ようこそ石の華へ

鉱物の部屋へのいざない

              【お知らせ】

【定休日は毎週水曜日です。】【6月も毎週日曜日は休業します。】

阿手鉱山からの葉書

2024-06-11 13:38:08 | 日記・エッセイ・コラム

今朝、店の郵便受けに東京のKさんから非常に興味深いものが届いておりました。

それは、明治時代の絵葉書で、差出人は阿手鑛山から清國の親族への葉書でした。

上の写真がそれです。

東京のKさんは鉱物・鉱山を主なテーマにしている日本有数のコレクターですが、鉱物標本だけではなく鉱物関連の書籍や鉱山関連の歴史的資料など、今となっては信じられない貴重な関連資料をたくさん持っておられます。

今回は、資料整理の一環で出てきたもので、その貴重な葉書を送って下さいました。

阿手鉱山は明治時代の鉱山ですが、尾小屋鉱山の隣にあった事から、精錬所がある尾小屋鉱山まで尾小屋隧道で繋がっておりました。私は、小さい頃に、一度、その隧道を通った記憶があります。

今回の絵葉書の写真は小松のお旅祭りの曳山(明治39年東町)の写真です。実は、東町の曳山は昭和7年の橋南の大火で焼失しており、現在は存在しておりません。そういう意味では、この絵葉書は、非常に貴重な歴史的資料だと思いました。

私は、自宅の本棚にあった「新修 小松市史 資料編5 曳山」(平成15年3月20日発行)を店に持って来て、それを見直しました。

すると、その中に明治44年の東町の曳山の写真(小松市立博物館所蔵)が載っておりました。

上の写真がそれです。細部をチェックしながら見直すと、確かに同じ曳山の写真のようでした。

葉書の消印や文面は判読不明ですが、私のような小松出身の鉱物好きにとっては、その葉書は貴重な歴史的資料に違いないと思っております。

今回は、またもやKさんからの非常に貴重な贈り物でした。大変、感謝しております

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウランガラス2

2024-06-07 14:02:01 | 日記・エッセイ・コラム

今日は「ウランガラス2」です。このブログでは「ウランガラス」(2012.04.28)で一度話題にしておりました。

 

上の写真は、つい最近ゲットしたウランガラスです。

恐らく、戦前に製造されたもので、国産の香水瓶?だと思われます。

実は、このウランガラスの面白いところは蛍光する事ではなくて、その瓶の底の部分です。

上の写真がそれなのですが、一体これは何なのでしょうか?

この小さな放射状のものです。花柄?放電模様?雪の結晶?デンドライトの一種?のような模様が気になります。

それらは、まるで、中谷宇吉郎の火花放電のようでもあり、また、杉本博司の放電場のようでもあります。

ウランガラスはウランの放射能で蛍光しますので、ガラスというアモルファスな状態の中で、放射状の痕跡が付いたのでしょうか?

その模様の正体が何なのか?非常に気になっております。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鉱物遊び

2024-06-04 13:11:23 | 日記・エッセイ・コラム

常連のDさんは「石の華」店内の鉱物で鉱物遊びをします。

上の写真は、そのような一例です。

これは、孔雀石をスライスし磨いて波紋のような模様を強調してある標本に、カプセルトイでゲットして来たカエルとオタマジャクシを乗せて鉱物遊びをしていたものです。

私はこのような鉱物遊びはアリで、それはまるで松尾芭蕉の有名俳句の情景のようでもありOKでした。それは「石の華」の商品ですが、売れなくても構わない標本の一つでした。

ところが、先週の金曜日の事でしたが、ある風変わりな旅行者の方が、その鉱物遊びに反応されて、それを購入したいと申し出られました。

「石の華」としては、もちろんOKで、むしろ非常にありがたいお言葉でした。

その旅行者からは、「金沢市内には松尾芭蕉の句碑があくさんありますね!」というお話もありました。確かに「奥の細道」には金沢滞在中の俳句がたくさん出てきます。

先週の金曜日からは、金沢百万石まつりが始まり、翌日の土曜日には百万石行列があるのですが、その旅行者の方はそれを知らずに金沢に来られたようで、急遽、ホテルを連泊に変更されたようです。「石の華」では、他にもラピスラズリや藍銅鉱を購入されたのですが、商品は翌日に取りに来る、という事で、私は鉱物遊びの孔雀石の写真を撮る事の許可をもらいました。

「石の華」店内には他にも鉱物遊び商品が複数潜んでいます。それらを発見して楽しむのも一興かと思います。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

不明鉱物だった重晶石2

2024-05-31 13:18:19 | 日記・エッセイ・コラム

今日は当初予定していた話題を急遽変更して書きます。

今朝、常連のOさんが休暇を取ったという事で来店し、非常に面白い石を店に持って来てくれました。

上の写真がそれです。

それは何と!先日のブログ「不明だった重晶石」(2024.05.20)と同じ産地の同じ鉱物だったのです。

私は思わず笑ってしまいました。そして、それらを並べて写真を取らせていただきました。

私は、日本の鉱物標本市場で、これまで同じものを見た事がありません。それらはかなりレアものだと言えます。

今回、偶然にも、こんな近いところで、出会ってしまう事は、奇跡に近いと思ってしまいました。

両者を比較すると、この重晶石の完全結晶は球体であろうと想像できました。

実際、Mindat org.には、そのような球体状の結晶の写真も出ていました。

今回の両者は、方解石上に張り付いた球状重晶石の一部が放射状に結晶した形で共生していたものなのです。

鉱物コレクションを続けていると、今回のような偶然の一致現象が稀に起こります。

それが、また、面白く、止めれなくなってしまうのだろうと思います。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空間充填立体

2024-05-28 11:19:41 | 日記・エッセイ・コラム

ここに一つの木製立体パズルがあります。

上の写真はダイヤモンドスター(別名 悪魔の星とも呼ばれる。)という名前の立体パズルです。ばらすのは非常に簡単ですが、組み立てるのはそれなりに難しいパズルです。

実は、この立体パズルの完成形の形は、ひとつ前のブログのギズモンド沸石の24連双晶と同じ形なのです。

それは多面体的には菱形12面体の星形の形になります。

そして、非常に面白い事に、この形は空間充填立体でもあります。

空間充填立体とは、空間充填によって構成された立体の事で、空間充填とは、空間内を図形で隙間なく埋め尽くす操作の事です。

わかり易い空間充填立体は、立方体ですが、他にも菱形12面体や切頂八面体があります。

今回の菱形12面体の星形の形も空間充填するらしいのですが、それを直感的に理解するのは難しいと思います。

ここにもう一つ、複雑な木製立体パズルがあります。それを組み立てるのは相当難しそうで、中々ばらす気にはなれません。

上の写真がそれですが、それを見ていると、ダイヤモンドスターを縦・横・高さの3軸に七つ合体した形である事に気づきます。これを見ていると、ダイヤモンドスターが空間充填立体である事が理解できたような気がします。

例えば、鉱物の柘榴石の結晶は菱形12面体になる事があり、その群晶は隙間なく埋め尽くされている事が多く、何となく、空間充填と関係しているような気がしております。

鉱物結晶と空間充填立体との関係性、何か?面白さを感じてしまいます。

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする