曜日のない暮らし

日々の暮らしにあるささやかで素晴らしい瞬間
暮らしと心を癒してくれる生き物たち
山本弘三の写真を中心にした日記帳

初めての アマツバメ

2022年09月23日 | 日記

今日の花

白向日葵   お彼岸に向日葵は合いませんよね

 


今日はお彼岸の中日ですね。昔は世間並みに休日として一日中海へ船で釣りに出かけていました。今は休日なんてありません。畑で仕事です。秋野菜の植え付けがまだ終わりません。

 今日みかん畑で仕事中にふと空を見上げるとツバメがたくさん飛んでいました。「ああ秋なんだなみんな南の国に帰るのか」と単純に思っていましたが、もう一度空を見上げて飛ぶ鳥をよく見るとツバメよりかなり大きいのです。尾が二つに分かれていて飛び方もツバメによく似た飛び方をするのですが普通の燕ではありません。何の鳥だろうと思いながら一応写真に撮っておこうと車の所まで帰りましたが、その間に鳥の群れはもう遠く離れてしまい小さな姿を空高くに数枚撮れただけでした。夜写真をもとに調べてみると、アマツバメでした。私にとっては始めて見る鳥でした。

アマツバメと言えば中華料理の高級食材のツバメの巣を思い出しました。どこかで食べたことはあるかもしれませんが憶えていません。ただ食用のツバメの巣は日本にやって来るアマツバメではなく南の方で繁殖する別の種類のアマツバメの巣だそうです。そんなことよりアマツバメは高速で飛べるしと飛ぶのはすごく上手なくせに地上に降りると地上から飛び立つことができない鳥らしいのです。それで切り立った崖の途中に巣を作り、崖から落ちる様にして飛び立つのだそうです。また渡りの途中などずっと飛び続け飛ながら寝るという離れ業ができるそうです。もちろん食事は空中を飛びながらです。鳥の中でもとても変わった生活をしている鳥ですね。今度出会ったらばっちりきれいな写真を撮りたいと思います。

 


アマツバメ

咄嗟のことでこれだけしか撮れませんでした。見つけた最初は私の頭上をもっと近くにたくさん飛んでいました。残念でした。

 


みかん創りの秘かな愉しみ グレープフルーツー2

2022年09月04日 | 日記

今日の海と空

夏の名残   沖縄地方は強い台風で大変ですね。こちらへやって来るころには和らいでほしいものです。

 


 9月になりましたので我が家で生まれたグレープフルーツをまた試食してみました。私のブログ8月6日にグレープフルーツの食べ比べを載せていますが、それから約ひと月経ちましたので木になっているグレープフルーツはどうなったのでしょうか。より美味しくなったのかそれとも味が落ちてしまったのか気になるところです。

皆さんはグレープフルーツはよく食べますか。日本ではわずかしか生産されていないのでお店で見るグレープフルーツはほとんど輸入ものです。以前30万トン近く輸入されていた頃もありましたが最近は6万トンくらいであまり人気がないようです。グレープフルーツは歴史が古く約300年前に西インド諸島のバルバドス島で発見されたようです。19世紀にアメリカのフロリダに伝わり現在は世界の柑橘地帯で作られています。日本は世界の柑橘生産国の中では最も北の方にあるので温度要求の高いグレープフルーツの生産には向かずほとんど栽培されていません。日本に輸入されているグレープフルーツは南アフリカとアメリカからのものが多いです。輸入元の国が珍しいと私はすぐに買ってみますがどこの国産でも味は大して変わりないですね。輸入グレープフルーツは輸送コンテナに詰められて船便で赤道付近を通ってきますので防腐剤処理は欠かせません。この辺に少し問題があります。そこで最近国内でも防腐剤無しのグレープフルーツを栽培してみようとの動きもあります。我が家で育成したこのグレープフルーツが日本の気象に耐えられるかどうかちょっと興味のある所です。またグレープフルーツはそれほど甘くはないし水分補給のための柑橘だと思います。とすると消費は真夏が一番良いことになりますので7月から9月までの間に出荷できるといいのではないでしょうか。国内でこの時期に出荷できる柑橘はハウスミカンくらいしかありません。でも日本人は口が肥えていますからグレープフルーツを生でそのままでは食べないでしょうね。何か良い加工方法はないものでしょうか。ジュースにするのはもっともよい加工方法ですが輸入品に太刀打ちできません。生の果肉をそのまま使うようなことを考えなければ国産の意味がないですよね。今日は果肉を冷凍にしてみました。ドライフルーツにするのもアリかと思っています。

