アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・鉄道を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

ピアノとオーケストラと、指揮者と

2018-10-11 20:00:00 | 音楽/芸術

今回、革新的と言えるベートーヴェンを聴いたが、同時に演奏されたピアノ協奏曲第2番についても書き残しておきたい。

2つの交響曲が、あまりにもアントンKにとって響いてしまったので、コンチェルトが埋もれがちになったが、このピアノ協奏曲第2番も、繊細で美しく今までの同楽曲の印象を大きく変えてしまった。田部京子のピアノは、どこまでも透き通っており、図太さや大きさよりも緻密なガラス細工をみているかのようにキラキラと輝いていた。これは、やはり指揮者上岡敏之の求める音色なのだろう。オケを十分ピアノに沿わせて、どこまでがソロで、伴奏なのかがわからなくなるくらいの一体感を見せていたように思う。特に第2楽章におけるピアノとオケとの会話は、決して聴いたことがなくずっと心に響いているポイントだ。

ピアノの音色自体は、ベートーヴェンよりもモーツァルトに似合う音に聴こえたが、音の粒が綺麗に整い、絹のように柔らかな響きは、実に心地よい印象だった。ピアノが大好きがという指揮者上岡氏だから、その際指揮振りでも良かったのでは?とも思えることもあったが、あくまでもソリストをたたえ、自らは脇役に徹していた上岡氏の姿勢は心温まるもの。こんな場面にも彼の人間性が伺えるのであった。

真夏を思わせるような秋晴れの中、大熱演が繰り広げられた茅ケ崎市民文化会館。こんな熱演の前ではホールの良しあしも無くなる。しかしリニューアル直後とあって、地方のホール感はかなり影を潜めていた。2018-10-07

コメント

渾身のベートーヴェン~上岡/新日本フィル

2018-10-07 22:00:00 | 音楽/芸術

10月に入り、いよいよ演奏会の波が押し寄せる。まずは新日本フィルのルビー公演、ベートーヴェンプログラムから開始される。

ベートーヴェンの交響曲第4番、第7番、それにピアノ協奏曲第2番が入った贅沢なプログラムだ。ベト4とベト7の組み合わせの演奏会と言えば、アントンKは、昔初めて聴いたカール・ベーム指揮ウィーン・フィルの演奏会を思い出してしまう。1975年3月、NHKホールで聴いたのがこの演奏会で、海外のオーケストラを目の前で鑑賞したのは、この時が初めてだった。まだ駆け出しのアントンKだから、演奏内容など印象に残るものではなくなってしまったが、それまで、LPレコードでしか聴けなかった音楽が、同じ空間で今鳴っていることの衝撃を今でも忘れることはできない。ただただ毎日のようにレコードに針を落とし、スピーカーから出てきた音楽と同じように聴こえる実演奏に驚嘆し感激したのだ。ベームと言えば、当時は日本でも人気の指揮者であり、カラヤンかベームか、などと比較され話題にされた時代。しかしこの時点では、アントンKにはその違いさえ判らなかったはずだし、もちろん朝比奈隆の演奏とも出会ってはいない。

トスカニーニやフルトヴェングラーたちの伝統的とも言える楽曲の解釈の流れを、自然に受け入れて当たり前のように聴いて、ある意味固定観念が確立されてしまった楽曲達だが、今回聴いた上岡のベト4、ベト7は、そんな過去の伝統的演奏などにとらわれず、原点に立ち返って一から構築した演奏だった。今回アントンKは、定演の初日を聴いたが、あまりにも衝撃が大きかったので我慢できず、茅ケ崎公演(定演と同じプログラム)まで出向いてもう一度鑑賞してきた。

もちろん、上岡敏之/新日本フィルによるベートーヴェンは初めて聴く訳ではなく、第9をはじめ第1や第5「運命」も実績がある。その流れの演奏スタイルに、今回もなるだろうという予想は当然できるが、今回の第4、そして第7番については、さらにきめ細かく深くなっているように感じられた。個々に書いていくと途方もなくなるので、全体に言えることを書き留めておきたい。

