Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

千店舗収容の大規模衣料品市場が・・

2015年09月27日 21時29分10秒 | タイでの生活

こちらは2014年の初めにウドンタニへオープンした主に衣料品を扱う店が集まる168Platinum-Udonthani。敷地は7万平米以上あり、千店舗収容と言われる大きな市場だ。


ウドンタニ市内からノンブアランプー県へ向かう国道210号線沿いにあり、地場卸売店のギスンとスーパーマーケットのテスコ・ロータスの並びだ。地図はこちらをクリック。


市場は車のまま入れるようになっており、車を進めると人通りは疎らで空き店舗がかなり目立つ。


車道沿いは営業している店もあるのだが、通路へ入ると全て空き店舗。看板が掛かっているので、オープン当初はテナントが入っていたと思われる。
オープンしたのも時々イベントも行われていたのも知っていたが、一番上の写真を見ての通りで、狭い入り口を建物で塞いでおり、市場の中が見通せないので何となく閉鎖的に感じ、また集客力のあるキーテナントも無いので、ここで買い物をしなければならないという必然性も感じなかったのだ。
この日は子供の塾を待つ暇つぶしに日陰を探して初めて入ったのだが、閉めずに残っているお店は競争力のある商品を持っており、テスコ・ロータスで99バーツ売っているのより良質な45バーツのトランクスや、1枚60バーツの無地Tシャツ、娘のワンピースは製造卸の店で400バーツを300バーツに値切って買った。どの店も暇なので、結構付き合ってくれるのだ。
テナントの方に話を伺うと、何度か集客のテコ入れをしたが反応が良くなく、今は家賃無料で電気代と水道代のみで使えるそうだ。同条件で新規のテナントも受け付けているそうだが、通りすがりに入る人は滅多に無いようで、自力で集客できる人でないと難しいだろう。
タイでは買い物は保守的なのか、新規開店のお店が賑わうには数年掛かることもあるようだ。隣のギスンも中心街の本店は、毎日お祭りのように賑わっているが、ここの隣の郊外店は開店から数年は客が入らなかった。今ではレジに並ぶほどだが、それでもテナントの大部分は空いている。ウドンへ進出した郊外店はどこも数年苦しむのだ。




一番奥のブロックは仕切りがされて無く大型スーパーくらいの広さがあり、今はサッカーに似た室内競技のフットサル場にも使われている。すぐ横に広い駐車場もあり、ここへ中核店舗として大型スーパーでも入れば、専門店街を備えたショッピングセンターとして楽しめるだろう。近くにテスコ・ロータスやBIG-Cはあるのだが、良質な商品を揃えた日系のスーパーやホームセンターでも出店しないかな。暑い日でも雨でも快適に買い物ができるこれだけの設備が勿体無いと思うのだ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (10)

許せない!

2015年09月20日 21時25分58秒 | タイから日本を想う
こちらの映像は17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の様子。


参院平和安全法制特別委員会鴻池委員長を与野党議員が委員長席を取り囲み、押したり押し返したり、飛び乗ったり引き降ろしたり、踏んだり蹴ったりの攻防戦を経て、安全保障関連法案が参院特別委員会で可決された。
国際紛争は話し合いで解決できると言った人達の行動から、話し合いとは対案も出さずに「反対」し続けることであり、話し合いで解決できない時は力で解決するということが判り、言動の不一致が興味深かった。
「民意を無視した暴挙」と批判した元首相も居たが、日本は議会制民主主義の国であり、国民主権のもとでは、主権は国民に由来し、国民は選挙を通じて代表機関である議会、もしくは国民投票などを通じて主権を行使する。その責任も国民に帰趨するという原則を無視した発言だ。このような発言をする元首相は老害でしか無い。

こういう話は置いといて、私が腹を立てているのは、この時に大混乱となった委員長席周辺ではなく、離れた通路へ立っていた自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから引き倒されるなどの暴行を受け、怪我をした事件。




映像を見ると、津田弥太郎参院議員が通路を通って前に出ようとし、立っていた大沼瑞穂参院議員を力ずくで引き倒したように見える。通路に立った大沼瑞穂参院議員の意志に反し、力ずくて後ろへ下げさせる行為は故意の暴行であり、その結果の傷害は過失としても、許される行為ではない。判例・通説では暴行の故意で傷害の結果が生じた場合には、傷害の故意がなくても、傷害罪を適用できるそうだ(最判昭和25年11月9日刑集4巻11号2239頁)。 ぜひ刑事告発し、厳罰に処して欲しい。

