akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

広島市映像文化ライブラリー 活弁シアター2015

2015-07-27 | 活弁
広島市映像文化ライブラリーでの夏休み活弁シアター、今年も子供たち大張り切りで、とても楽しい『チャップリンの冒険』となりました。

チャップリンの生い立ちや、当時の活躍ぶり、背景なども抑え、子どもらしさとそれなりの説得力ある『冒険』に仕上がりました。

海の冒険、復讐と愛の物語『ダグラスの海賊』も、夏らしい作品で、とても楽しく語らせていただきました。
今年もいい出会いがあり、広島で活弁を上演させていただけて感謝です。

いらして下さった皆様、参加してくれた子どもたち、そして広島市映像文化ライブラリーの皆様、ありがとうございました。
コメント (2)

フィルムセンター公演を終え、広島へ

2015-07-25 | 活弁


昨日は、近代美術館フィルムセンターでのこども映画館活弁1日め。

『チーズトースト狂の夢』『マックスとピアノ』『機械人形』『ジゴマ』の4本立てで盛りだくさんでしたが、子どもたちワーキャー言いながら楽しんでくれました。 昨日はそのまま広島へ。

今日は毎年恒例の子どもたちのワークショップを行っています。
今年は『チャップリンの冒険』。
当時チャップリンの運転手で後に秘書となった、広島市安佐南出身の高野虎市も運転手役として出演している作品です。
小学生から高校生までの男女4人が挑戦中。

明日は、子どもたちの『チャップリンの冒険』発表と、私の活弁『ダグラスの海賊』公演です。
海賊もの、当時アクション俳優として大人気だったダグラス・フェアバンクスのヒーローぶりは素晴らしいです。

コメント (2)

『八甲田山』Blu-ray ガイド収録

2015-07-22 | 活弁
高倉健さんの一周忌に発売される『八甲田山』Blu-rayに、音声ガイドを入れさせて頂きました。

昨日は最終モニター会、今日は朝10時から、スタジオで音声ガイド収録。

全盲で東大先端研特任研究員の大河内先生にも立ち会って頂いて、途中台本を修正したりしながら、2時間50分の大作を無事明るいうちに録りきりました。

八甲田山のプロデューサーにも携わって頂き、脚本や資料等参考にして、より雪中行軍の詳細が分かる内容になっています。

プロデューサーさん、オペレーターさん、大河内先生、スタッフの皆様、「深く楽しめてとても面白い」とお墨付き。Bmapのメンバーと一緒に(楽しく)苦労しただけの重みはあると思います。

視覚障害の方はもちろん、健常者の方々にもガイド付きでご覧頂けたら嬉しく思います。
コメント

活弁!シネマートライブ『世界の心』

2015-07-08 | 活弁

D・W・グリフィス監督、リリアン・ギッシュ主演『世界の心』、活弁上演させていただきました。

第一次世界大戦下のパリを舞台にした大作、イギリスがクライアントになり、アメリカの参戦世論を高めることを当初の目的に作られた作品ですが、グリフィスは見事に自分の反戦主張を盛り込んで、一大メロドラマに
仕上げています。

第一次世界大戦の実写もふんだんに使われていて、戦争の歴史に反省を促されます。

いらした方々も「こんな作品があったなんて」「とても見ごたえがあった」という感想をくださいました。

次回8月は、明るく楽しいコメディ二本立てです。夏休みのお子さんたちにもぜひ集っていただきたいです。

<活弁!シネマートライブ>8月
『チャップリンの冒険』『ロイドの巨人征服』

活動弁士 佐々木亜希子
生演奏  永田雅代

日時 8月24日(月)12:30~劇場  シネマート新宿 スクリーン2
料金 ◎一般2000円(税込) ◎学生1500円(税込、要学生証)◎シネマート会員1,800円 中学生以下1,000円
チケット販売場  シネマート新宿チケット窓口
問合せ ワイ・プランニング info@mokuren.gr.jp
  TEL 0362337150  FAX 0362337158
コメント

2015-07-01 18:56:19

2015-07-01 | 活弁
今日は明後日のリハーサル。
『世界の心』、永田雅代さんの音楽、素晴らしいです。
さすが、『戦争の20世紀』DVDを何度も観ているだけある…

エイゼンシュテインの『戦艦ポチョムキン』がソビエト政府のプロパガンダ映画だったように、これもアメリカや連合国軍のプロパガンダ映画。
莫大な製作費をかけ、第一次世界大戦のフランス戦線にカメラを据えて実際の戦場を撮影、ふんだんに作品中に使っています。
大戦下のパリにおかれたアメリカ人男女のメロドラマでもあり、グリフィス監督のモンタージュ技法も活きています。

価値ある一作だと思います。

http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/topics/20151223_12235.html
コメント (1)