想定内だったのが、どちらの演奏も基本はインテンポで突き進んでいくこと。快速特急のように、さわやかな風が吹いているがごとく全力前進していく。しかしこのテンポ感で、オケの各声部の細やかな表情付けが具体的に行われておりまずは驚嘆した。木管楽器群の主張は最良で、ソロパートの心のこもり切った音色は、もうすでにヨーロッパオケの香りがしている。ここぞの時の金管楽器も上岡氏の指示を受けてベストだった。また今回は、ティンパニのアタックが抜群であり、第7の第1楽章展開部の頂点やコーダ、また第4楽章の中間部から終結部までのパフォーマンスは、聴いていて心が躍り出し、気持ちが掻き立てられるのがわかったくらい。が、何といってもここで忘れられないのは、弦楽器群の演奏。もうパフォーマンスと言っても過言ではないだろう。ご存知コンマス崔文洙氏率いる弦楽器群のことだが、今回の演奏の立役者は間違いなく彼等だろう。あんなに細かく繊細な粒に様々な表情があり、味わいがあり、哀しさや憂いもある。一つのフレーズ内でも、響きの表情が変わり、今まで聴いたことのない雰囲気に楽曲の色が変わる。それは音符の長さの統一感の徹底であり、スタッカート、レガート、テヌートといった奏法が綺麗に徹底的に統一されていたのだ。しかもあのテンポでそろっていたから、アントンKはこの時点でぶっ飛んでしまったのだ。演奏会が終演しても、またすぐにもう一回聴きたいと思わせた一番の要因だった。あそこまで仕上げることは、素人目で見てもこの上ない努力が必要なことくらいは理解できたが、限られた時間の中、よくぞここまで!との思いが鑑賞中に何度も頭の中を駆け巡った。実際、初日の演奏に対し、最終の茅ケ崎公演の方がさらに大胆に鋭く演奏され完成度が上がっていたように感じたのである。これには、指揮者上岡氏のもと、コンマスの崔氏の並々ならぬ努力があってこその成果なのだと思う。それは彼の舞台における立ち姿を見れば、誰でも理解することだろう。ここまで指揮者を理解し、オーケストラ全体をけん引しているコンマスはいるのだろうか。少ない体験でしかないが、アントンKは今までベルリン・フィルやコンセルトヘボウで鑑賞した時に一部感じたくらい。他の日本のオーケストラでは皆無なのだ。

崔氏の奏でる音色は独特であり、目隠ししていてもわかるくらいの艶やかで情感のある音色。彼のVnから最低音のDbまで、その精神性をはびこらせるため、圧倒的パフォーマンスを我々に披露するのだ。アントンKがいつも感動するポイントでもあるが、今回のベト4やベト7では最高潮に達してしまい目頭が熱くなった。世界の一流と言われるオーケストラを聴くと、弦楽器奏者は身体全体を使って奏していることがよくわかるが、崔氏の奏法がまさにそれで、聴覚的にはもちろん視覚的にも心を熱くするのだ。演奏中、彼が反り返り、中腰になると、いよいよ張りのある艶やかな分厚い音色がホールを包み込み、オケ全体がギヤチェンジして上岡氏に食らいついていくかのように感じる。上岡敏之氏と新日本フィル、ベストマッチと以前書いたが、これはどうやらまだ現在進行形のようだ。今後、まだ多くの演奏会が残されているから、すべて自分に取り込んで消化したくなるというもの。一期一会の特別な演奏会を期待して待ちたい。(続く)

新日本フィルハーモニー交響楽団 第17回定期演奏会ルビー

10月5日  すみだトリフォニーホール

ベートーヴェン  交響曲第4番 変ロ長調 OP60

ベートーヴェン  ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調  OP19

ベートーヴェン  交響曲第7番 イ長調  OP92

アンコール

メンデルスゾーン 交響曲第4番  イ長調「イタリア」~第4楽章

10月7日  茅ケ崎移民文化会館 大ホール

茅ケ崎特別演奏会

同上 プログラム

 指揮    上岡 敏之

ピアノ    田部 京子

コンマス  崔 文洙

 

 

 

 

コメント

「カルメン」で解った新日本フィルの合奏力!

2018-09-30 20:00:00 | 音楽/芸術

この週末、台風が日本列島を縦断する。今年何度目だろうか。せっかく山陽本線の不通区間も開通の運びとなり、10月を迎えようとした矢先のこと。とにかく新たな災害が再び発生しないことを祈るほかはない。

この天候のおかげで撮影計画がキャンセルとなり、それならばと急遽気になっていた演奏会に足を向けた。いつもの新日本フィルだが、定期演奏会とは一味違った名曲コンサートである。いわゆるクラシック音楽の中でも、一般受けする有名な楽曲が並んだ演奏会。誰でも学校の授業で聴き、TVやスポーツ競技などで耳にしたことのある楽曲ばかり。アントンKも同じで、普段は中々演奏会では出会えない楽曲だった。それこそ、音楽に興味が沸いた中学生時代にレコードに針を落としていた楽曲で懐かしくもある。たまにアマオケの演奏会でも取り上げられ、偶然出会うこともあった。今回の新日本フィルの演奏は、各パートの雄弁さが一層際立ち、今まで積み上げてきた技術力の総決算というべき素晴らしい音色で聴衆に迫ってきた。

