議論 de 廃棄物

環境・廃棄物問題の個別課題から問題の深層に至るまで、新進気鋭の廃棄物コンサルタントが解説、持論を展開する。

食品廃棄物の不正転売防止に関する立入検査マニュアル

2017年01月24日 08時52分47秒 | 廃棄物事件簿
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

一部の産業廃棄物協会くらいでしか紹介されていないようですので、
取り上げたいと思います。
もう少し注目されてもよさそうなもんですが・・・。

環境省HPで出ていないので、鳥取産廃協にリンクします。

食品廃棄物の不正転売防止に関する産業廃棄物処理業者等への
立入検査マニュアル


個人的には、p.4の
 「食品廃棄物の形態としては、冷凍食品やレトルト食品のような、
 原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物である
 動植物性残さ」
という謎の日本語が気になります。

何故こうなったのか、お分かりでしょうか。

動植物性残さは、施行令第2条で
 「食料品製造業、医薬品製造業又は香料製造業において
 原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物」
と定義されています。

この表現にのっとっているのですが、冷凍食品やレトルト食品って
原料として使用するのでしょうか?それも、食品製造業で。
そんなわけありません。冷凍食品は、原料ではなく、製品でしょう。

ここで“冷凍食品”とは、ダイコー事件で横流しされたビーフカツを
指していると思われますが、事件では産業廃棄物として扱われて
いました。

しかし、定義をしっかり読めば、一度冷凍食品として完成したものは、
「食品製造業で原料として使用した」ものには、もはや該当しえない
ことは明らかです。
該当するとしたら、ビーフカツの原料として使用した、牛肉や小麦粉
などでしょう。つまり、横流しされたビーフカツは、そもそも
一般廃棄物として処理委託すべきだったのです。ただ、実態としては
この手の物は産業廃棄物扱いになっているケースがほとんどですから、
「実は一般廃棄物です。市町村に処理責任があります」
なんて話にしてしまうと、全国の市町村が困るので、産業廃棄物説を
保持したかったのでしょう。

ということで、意味不明な日本語になってしまったのだと思います。
とりあえずは苦肉の策で良しとしますが、どこかの段階でこの施行令の
文言を修正してほしいと思います。

例えば、他に習って
 「食料品製造業、医薬品製造業又は香料製造業に係る動物又は植物に
 係る固形状の不要物」
とかです。
“係る”がダブルのが気になりますが。。。

他に気になったのは、

 「事前連絡なしで立入するべき」

と書かれているすぐ後で、

 「立入検査者は、事業場等の管理に責任を有する者及び技術管理者を
 立ち会わせて、立入検査等を行うこと」

と書かれている所です。事前連絡なして立入に行ったところ、
責任者か技術管理者のどちらかが外出中だったら、出直すのでしょうか。。。

ということで、ところどころ疑問がもありますが、立入に使える様々な
要素がたくさん盛り込まれています。
驚くべき内容ではないですが、備忘録としてはよいものだと思います。
ただし、量が多すぎて、これをすべてやろうとすると、行政とはいえ
大変でしょう(このマニュアルは立入検査をする自治体のためのものです)。

もちろん、排出事業者としても参考にはなりますが、全部はできない
と思いますので、そのつもりでご覧ください。

ちなみに、全国産業廃棄物連合会では、排出事業者向けに
廃棄食品 実地確認チェックリスト」を出しています。こちらの方が
一応現実的でしょうか。

でも、全ての排出事業者がすべからくこのチェックをするとなると、
ナンセンスですね。誰かが代表して実施すべきでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
豊洲で環境基準の79倍のベンゼン。当初の予定通り昨年11月に移転
しなくてよかったです。

建物の地下水ですから、害を及ぼすことは到底ありえないと思うのですが、
これまでの経緯からして東京都という組織がどこかで害を及ぼしそう、
安心できない、という懸念が生じるのも無理からぬこと。

しっかりと説明しつくして、納得してもらって、最終的には予定通り
豊洲移転するのがよいと思います。
コメント

人材募集します

2017年01月06日 11時28分24秒 | ニュースクリッピング
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
 本ブログはメルマガでも配信しています。
 お申込、詳細についてはこちらをご覧ください。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

早速ですが、私の勤務先のメジャーヴィーナス・ジャパン(MVJ、メジャビ)が
人材募集しています。
営業と現場作業の両方です。

業界最大手の2社の合弁会社ですし、環境問題で仕事をするのであれば、
これほど恵まれたフィールドはなかなかないはずです。

マイナビの掲載期間が1か月強です。
短期間ですので、ご興味ある方はお早めにエントリーください。採用側も
よい方がいらしたら、その時点で採用活動を終了するはずです。


■メジャビで働くということ
この会社で働く方は、産業廃棄物の処理と有価物の買取の両方をやることに
なります。実はこのようなことができる人は、日本でも稀有な先駆者的な
存在となるはずです。

産廃業界で仕事をしていると、スクラップの有価買取の見積など、
どうやったらいいのか全く分かりません。恐ろしくて手をだせません。
(私の実感)

逆に、スクラップ業界の方は、産業廃棄物の見積もりになれていません。

買取と費用請求とでは、そもそもの発想が違うため、両方の経験をしっかり
積まないと心理的な障壁ができてしまうのだと思います。

これまでは、スクラップ業者が産廃もやる、産廃業者が有価物の買取もやる、
という、どちらかに軸足を置いた会社がほとんどでした。

メジャーヴィーナス・ジャパンは、両方に軸足(親会社)を置いています。
その意味では、資源循環の世界で幅広く活躍できる人材になれるはずです。

ということで、是非エントリーのご検討をお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■□■□■□■□■編集後記■□■□■□■□■□■□■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マイナビで募集しています。

Googleで「マイナビ スズトク」で検索したら、グループ各社の求人が
ぞろぞろ出てきます。広報もSEも募集しています。

1月には、過去に私のセミナーに参加されていた超有名企業の環境担当者
だった方が、スズトクホールディングスに転職してきました。
スズトクには人が集まってきています。

産廃に関わりをもっていらした方ももちろん、スクラップ業界の方も、
排出事業者も、経験ナシでも人物重視ですので、是非どうぞ。
コメント