議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

水銀条約の影響で廃棄物処理法ちょっとだけ改正

2014年10月20日 16時03分23秒 | ニュースクリッピング
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

水銀条約の影響で、廃棄物処理法が改正される見込みです。

この委員会で水銀条約の対応でいろいろ議論されていますが、
水銀廃棄物の処理に関する論点と考え方(案)
で、廃棄物としての扱いについて整理されています。

ほぼほぼ、このままで行くのでしょう。

・ポイント①は、
金属水銀、身近なところでは水銀体温計は、有価物もしくは
廃棄物なら金属くずか無理やり汚泥で特管扱いにしていたところ
正式に特別管理産業廃棄物になる、
というところです。

・ポイント②は、
水銀汚染物(これまで既に特別管理産業廃棄物だったもの含む)
の処分方法が法定される、ということ。たとえば、蛍光灯は
特管にはならなそうですが、破砕したガラスを安定型で埋める
なんてことはNGになります。
そもそも、蛍光灯の運搬時の破損防止が求められるので、委託前
の保管時も破砕しにくくなるor禁止されるでしょう。

・ポイント③は、
水銀含有産業廃棄物、という考え方ができて、契約書やマニフェスト
にその旨記載する、ということになります。石綿含有産業廃棄物と
おんなじような話です。
たとえば、蛍光灯は特別管理産業廃棄物にはならなくても、水銀含有
だということを契約、マニフェストに表示させることで、ポイント②
に示すような適正な扱い、処理がされるようにする、ということです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
来年は廃棄物処理法の改正が検討されていますが、それまでの改正
トピックとしては、改正フロン法と、水銀廃棄物くらいでしょうか。

そうそう、今年もエコプロに合わせてセミナーやります。

今年は、ウチのセミナーはエコプロのチラシに掲載されません。
民間企業の有料セミナーは載っけらんないよ、ということになった
そうです。ケチンボだなぁ。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 衝撃!!環境省が総合判断を... | トップ | アイダ設計の書類送検につい... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パブコメ次第だそうです (堀口昌澄)
2014-11-04 11:29:17
ほぼほぼこの内容で行くのではないか、という記事にしましたが
どうやら、パブコメを取って、それ次第で考えるようです。

改正ということで、一応商売のネタになるような気もするのですが、
いらないかも。。。
WDSで対応するので、十分なはず。

コメントを投稿

ニュースクリッピング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事