akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

佐々木亜希子活弁の夕べin出羽遊心館

2009-11-23 | 活弁
故郷酒田の出羽遊心館で【佐々木亜希子活弁の夕べin出羽遊心館】を開催いただきました。大勢のお客様にいらしていただき、エルンスト・ルビッチ監督の『結婚哲学』小津安二郎監督の『大学は出たけれど』をご覧いただけましたこと、感謝申し上げます。『大学は出たけれど』は、鈴木隆義さんがとても素敵な即興演奏をつけて下いました。鶴岡や米沢からもお越しいただき嬉しかったです。
終了後のかんぽの郷で懇親会にもたくさんの方が集って下さり、楽しい時間を過ごさせていただきました。酒田名作映画を楽しむ会の皆様にはたいへんお世話になりました。

酒田では、また来年2月4日夜にひらたタウンセンターOZで活弁公演をさせていただきます。極寒の時期ではありますが、またぜひお越しくださいませ。楽しい時間をお届いたします。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 和歌山シネマコンサート『イ... | トップ | アニバーサリー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感想 (ミラージュ・ドラゴン)
2009-11-27 21:18:19
『大学は出たけれど』この作品は酒田弁で、すごく面白く聞かせていただきました。

『結婚哲学』での清水屋は個人的にはグッジョブでしたよ。
ありがとうございます。 (akiko)
2009-11-28 09:08:56
わざわざ遠いところありがとうございました。

今はもう使わないべたべたな庄内弁もあえて入れてみました。

「清水屋で買った~」のアドリブ、皆さん笑ってましたね。御当地ネタが入るのは活弁のいいところです。
大成功でしたね。 (青柳昌良)
2009-12-09 20:14:46
先日は有難うございました。大成功でしたね。さすがに七色の声を使い分け、おまけに庄内弁をも加えたアドリブに堪能しました。視覚障害者の方をお誘いしたのですが、すっかりフアンになって頂きました。
小津さんの「大学は出たけれど」は、当初は70分だったそうですね。それが現在は10分程
との事。何か当時の社会現象に対する風刺の映像が小品に短縮されたのは、意図的な感じがしました。同年の1929年に出版された小林多喜二の「蟹工船」とは、明らかに違っていたのですが、出来れば小津さんの全編を見たい気持ちがします。
来年の2月4日にひらたタウンセンターのOZ
での公演を楽しみにしております。
ありがとうございました (akiko)
2009-12-11 16:03:55
>青柳さま

先日は本当にありがとうございました。
お連れいただいた方より、視覚障害にかかわらず、作品をとても楽しむことができたと丁寧なメールをいただきました。感謝申し上げます。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを投稿

活弁」カテゴリの最新記事