議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

規制改革通知も改正されていました

2013年04月23日 13時55分21秒 | 通知等インデックス
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

前回、通知の改正についてお知らせしましたが、規制改革通知も改正されていた
ようです。解釈が色々あり得ると思い、何名かの方のご意見を聞いてからお知らせ
しようと思っていたら、ズルズルと来てしまいました。

環廃産発第 050325002 号 平成17年3月25日
(改正:平成25年3月29日 環廃産発第 130329111 号)
http://www.env.go.jp/recycle/waste/reg_ref/index.html

このページの、平成25年通知というものが、17年通知の変更ということでありますが
17年通知を見ると既に変更された内容が反映されています。どちらを見てもよい
でしょう。

結論から言うと、

いわゆる手元マイナス(売却できるが運賃のほうが高い)の場合、これまでは
「運搬時は廃棄物、買う人が受取ったら有価物」ということでしたが、改正により
「少なくとも、買う人が占有者となったら有価物」ということになりました。

運搬時については、明言を避けたということです。

また、以前は判断時の留意点として
「再生利用が製造事業として確立・継続しており、売却実績がある製品の原材料の
一部として利用する」
ということを挙げていましたが、今回はサーマルリサイクルも可としています。

昨今の、エネルギー需給の逼迫を受けてのことでしょう。

いずれにせよ、「運搬時も有価物」といっているわけではないので、そこは総合判断
ということでしょう。

しかし、よく考えると、手元マイナスの場合は、売買契約があるのですから、途中の
運搬業者は確実に運ばなければならないのです。いわゆる「ぞんざいな」扱いをする
可能性は低く、山奥に捨てられるなんてことは起こりえないのです。したがって、
運搬の段階で規制をする必要など大してないのです。

再資源化の推進に向けての、久々の大ニュースでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■廃棄物管理の法と実務セミナーの入門、基礎編を近く開催します。

【東京】入門編を5/22(水)、基礎編が5/23(木)

【大阪】入門編を5/28(火)、基礎編が5/29(水)

http://www.amita-oshiete.jp/seminar/entry/001529.php

いずれも人気のセミナーですので、お早めにお申込ください。
コメント

ひっそり通知改訂

2013年04月16日 16時11分49秒 | 通知等インデックス
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

3月末に、環境省が通知を改訂していました。

大きな変更ではなさそうですが、2011年4月施行の改正内容を反映してい
ます。いずれも、重要、有名な通知で、平成25年3月29日に公布されて
います。

環境省の「追加された告示・通達等一覧」の廃棄物・リサイクル部分

特に「行政処分の指針について」は、

①「処理の状況に関する確認」を行なっていないと、注意義務違反に基づく
 措置命令を出す要件に該当する可能性があるということ

②優良認定業者の公開情報を比較、吟味したうえで業者選定をしていれば、
 注意義務の履行の一つの要素を満たしていると考慮できるということ

が追記されています。

下記に、全文を抜粋します。

******************
なお、法第12条第7項又は第12条の2第7項の規定によるその産業廃棄物の
委託先での処理の状況に関する確認を行っていない排出事業者及び
中間処理業者については、「排出事業者等に支障の除去等の措置を採らせる
ことが適当であるとき」に該当する可能性があること。
また、平成23年4月から開始された優良産廃処理業者認定制度において、
都道府県知事により産業廃棄物処理業の実施に関し優れた能力及び実績を
有する者として認められた産業廃棄物処理業者(以下「優良認定業者」
という。)は、産業廃棄物の処理状況や、産業廃棄物処理施設の維持管理の
状況など、産業廃棄物の処理に関する情報を公表することとされている
ところであるが、排出事業者等が、これらの情報を十分に比較、吟味した
上でその産業廃棄物の処理の委託先を選定している場合には、前述の
注意義務の履行に関する一つの要素として考慮できること。逆に、これらの
措置を行わず委託先の選定を行う場合には、他の手段を講ずることにより
注意義務を果たすべきことが求められること。
******************

真新しい内容ではありませんが、優良業者であれば、実地確認≒現地確認
でなくても公開情報の間接確認でOK、というところがポイントでしょうか。

間接確認が分からない方、下記通知で「間接的に確認」を検索してみてください。
http://www.env.go.jp/recycle/waste_law/kaisei2010/attach/no110204005.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
処理業者さんから、こんな愚痴を聞くことがあります。
排出事業者の皆さん、こんな無茶言ってませんか?

