【試行錯誤の家庭菜園】

無農薬有機栽培をしていますが、「自然農法」に憧れています。

なめこの植菌作業

2018年04月03日 | 椎茸・きのこ類
■2018年4月3日


なめこ森2号。

今日は、これを昨日伐った桜の木に植菌する作業。





ゴリがドリルで穴をあけ、私が楔形の駒菌を

その穴に金槌で打ち込む。


原木は、少し離れた山から軽トラックで持ち帰ったので、

木は降ろさず、トラックの周りでの作業。





植菌できた なめこのホダ木。





これを、裏山のホダ木置き場まで距離にして30mほどで、

ネコ車(一輪車)で運ぶのだが、坂になっている。





ゴリがネコを押し、私がロープで引っ張る。(^^;)


椎茸の原木は、裏山から坂を下る形で運んだので、楽チンだったが…。


原木の調達場所により、労働の負荷が変わる。





梅雨頃まで仮伏せしておく。





左がなめこのホダ木で、右が椎茸のホダ木。





小さな椎茸がまた生えている。(#^^#)





ここのところ雨が降らないが、

毎朝スプリンクラーで水やりをしている

効果が出ているのだろう。





なめこの駒菌は、1000個で3,267円也。

オガ菌は1,600円ほどだった。









↑ 午前中の作業。


夕方に、残っていた太めの原木を

25cmほどに玉切りをし、切り口にも穴をあけて

植菌してみた。


立てたまま栽培してみることに。(^^;)





そのあと、薪を薪棚に積み込み作業をしたので

草臥れた。(-_-;)






作業が終了し、雨よけハウスの中を覗いてみたら、

絹さやの花が咲いていた。(#^^#)





もう直ぐ実が着くね!!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山桜を伐採して

2018年04月02日 | 椎茸・きのこ類
■2018年4月2日


右の軽トラックの辺りから手前がうちの山。

今はどこの山も花盛り。





今日はうちの山桜を伐採した。


なめこを植菌する原木に使用する目的だが、

今満開の桜。(^^;)





桜の木2本分。





玉切りもして、トラックに積み込み持ち帰る。





なめこは、伐採したら直ぐに植菌をした方がいいので、

明日は植菌をする予定。



↓ これは置き去りの枝。(^^;)





今年はオガ菌ではなく、椎茸と同様の駒菌(菌ごま)を打ち込むことになった。

注文するときの手違いで、駒菌が届いたから仕方なく。


去年のオガ菌を植菌する様子は ⇐ こちらクリック♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

椎茸の植菌(駒打ち)2018年

2018年03月26日 | 椎茸・きのこ類
■2018年3月26日


今日は、例年よりもだいぶん遅く椎茸の植菌を行なった。


今年の種駒は 菌興115。





午前中にゴリが山に行き、倒した原木を玉切りして

椎茸のホダギ置き場の横にネコで運んで準備していた。


ゴリが電動ドリルであけた原木の穴に、私が駒を挿して、

金槌でコンコンと打ちこむ作業。


電源は 家からコードリールを2本、普通の延長コードを2本繋いだ。





1000駒分を植菌したら、原木21本分あった。





↓ この辺りは、二昨年前のものかな?





毎年植菌していて、ここには4~5年分のホダ木を置いている。





今日はこれだけの椎茸が採れた。





ブロッコリー、わさび菜、三つ葉、カーボロネロ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

椎茸を立てかけた

2018年02月11日 | 椎茸・きのこ類
■ 2018年2月11日


去年の3月に椎茸の植菌をし、伏せたままにしていた ホダ木を、

木に括り付けた単管に立てかけた。

他の古いホダ木も一緒に立てたので、いつのものか分からなくなりそう。(^^;)





右の列のホダ木は、2~3年前に植菌したもので、

よく生えているもの。


去年3月には、森林組合で購入した「にく丸」を植菌したので、

今年はJAで菌興115を植菌予定。


また、25本ほどのホダ木がここに増える。





低温続きで、路地の葉物野菜が絶不調。

いつもはきれいな色のわさび菜も、

今年は茶色っぽいところが目立つ。

味に変わりがないが、見た目はイマイチ。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白こぶ病発生!

