アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・鉄道を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

スイッチバックが消える日・・

2018-11-17 11:00:00 | 鉄道写真(EC)

「平成最後の・・・」という言い回しが流行っているとか。確かに来年の春から新たな元号となると、さらに時代が移ったという実感が湧いてくるだろう。何とも切ない時代になったものだ。

鉄道の世界も、効率化、合理化が進み、国鉄を知る者からしたら隔世の感すらしてくる。鉄道趣味も考え方が昔とはかなり変わってきているのだろう。撮影したり、乗車したり、鉄道そのものに触れることで、昔は旅情という目に見えない心の温かさを感じたもの。寂しくなったものだ。

新幹線主体とも言える、現在の鉄道の世界。時代に合わないとの勝手な理由で消滅した寝台列車たち。列車だけではなく、鉄道施設も知らぬ間に変化し過去のものなりつつある。路線廃止、駅廃止が一番良い例だが、今後の鉄道の世界、趣味的見地からも案じている。

山岳地にあった、多くのスイッチバックという鉄道路線も無くなりつつあるのだろう。勾配の途中に駅を設けるため、平坦な線路をひき駅を作り、前後に引き込み線を作って、列車はそこを往ったり来たり。スイッチバックにも多々形状が存在するが、こんな日常こそ現代にはそぐわないこととして扱われることだろう。大多数の乗客は、乗車を目的とはしていないことは理解できるが、こういった非効率の日常にこそ、何かPCでは理解できない世界があるのではないか。

ふと見た写真で、くだらない事を書いたが、ここ中央線沿線も随分と変わってしまい、こんな写真を見ると懐かしさを覚える。おおきなダブルクロスポイントの先の通過線を全力で上る臨時急行「たてしな」。この当時、いつもこのスジには、修学旅行用の167系電車が使用され異彩を放っていた。

1976-06-13  8601M  たてしな51号  Tc167-18    中央東線:初狩駅

コメント

心和む癒しの只見線にて

2018-11-15 20:00:00 | 鉄道写真(EC)

紅葉真っ盛りの東北へ行ってきた。

今回は、磐越西線と只見線、そして米坂線まで足を延ばし日本の原風景を心行くまで楽しんできた。天気は今一つだったものの、場所を選べばまだまだ紅葉の奥深い色彩は楽しめ、とても満足できたと思っている。

鉄道車両を大きく撮影する手法も、長年の経験上アントンKの真骨頂ではあるが、被写体をあえて遠くに置き、日本の風土や情景を描いた写風も、これまた新たな美しい世界だと今更ながら考えた次第。気ぜわしくネタ列車を追いかけ、回数を競う撮影なんて無縁の世界。数時間に1本しかやってこない列車をじっくり待ちながら、目の前の自然に自分の身を置く贅沢な時間は、日頃、時間に追われた日常から逃避し、何とも癒される時間だった。心が安らぎ安堵の気持ちが沸いてきた時、目の前の光景の中では、室内楽の調べが脳裏に浮かんでくる。今回はブラームスの切ないメロディがたまらなかった。

2018-11    キハ40形      JR東日本/只見線:会津宮下付近

コメント

伝統ある国鉄特急色復活か!?

2018-11-06 20:00:00 | 鉄道写真(EC)

今まで秋田車両センターに入場していたE653系電車が、国鉄特急色(風?)になって出場し話題となっている。JR貨物の機関車が次々と国鉄色へと返り咲いている中、E653系が今度は伝統ある電車特急のクリームと赤のツートーンで出場したとのこと。特に深い意味などはなく、ブームに乗って塗り替えたということなのか。今のところ定かではないが、新しいバリエーションとしてファンの間でも話題になることは間違いないところだ。

一時、最後の国鉄特急型とされる185系も80系に似せた湘南色になったり、157系を真似た通称「あまぎ色」になり世間を騒がせた時期があったが、ちょうどそんな感覚で今回登場したと言ってもいいのではないか。羽越線を走る「いなほ」等に使用されると思いきや、水戸に転属し臨時使用とのことだから、この手がお好きな電車ファンには目の離せない存在になるのではないか。アントンKもお目にかかれることを心待ちにしているところだ。

掲載写真は、また時代もので恐縮だが、国鉄特急色の元祖とでも言うべき485系の「ひばり」。アントンKにとっては、この「ひばり」そして「とき」、「あずさ」が最も特急色の電車としては思い入れが深い列車なのだ。最も写真撮影に燃えていた時期に、一番身近に走っていた特急電車ということになるのだろう。こうして当時の写真を見返しても、国鉄型電車にはどこか「華」があり、質実剛健で特急たる風格がにじみ出ていた。今の特急型電車との最大の相違はこの部分にあり、残念だが目に見えないところで夢を描ける特急電車は無くなってしまった。

1982-03-17     特急「ひばり」  485系13連  東北本線:藤田-貝田にて

コメント

485系3000番台帰らぬ旅へ

2018-11-02 20:00:00 | 鉄道写真(EC)

この度、485系グループの中でも比較的新しいイメージのあった3000番台が帰らぬ旅へ出たということで、写真を掲載し回顧してみたい。

485系もまだまだ現役だった時代、青函トンメルを通過できる485系として生まれてきた3000番台だったが、当時は、これが485系?と思えるほど斬新に見えたことが思い出される。それまでの300番台などより、よりシャープなイメージで速そうに思えたものだ。実際青函トンネル内の最高速度に耐えられる構造に改造されているはずで、新幹線開通までの大きな担い手となっていた。

写真は、北海道までの連絡特急として北東北をかっ飛ばしている時代の「はつかり」号。何度か乗車もしたが、速度は高かったが、乗り心地は如何なものか、というレベル。まあ古い電車を改造して使っているのだから当然といえば当然で、主電動機MT54の高鳴りが胸を掻き立てた事が懐かしい。

2002-06-01      485系3000番台 はつかり   JR東日本/東北本線:岩手川口付近

 

コメント

五能線の夕日に魅せられて・・

2018-10-16 17:00:00 | 鉄道写真(EC)

何かとこの時期は公私ともに多忙となり、趣味活動が滞って精神的に追い詰められた状況となり、日々の充実を感じるケースが減ってしまい辛い。そういった意味では、コンサート会場に行き、音楽に集中している時間は、とても幸福に感じる。日常の雑多な事柄から一時でも離れて、別世界へと誘われれば、心の充電はチャージできて、次へと進める気がしてくるのだ。

そんな中、夕日とともに列車撮影がしたくなり、合間をぬって東北へと行ってきた。昔から続いていた撮影スタイルは、今やかなり変わってしまった。これは自分自身でも驚いていることだが、被写体は昔から変わらずとも、求める写真や撮影の意気込みが少しずつ変わったと思っている。最近よく「撮影する被写体がない」と耳にするが、アントンKはこの時代になってもそうは思わないのだ。何も鉄道に限ったことではないが、撮りたいと思えるものを素直に撮影していきたいだけだ。

今回は東北へと向かえば、カシオペア紀行の運転日でもあり、また秋田では蒸気機関車の運転もあるようで、話題には事欠かないが、どうも心境とは解離しており、のんびりと海岸線に伸びる鉄道風景を堪能することにした。あまり経験のない五能線は、とても美しい路線。四季おりおりの風情ある情景は、心を和ませることだろう。日没時刻が近づいた時、ちょうどうまい具合にリゾート列車がやってきた。写真は心を写すと言われるが、本当かもしれない。

2018-10   8525D リゾートしらかみ   JR東日本/五能線:追良瀬付近

コメント