前半は、メンデルスゾーンの序曲と、ヴァイオリン協奏曲が奏され、後半はビゼーのカルメン組曲というプログラム。メンデルスゾーンは、緻密な弦楽器の刻みが遠くから近づき、それに続く管楽器群のデリケートな味わいには思いもよらず驚嘆した。続くヴァイオリン協奏曲では、新進気鋭のヴァイオリニストをしっかり支えながらも、随所にオケの光を見た思い。そして後半のカルメン組曲で、それらが本物であることに気が付かされたのだった。ソロパートの多発するこの楽曲において、木管金管の音色のニュアンス、響きの美しさは例えようがない。もちろんコンマス崔文洙氏のヴァイオリンの音色は、いつも以上に情熱的に響き、これを聴いただけでも来た甲斐があったというものだ。ホールにほとんど残響がなく、響きを聴くにはかなり不利になり、細かい音の粗が見えてしまいがちだが、この演奏では粗どころか、全強奏でも響きに統一感があるとでもいうか、ピッチが決まっていたように思う。いやはや、この新日本フィルも上岡敏之氏を音楽監督に迎え、鍛え上げられてきた成果が表れ始めているのだろう。願わくば、アントンKはオケの音色を聴いただけで解るようなオーケストラを望みたいが、今後も大いに期待していきたいところである。

今回の演奏会で唯一残念だったのは、指揮者大友直人氏の演奏解釈だった。昔聴いた印象と何ら変わらず、いったい何が言いたいのか、どう聴かせたいのかが、演奏から伝わらなかったのだ。まるで教科書通りの演奏、奇手を狙わず当たり障りのない解釈とでも言おうか。あのカルメン組曲をもってしても体温が上がらず、平静を装った内容のように思えたのである。音楽会の楽しみの一つは、一期一会の演奏の中で、何が起こるかわからないスリリングな冒険も必要なのではないのか。これではオーケストラの能力を最大限に生かせていないと思えてしまう。宝の持ち腐れに思えてならないのだ。初めて大友氏を聴いてから20年以上は経っているが、演奏に求めるものが全く違いご縁が無いのかもしれない。音楽とは自己表現でもあるはずなのに・・

新日本フィルハーモニー交響楽団 オータムコンサート

メンデルスゾーン  劇付随音楽「夏の夜の夢」序曲 ホ長調

メンデルスゾーン  ヴァイオリン協奏曲 ホ短調

ビゼー  歌劇「カルメン」組曲 第1番、第2番

指揮    大友直人

Vn      荒井 里桜

コンマス  崔 文洙

2018-09-30      なかのZERO大ホール

 

 

 

コメント

感動的な「わが祖国」~アルトリヒテル

2018-09-23 22:00:00 | 音楽/芸術

今シーズン2回目の新日本フィル定期演奏会。まだ2回目だが、とてつもない演奏を聴いた想いで今満たされている。舞台上には、新日本フィルのいつもの布陣たちが顔をそろえていたのだが、出てきた音楽は、今までとはまるで違う。良い意味で荒々しく豪快で、スケールが途轍もなくデカかったのだ。

今回の楽曲は、スメタナの交響詩である「わが祖国」全曲だから、アントンKにとっては、五線の隅までわかっている訳ではないのだが、音楽にメリハリがあり、自然と意識が遠のき吸い込まれてしまうような錯覚が襲ってきた。オケ全体を支配する緊張感が客席にも届き、息を飲むのもためらってしまう。それもそのはず、今回の指揮者ペトル・アルトリヒテル氏の熱量、いや放熱は凄まじかった。第6曲まで分かれているこの「わが祖国」では、最も有名な第2曲「モルダウ」中間部あたりから放熱が始まり、オケと指揮者の一期一会の葛藤が見て取れたのである。何しろ、この指揮者アルトリヒテルの指揮ぶりは、大柄な身体をも伴ってダイナミックであり、指揮棒を持ち替えながらオケをあおり、そして優しく愛撫する。時には、雄叫びを上げ具体的に奏者を指し示して、楽曲を形作っていったのだった。

尻上がりに燃え上がっていった演奏であったが、特に印象的だったのは、第5曲から第6曲にかけての民族的な土俗的な響きは、アントンKにとっては近年忘れかけていた響きだった。それは昔聴いたクーベリックの音色を思い出し、ノイマン/チェコ・フィルに通じる響きだったのだ。

新日本フィルは音楽監督の上岡氏のもとで、演奏に対する研鑽を積み重ねて、ここへきて響きに対する技術的な高さをアントンKは今回の演奏会で目のあたりにした思いである。炸裂する打楽器群はもとより、木管楽器には歌があり、また懐かしさも垣間見える。そして何と言っても崔文洙氏率いる弦楽器群の音は、まさにチェコの分厚い土俗的な音だったのだ。Dbの野太い土臭さから、Vnの明るく切れの良い和音の世界。それは数年前のチェコ・フィルを彷彿とさせるのに十分だったのだ。地響きのような荒々しい響きから、崔氏をトップとするVn群のあの美しい自信に満ちた歌の世界。あの無骨な指揮から、どうしてあんな音色が構築されるのか、鑑賞しながら終始圧倒されていたのである。こんな独自性満載の演奏だから、次はドヴォルザークでぜひ聴いてみたいところ。次回のアルトリヒテル氏との演奏会も心待ちしたい。

