議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

動物霊園事業に係る廃棄物の定義等について

2007年08月31日 19時19分13秒 | 過去の疑義照会
【昭和52年7月16日 環整125】
 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の解釈について、別添のとおり**市より疑義がありましたので、照会します。
 なお、動物霊園事業者より一般廃棄物処理業の許可申請が提出されており、その取扱いについて早急に判断する必要に迫られておりますので、至急御回答願います。

------------------------------
<別表> 廃棄物の定義等について [昭和52年7月12日 宝環1第108号]



1 事業概要
  当市内ににおける犬・ねこ等の動物の死体は、飼主の所有権放棄による一般廃棄物として市が引き取って焼却処分しているが、一部飼主はその愛玩動物の遺骨埋葬を望むがために、民間の動物霊園なるものを利用する。当該動物霊園事業は、これら飼主からの申込により動物の死体の引取、火葬、墓地埋葬及び供養等を行い、規定の料金を受けるものである。なお、この料金は当市条例に定める動物の死体の収集、運搬及び処分に関する手数料の限度額を大幅に越えている現状である。

 〔当該施設概要その他〕
  (1) 敷地面積 約8953m2
  (2) 墓地施設(事務所、焼却場等の建造物) 約162m2(敷地内)
  (3) 動物火葬炉(二基共通)
   ア 焼却量 30kg/Hr
   イ 火床面積 1.125m2
   ウ 炉内容積 0.68m3
   エ 炉内温度 800℃
   オ 燃料 A重油
 (4) 料金等
  ア 搬入 持込又は出張引取
  イ 料金 (一例)引取、火葬、埋葬一式 11000円
  ウ 営業区域 兵庫県内

2 疑義事項
 (1) 昭和52年3月26日環計第37号貴部計画課長通知にて一部改正された後の昭和46年10月25日環整第45号厚生省環境衛生局環境整備課長通知第一の一の規定に基づけば、当該動物霊園事業における動物の死体は、法第2条第1項に規定する「廃棄物」に該当しないものと解するがどうか。
 (2) また、「廃棄物」である場合において、当該動物霊園事業が法第7条第1項に規定する許可対象の一般廃棄物処理業に該当するものであるか否か。

---------------------------------
[昭和52年8月3日 環計第78号]

 昭和52年7月16日付け環整第125号をもって照会のあった標記の件について、左記のとおり回答する。

          記

 照会に係る動物霊園事業において取り扱われる動物の死体は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第2条第1項の廃棄物には該当しない。


※注意・・・[はじめての方へ]の[過去の疑義照会とは]をご一読ください。
※注意・・・文中のあいさつ文は省略しています。また、読みやすくするため括弧等を加え表示を変更しています。
コメント

茨城循環資源製造所へ行ってきました

2007年08月30日 05時37分42秒 | コンサル日誌
 久々に、茨城循環資源製造所(旧日化スミエイト)へ行ってきました。ここは、日立化成グループとの合弁会社だったところで、日立化成さんの考え方が現場に反映されています。それだけに、処理業としては他に例を見ないほどしっかりと管理が行き届いています(ちょっと身内を持ち上げすぎ??)。

 今回は、これまで以上にいろいろな話を聞くことができました。中でも印象に残っているのは、県の立ち入りが最近なくなってしまった、という話です。
 つまり、「お宅はちゃんと管理しているので、もう見に行くのはやめた」ということで、それまで毎年立ち入りに来ていたのを、2004年以降は来なくなってしまったということです。こんな話初めて聞いたのですが、よくある話なのでしょうか?しかも書類の提出で県にお伺いしたときに「たまには来てくださいよ」と言っても、「別にいいよ」ということで、断られたそうです。コレってなんかちょっと寂しいですよね。

 ということで、汚泥や廃油を扱っているので、もし何かあればご相談ください(と、しっかり宣伝)。

 HPはこちら。4月に合併した時の急ごしらえなので、しょうしょうアラが・・・。
コメント

茨城循環資源製造所へ行ってきます

2007年08月29日 05時56分09秒 | コンサル日誌
 以前ご紹介したように、日化スミエイトという会社をアミタの完全子会社にしたのですが、4月にこれをさらにアミタ本体に吸収しました。
 ⇒子会社の吸収合併に関するお知らせ

 現在アミタの「茨城循環資源製造所」という名称で稼動していますが、今日は吸収後初めてこの製造所を訪問します。明日、もう少しご紹介したいと思います。
コメント

新環境大臣

2007年08月28日 05時49分17秒 | ニュースクリッピング
 安倍改造内閣の新しい環境大臣が決まりました。鴨下一郎という方です。HPはこちら

 心療内科医の経歴を持ち、どちらかというと社会保障関係に強い方のようですが、平成6年(初当選の直後)に環境政務次官を務められているようです。前の大臣より経歴は面白そうです。

 また、安倍総理が批判を受けている医療、介護、格差の問題についての政策を積極的に掲げています。批判に対応した人選、ということになるのでしょうか。個人的には好きなタイプです。ウチの嫁さんも、パッと見好感を抱いたようです。

 ということで、今後の動きに注目しましょう。
コメント

産業廃棄物処理業の許可に関する取扱いについて

2007年08月27日 20時20分35秒 | 過去の疑義照会
【昭和51年1月20日 環整1006】


1 電線メーカー及び電力会社等の事業活動に伴って生じた廃被覆電線(合成樹脂で被覆されたもの)及び廃トランス(絶縁油の入った金属容器に被覆電線及びガイシが付着したもの)の収集運搬を業とするものは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第14条第1項による許可対象とする。