これだけでも腹が立つのに、更に気に入らないのが、この事実を報道するのが産経新聞のみであること。「報道しない自由」なのだろう。少しでも多くの人に知って欲しく、記事にした。
タイ東北部のの農村から祖国が気になる私である。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ target="_blank">タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (9)

今年も乾季の足音が聞こえる

2015年09月15日 20時37分06秒 | タイでの生活
今年は例年より特に早く8月9日には霧が出た。9月に入って日差しのある日が増えたし、先週末から朝早く家を出ると、車の窓に水滴がついている日がある。それと雷雨や夜間の強い雨。毎年似たような事を書いているが、これらはウドンタニの乾季が近い知らせだ。あとはタイ中部の洪水のニュースが出れば完璧。昨年も9月15日に乾季の足音の記事を書いたが、例年だと「乾季の足音」と記事にする時期は1週間先。イサーン北部の乾季はバンコクやコラート周辺より約1ヶ月早く、10月に入ると雨はほとんど降らなくなる。既に台風もイサーン南部へ入っているし、あと少しだ。
蘭と観葉植物の栽培が家業の我家では乾季=園芸シーズンで気合が入るところだが、今年は景気の悪化が言われ、既存の顧客の売上はパッとしなくても、ネットを通じての顧客拡大がなんとなく行けるかなと妻は感じているようだ。日本の梅雨のような長雨と従業員の指示を守らない植え替えで腐った鉢がかなり出たが、これからさっさと作って挽回するつもりらしい。昨年も書いたエアープランツもバンコクより安く出す価格競争を仕掛け、昨年仕込んだのは全部売り切れ。今年はもっと強気で攻めるらしいが、雨季の間に仕込みが間に合わなかったらしい。私が手伝えると良いのだが、外国人である私の農業就労はタイではご法度なので、「頑張れー!」と応援してやるしか無い。リスクは取れないのだ。
子供達は学校の前期授業の期末試験が迫っているので、毎晩遅くまで頑張っている。楽しみなのは10月のピッターム(前期と後期の間の3週間程度のお休み)。バンコクへ連れて行けと指令が出ているが、子供達が遊べるのは半日から1日程度で、また家業の仕入れがメインの旅となるだろう。
さて私だが、実は毎日の家事にうんざりして全く楽しみがない。最近はやる気が出なくて家庭菜園も放りっぱなし。趣味の多肉植物も買ったままなので、雨季が終われば全部植え替えも必要だが、これも気乗りしない。3日位プチ家出をすればリフレッシュ出来そうだが、生活に追われて必死な妻を見るとそれも気が引ける。やるなら子供の学校や塾が休みになる10月しかないのだが、溜息しか出ない。そろそろ乾季だというのに鬱だなあ全く!


貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (11)

タレーブアデーン(赤い睡蓮の湖)の行き方で、イサーン在住の私が非常に気になること。

2015年09月07日 23時01分24秒 | タイの観光・行楽・グルメ情報
天国のような景色が楽しめるタレーブアデーン(赤い睡蓮の湖)。最近はメディアでも紹介され、乾季の12月から2月の間にこの景色を楽しもうと計画される方も居られるだろう。先日ネットを検索していて気になることがあったので、少し書きたい。
何が気になるかと言えば、タレーブアデーンまでの移動方法。船着場までウドンタニの街中から50km前後あるのに、ネットで紹介されている移動方法はサムロー(3輪バイク)だったり、途中までバスだったりするのに驚いた。タイ人の観光客が多いが、そんな方法で行くタイ人なんて皆無だろう。(笑)
日本人のブログで幾つかサムローの移動が記事にされていたが、あれは猛者がネタでやることでしょう。バンコクのトゥクトゥクならスピードも出るが、巡航速度30キロのウドンの3輪バイクで片道2時間掛けて行く場所ではない。ウドンの3輪バイクは市街地内の移動手段であり、郊外の幹線道路の移動に使わないのだ。幹線道路は時速100キロ前後で車が流れており、そこを30キロで走るなんて自殺行為。実際は路肩を走るのだけど、駐車車両を避けたり、右折やUターンの為に車道へ出てくるサムローの事故は非常に多い。しかも多くは死亡事故になる。だいたいウドンのサムローなんて法律上は車じゃない。ナンバープレートも無いし、警察が取り締まらないので無免許で運転する人も多いのだ。