 


我が家で育成したグレープフルーツ (9月収穫)

いつもは半分にカットして食べますが、今日は皮を剥いでみました。

 

更に中袋を取り果肉だけにしてみました。

種はなくて中袋は比較的剥きやすかったです。

一部をチャック袋に詰めて冷凍しました。

 

糖度は先月より下がっていました。果実の大きさが二次肥大したためかもしれません。味は薄いですけど水分補給には良いかも。

 


エッグフルーツをいただきました。(カニステル)

2022年09月02日 | 日記

今日の蝶

モンキアゲハとナミアゲハ   アゲハチョウの仲間は高い空中でオスがメスをしつこく追い回すのがよく見られます。時にはオスが3頭も1頭のメスを追いかけていることもあります。もちろんこのような求愛行動は同種のアゲハ同士で行われるのですが、今日空を見上げると大きな黒いモンキアゲハが小柄な黄色いナミアゲハを追い回しているのが見られました。求愛行動ではなくただの威嚇だったのかもしれません。空高くどこまでもどこまでもしつこく追って行きました。

 


 先月の28日に屋久島の知人から珍しい果物が届きました。今まで食べたことのないトロピカルフルーツです。私自身果物屋ですからどんな果物にも大いに関心を持っています。出来れば世界中の果物を食べてみたいほどです。多くの方は果物と言えば食べなれているものを好むようですが、私は珍しいもの大好きです。うちのカミさんなんかトロピカルフルーツにはほとんど手を出しません。美味しいから食べてみてと勧めても一口食べてあまりいい顔をしません。ドリアン・マンゴスチン・チェリモヤ・ライチー・マンゴー・パパイヤ・パイナップル・ドラゴンフルーツ・挙げればきりがないほど南国の果物は沢山ありますよね。みんな好きです。私の友人の一人は東南アジアの国々が大好きでしょっちゅう出かけています。日本に輸入されるトロピカルフルーツは未熟果を収穫して送ってきますので追熟しないと食べられないし完熟のおいしさはありません。彼は現地で本当に完熟になった南国の果物のおいしさを味わっていますのであちらの果物が大好きです。私は東南アジアへ行ったことがないので日本国内で売っている者しか食べたことがありません。ごくまれなことですが東京の果物屋さんが今日はいいドリアンが手に入ったので送りましょうなんてこともありました。

今回いただいたエッグフルーツは自宅で採れたものだそうですからいただいた時にすでに十分に熟していました。見た目は良くなくても完熟の果物は最高に美味しいものです。初めて食べる果物ですが、ねっとりとした食感に癖のない甘さでした。北の方にできる落葉性の果物とは違います。りんご・梨・桃・あんず・葡萄・キイチゴ・・・・みんな甘さとジューシーさが特徴ですね。柑橘でもそうですが食べる人はきまってジューシーさを強く求めますよね。でもこのエッグフルーツの食感は焼き芋かゆで卵の黄みのように水分は少なくてねっとりしています。その辺が果物感としては失格だったのか昔日本に移入されたころには人気がなかったそうです。でも、最近は栄養価の点で評価が高くなっているようです。借り物の情報ですが、エッグフルーツは栄養価が高いことが知られています。アンチエイジングに効果的なカロテンや、代謝を促すナイアシンが特に多く含まれています。ほかにもタンパク質の生成に不可欠なビタミンC、抗酸化作用のあるポリフェノールだけでなく、果物には珍しく炭水化物も多いという特徴があります。栄養満点で老化防止にもなる、今注目のフルーツです。という情報がありました。バナナよりいいかもしれませんね。

またこのエッグフルーツは料理に使ったりお菓子の材料にも使えるそうなので果物としてこれから有望かもしれません。果実の中に入っていた種を早速撒いてみたいと思います。ただ大島の冬の寒さに耐えられるかどうかが心配ですね。アボガドも植えていますが何年に一度かは冬の寒さで枯れてしまいます。今回いただいたエッグフルーツの種が育って実がなり始めるのに約10年くらいかかると思いますが我が家の畑でたわわに実ったときには皆さんにもおすそ分けしますので10年待ってください。その間ひどい寒波が大島に来ないようみんなで祈っていてくださいね。

 


