akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

バリアフリーさが映画祭2011

2011-11-30 | バリアフリー映画、福祉
11月25(金)~27日(日)、バリアフリーさが映画祭2011が開催されました。
会場は、佐賀県立男女共同参画センター「アバンセ」。
長編9本、短編2本が上映されましたが、韓国のPlanet of Snail 以外はすべて副音声および字幕付き上映。三日間、佐賀県内外から障害のある方、ない方、たくさんの方がいらしてバリアフリー映画を楽しみました。

私が関わらせていただいたのは

25日11:00~『幸福の黄色いハンカチ』佐々木の副音声ライブ上映
   (13:00~13:30山田洋次監督講演)
  14:20~15:57『沈黙の春を生きて』Bmap副音声ライブ上映
  16:40~『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』佐々木の副音声収録版
26日10:00~『河童のクゥと夏休み』佐々木の副音声ライブ上映
27日10:00~『はだしのゲンが見たヒロシマ』Bmap副音声ライブ上映
  12:20~『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』佐々木の副音声収録版
  14:00~佐々木亜希子による<音声ガイドワークショップ>

私自身のライブが2本。
そして、今回はこの大きな舞台で、NPOになったばかりのBmap(Barrier-free movies for all people)に『沈黙の春を生きて』と『はだしのゲンが見たヒロシマ』の副音声ライブの機会を与えていただき、3人のメンバーが出演させていただきました。
NPOの代表であり演出の責任を負った自分としては、とにかくご覧下さった皆様が分かりやすく、映画に入り込んでいただけるガイドにしなくてはとこの一カ月はキリキリしていましたが、お客様からの反応は良く、本当にほっといたしました。

坂田雅子監督のドキュメンタリー映画『沈黙の春を生きて』は、ベトナム人とアメリカ人のインタビューで構成されていますので、そのヴォイスオーバーもすべてBmapメンバーが行いました。(中尾るか、齊藤具子、望月睦)準備にはかなりの時間と労力を要しましたが、3人の努力の甲斐あって、ちゃんと坂田監督のメッセージが伝わってきました。
『はだしのゲンが見たヒロシマ』(副音声ライブ:中尾るか)も、石田優子監督自身が音声ガイド台本にも細かく目を通して下さり、また長崎出身の中尾さん(元NHK長崎キャスター)の想いも込められた音声ガイドとなりました。

『黄色いハンカチ』『河童のクゥ』は作品がとても素晴らしいので、会場いっぱいの観客も笑ったり泣いたり。
クゥのほうは子どもたちもたくさん来ていて、まさに障害も年齢も越えて一緒に楽しんでいただいた感じです。知的障害の方々は、面白いところでは声をあげて喜んで下さっていました。

ワークショップも盛況で、2時間、なかなか濃い内容になりました。
参加者からは質問や感想がたくさん出ました。
「ト書き的に見えているものを入れていけばいいのだと思っていましたが、
それでは自分も楽しめないと思うし、自分が聞いて面白くないだろうと思うのに、視覚障害の方々が面白いと
思うわけないですよね。もっと自然にみんなが楽しめる形にすればいいんですね」(音訳ガイド従事者)
「映像制作に携わっている者としては、カメラワークの一つ一つに意味とこだわりがあるので、カメラワークの説明はしなくていいのかと思っていましたが、一般の方や視覚障害の方にとっては『ズームしていく』や『誰誰のアップ』などと言われてもだからなんなのかわからないですもんね。カメラワークの意図を踏まえて、自然なガイドをつける、自然と感じる語り方にする。かなりレベルが高いんですね」(大学の映像学科教授)

3日間、ほぼ全作品を拝見(拝聴)しました。
東陽一監督も仰っていましたが、まだまだバリアフリー映画が広まっていくためには、ハード面ソフト面、たくさん課題があります。
でも、方向性は間違っていないということも、観客の皆さんや携わって下さっている県の障害福祉課の皆さんとお話していて確信しています。

上映のたびにステージでご紹介いただき、レセプションパーティやクロージングセレモニーでもBmapメンバーをご紹介いただいて恐縮でした。Bmapにこうしたチャンスを与えていただき、本当にありがとうございました。
コメント

第7回児島活弁シネマライブ

2011-11-09 | 活弁
今年で7回目になる倉敷市児島の活弁シネマライブ、今年は夫婦活弁むっちゃんかっちゃんの『子宝騒動』と私の『結婚哲学』の二本立て。地元倉敷市の音楽家野原直子さんの生演奏で、今年も大いに盛り上がりました。

7回目ともなると、お客様はもう無声映画や活弁の楽しみ方がわかっていて、とても反応がいいので、語る方も気のおけない感じです。児島弁を駆使してのむっちゃんかっちゃんの活弁もお客様の笑い声に乗ってなかなかの上達ぶり、嬉しく拝見しました。

毎年毎年300~500人の方々にいらしていただいて有り難く思うと同時に、児島文化協会の皆様のご苦労に心より感謝申し上げます。

児島地区では今年3月、文化芸術による地域振興として市民ミュージカル『最後の五匹』を上演。そのレベルは非常に高く、観に来た方々が「劇団四季を見たみたい」とみんな度肝を抜かれたとか。昨年から製作の苦労話は伺っていましたが、本番拝見できなかったのが残念でした。その後、確実に地域の方々の新たな絆が生まれていて、素晴らしい企画だったのだなあと改めて感じました。「地方にも、掘り起こせばまあすごい人材がいるもんですよ」と笑ってらっしゃいました。
コメント (1)

大島活弁ツアー

2011-11-07 | 活弁
4日から6日までの伊豆大島活弁ツアー、とにかく感激の連続でした。

4日の朝8:40に竹芝から水上バスで出発。揺れもなく、10:30に大島元町港へ到着。
活火山の三原山、山頂まで案内頂き、1986年の噴火でできたカルデラや溶岩の噴石丘を目の当たりに。それから日本唯一という裏砂漠に立ち、大感動!
日本じゃないような雄大で神秘的な風景が広がっていました。
東京都にこんな所があるなんて!!

今回の旅は、大島初企画、「大島観光特派員」として登録した島外の2500人のうち50人ほどがツアーで大島へ。観光の他、島民との交流イベントとして私の「活弁『波浮の港』」が催され、島の方々の手踊りも披露頂きました。
もちろん、私も大島観光特派員の一人。
町役場でもある大島総合開発センターのホールには、町長や観光協会の方々もご列席、300人以上の方がいらして下さり、楽しんで下さった…と思います。

大島、椿の咲く頃もまた素敵でしょう。ぜひ行ってみて下さい!感動まちがいなしです。
私も必ずまた伺います。
コメント (1)