Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

作り間違えても美味い『タイ日清の蟹カレー味』

2021年10月20日 15時07分00秒 | タイの美味しい食材
娘と二人が寝坊して朝食は10時前だったのに昼になると小腹が空き、娘はカップラーメンを食べると言うので私はどうしようかと思っていると、「ラーメン好きなパパにはこれ!」と日清の新製品「蟹カレー味」をくれた。ラーメン好きな私の為に買って来たそうだ。♡

いつもの様に麺を茹で、香味油と粉末調味料を加えてスープを作って器へ入れる私を見て、娘が「パパ、それはバーミーヘン(汁無し油そば)よ!」と言うが、もう遅い。蟹カレー味のラーメンは出来上がっている。w
袋の調理法を見ると、確かにお湯を捨てて調味料を入れろと書いてある。やってしまった。www

「馬鹿ね〜どうするの〜w」と言いながら味見した娘が目を大きく開いて私を見つめ「塩加減はちょうど…と言うより、本当に美味しい!」と言って食べ進める。
半分食べたところで私へ譲ったので口にすると、クリーミーなスープへ魚介系な風味と辛味が加わり、バランスの良さも有って完成度は高い。太めな麺を食べ終わったら御飯を加えたいくらい。
作り間違えたのに意外な美味しさだった。www
お好み度は意外さで星半分を加点して★★★★(5点満点で4点)

日本へ居た頃は、仕事で山口県内を走り回りながら昼に食べたラーメンをこのブログでレポートしていた。懐かしいなぁ。
コメント (2)

美味しいムーヨーのお店

2021年02月27日 00時00分00秒 | タイの美味しい食材
ムーヨーとは、タイで売っているベトナム風ソーセージ。豚ミンチを味付けし、バナナの葉で包んで蒸してあり、胡椒がピリッと効いて、食感は子供の頃に食べた魚肉ソーセージに近い。

簡単に入手しようと思えば、バナナの葉でなくビニールで包装したのをコンビニで売っているが、あまり私の好みに合わない。
お土産に頂く事も多いが、保存が悪いのか少し饐えた臭いがしたり、中身のソーセージの表面がヌルヌルしたりで、捨ててしまうのもしばしば。
そんな感じで、今まではムーヨーへあまり良い印象を持って無かったのだが、娘の塾の送迎でよく通る道へムーヨーを作っておられる店があり、試しに買ってみると品質も良くて美味しかったので紹介したい。

お店の場所は、ウドンタニ刑務所東側の道を南下し、お寺がある2つ目の交差点を右折するとすぐ左側へある。地図はこちらからリンク。


ムーヨー以外にも肉の加工品を各種扱っておられるが業販が主らしく、店頭ではジュースやマスク等の小売もされている。
店頭でムーヨーが買えるのは、朝8時頃から夕方3時過ぎくらいまで。店へ向かって右側の台の上(上の写真へ赤丸)へ置いてあれば在庫がある。夕方4時頃だと売り切れている事も。
電話予約も可能だが、代金先払いで振り込みを求められる。
正月前等の注文が殺到する時は、予約販売のみとなるが、年末は一週間前の注文では遅過ぎた様だ。

価格は4つで100バーツ(1つ25バーツ)と割安。
いつも8個買って、農園を手伝うおばちゃんや近所の人へも配っているが、美味しいと好評で、私が買って来るのを楽しみにしている人も。
他の店のムーヨーだと製造日が判らなかったりと不安なので加熱して食べるが、ここは毎日作って売り切っておられるので、切ってそのまま食べられる。酒のつまみにも最適だ
ヤム(唐辛子入りサラダ)を作っても良いし、小さく切って焼飯や玉子焼へ入れても美味しい。余れば冷蔵庫で数日保管し、加熱して食べている。
ウドンタニで評判の観光客が集まる有名店のも良いが、地元の人達に愛される裏通りの小さなお店のムーヨーもぜひ試して欲しい。


コメント (6)

タイで一番美味しい果物と言えば・・

2018年08月11日 00時33分37秒 | タイの美味しい食材
タイで生活している私が、毎年シーズンを心待ちにしており、一番美味しいと思っている果物と言えば・・



ラムヤイ。日本ではリュウガン(龍眼)と呼ぶ。
私は果物の酸味が苦手なので、甘くて酸味が無く香りが良いラムヤイが大好物。鮮度が良いと甘みが強いので、皮が少し緑っぽく実が張って固いのを選ぶと良い。鮮度が落ちると実が柔らかくなり甘みも落ちてしまう。また種が大きく可食部が少ないので、大きな実を選ぶと食べ易い。
ウドンタニでは7月中旬頃から地元産のが出回り始め、1キロ20バーツを割って安くなった頃が食べ頃。私は食べ始めると止まらなくなり、気が付くと一人で3キロくらい食べてたりw。

