Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ>この世界の片隅に 第9話(最終回)  *感想*

2018-09-18 | 夏ドラマ(2018)感想
節子が可愛い。
お目目がクリクリで、とても可愛い。
可愛いんだけど、切なくもあるよねぇ。
節子と母のエピソードに辛くなって、
節子とすず(松本穂香)の運命の出会いにホッとする、、
そんな感じだったわ。
節子を受け止めるすずと周作(松坂桃李)の様子と、
節子を暖かく迎え入れる北條家の様子に心が温かくなったわ。



周作のすずへの想いの深さを、タップリと見られたのも良かったわぁ。

はぶてる周作も、、

「すずさんに会いたいんじゃ!」と臆面もなく訴える周作も、、

「わしはどこにおったって、すずさんを見つけられる自信がある。」と言い切る周作も、、

とても良かったわ。かなり萌えたわ。

すずさんの周作さんへの想いも強く感じられたし、
すずと周作の仲の良さをしみじみと味わう最終回だったわ。



現代パートのほうは、なんとも言い難い感じがあるなぁ。
節子(香川京子)自体に抵抗はなかったわ。
最後の終わり方は別に好みじゃないけれど、それでも受け入れられた。
ただ、、
佳代(榮倉奈々)と浩輔(古舘佑太郎)のキャラクターとエピソードには、
結局最後まで惹かれることはできなかったなぁ。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

<ドラマ>この世界の片隅に 第1話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第2話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第3話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第4話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第5話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第6話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第7話  *感想*
<ドラマ>この世界の片隅に 第8話  *感想*
コメント (2)