エッグフルーツが届きました。

果皮がひび割れてきたら完熟だそうです。

よくひび割れたものからいただいてみましょう。美味しそうですねー。

皮は簡単に剥けます。初めての果物ですからどうやって食べたらよいかわかりません。とりあえずスプーンですくって食べてみました。とても柔らかいのでスプーンですくうのは簡単です。

少し崩してみました。

種らしきものが見えてきましたがパパイヤのようにいっぱい入っているのではありません。

どんどん食べてゆきます。想像以上に甘いですね。でも食感はお芋を食べているようです。

種は簡単にとれます。空洞に入っているのですね。種の数は少なくただの2個だけでした。

 


4日目です。だいぶ食べなれて来たのでワイルドに手で持ってゆで卵の殻を剥きながら食べるようにそのままかぶりつきましょう。

がぶりと一口、栄養分は老化防止になるそうなのでこれ一つ食べると何日か長生きができるかも。初物ですしね。

 

この実は大きかったので立派な種が2個入っていました。すぐに鉢に植え付けます、きっと大きな樹に育つことでしょう。命の始まりですね。

 

屋久島のKさん珍しいものをありがとうございました。


大曲の花火を観れば夏の果て

2022年08月31日 | 日記

今日の空

雲の峰   今年の8月は入道雲の見られる日がとても少なかったです。今日は午後のひと時8月最後の入道雲が見られました。

 


 私の好きな8月も今日で終わりです。そして夏も今日限り、明日からは秋モードに切り替えましょう。

コロナ7波はなかなか収まりそうもありませんね。それでも今年は中止されていた行事があちこちで再開され人の動きも元に戻りつつあるようです。中でも自粛されていた夏のイベント花火大会が復活し始めたのは嬉しいですね。地元の花火大会も規模縮小ながら再開されました。そして全国の花火大会の中でも規模内容共に一二を競う素晴らしさの大曲の花火大会が今年再開されるのはすごく楽しみにしていました。8月27日開催当日秋田迄行けるはずもなく生中継のテレビを予約録画して待機していました。今日はYou tube にも今年の紹介動画が載っていましたので紹介します。

 


大曲の花火【いざないの街♪フィナーレ 10号玉30連発特大スターマイン】サプライズ花火 Omagari Fireworks 2020 4K 2022年「大曲の花火」開催を願い

 

 


刻々と姿を変えてゆく積乱雲

2022年08月22日 | 日記

今日の花

名前が思い出せないけど山へ行くと良く咲いています。

 


 夏になって今年は何故か一度も素敵な入道雲に出会えていません。毎日とても暑いけど暑いだけでは入道雲はダメなんですかね。今日はみかん畑の草刈りをしながら時折手を休めて海の向こうを眺めます。午後の日差しを受けてそれほど大きくない入道雲が白く輝いていました。今年の夏は入道雲の写真はほとんど撮っていなかっなあと思いつつ、仕事中も傍に置いてあるカメラのシャッターを切りました。草刈りの手を休めるたびに姿が変わっていきます。そして日が沈んでくると夕日に赤く染まって来て、最後は雲のてっぺんだけが輝き、やがてすべての景色が黄昏てゆきます。日中の酷暑も和らぎ心地よい一日の終わりがやって来ます。何事もなく一日が終わるのはとてもいいことなんでしょうね。

同じ風景ばかり並べてみましたがすみませんね。田舎では時間がゆっくり流れるものですからそれを感じ取ってください。

 


午後の入道雲 (みかん畑より)

 

 

 

 

練習船 もう何日もここに停泊しています。

 

 

 

 

 

 

雲頂に本日最後の太陽のひかりがあたり反射しています。町にも船にも明かりがともり始めました。

 


夏の果物 あなたはスイカ派それともメロン派

2022年08月21日 | 日記

今日の花

昨夜の雨に濡れた花

 


 今年の夏はとても蒸し暑い日が多いと思いませんか。そして私たち農家は暑くても毎日野外での仕事ばかりです。早朝か夕方の暑さの和らいだ時間帯に出かけるようにしますがそれでも身体を動かすたびに上着もズボンも汗でびしょ濡れになります。家に帰るとまずシャワーで汗を流してから失われた水分補給をします。冷たい飲み物で直接水分補給するのもいいですが、冷たく冷やした夏果物が一番ですね。夏果物は体を冷やし水分補給と疲労回復の果糖の糖分を補給してくれます。特にスイカはいいですね。大好きな果物の一つです。そんなわけで昔は毎年大きなスイカを作っていました。最大で1個18キログラムのスイカができたこともありました。20キロを目指していたこともありますがあまりにも大きいと冷蔵庫には入らないし切ればすぐに食べなければならないしでカミさんから大きいスイカは嫌われていました。そんなわけで近年は家でスイカを作るのはやめました。