こんなに大好きなラムヤイだが、この数年はこの時期になると尻が所々ミミズ腫れになって痒くて堪らず、最初は蟻に噛まれたと思ったり、何かにかぶれたと思っていたのだが、どうもラムヤイを食べると痒い様な!?一度痒くなると治るまで1週間は痒みに苦しむのだが、食べるのを止めてからは治る一方で再発しない。

果物のラムヤイでアレルギー?まさかと思って調べると、ラムヤイはムクロジ科であり、ムクロジ科の植物はサポニンを含むものが多く、サポニンで作用の強いものにはしばしば経口毒性があり、蕁麻疹や多形滲出性紅斑を起こすそうだ。ラムヤイにそれだけの毒性があるとは思えないが、私の体が過敏なのか、それともやはり食べる量が多過ぎるのか?(←やっぱりw)

妻や娘からは「少し食べれば良いじゃない」と言われるが、食べるならしっかり満足するまで食べたい私。少しで止めるとストレスになりそうで、それなら一切食べない方がマシと思っている。

私はンゴ(ランブータン)も好きだが、これもムクロジ科だそうだ。渋皮が苦手でラムヤイと比べると控えめに食べているが、これも多く食べると痒いかも?タイの生活の楽しみを一つ失ってしまった様だ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (8)

これは絶品!! ししゃも虫(メンコー)

2018年05月02日 14時03分01秒 | タイの美味しい食材
妻の農園で働いているおばさんは時々旬の食材をくれるのだが、今日持って来てくれたのは・・



こちらの虫。カミキリムシの仲間らしいが、腹の中は写真の右上のピンぼけ写真の通りで卵でいっぱい。私は「お!ししゃも虫だね!!w」と言ったのだが、ウドンタニ周辺だと「メンコー」と呼ぶそうだ。中華鍋に少し水を入れて茹でて火を通し、軽く油で炒めて塩味が付けてある。卵は魚卵とそっくりの風味で美味しい。

息子へ調べさせるとタイ語では「メン・ホア・ケン」だそうで、頭が堅い虫という意味(かな?)。学名は Plocaederus obesus Gahan とネットに書いてあったそうだ。従業員のおばちゃんの話だと、サトウキビの根本に近い茎へ卵を生みに来るそうで、昨晩は集落の人達とさとうきび畑で待ったが出て来ず、ご主人が深夜2時頃に見回ってようやく捕まえたそうだ。

採集や調理の様子を紹介した動画がYOUTUBEに有ったので貼っておく。



美味しい物は市場へ出回らないので、産地限定の食べ物かも?新鮮なのを見つけられたら、ぜひチャレンジを!美味しいよw。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (5)

美味しいパラーの見つけ方

2017年12月13日 00時00分00秒 | タイの美味しい食材
イサーン料理に欠かせない調味料と言えば 味の素 パラー。魚を塩と米糠で漬けた発酵調味料だ。



ウィキペディアではプラーラーとされ、プラーは魚のプラーだと思うが、ウドンで暮らしている私の耳にはパラーと聞こえるので、私はパラーと表記する。

市場で売っているパラーは、アンモニア臭どころか腐敗臭漂う物も多く、wikiの記事によると騒乱時に悪臭爆弾として袋詰のパラーが警官に向けて投げられたり、アピシット元首相の家へ排泄物と共に投げ込まれたほど。うちの隣(と言っても数十メートル離れている)が惣菜を市場で売っており、パラーに火を通す時は、鼻が麻痺しそうな悪臭に襲われる。

多くの日本人にとっては臭くて堪らないパラーだが、イサーン料理の多くにパラーは使われており、獣臭漂う豚骨ラーメンに食欲が湧く日本人が居るように(私w)、このパラーの臭いに食欲が湧くイサーンの人達が居る。腐敗したり、アンモニア醗酵してしまえば、当然パラーを入れても料理に旨味が無いので、白い粉状の旨味調味料を入れるようになると思うのだが、この臭いに食欲が湧くのは嗜好であり好みの問題なのだろう。

近所の人達の話を伺って臭いが出る原因を調べると、新鮮な魚の内臓を取り除くのが身が固くて面倒だからと、身が柔らかくなって腹が破れる頃に仕込んだり、そもそも魚の鮮度に無頓着だったりするのが一つ。中には臭いを求めて塩を控えて作る人も居るようだ。また塩田で結晶化までさせた釜茹でしない安い塩で作ると、混ざった土からの細菌が悪さするのか身が崩れるらしい。