2017年11月12日 | 椎茸・きのこ類
■ 2017年11月12日


平茸に「白こぶ病」が発生した。( ノД`)





「白こぶ病」とは、ヒダに白いこぶ状の組織が生じる病害で、

ナミトモナガキノコバエが運ぶ線虫の一種によって生じるらしい。

こぶの中には線虫が棲息していて、ひどい場合にはヒダ全体が白いこぶで覆われてしまう。

まさしく、我が家の平茸がその症状なのだ。

全体的に広がってしまったので、食欲減退だ。

ただ、食べられるそうなのだが、気持ち悪い。





平茸の栽培では、以前には黒い甲虫のような小さな虫が発生したこともあり、

上手くいかないので、諦めよう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薪ストーブ火入れ式

2017年11月08日 | 椎茸・きのこ類
■ 2017年11月8日


↓ 家庭菜園には無縁と思われるかも知れないが、

そうでもない。


薪ストーブを焚いて出る灰は、畑に役立つのだ。


と言う訳で、亥の月亥の日の今日、火入れ式を行ったので、

その写真をアップする事に。(^_^;)


火入れをしたら、さっそく 煮物やジャムづくり等を行なった。






今日は、なめこが沢山生えたので、

パック詰めして、友人や親戚やご近所さんにおすそ分けして回った。(*^_^*)




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

スプリンクラーで霧ミスト

2017年11月07日 | 椎茸・きのこ類
■2017年11月7日


なめこが生え始めたら、ホダ木が乾かないように

霧ミストをかけ続けるといいと聞いたので、

スプリンクラーを買ってきた。





もう少し細かい方がよさそうだが、

山からひいた水なので、詰まることもありそうで、

これくらいで我慢しようか。(^_^;)





↑ ここを通り越して、京黒山に行ってみると、

猪がやってくれている。


今のところ、きのこの周りの鉄筋の柵も、ハウスの周りの柵も

飛び越えていないが、今後どうなる事やら?

一抹の不安を感じる。





↓ これは、トレイに種蒔きをし、育苗し、

昨日植え付けた「中生こがね」玉葱。





今日も、↓ ここに定植しようと準備し耕し定植したが、

またもや写真の撮り忘れ。(^_^;)





もう1ヶ所、↓ 直蒔きした玉葱があるが、

コリアンダーなども生えている。

去年、この近くに植えていたので、こぼれ種から生えた様子。





↑ この畝の複数苗を1本立ちにし、欠損部分に ↓ 移植した様子。





おまけ。

今日の採れたて野菜。





もってのほか。





他にも、美味タスやキャベツなど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すみませんm(__)m今日も「きのこ」です(^_^;)

2017年10月30日 | 椎茸・きのこ類
■きのこ 2017年10月30日


左は2017年2月10日に、オガ菌を植菌した平茸





2017年4月13日に植菌したオガ菌なめこ。

↓ 写真をクリックしたら、拡大画面(赤ちゃんなめこ)が見られます。


なめこ

      ( 写真をクリックすると拡大画像になります )


↓ これは、2016年3月に原木に駒菌を植菌した方のなめこ。





きのこがうじゃうじゃ生えるのが嬉しくて、美味しくて、

連日のアップとなってしまい、お許しを。m(__)m


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

菌興早生なめこの植菌

2017年04月13日 | 椎茸・きのこ類
■ 2017年4月13日


先日伐採した桜の原木になめこを植菌する為に、

先ずは玉切りを行なった。


おが屑も使用するので、ブルーシートの上でチェーンソーを使用し、

おが屑を溜めておいた。





混ぜ合わせる割合は、なめこの菌1:おが屑3:米糠1。


材料をよく混ぜ合わせる。





その後で、水2の割合を加えるが、握って水が染み出るくらいの量で調整。





輪切りにした原木に、1cmほどの厚みになるように

混合した菌を木口に塗り、上から原木ではさむ。





原木3個で、2面をサンドイッチして並べて、発生を待つ。

早ければ秋には発生するようだ。





↓ これは、去年発生した駒菌のなめこ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なめこのホダ木を伐採

2017年04月09日 | 椎茸・きのこ類
■ 2017年4月9日


生える条件が合えばホダ木には椎茸がいっぱい!







今日も沢山!!





なめこの植菌が出来ていないので、原木を伐採した。


うちの山ではあるが、満開の桜の木を倒すのは気が引けるし心が痛む。(-_-;)

お散歩をしている方が残念がるかも知れないねぇ。





結構太い木を伐ったので、無駄にしないようにしなくっちゃ。





花の枝も少し持ち帰って活けてみよう。





桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿というが、伐ったらそこから腐り、

ブナやナラのように再生しないのかも。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加