Menkarm World

メンカームの趣味の部屋へようこそ!

タイで日本語を話せると便利な事

2021年02月13日 20時26分00秒 | タイでの生活
息子は小2まで日本の学校へ通い、タイへ来てからも私との会話が日本語だし、祖母が毎月送ってくれた漫画を熱心に読んだのもあって、日本語を話すのに困らない。
昨年末に日本語検定(N3)を受験しても、判らない漢字が少し有っただけで合格出来た。次はN2を目指すそうだ。

日本語が話せても普段の生活で特にメリットは無いのだか、息子が使えると言うのは携帯電話会社との対応。
息子が携帯電話会社を替えたのだが、解約手続きをしたにも関わらずネット接続の定額請求が止まらない。コールセンターへ苦情を入れるとショップへ出向いてくれと言われたので、わざわざ行ったにも関わらず、翌月にはまた請求書が来る。
コールセンターへ再び電話するが未払いを払えと言うばかりで、全く話にならない。
そんな時に私が携帯電話会社の日本語オペレータへ苦情したのを思い出したそうで、息子も日本語オペレータを指定して苦情の電話。相手はベトナム人だったらしいが、ようやく話が通じる相手で、きちんと解約手続きをして貰ったそうだ。

それから一年以上経ったつい先日の話。息子は今年に入って実習で地方へ出向いており、携帯電話も一社しか電波が届かない様な田舎だが、その一つしかない携帯電話の基地局が故障らしくネットが使えなくなった。
なかなか回復しないので、同じ宿舎の友達が何人も携帯電話会社へ電話を入れるが一向に直らず、故障したままなのに既に回復していると言い始める始末。
今の時代はネットが使えないと勉強も出来ないので、困った息子が日本語オペレータを指定して故障連絡。
一時間程で直ったそうで、「タイ語で故障連絡すると放置され、日本語で連絡すると直ぐに修理するって、どうなってんだよ〜」と憤慨していたそうだ。
息子曰く「日本語オペレータと言っても日本人ではないが、きちんと仕事をしてくれる人が多い。」だそうで、私が「日本人は細かい事に気が付いて口煩いから、彼らも気を付けているのだろ?」と言うと、笑っていた。



コメント (6)

気長な商売

2021年01月23日 08時30分00秒 | タイでの生活
観賞用の羊歯(シダ)を中心に栽培している妻の農園では、葉の裏へ出来る胞子から苗を育てており、多くは親株に似た苗となるのだが、稀に突然変異で葉の形が珍しい苗が出来ると、次世代の親株候補として育てたり、趣味でコレクションされているお客様へ販売したりしている。
昨年の1月末に、そんな親株候補だった一つを妻がネットで販売し、お客様は代金4千バーツを直に振り込んで下さったが、今から海外へ出張するので発送せずに預かっておいて欲しいと仰ったそうだ。
それからコロナの感染者が中国以外でも見つかり始め、飛行機が飛ばなくなったり、国境が閉まったり…。
そのお客様との連絡手段はフェイスブックだけだったが、お客様のタイムラインは全く更新されず、何度かメッセージを送っても返信が無いまま。
12月になって妻が「そろそろ一年近くなるけど、もしかしてコロナで亡くなられたのかな?」なんて縁起でも無い事を言うので、「この前も、やっと帰国できて、空港の駐車場代金を数万バーツ払った人の話がニュースになっていた。もう少し待ったら?」と話していた。
大晦日に妻が「あの行方が判らない人から連絡が来た。」と嬉しそうに言うので話を聴くと、そのお客さんは忙し過ぎて全く休みが無く、大晦日にやっと休んで庭のシダを見て、注文したままのシダを思い出されたそうで、「あのシダは元気にしてますか?」と連絡が来たそうだ。「忙しい毎日だったけど、あのシダの写真を見て癒やされた日も多かったのですよ。ありがとう。」と仰って下さったそうで、待ち続けた甲斐があったと妻は喜んでいた。
「悪いけど未だ忙しいので、発送はもう少し待ってくれるかな」と仰って、そろそろ1ヶ月。
「もしかすると医療関係者かもね。コロナが収まる頃まで気長に待ってみるわ」と妻は話している。
コメント (4)

明けましておめでとうございます。

2021年01月01日 08時08分00秒 | タイでの生活




今年も宜しくお願いします。

昨年末に息子が帰省し、1年ぶりの家族団らん。
娘は、コンケン大付属高ウォモウォ(科学者育成プロジェクト)コースの一次試験に合格しました。
1月下旬の二次試験へ向けて頑張ってます。
今年も頑張ります!
コメント (8)