新鮮な魚を手早く衛生的に加工し、適量の塩と糠を使って仕込めば作れるって事だ。タイへ来た頃は新鮮な魚を見つけると仕込んでいたが、最近は家業が忙しくてとても無理。美味しいパラーを求めてあちこちの市場を探し歩くが、臭いが控え目でも水増しされて味付けまでされていたりで、本物を見つけるのは困難で、買ったパラーを一回使っただけで捨てるのもしばしば。

そんな失敗を繰り返して気が付いたのは、きちんと醗酵して美味しいパラーは味噌の匂いがすること。
本物のパラーを使ったイサーン料理は、荒々しい濃い味料理ではなく、素材の風味や旨味を活かしてすっきりした優しい味になる。当然旨味調味料は不要。誰もが美味しいと食べられる。

最近はウドンタニの水瓶 クアンホイルアン 近くの集落で開かれる市場へ度々行っており、匂いを嗅がせて貰って味噌の香りがすれば買っている。美味しいパラーを作る人達は専門の業者ではなく、自家用に仕込んだ余りを市場で売っておられるそうで、露店へ並ぶ量も少なく、同じ人が作っても壺によって風味が違ったりするそうだ。
味噌の匂いでチェックして美味しいパラーを見つけると、イサーン料理から新しい発見が有るかもしれない。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

昆虫食の世界 チンリー

2017年06月26日 00時59分08秒 | タイの美味しい食材
チンリーって何かご存知だろうか?
妻が養殖をされている家へ見学に行ったので写真をお見せしよう。



ピンボケ写真だがコオロギだ。

餌は野菜屑と鶏の配合飼料。
冬のないタイでは簡単に増えるそうだが、蛇や蛙に蟻等の不快な動物が寄ってくるのと、売るのが難しいそうだ。

成体になったら餌を断って糞を出させれば出荷できるそうで、1キロ150バーツくらいが相場。

生きたチンリーを沸騰した湯へ入れ、死んで動かなくなったら水で洗う。

水を切ってお好みの方法で調理すれば良いが、イサーンで多いのは中華鍋で炒って塩で味付け。私は苦手だが風味調味料を入れる人が多い。



味は小エビに似て、卵を持つ雌は濃厚な味。ビールのつまみに最高だが、見た目が苦手な人は掻き揚げ等の天麩羅が良いかも。
日本人だとそこまでして食べなくてもと思われるだろうが、その通りww。子供の頃から食べてない日本人は冷凍エビの天麩羅の方が美味いと思うかも?

エビと味が似ているのは、エビは,動物界・節足動物門・甲殻綱で,昆虫は,動物界・節足動物門・昆虫綱と門までは同じ親戚関係だから?
エビアレルギーな妻がチンリーを食べて蕁麻疹になっている。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

人参の風味が有るサツマイモ

2016年12月01日 07時00分00秒 | タイの美味しい食材
市場で買ったサツマイモの肉色が人参のような濃いオレンジ色で、食べると甘~いサツマイモで人参の風味。
マン・キャロットと呼ぶそうで、マンはタイ語で芋だから、そのまま人参芋。
ネットで検索すると日本でも肉が人参色のサツマイモ=隼人芋があるそうだが、隼人芋の皮はジャガイモのような薄い黄土色なのに対して、タイのマン・キャロットは普通のサツマイモと同じ赤。リンク先で肉の色を見ると、タイのマン・キャロットの方が濃いようだ。紫芋と一緒にお菓子を作ると色鮮やかで美味しそうに見えるだろう。
農家のおばちゃんである従業員へ尋ねると、収穫量が多いので人気だそうだ。蔓を挿して栽培するが、蔓の値段は1本2バーツと普通の倍らしい。
甘くて美味しい人参芋を、おひとついかがだろうか?

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (3)

農家のおばちゃんが小躍りして喜ぶイサーンの御馳走

2016年09月30日 18時00分00秒 | タイの美味しい食材
タイ・イサーン地方(東北部)の私が暮らす集落で御馳走と言えば、牛肉をナンプラー(魚醤)や唐辛子等で和えたラープで、結婚式等には欠かせない料理。集落内に市場があり、食肉業者が多く、新鮮な肉が入手できるからか、生肉のまま味付けして食べられることが多い。人によっては豚肉の生食を好んだりもしている。
しかしながら、牛肉や豚肉はお金を払えばいつでも簡単に入手できる物でもあり、小躍りするほど喜んで食べる物でもない。以前御馳走として記事にした牛の胎盤も、予約していれば入手はそれほど難しい物でもない。イサーンの農家では米は田で作っても、おかずは雷魚や蛙を採集するのが基本であり、今回は農家のおばちゃんである従業員が見つけると小躍りして喜ぶ食材を紹介しよう。

