Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

dele 第8話(最終回)  *感想*

2018-09-16 | 夏ドラマ(2018)感想
そうか〜
この最終回では、
祐太郎(菅田将暉)の妹のことだけでなく、
圭司(山田孝之)と舞(麻生久美子)の父親のことも描いてくるのか〜。
なんか、一気にドド〜っと詰め込んできたねぇ。

要素のてんこ盛りは、ワリと好むことが多いんだけどさ、、
圭司と舞の父親の件の方は、
最終回でひとまとめにしてしまうのは、
なんか、ちょっと、勿体ない気もしたなぁ。

せっかくの面白い要素なのに、
圭司と舞の やたらと説明的な会話で、
この要素が描かれてしまっているようで、
正直あまり魅力を感じることができなくてさ、、
なんか、ちょっと、残念に感じたわ。


でも、、まあ、、
最終回でひと息に、ドド〜っとまとめて絡めて描いてくるというカタチは、
贅沢っちゃ贅沢、、ではあるわねぇ。



人を少しだけ優しい気持ちにすることができる、、
そんな佑太郎の魅力を、改めて感じさせる最終回だったなぁ。

佑太郎が提示してみせた「反対の仕事」や、
佑太郎が辰巳の息子に語った、
「あなたの頭の中にいるお父さんが本当のお父さんだと思います」という言葉は、
佑太郎の魅力が溢れていて印象的だったわ。

そして、そんな佑太郎を、
妹を恨む兄にしてしまった辰巳の罪はとても重いと思ったわ。


裏の顔、、
絶対に知られたくない秘密、、
消し去りたい恥や罪や嘘、、
人は誰しも、そんなものを抱えながら生きているのだ、、
という、人の多面性がずっと描かれていたと思うのだけど、

託されたデータや、遺されたものだけで、
その人を判断することもできはしないのだ、、
この最終回では、そんなことを改めて感じたわ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

dele 第1話  *感想*
dele 第2話  *感想*
dele 第3話  *感想*
dele 第4話  *感想*
dele 第5話  *感想*
dele 第6話  *感想*
dele 第7話  *感想*
コメント