく掲載し、みんなにエールを送り続けてくれています。

本当に頭が下がります。

今回送られてきたのは、3月にあったことをまとめたもの。いつも2~3か月くらい後に編集されて送られてきます。

弟の東京マラソン完走や酒田卓球オープン優勝、教師を務める弟夫婦の卒業生とのエピソード、そして一枚の紙面を割いた甥っ子たちの春休み滞在記。

おちゃめな母のあとがきまで、どの記事もほほえましく、いつも元気をもらいます。

コメント

母の日

2013-05-12 | FAMILY
お母さん、いつもありがとう。

今日はうちのフラワーショップCurtain feg treeのお手伝い☆

私が包んだお花たちが、手書きメッセージとともにたくさんのお客様たちに笑顔で持ち帰られます。
てんやわんやの一日でしたが、楽しかった~

私が作った個性的なアレンジも売れました  イェ~い ^^/

北区弁士教室の卒業生の女の子も来てくれ、お母さんにかわいい山アジサイの鉢を買っていってくれました。
就職2年目、がんばっていて、「就職の時先生にはいろいろお世話になったので」とお茶をご馳走してくれて…いろいろお話することもでき、大感激でした。

山アジサイ、小さな薄桃色の花が可憐で、私の大好きな花ですが、
お母さんが「かわいい、かわいい」と何度も言ってくれたと、夜に彼女からメールをもらって、私もさらにhappyになっちゃいました。

コメント