・清掃~運搬~処分を受けている顧客から、排出事業者になってくれと言われた。
・マニフェストに受取っていない品目がチェック入っている。外して欲しい
 と言っても、外してくれない。
・電子マニフェストをあとで登録することになっているのに、結局登録しない。
コメント

行政に正直に違反を報告すべきか・・・・

2013年04月08日 13時13分13秒 | ニュースクリッピング
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

よくある質問です。
「違反をしてしまったのですが、行政に報告したほうが良いのでしょうか?」

例えば、収集運搬業者の許可が切れていたのに、委託してしまった場合です。

更新手続きを忘れてしまった、という古典的なミスだけでなく、2011年4月に
施行された法改正によるミスもあります。市の許可が期限を向かえ、県の許可に
切り替わったのに、何の手続きもしなかったために、品目漏れが起きてしまった
といったケースです。制度をキチンと理解していなかったのでしょう。

ではこんな場合、行政に報告する義務はあるのでしょうか。

もちろん、ありません。

ただ、黙っていてあとで発覚するより、こちらから進んでお詫びと対処方法
について相談をしたほうが、印象はよいでしょう。
少々の違反でしかなく、不法投棄に巻き込まれていないのであれば、相談
をしたほうがかえって好印象を持ってもらえるかもしれません。

不適正処理がある場合は、行政と相談しつつ、必要な措置を講じるという方法は
意味があるでしょう。

というのが、以前までの私の説明でした。
しかし、最近は少し気をつけて回答しています。

■行政に違反を報告して、書類送検されてしまった!!

昨年5月の話です。東急建設が自社の違反について東京都に報告したら、書類送検
されてしまった、ということです。収集運搬業者が無許可業者に再委託することを
容認してしまったそうです。処理業者の中には逮捕された人もいます。

無許可の業者に産廃処分委託 容疑の東急建設書類送検

一英建材という収集運搬業者が、自社が所有する車では、取りにいけない路地
だったので、他の無許可業者に運ばせたとのこと。
東急建設の内部調査で発覚したそうです。報告は、会社としての判断だったの
でしょう。

ということですが、今後許可期限切れの業者に委託してしまった場合、皆さんなら
報告するでしょうか。

私は、不適正処理が行なわれているならともかく、内部で再発防止策を整えて
おけばいいと思います。それで、コンプライアンス上も、CSR上も、問題ないと
思います。行政に報告したって、それ自体には大した意味はありません。

東急建設の当時の判断が間違っていたとは言いません。私もそう判断した可能性は
あります。
ただ、廃棄物処理法の遵法意識を高める教育をしっかりしておくべきだった、
ということだけは言えるでしょう。
 ・
 ・
 ・
とはいえ、付き合いがあったんでしょうねぇ。
駄目だと分かっていても、その場に居合わせたら・・・。

ちゃんと法律を知っていたら、適切な対処方法に気付いたはずですが。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせです。

特に、4月に新任となった方にちょうどよいセミナーです。

■環境関連法のセミナーが4/24(水)に東京であります。
http://www.amita-oshiete.jp/seminar/entry/001666.php

■法と実務セミナーシリーズです。

【東京】入門編を5/22(水)、基礎編が5/23(木)

【大阪】入門編を5/28(火)、基礎編が5/29(水)

http://www.amita-oshiete.jp/seminar/entry/001529.php

いずれも人気のセミナーですので、お早めにお申込ください。
コメント