一年間ありがとうございました。

2020年12月28日 18時15分00秒 | タイでの生活
2563年(西暦2020年)は、
新型コロナの影響で
大変な一年でしたが、
皆様からの沢山の御支援のお陰で、
無事に過ごす事が出来ました。

一年間ありがとうございました。


コメント

今日は移住記念日

2020年12月17日 02時00分00秒 | タイでの生活
今日は我が家の移住記念日。2006年12月17日に山口県からウドンタニへ移住したので、14周年になる。

妻がやっている家業の観葉植物の栽培は、新型コロナ肺炎の影響で年前半の売上にかなりダメージを受けたが、9月頃から「コブラシダ」が人気化。


タイでは以前から流通している品種だが、バンコクの園芸店が仕入れてシダの展覧会で販売して下さったそうで、今までバンコクで流通していたのと比べると葉が立ってスタイルが良いと評価して頂き、注文が増えている。
タニワタリと呼ばれるシダの突然変異種の一つで、タニワタリの変異種は元々フィリピンの富裕層の間で栽培が流行ったと聞いており、その本場フィリピンの農園へ納入するとバンコクの業者さんからも数千株の苗の注文を頂いて喜んだ。
バンコク近郊の農園からも苗の注文を頂いているが、元々地元での消費用に細々と作っていたので生産量が少なく、待って頂いているそうだ。
苗なので大儲けは難しいが、コロナの影響で落ちた売上がカバーされて助かった。
バンコク近郊の園芸市場へ行った妻の友人の話では、うちの卸値の5倍くらいで小売されているそうで、品薄らしい。
流行っている時に多く売りたいが、小さな胞子からの生産は苗でも半年以上必要で、一般のタニワタリと比べても葉が縮れている分は成長に時間が掛かるので、急に生産量を増やすのは難しいと妻は言ってる。

子供達の方は、娘が今年高校受験で、コロナの影響から3月から7月上旬までの4ヶ月と長かった夏休みもパパ塾で頑張り、11月下旬に志望校3校の一次試験が終わった。
年末に合格発表があり、通れば直ぐに二次試験もあるので、受験勉強を継続中。
今までのパパ塾は理科と数学だけだったが、二次に向けて英語の勉強も追加した。
息子は大学2年の前期終了。先日記事にした講座の単位を落としたそうで、得意と思っていた科目だけにショックは大きかったらしいが、来期再受講で救済策があるという噂。w
コロナの移動制限で帰省しそびれ、1年近く会ってないが、年末には帰れるそうなので楽しみにしている。

この数年健康に問題を抱えている私だが、尿路結石は大きな塊こそ出なくても、偶に小さな欠片や砂状のが出ており、尿の色の変化で石の排出が予想できるようになった。
草刈り機を使うと石が出る事が多く、やはり運動が大切なのだろう。
昨年3月から始まった腹の痛みは、痛みが無くなり違和感も感じない事が多くなったが、調子が良くなると薬を飲み忘れたり、止めていた食べ物にチャレンジしたりで、弱い痛みが再発する時もある。
良くなったり悪くなったりを繰り返しながらも良い方向へ向かっているので、生活に気を付けて完治を目指したい。

新型コロナ肺炎のパンデミックでどうなるかと心配した一年だったが、医療関係者に頑張って頂いたお陰でタイの感染は抑制され、経済的に大きな影響を受けながらも周囲の皆様の御支援のお陰で、我が家の経済はどん底まで落ちなくて済んだ。 
一部の早い国では新型コロナワクチンの流通が始まっており、感染の第二波を乗り越えて春が来れば、ワクチンの接種率も上がって、普通の生活に戻れると期待している。
タイ移住15年目も怪我や病気の無い一年になる事を願っている。












コメント (4)

水の中のミナミの鬼

2020年12月10日 18時57分00秒 | タイでの生活
ヒモ生活が十年を超えて主夫が板に付いてきた私だが、それでも台所で皿洗いをしていると憂鬱で、気を紛らわすのにお世話になっているのがYou Tube。
最近は「ミナミの帝王」が好きで、毎日楽しませて貰っている。

火曜の朝に娘の登校から戻って皿を洗いならが動画を楽しんでいると、農場から戻った妻がテンタイ(タイメロン)を切りたいと言うので台所を空けてやり、シンクの奥の調味料置き場に置いていたスマホを取ろうとしたが、濡れた手で充電中のスマホを触るのは危ないと思い、先に充電器をコンセントから抜いてスマホへ手を伸ばしたところで、動いた充電コードへ引かれてスマホがシンクへ転落。
そして落ちた所は水の溜まった鍋…。
水の中でミナミの鬼が喋っているのに驚いて素早く取り出し、タオルで水を直ぐに拭き取ったが、十秒もしない内に画面が暗くなって電源が切れてしまった。(T_T)

