akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

ドキュメンタリー映画『ナワリヌイ』を観る

2022-06-26 | 映画・芸術・エンターテインメント
プーチンによって毒殺されかけたロシア反体制派のカリスマ”ナワリヌイ”。
衝撃の毒殺未遂事件を自らの手で暴いたその結果は…。
 
終映まぎわでやっと見られたドキュメンタリー映画『ナワリヌイ』、
途中までロシアとプーチンの闇を暴いていく小気味よさに浸るものの、最後にはロシアの怖さを思い知らされる。
 
ナワリヌイの存在と民主化への民衆の希求、体制への抗議運動の高まりは、
ロシアをウクライナ戦争に向かわせた一因だったはず。
 
「怖れることはない」と言ってロシアへ帰ったナワリヌイは結局獄中に収監され(殺されていないか…)、
反体制派の民衆は拳を振り上げるどころか、戦場に行かされているかもしれない。
 
『イントレラス』で不寛容を糾弾したばかりだけれど、不寛容が行きつくところが許せない相手の抹殺だ。
 
不信の中で生きるのはつらい。
 
政治を、社会を、自分たちの手でいい方向に変えられる、と思えることは希望だ。
 

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 二日間4回の『イントレランス... | トップ | 6月の活弁ワークショップ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・芸術・エンターテインメント」カテゴリの最新記事