もう一つどなたかがネットの質問箱へ回答していたが、ソンテオの貸し切りでの郊外の移動も注意が必要。私は貸し切りの経験は無いが、市内を乗り合いで使っていても、危なくて乗ってられない運転なので停めて降りたのは片手では収まらない。運行時間待ちの車内で酒を飲んでいるのも何度も目撃した。市内の移動では時々使うが、郊外の幹線道路の区間は家族にも使わせない。理由は窓ガラスもなくドアもない車両で幹線道路を走るのはあまりにも危険だからだ。事故が起きればシートベルトもないので社外へ放り出される可能性もある。幹線道路を時速百キロで走る客室ではないのだ。
そして3つ目のバス。確かに幹線道路から各集落への入口にはバイクタクシーやサムローが待機しているが、それは地元住民の移動の足であり、観光客向けの物ではない。既に書いたが、田舎だと免許も持たずに営業するのも珍しくない。全てではないが農村になると文盲の人も多く、免許なんて取れないのだ。どのルートで移動しても、バスを降りて20キロ前後の移動が残っている。その距離をリスクが高い乗り物で移動するのはお勧めできないのだ。下手をすると天国のような景色を見に行くつもりが、天国へ逝くかも知れないのだ。
安く行きたくても、安い価格はリスクとの引き換え。チャレンジされる方を非難はしないが、普通に観光されるなら、お薦めしたいのは旅行会社が手配した1BOX車やホテルが手配したタクシーや運転手付きのレンタカー、最後に一般のタクシーだろう。ウドンタニのタクシーはメーター付きだが、認可価格では足が出るので価格交渉で使うのが普通だ。楽しく安全な旅をお薦めしたい。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント (6)

私の油断でポッキーを落とす orz

2015年09月02日 22時59分51秒 | タイでの生活
27日木曜に死に掛けたポッキーだが、雨で気温が低い日に糞で汚れた体を私が洗って、拭き取りは適当だったので、どうも低体温症だったようだ。気温が30度以下の日は気を付けなければならないらしい。新聞をゆるくグチャグチャに丸めてゲージへ入れると、そこへ潜り込んで頭だけ出し気持ち良さそうにしている。離乳食を始めて便に臭いが出てきたが、排泄の補助は不要になった。低体温症が怖いので体を拭いた後にしばらく掌で包んでいるが、満腹でも掌に吸い付いて可愛い。息子の手は吸わないので、私を認識しているのだろう。我家に来て2週間だが、完全に情が移ってしまった。
日曜の朝、いつものように外へ出ると勝手口の脇に置いたゲージから子猫のポッキーが私を呼ぶ。排便で汚れたシート(新聞紙)を取り替え、足を洗って体を拭いてやり、細かく刻んだ茹でた鶏肉とヤギ乳の離乳食。食べている間に犬の散歩へ出ると猫のトラが道まで付いて来るので後戻りし、ポッキーを入れている自作の2重ゲージの外側を外してトラを入れる。
犬の散歩が終わり、猫の所へ戻ろうとしたその時に、ギャーという動物の悲鳴。トラがまたムクドリでも捕ったかと思ったが、トラはゲージの中。ハッ!と思って駆けつけると、2匹居る小型犬の黒い方が駆け去り、白い方の口にはポッキー。
「コラー!何やってんだ!!」と怒鳴ると、ポッキーを離して逃亡したが、ポッキーは後ろ足が立たなくなり、腹に牙の穴。プラカゴを合わせた自作の簡易ゲージは、針金で開かないように固定した上に重石まで載せていたが、犬はカゴを齧って穴を開け、ポッキーを咥え出したようだ。普段は強化プラスティックの自作ゲージを被せ、2重でガードしていたが、まさか私が近くに居るのに、犬が手出しするとは思わず、外のゲージをトラに使ってしまった。私の油断だ。
私の声を聞いて娘が「ポッキーが死んだ」と泣くので、少し怪我をしただけだと泣き止ます。今月2回目の模試の日だったので、娘と付き添いの妻を会場へ送る。車を運転しながらポッキーが気になるが、内臓の損傷や出血がなければ助かるし、駄目なら帰宅時は冷たくなっている筈だ。
帰宅するとポッキーのゲージのシートは血まみれ、顔に血の気はなく、腹は内出血で出臍になるほど腫れていた。まだ体は温かく硬直もしてなかったが、当然息はない。
庭に小さな穴を掘り私だけのお別れの式。私を親だと思っていただろうに・・と油断したのを悔やむ。おーい、またうちの猫に生まれて来いよ。

貴方のクリックとコメントが、このブログのパワーの源です。
下の2つのバナーへ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ海外生活ブログ タイ情報 人気ランキングはこちら
リアルタイムに更新される新着記事一覧(右下)からタイの今が見える。お薦め。

タイ・ブログランキングタイの人気ブログが大集合!!
登録数 アクセス数 最大級のブログランキング
ブログの世界が広がります。

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメント (6)