午後になり数時間置いたので乾いたかと期待を膨らませて電源を入れたが、BIOSは起動されてもそのままシャットダウン。
これはもう駄目だなと判断してセントラルプラザウドンタニへ。

前回は4千バーツ弱で買ったし、ネットで買った妻のは3千バーツもしなかったので、今回もそのくらいだろうと思って行ったのだが、中心価格帯は8千バーツで、今まで使っていたスマホ(ファーウェイY7)も新バージョンで6千バーツ。ランクを更に落とした一番安いY6でも4千バーツだった。コロナで不景気って話は何処へ行ったのだろう?

前のと同じ位の性能で4千バーツくらいは無いかと探し、新機種で安いと店員から薦められたOPPO A15を4千バーツちょっとで購入。
RAM3Gでストレージも32Gしかないが、前のと同じだから、まあ良いかって感じ。

妻からはドジ呼ばわりされ、娘からも塾1コース分と愚痴を言われたが、ここで反論出来ないのがヒモの辛さ。私の稼ぎで作った農場でも、私の稼ぎが無いので肩身が狭い。(T_T)

情けないと思われるだろうが、家庭で男は主導権を握らず、ペットの様に生きるのがイサーン式。
もちろん稼ぎの良い男は違うだろうが、田舎では多くの家庭の大黒柱は女性であり、主導権を握らせて男はサポートに徹した方が上手く行く。

水没したスマホが翌日普通に使えたのは、ここだけの秘密。w
バレるともう一回責められる(←アホ)




コメント (4)

ウドンタニで通り魔事件

2020年12月05日 21時18分00秒 | タイでの生活
ウドンタニで5日の昼過ぎに通り魔事件が起きた。


ウドンタニの市街地で、バイクへ乗って白い服を着た男性に7人が刃物で襲われ、2人が死亡した。

最初に襲われた二人は娘と同じ学校の高2だそうで、場所は刑務所の裏通り。進行方向へ塾があり向かっていたのではないかと思う。残念だが一人は亡くなってしまった。

犯人はそれからバイクで市内を移動しながら次々と襲い、犯行現場から1キロ近く離れた時計台ロータリー付近で逮捕された。(緊迫した逮捕映像はこちら
犯人はウドンタニ郊外に住んで豚の屠殺が仕事の29歳の男で、ヤーバー(覚醒剤)中毒者。
友人と一緒にトンシームアン祭りへ行った後だったそうだが、祭りで買った肉切包丁で犯行に及んだか?

下のリンク先に事件の概要があり、自動翻訳でもまあまあ読めた。
高校生二人が最初に襲われた映像もあったが、信号待ちしていたバイクの隣へ停めていきなり刺しており、これでは逃げられなかっただろう。
タイでは覚醒剤の価格低下で常用者が増えており、私が暮らす農村でもかなりの人数。
知人の家で中毒者な従業員が暴れ出したのに遭遇した事があるが、慌てて車に飛び乗っても怖かった。

これから薬の価格が高くなった時の事を考えると、ゾッとする。
コメント (4)

致死率が高い猫の病気が流行中

2020年08月23日 23時58分00秒 | タイでの生活

↑動画はユーチューブ内でしか再生出来ないので、ニュース映像をご覧になりたい方は上の中のリンクをクリック。

少し前に我が家の猫が全滅したと記事にしたが、我が家の周りだけでなく別の県でも集落の猫が全滅したと報道された。餌を食べない等症状が似ているので、恐らく同じ病気だろう。
自動翻訳では病名は「猫はしか」となるので検索しても、日本語でそれに合った病気は見つからなくて詳細が分からないが、ワクチンがあるそうだ。

【追記】
娘へタイ語で検索させると、自動翻訳で「猫はしか」となるのは「猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症)」らしい。

コメント (4)

ウドン入管で配偶者ビザ延長。今年の必要書類は?(後編)