メロンはやや手がかかるので作ったことはありません。いただいて食べるくらいでちょうどいいのではないでしょうか。いただき物だと結構珍しい品種が食べられたりしますしね。

夏はやはりスイカが好きですね。

 


スイカ

 

 

スイカは11度くらいあればまあまあです。

 

メロン

夕張メロンも富良野メロンも果肉はオレンジ色ですね。甘いです。

あなたはどちらがお好きですか。


反田ネクタリンを食べたことがありますか

2022年08月19日 | 日記

今日の果物

反田ネクタリン   ソッタネクタリンと読みます。

 


 夏はやはり夏果物が美味しいですね。夏果物の中でも桃の仲間は芸術品的な素晴らしい果物です。見た目良し、食べておいしい、香りもよいものがあります。しかも最もおいしいのは熟して収穫してほんの数日の間ですね。柑橘やリンゴのように丈夫で長持ちの果物は冷蔵庫の中に入れておけば数カ月は持ちます。桃の仲間は果肉が柔らかく衝撃にとても弱いので取り扱いも慎重に行わなければなりません。私たちみかん作りにはとてもできないことですね。柑橘以外の果物もいろいろ植えて(リンゴ・梨・葡萄・ビワ・柿・栗・ブルーベリー・その他いろいろ・熱帯果樹も)作ったことはありますが桃だけはやったことがありません。つまり桃類は買って食べるか頂いて食べるかですが毎年よく食べる果物です。桃という果物は特に贈答用によく使われますね。反対に贈答にはあまり使われない果物はスイカです。夏果物としてスイカも大好きなのですが贈り物としていただいたことはほとんどないような気がします。贈り物としてはメロンが一番多いですよね。スイカよ頑張れと応援したくなります。桃の話がしたかったのにずれてしまいました。今日は私が毎年いただいてお気に入りの反田ネクタリンについて紹介したいと思います。

反田ネクタリンは1970年代に山梨の故反田義雄氏が自分の桃園で偶然実生の桃の木から発見した新種の桃でした。周りの桃と違い果実の表面に毛がなくネクタリンの特徴を備えていました。ネクタリンと言えば多くの品種は果肉が黄色いものが多いのですがこの反田ネクタリンは桃と同じ果肉が白でした。それで桃とネクタリンの交雑と考えられます。この新種のネクタリンは非常に糖度が高く15度から20度にも達します。1980年に品種登録がされましたが1998年に有効期限は切れています。1990年代に反田義雄氏と知り合うことができましたが共に育種家としの気心が合って以後深く付き合うようになりました。そのような訳で毎年美味しい反田ネクタリンを頂いています。

反田ネクタリンの熟期は8月上旬で出荷期間は10日間くらいだそうです。全国的な生産量はよくわかりませんがネット上で販売されているところは少ないようですし、どこか果物専門店に行けば手に入るのかもしれません。とても貴重・希少な桃です。日本には桃の優秀品種が沢山ありますので消費者のみなさんはネクタリンにはあまりなじみがないのかもしれません。量販店でもネクタリンはあまり見かけませんね。だから桃とネクタリンの違いをよく知っている人は少ないのかもしれません。

ちょっと素敵な果物ですから紹介させていただきました。

詳しいことが知りたい方は  http://www.hinshu2.maff.go.jp/vips/cmm/apCMM112.aspx?TOUROKU_NO=40&LANGUAGE=Japanese  をご覧ください。専門家向けですけどね。

 


反田ネクタリン

 

 

 

桃とネクタリンを比べてみましょう

反田ネクタリン

 


2022年 安下庄花火大会

2022年08月16日 | 日記

今日の花

高砂百合   この花は完全に野生化しましたね。

 