今回紹介するのはこちら・・


写真は thailandsnakes.com より

集落ではグーシン(虎蛇)と呼ばれ、英語名はIndo-Chinese Rat Snake。鎌首を上げないのでコブラとの見分けは簡単だが、コブラにも黒っぽい個体が居るので、色だけの判断は危険。眼が大きく、黒い背中かと白い腹も特徴。毒はなく、それほど攻撃的でもない。大きいのは2mを超える。農場内へ1mちょいのが潜んでいたようで、猫のラッキー君に追われて栽培場の柵へ登ったところを従業員のおばちゃんが発見。私は洗濯物を干していたが、おばちゃんの興奮した声で気が付いた。



2m上へ登ったところを妻がこの先割れのヤスで突いて、麺のようにクルクル巻いて地面へ下ろし、何度か叩いて動かなくなった。コブラ等だと潰れるまで叩くのだが、今回は食べられるグーシンなので、叩いて完全に殺さないよう頼まれたそうだ。無事捕まえて、おばちゃん大喜び。



撮影に近寄ると逃げようとするが、所々の筋肉へ力は入っても動けない。猫が手を出すので籠で昼まで保管。おばちゃんが昼休みに火をおこし、蛇を炙って鱗を除けた。この日は小さいので刻んでパッカパオ(バジル炒め)にして晩御飯のおかずになるらしい。
私は一度煮たのを貰って食べたが、身が固くフグのような食感だがフグより少し脂が強かった。美味しいと思ったが、集落の皆さんは捕ったら食べてしまうので、市場では滅多に見かけない。売ってお金にするより、食べたいのだろう。台湾では華西街に蛇料理の専門店があったが、タイにもあるのだろうか?いくら美味しくても、旅行者がタイで食べるには難易度が高いかもしれない。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

ンゴ(ランブータン)のシーズン

2015年06月15日 18時10分16秒 | タイの美味しい食材
雨季に入り熱帯らしい果物のシーズン。写真右側の毛が生えた赤い金玉のような果物がンゴ(ランブータン)だ。少し前まで1キロ40バーツを超えていたが、今朝から1キロ25バーツの店を見掛けるようになった。他の果物も同様だが1キロ30バーツを下回れば旬だろう。
ウドンタニで果物を買うなら、少し前まではムートン市場が定番だったのだが、改装工事が終わってからは、産地から果物を運び込んで車の荷台で売る人が入らなくなってしまった。常設店舗でも果物は売っているが割安感はそれほど感じない。そして産地から車で運んで売っていた人だが、ムートン市場の反対車線側やウドンタニ博物館からポーシー市場の間の路上に店を出している。新鮮な旬の果物が安く買えるのは、これらの場所だろう。
今朝はムートン市場の反対側で1袋4キロが100バーツ(400円弱)のンゴを2袋購入。妻と二人でつまんでいたが、昼までに1袋を食べてしまった。私は糖尿病なのにねえ・・。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント (10)

何年も木を育て一度しか食べられない贅沢な食べ物。

2015年02月27日 20時51分18秒 | タイの美味しい食材


35バーツと書かれた袋へ入った白い物が何だか分かるだろうか?
(写真はウドンタニのニュースサイトUdonthani Updateから拝借)












ヨー(ト)マパオ。ココナツの木の先端の成長点だ。


(こちらの写真はブログ「メキシコの隅っこ」から拝借)
この写真では見えないが、幹の一番上端にあり、新芽が次々と出る部分だ。
筍のような食感で甘みがあり、生でも食べられるそうだが、イサーンではゲーン(タイカレー)や肉と炒めて食べるのが多いだろう。我家では 金平(きんぴら) 。新鮮なのは甘いので砂糖は入れなくてよい。鮮度が落ちると甘みが減り醸造酒のような匂いがする。
成長点を取られたココナツの木は、当然それ以上成長できず切り倒すしか無い。
価格は安いが、ある意味贅沢な食べ物でもある。

話は変わるが、日曜はいよいよ息子の本命の受験。数学の見落としがないか、私が教科書や参考書から問題を選んでは息子へやらせている。正答率は7割程度。難問を選んだつもりとはいえ、ん~厳しい。明日は塾で総仕上げだが、今日は集落の寺を巡って神頼みいや仏頼みか。w 自称キリスト教徒の筈だが、溺れる者は藁をも掴む。
週明けは娘の学校の期末試験なので、土日は私がその相手もやらなければならない。ひえ~ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ


貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (8)