弁護士TKのブログ

興味関心も文章もまとまりませんが、そのときそのときで考えたことなどを、書き散らしていきます

民事訴訟の流れを把握する

2018年05月22日 | 交通事故民事
【民事訴訟の流れをなぜ把握するのか】
「弁護士さんに裁判を依頼しているのだが、何をやっているのかさっぱりわからない。」「ちゃんとした説明がない」「説明はされているがよくわからない」というご相談をいただいたりします。
お話をよく聞いていると、弁護士から裁判所での期日の報告書は届いており、それなりに丁寧に書かれていたりもします。
つまりは、弁護士の説明と依頼者の聞きたいことが合致していない。
弁護士の説明は、依頼者の求めるものと違うので、「ちゃんとした説明がない」等というリアクションになってしまうのです。
まずは、民事訴訟というものの流れを大雑把に理解していただくことが必要ですが、そのような説明がされていないことが多いので、参考にしてみてください。
なお、ここでの説明は民事訴訟の流れを踏まえてはいますが、どこの本に載っているのでもなく、「こう説明したらわかりやすいかな」と私が考えているだけですので、その点はご容赦ください。

【訴状はテーマの提示】
民事訴訟はまずは原告が「訴状」を裁判所に提出することから始まります。
被告は訴状についてこたえる「答弁書」というものを提出します。
原告が提出する「訴状」は民事訴訟のテーマだと思ってください。
テーマは原告が決めます。
例えば、離婚訴訟ですとテーマは、離婚することだったり、親権者を誰にするかだったり、養育費をいくらにするかだったりしますので、何を求めるかを決めて訴状に書きます。
このテーマを出さないことには裁判は始まりません。
テーマは原告が設定するものであり、裁判所はそれを見ているだけです。
訴状でいちばん大事なのはこのテーマの提示でして、できるだけ漏れのないようにテーマを提示する必要があります。

【被告側の応答】
原告がテーマを提示したことに対して、被告はどう応答するのかを決めることになります。
まずはざっくりとした方針を決め、訴状に対して認否をしていかなければなりません。
「認否」というのは、訴状に書かれている事実について認めるのか否認するのか、ということをいいます。
この認否は「答弁書」やその後に提出する「準備書面」といったものに記載することになりますが、方針を決め、その方針のもとに書面を記載していくことになります。
原告側に比べて被告側は準備時間が短いのが通常ですが、このような作業を疎かにすると後々苦労することとなります。

【その後は争点を整理するための主張・証拠の提出の応酬】
訴状で訴訟のテーマが出され、その後被告側がテーマに対する応答をしていきますと、次は原告側、被告側双方が主張・証拠を提出することの応酬になります。
民事訴訟上の用語では「争点整理」といいます。
争点を整理するためには、原告側、被告側そして裁判所が的確に争点を把握し、主張・証拠を提出していく必要がありますが、必ずしも噛み合った議論になるとは限りません。
場合によっては非常に散漫になったり、関係のないことを延々と論じたりしている場合もあります。
このようなときに、依頼者からは「何をしているのかわからない」という声がでやすくなります。
依頼者サイドとしては、弁護士に「何が争点となっているのですか。その争点についてどのような主張がそれぞれ出されているのですか。よくわからないので争点の整理表のようなものを作って見せていただけませんか」とリクエストするのも良いかと思います。
争点の整理というのは、常に「何が争点となっているのか。その争点についてどのような主張がそれぞれ出されているのか。」を意識していなければならないのですが、弁護士もこれを頭の中でやっていることが多く(かくいう私もそうです)、中にはなんとなくしか考えていない弁護士も少なくないと思われますし、そのような弁護士は依頼者にもうまく説明ができないでしょう。そのためには、簡単でも争点の整理表を作成してもらえば双方の理解に役立つのではないかと思います。

【争点の整理が終われば尋問、判決】
双方の主張が平行線になってきて、証拠も提出されれば、争点の整理が終わったと裁判官も考えますので、その後は必要があれば尋問を行い、判決という流れになります。
現在では尋問はよほどの大きい案件でもない限り、半日程度で終わらせますので、尋問は期間的にはそれほど長くなりません。
一番長くなるのは、争点の整理手続き、つまり主張・証拠の提出の応酬をしている時間ですので、訴訟の流れを掴むには争点整理で何が行われているのかを把握するのが重要です。

【和解について】
以上ざっと判決までの流れを見てきましたが、実は重要なことを書いていません。
訴訟上の和解についてです。
民事訴訟では「和解」というものが非常に重要で、かつ、多くの案件は和解で終了しますので、和解について書かないといけないのですが、和解のタイミングというのはいろいろあってこれを入れてしまうと流れがわかりにくくなってしまいますので、今回は和解については書きませんでした。
この点についてはまたいつか書きたいとと思っています。

(写真は本文と関係ありません)
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 最近の判決は短めになってき... | トップ | 弁護士の説明が十分ではなく... »
最新の画像もっと見る