 コロナウィルスの感染拡大が始まって以来各地で多くの行事が中止になってきました。安下庄でも長く続いてきたお盆の締めくくりとしての16日の花火大会も2年続けて中止されました。今年は規模を縮小して夜店も無しでコロナ対策の元に実施するということでしたので、花火好きの私も家の二階から一人で花火を眺めることになりました。静かな花火大会を雰囲気だけでも皆様にも味わっていただけたらと動画に撮ってみましたが、しばらく花火を撮っていなかったので感が戻らぬまま撮影も終わってしまいました。まさに花火ですね。

安下庄ではお盆の花火大会が終わると夏も終わったなという気になります。収穫の秋に向かって我々農家はこれから頑張らねばなりません。もうすぐ210日を迎えますが、大きな災害に会いませぬようと祈っています。

 


星が好き ホタルが好きで 花火好き  わたしってよほど光物が好きなんですね。

 

2022年花火大会


空高く 秋の立つ

2022年08月15日 | 日記

今日の花

水連   帯石観音の庭たくさん咲いていましたがアオサギよけのネットが残念でした。

 


 お盆も終わりましたね。夏が行き秋が忍び寄る頃となりました。日中はまだまだ30度超えの日々が続きますが夜が涼しくなりしのぎよくなりました。いま虫の鳴く音も聞こえています。

秋来ぬといまだ感じぬ蒸し暑さ 空の青さに驚かれぬる  今日は空に向けてシャッターを切りまくりました。  瑠璃の空掃き跡白し箒雲  秋を感じるのはやはり少し寂しさが入りますよね。
子供の頃には「お盆をすぎたら海へは行くな」と言われて寂しかったものです。秋って本当はいい季節ですけどね。

 


朝から空ばかり見てました

日の出前

みかん畑から

 

嵩山から

 

嵩山の蝶

 

今日もアサギマダラには会えませんでした。今年はアサギ少ないのでしょうか。


蝶小屋の クジャクチョウ

2022年08月11日 | 日記

今日の花

マンデビラ   ピンクが咲き始めました。

 


 このひと月の間クジャクチョウの飼育で大変でした。クジャクチョウはタテハチョウの仲間ですが北の方に生息する蝶なので西日本に住んでいる私たちは普段見かけることはできません。そこで卵をいただいて自分で育てるしかあの美しい成虫の姿を見ることはできません。夏の北海道へ行けば普通に見ることはできるかもしれませんが、コロナはあるし年取るとだんだん出不精になってこの3年間ほとんど旅行らしいことはしていません。北海道へ蝶を見に行くなんて今の私には不可能です。7月にいい話が来ましてクジャクチョウの卵と生まれたばかりの幼虫が送られてきたのです。これは大事に育てなければなるまいと毎日餌の取り換えと糞の掃除など細心の注意でお世話をしてきました。普段からいろいろな蝶を育てていますがとても楽なものと手のかかるものがいます。このクジャクチョウは育てるのが少し面倒な方です。特に幼虫の食べる餌となる植物がこの辺りには無くてあらかじめ自分で栽培して準備をしておかねばなりません。その餌となる植物がとても厄介な植物で葉や茎にトゲがいっぱいあってそれが皮膚に刺さると激痛がします。そこで枝葉を切って来て餌を与える時にはゴム手袋をしなければなりません。こんな植物ってめったにありませんよね。名前くらいは皆様ご存じかもしれませんが「イラクサ」と言います。イラクサという植物を初めて扱ったときとげが刺さると痛いということは知っていましたがどれほど痛いかは知りませんでした。それで手袋をしないで掘り取った株を根元の方から注意してそっと持ち上げたのですが葉の一部が腕に触れたのです。その瞬間はチクリと痛かったのですが痛みはだんだんひどくなり、腕全体がしびれてきてその痛みとしびれは半日以上続きました。それ以来「イラクサ」を触るときには必ずゴム手袋をするようになりました。イラクサとはそんな植物なのです。そんな植物を食べる幼虫とは本当にあきれるばかりですが飼育しようと思えば仕方のないことです。

朝に晩に餌を取り換えながら蛹になるのを待ちました。そしてついに1週間ほど前から羽化が始まり美しいクジャクチョウが次々と誕生を始めました。クジャクチョウはもともと北海道などやや寒冷な所のものですからこちらの夏は過ごしにくいかもしれません。熱帯系のスジグロカバマダラやリュウキュウアサギマダラと同居ですから少しかわいそうです。どのくらいの期間生きられるかわかりませんが暑さに耐えて頑張ってほしいです。

 


クジャクチョウとその他の蝶

羽化したばかりの時は手にも乗ります