まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1165. sideMに秋月涼くん参上

2015年04月30日 | 日記
 モバゲーのソーシャルゲーム、アイドルマスターsideM(サイド・エム)に3人の新人が追加されました。315プロは43人態勢になります。今のところ男性アイドルだけが所属しています。その新人の一人が、アイマスDSの主人公の一人、秋月涼、秋月律子のいとこ(公式の設定)です。
 他の二人はなんとなくシンデレラガールズのキャラの勢いの感じ。ま、もうちょっとしないと分かりません。

 で、いきなりイベント要員に。うむ、ごり押し寸前のプロモーション。何かあったのかな?。今朝までのイベントも変だったし。
 先にその無茶だったチーム対抗イベント「Fresh Green Live」がどうなったかというと、何と、sideMのプロデューサーの驚異の粘りによって、強引に成功させてしまいました。感じとして、ちょっとシステムを改良して確率いじれば次回はもう少しうまくやれそうな気がします。

 で、少し前に秋月涼参加の話題が出ていたので、なんたる悪質なガセネタ、と思っていたら本物でした。失礼しました。
 ごく一部では男装した秋月律子じゃないか、との期待もあったのですが、見事にひねりも何もありませんでした。もともと涼は男性アイドルとして売り出すのが希望で、しかし876プロでは許されなかったらしく、結局は離脱して315プロへ移籍。

 さて、いつものように運営側の内部事情を勝手に想像します。引用はご注意を。

 そう、sideM、上述のように屈強なプロデューサー(主に女性だが)はいます。しかし、数はシンデレラガールズに比べればずっと少ないでしょう。何とかてこ入れせよ、との指令が来ているのだと思います。で、アイマスの男性プロデューサーに目を付けた、ということ。
 アイマスDSの主人公3人の人気はいまでも抜群ですから、ここはひとつ涼にがんばってもらおう、ということでしょう。

 元の765にせよ、シンデレラガールズにせよ、ミリオンライブにせよ、女性Pは1割ほどはいます。P同士なので、ライブなどでいくぶん大切にされる以外は、とくに区別はありません。むしろ、彼女らのおかげでコンサートが荒れずに済んでいる側面は、おそらくはかなりあると思います。
 逆に言うと、これからsideMはソシャゲ以外が売り出しにかかるので、こちらが女性ばかりになると、何となくですけど、暴走の危険あり。でも、少数のおじさんを混ぜておくと、多少はおしとやかに振る舞っていただけるのではないか、との多少いやらしいもくろみがあるような気がします。少なくとも○女子(とても伏せ字でないと書けない)を寄せ付けなくする魔除けとしては、濃い男性ファンは有用と思います。売り込み先が多様化するのはいずれにしても良いことですし。

 (追記。誤って弟と記していました。訂正します。指摘していただいた方、ありがとうございます。)
ジャンル:
ロールプレイング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 1164. OFA、DLC12の配信開始 | トップ | 1166. OFA、DLC05の短期間値下げ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弟じゃなくていとこです。 (通行人)
2015-05-03 21:39:32
弟じゃなくていとこです。
ひらがなで「いとこ」だったのが男の娘疑惑の一つ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事