議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

エコプロでセミナーやります

2014年11月28日 11時04分24秒 | コンサル日誌
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

ようやく、10月、11月のセミナーラッシュが終わりました。
この2か月で27本のセミナーがありました。やれやれ。

12月に入ると一気にセミナーは下火になりますが、おかげで
エコプロ同時開催のセミナーと、法政大の講義の準備時間が
ちゃんと取れます。

・エコプロセミナーはこちらから

エコプロセミナーのネタとしては、
 1.注目事例の紹介
 2.とある制度について
 3.来年見込まれる改正
 4.発注者が建設廃棄物の排出事業者となれるか=結論
 5.その他秘密のネタ
を盛り込みます(上記は、私の担当部分だけですけど)。

3.では、水俣条約と水銀廃棄物規制の話も扱います。
パブコメが出ていますのでご覧ください。改正の方向性が分かります。
よかったらコメント出してみてください。

「水俣条約を踏まえた今後の水銀廃棄物対策について(案)」に関する意見募集(パブリックコメント)について


【水俣病について】

環境省は、最高裁判決で水俣病認定基準が否定されたのに、
まともに認定基準の改定をしないできましたが、水俣条約締結の影響が
あるのか、最近動きが出てきています。

とはいえ過去の揉めに揉めた経緯を踏まえれば、これで解決に向かうとは
正直あまり期待していません。

昨日も申請9件に対して、8件が棄却されました。普通に考えればこれまで
483件の申請があって、認定されたのが33件というのは、厳しいように
感じます。棄却された340件は、嘘か勘違いによる申請だというの
だろうか???
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18963

それに、水俣条約では「水俣病の教訓を」と言いながらも、いまだに
国主体での健康調査をやっていません。このことだけからも、前向きに
取り組んでいないことがよ~くわかります。

泥沼化する水俣病問題については、NHKの時論公論が分かりやすく
まとめています。

環境省の職員の方は皆さん真面目でちゃんとしていることは知っている
のですが、省としての対応がなってません。水俣病に対するこれまでの国の
対応は大いに問題があります。どうしてこうなるのか、残念なことです。
でも、原発事故の対応もそうですが、ほかの省庁の失態の尻拭いが多く
環境省の方のモチベーションが下がりそうで、これも心配です。

なんて話は、エコプロではしません。あくまで廃棄物中心の話になります。

ふるってご参加ください!!
(今年はエコプロのチラシには掲載されていません。下記からお申し込み
 ください)

★☆エコプロダクツ2014で「廃棄物管理セミナーと廃棄物管理者検定」を同時開催


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
浜松市がマニフェストを交付しなかったとか、死んだ犬が不法投棄されたとか、
アダルトビデオ500本が不法投棄されたとか、いろいろなネタがあるには
ありますが、これらは排出事業者として特に知っておくべき事例とは言えない
ので、エコプロセミナーでは触れません。キリがないですからね。
コメント