2020年08月21日 23時38分00秒 | タイでの生活
この記事には前編があるので、未だの方は前編からどうぞ。

8時半の開店と同時に銀行へ入り、書類の作成が20分弱。バンコク銀行はオンラインで簡単に出来た
証人のプーヤイバーンを迎えに行って入管へ入ったのが10時前。
混雑を予想していたがガラガラで、待つ事なく受け付けて頂き、最初に銀行通帳実物の確認。それから女性職員が妻と雑談しながら申請書類のチェック完了。
コピーした書類へのサインが数十枚あるのだが、私がサインしていると「窓口の職員はみんな日本語の研修をうけているのよ」という話になって、周囲の職員も加わって日本語発表会が始まった。皆さん片言くらいの日本語が話せるのに驚きw。
最後に証人のサインがあり、申請料を払って11時には終了。

今年の変更点は、昨年やった銀行関連の書類(上の12と13)の2週間後の再提出は無くなったが、銀行口座のステートメントに必要な期間が、申請日の前4ヶ月から1年に変わっている。
入管への事前の問い合わせではこの辺の話は無かったが、銀行職員が「最近は半年や1年を求められている」と言うので、申請日から遡って一年には足りないが、私の定期預金が昨年10月からの1年定期なのを記述したステートメントを作って提出。
私はそれで特に何も言われなかったが、入管職員が他の申請者へ「一年分のステートメントが必要」と言っているのを耳にしたので、銀行職員の情報は間違い無いだろう。借りたお金を見せ金にしている人は厳しくなるかも?
それと、私は今月に住居の90日届けを済ませたばかりだったが、申請終了後に再度90日届けをする様に指示されたのも変更点。

昨年はタイ側結婚証明書がコピーから謄本に変わって慌てたが、今年はスムースに申請完了。
延長したビザのスタンプが貰えるのは二ヶ月後だそうだ。

コメント (8)

ウドン入管で配偶者ビザ延長。今年の必要書類は?(前編)

2020年08月21日 23時23分00秒 | タイでの生活
毎年この時期になると憂鬱に思うのがビザ更新。
書類は、結婚証明書の謄本を役場で作って、写真を撮って、銀行で預金の証明書を作って、後は自宅にある証明書類を一式コピーするだけと簡単だし、毎年証人にお願いしている自治体役員も超協力的で、入管窓口の職員の皆さんもソフトな対応で親切。
嫌がる理由は無いのだが、移住して最初のビザ延長を拒否され、妻が入管職員と揉めたのがトラウマになって、未だに苦手意識が抜けない。

今年もウドンタニ入管で申請したので、備忘録として提出書類について書いておきたい。
先ずは今月上旬に入管を訪れて、提出書類等の確認と申請書の入手。
提出書類は昨年と同じで、タイ側結婚証明はビザ申請日から遡って一週間以内にアンプー(市役所)で取得する様に言われた。
証人が一人必要なのは例年通りで、毎年証人をお願いしているプシュアイプーヤイバーン(公務員扱いの町内会長助手)へ、今年も宜しくとお願いした。

申請に必要な書類は

1.申請書 TM7様式
  申請書は2部必要なので、1~13の書類を2セット作る。
  裏の所定の場所に10.申請用写真(4cm×6cm)を貼り付け。

2.パスポートで記入されているページ全てのコピー
  出国カードの裏面(入国日のスタンプが有る)も忘れずにコピー

タイ側結婚証明書の謄本
  居住地のアンプーで入管申請日の一週間以内に取得

4.日本側結婚証明書(日本大使館作成の結婚証明書 英語・タイ語訳+戸籍謄本)のコピー

5.タイ人配偶者の国民登録証コピー

6.私のタビアンバーン(住居登録証)コピー

7.妻子のタビアンバーン(住居登録証)コピー

8.子供達の出生証明書コピー

9.自宅の地図(幹線道路から自宅までの道へ赤線を入れる)

10.申請用写真(背景白4cm×6cm)

11.配偶者と一緒に写った写真(自宅全体と表札が見える門の前、居間、寝室の3ヶ所で撮影したのをプリントしてA4に貼る)
   表札の入った写真は表札の文字がしっかり見える事

12.銀行発行の残高証明書と申請日までの一年分のステートメント(預金種別や口座開設日等の口座情報が記載してある)。
   2部必要だが1部はコピーで可。(申請当日作成)

13.銀行の預金通帳のコピー(申請当日アップデート後にコピー)

14.申請料2千バーツ(本当は1900バーツらしいが、100バーツは協力金?w)

4~9の書類は申請の度に原本からのコピーは面倒なので、私はコピーを1セット作って置いており、毎年申請の度にそれを再コピーしている。国民登録証の期限切れや、子供の敬称の変更によるタビアンバーン(住居登録証)の更新に注意。

文字数制限に引っ掛かったので、続きは後編へ。
コメントも後編からどうぞ。
コメント