新日本フィルハーモニー交響楽団 第594回定期演奏会 ジェイド

スメタナ  連作交響詩「わが祖国」

     1 高い城

     2  モルダウ

         3  シャールカ

     4  ボヘミアの森と草原から

     5  ターボル

     6  ブラニーク

指揮    ペトル・アルトリヒテル

コンマス  崔 文洙

2018年9月23日  東京サントリーホール

 

コメント

ベストマッチ!上岡敏之のR.シュトラウス

2018-09-15 21:00:00 | 音楽/芸術

今月からいよいよ新シーズンを迎える新日本フィルハーモニー交響楽団。監督に就任した上岡敏之氏も3年目を迎え、あらゆる面で聴きどころ満載のシーズンとなるはず。アントンKも一昨年より鑑賞してきて、今シーズンはその集大成であろうことは、誰に聞かずとも理解できた。この本気度は、今回のプログラム、そして演奏で確信に変わっていた。

オールR.シュトラウスプログラム。こんな無謀な、玄人好みの選曲は、まさに上岡流と言えるだろう。そして彼の、オケの本気度がうかがえる。R.シュトラウスと言えば、多彩な管弦楽で独特な曲調、何といっても難曲ぞろいの楽曲が多いとされる。国内のオーケストラでも今回のような管弦楽曲はなかなか演奏されないのではないだろうか。アントンKは、アルペン交響曲を頂点として、英雄の生涯、家庭交響曲、そして今回演奏された「ドン・ファン」は、今までよく聴いてきた。これは実演でのことで、録音では数知れず鑑賞はしてきたが、そこにのめり込むまでには行かなかった。しかし、もう何年も前のことになってしまうが、サントリーホールで聴いたラトル/べルリン・フィルの英雄の生涯は、今でも宝物だし、朝比奈隆/大阪フィルのアルプス交響曲は、今でもアントンKの生き字引なのだ。

さて今回の演奏会、トータルで思えば、大変見通しの良い温かみを感じた演奏だった。それは、随所で指揮者、演奏者の一体感が音色に現れハーモニーを形作っていくことを感じたからだ。指揮者とオケとの意思疎通がさらに深まり、お互いに本当に音楽を楽しんで奏していることがわかる。時には、微笑みながら、仲間たちの音楽を聴き合っていたのだ。

昔、ベルリン・フィルやコンセルトヘボウの実演に触れたとき、何に一番感激したかと言えば、演奏者たちが自分たちの奏する音楽を楽しんで演奏していることに気づかされた時だった。他のパートでも、自然と身体が動き、まるで自分の音色のごとく音楽の中に入っていることがわかったのだ。

第1曲目のドン・ファンから、ハイテンションで開始され、第1主題の上昇気流に乗ってすっ飛んでいくが、中間部のObの甘いささやきや、Hrnの主要主題の提示は圧倒的で、このHrnの主題のあと、弦楽器にそのパートが移り、素晴らしいハーモニーを放つ箇所。ここは絶品だった。また一番感動したのは、最後に演奏された「死と変容」になる。ワーグナーの影響を受けたとされるテーマが現れ、コーダへと向かう部分は、この演奏会の白眉だったろうか。オケ全体の音色の統一感は最良に示され、上岡氏のまさに求める音楽が、そこに出来上がっていたと思うのである。

R.シュトラウスは、どの楽曲もソロパートが付き物だが、各パートの首席奏者の音色は、雄弁な語りでとても満足。もちろん、コンマスの崔文洙氏のいつにも増した響きは、楽曲にベストマッチし、エネルギーを頂いた思いになったのだ。

今回の演奏を聴いて、弦楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器と、それぞれがお互い聴き合いながら主張し、決して打算的にならずに、目の前にある音楽だけを見つめて演奏していることが伝わった。これはマエストロ上岡敏之への信頼の証であり、自分たちの音楽の確立を意味するのではないか。今後ますます楽しみになって会場を後にしたのである。

新日本フィルハーモニー交響楽団 第593回定期演奏会 トパーズ

R.シュトラウス

交響詩「ドン・ファン」OP20

オーボエ協奏曲 ニ長調

交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 OP28

交響詩「死と変容」 OP24

アンコール

カプリッチョ 六重奏曲

指揮  上岡 敏之

オーボエ 古部賢一

コンマス 崔 文洙

2018-09-14   すみだトリフォニーホール

 

コメント