2 許可対象とすれば、その種類は
 (1) 廃被覆電線については
   「金属くず」及び「廃プラスチック類」 以上二種類
 (2) 廃トランスについては
   「金属くず」、「廃油」、「廃プラスチック類」及び「陶磁器くず」 以上四種類とする。

【昭和51年2月17日 環整第108号】
 昭和51年1月20日環整第1006号をもって照会のあった標記の件については、貴見のとおりと解する。


※注意・・・[はじめての方へ]の[過去の疑義照会とは]をご一読ください。
※注意・・・文中のあいさつ文は省略しています。また、読みやすくするため括弧等を加えています。
コメント

積替えだけをすることは可能か

2007年08月27日 05時36分01秒 | コンサル日誌
 積替え保管という許可があります(厳密には、収集運搬業の事業の範囲として定められるものですが)。では、保管はしないが、積み替えだけをすることは可能でしょうか。

 答えは「可能」です。

 そもそも条文上、収集運搬に当たっての「積み替え」と「保管」は別の行為として規定が設けられています。

 収集運搬の規定⇒施行令第6条第1項第1号・・・産業廃棄物の収集又は運搬に当たっては、~中略~次によること。

この収集運搬の規定の一部として、

    積替え⇒施行令第6条第1項第1号ロ・・・産業廃棄物の積替えを行う場合には~
      保管⇒施行令第6条第1項第1号ハ・・・産業廃棄物の保管を行う場合には~

 が規定されています。

 現場の作業としても、保管をしないですぐに積み替えをすることはありえますので、当然といえば当然ですね。
 できれば明日はこの話の続きをしたいと思います。
コメント

今はやりの現地確認

2007年08月24日 05時45分01秒 | ニュースクリッピング
 信頼が置けない取引先には、現地確認が必要なのはどこでも同じようです。最近話題の、Made in Chinaに対する不安を解消するために、中国の取引先とのコミュニケーション強化をしているという事例を紹介した記事があります。


中国産リスク、食も衣も
先進4社の共通解、「現地確認」抜きではもう売れない


 よく中国の現地確認に行くべきかと聞かれますが、やはり行くべきなんですよね。この例と同じモデルにするのであれば、輸出業者が徹底した調査を行って、排出元にしっかり説明するという形になると思います。こうなってくれるといいのですが。。。
コメント

措置命令

2007年08月23日 19時54分58秒 | 過去の疑義照会
問21
廃棄異物処理法第19条の2第1項に規定する産業廃棄物に係る措置命令は、同法第12条第3項に規定する命令とはどのように異なるのか。


廃棄物処理法第19条の2第1項に規定する措置命令は、既に行われた産業廃棄物の処分に起因する環境汚染を防除することを目的として行われるものである。これに対し、同法第12条第3項に規定する命令は事業者に同法第12条第1項及び第2項に規定する基準に適合した運搬、処分又は保管を行わせるために、将来に向かって事業者の行う産業廃棄物の処理法法の改善等を目的として行われるものである。


昭和52年11月5日 衛産59】・・・とても古いです!
※注意・・・[はじめての方へ]の[過去の疑義照会とは]をご一読ください。
※注意・・・本通知は平成5年の廃棄物6法に掲載されている通知であり、本記事投稿日時点で環境省HPには掲載されていません。
コメント

産業廃棄物の種類を変えたい

2007年08月23日 05時23分32秒 | 政策提言
 先日のマニア度テスト、いかがだったでしょうか。事業の範囲は、処理方法と廃棄物の種類の両方セットで考えます。処理業の許可はそれに基づいて出されています。

 さて、この20種類になる廃棄物の種類ですが、これ、もう少し見直したほうがよいと思いませんか?
 たとえば、廃プラの焼却の許可があるのに、繊維くずの焼却の許可がない。そうすると、合成繊維(廃プラ)の焼却はできるのに、天然繊維(繊維くず)の焼却ができません。がれき類の破砕の許可があるだけでは、ガラスくずコンクリートくず及び陶磁器くずの破砕ができない。そもそも、ゴムくずと廃プラって何のために分けているのでしょうか。
 しかも、粉状の廃棄物は20種類に該当するものがないため、一般廃棄物になるとのこと。
 また、ウエスでクロムや砒素などの有害物質をふき取った場合、繊維くずや廃プラでは特管になれないので、無理やり汚泥の特管扱いとしていることもあります。これらは単なる法の未整備の問題です。

 適正処理を確保するのであれば、①処理方法と②廃棄物の性状(液状か、固体か、泥状かなど)と荷姿、③内容(含有物質)に着目すればよいのではないでしょうか。いっそのこと、種類を全部見直すと、すっきりすると思いますが、いかがでしょうか。

 廃棄物の種類については、以下の通知の最後の方で詳しく書いてありますのでご参考ください。
【 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の運用に伴う留意事項について 】
公布日:昭和46年10月25日
環整45号
コメント

産業廃棄物処理施設

2007年08月22日 18時25分02秒 | 過去の疑義照会
問20
産業廃棄物処理施設の構造又は規模の変更に関して、廃棄物処理法施行規則第2条の5第1号に既定する「処理能力」とは、直近の届出にかかる施設の処理能力と解してよいか。


お見込みのとおり。

昭和52年11月5日 衛産59】・・・とても古いです!
※注意・・・[はじめての方へ]の[過去の疑義照会とは]をご一読ください。
※注意・・・本通知は平成5年の廃棄物6法に掲載されている通知であり、本記事投稿日時点で環境省HPには掲載されていません。
コメント