台湾ワン!(Taiwan One!)

台湾にまつわる様々な話、中国語教室の出来事、日々の生活...

「乖乖玉米棒」と日本輸入のうまい棒

2012年06月25日 | 台湾人へのお土産のおすすめ
這個話題沒想到這麼常出現在跟學生聊天的話題當中。
意外と生徒さんとの間でたびたびのぼるこの話題。

這次一位學生帶了兩種うまい棒來送我,都是他去台灣旅行的時候買的。
このたびは台湾旅行帰りの生徒さんから台湾土産として2種類のうまい棒をいただいた。

一種是來自日本進口的うまい棒,另一種是台灣版的のうまい棒,叫「乖乖玉米棒」。
ひとつは日本からの輸入うまい棒、もうひとつは台湾バージョンのうまい棒の「乖乖玉米棒」。

兩種都是玉米濃湯口味。
両方ともポタージュ味。


那就讓我來比較一下吧!
早速比べてみた。

首先是味道。
まずは味。

うまい棒吃起來感覺鹹味比較重(一點),
うまい棒は塩気もより(若干程度)効いている感じ、

乖乖玉米棒則是甜甜的香味和吃起來的甜味都相對較濃,比較偏台灣人喜歡的口味。
乖乖玉米棒は台湾人好みのより甘めの味と香り。

再來是大小。
次は大きさ。

一樣袋商標示為7g,但長度うまい棒是11cm、玉米棒則是10.5cm。
同じ表記上7gでも、長さはうまい棒が11cm、玉米棒が10.5cm。


想知道為什麼,所以測了一下重量。
気になって重量を測ってみた。

一根的話,うまい棒是7g,玉米棒則在6~7g之間。
1本の場合は、うまい棒が7g、玉米棒が6~7gの間。

考慮到誤差問題,所以也量了一下10根時的重量。
誤差を考慮して10本単位でも測ってみた。

結果兩者重量一樣。
結果、両方同じ重さだった。

疑點重重,那就也拿家裡的明太子口味(在日本買的)來測量一下吧!
なんかすっきりせず、今度は家にある明太味(日本で購入)も測ってみた。

沒想到標示為6g,但實際重量為7g。
なんと重量が6gと表示しているのに、実際の重さが7g。

更誇張的是,10根時的重量竟然還比在台灣購買的兩牌還重4g。
しかも10本単位では、台湾で購入した2種より4gも重かった。

這到底怎麼回事?真是越弄越糊塗了...。
どうなってんの?ますます分からなくなっちゃった...。



日本進口的保留了日文標示,另外加了當地語言標示。很多日本公司都是這麼做的。
日本からの輸入品は日本語をそのまま残し、現地語の表記をくわえる。多くの日本の会社がやってる方式だ。


うまい棒的產品包裝標示
うまい棒の品質表示


玉米棒的產品包裝標示 玉米棒の品質表示
・非油炸物 ノンフライ
・不含防腐劑 防腐剤不使用
・奶素 卵はダメだが牛乳ならOKのベジタリアン





台湾華語・台湾中国語は任せて!台湾人による中国語教室・翻訳・通訳サービス T-Chinese
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 循利寧 ─ 孫子篇  | トップ | 千鳥淵的夜空(千鳥が淵の夜空) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

台湾人へのお土産のおすすめ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事