エルダーBP

登山 写真 旅行 ゴルフ 工作と多趣味です
他に天文 人類学 Jazz等の音楽鑑賞にも興味


最近の韓国は理解し難いの巻

2019-04-29 | 日記
先日ある番組で韓国(含む北)の人の考え方に「恨(はん)」が有ると解説していました。
私も同感でしたので少し歴史等を調べました。
以前から話題の慰安婦問題だけでなく徴用工問題がこじれています。
私は戦後70年以上経過し今頃何をと考えますがこれは「恨」で説明できるそうです。
朝鮮民族は「恨」とすれは日本人は金慶珠さんの言う「和」もそうですが、私は日本人の特徴に「忘」を感じます。
日本は戦争に負けると敵国の文化を急速に取り入れ発展しました、これは良い面ですが、簡単に被害を受けた国の恨みを忘れてはこの地域のリーダー国に成れません。
ドイツはナチスの残虐行為がひど過ぎたので弁解しないが、日本は周りから反省が甘いと思われている。
靖国問題など中途半端な対応をするので何度も謝罪を要求されていると私は思う。
前にも書いたが日本人は東条英機など軍部の戦争責任者を許す風潮がありこれが問題である。
また韓国では政権が代わると大方前政権が吊るし上げられますが、これも恨と関係ありそうです。
しかし添付した世論調査を見ると意外にも文大統領政権の影響は少なく両国民は冷静です。
私は来月韓国の山に行きますが冷静に日韓友好に貢献したいと思います。
追伸
今回のガイド雀(チェ)さんの依頼でSONY製ラジオ等購入し持参します。
雀さんはSONYが好きで1眼レフカメラもSONY製だそうです。
また私は仕事で3回韓国に行きましたが、その時先方の会社関係者から反日感情は全く感じませんでした。
韓国の会社は当社のお客様でしたが、丁寧な対応をして頂いた経験が有ります。
言い忘れましたが、多くの韓国人には明らかに日本人に対するコンプレックスがあり(日本人の礼儀正しさ(これを維持しなければならない)、韓国に比べ早く工業化に成功、ノーベル賞受賞者の数など文化面でも)ます、彼らは表向きそれを認めたくないのですが、これも恨に繋がります。

コメント   この記事についてブログを書く
« 天の川銀河は過去銀河衝突の巻 | トップ | 地球規模の電波望遠鏡でブラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事