バイオの故里から

バイオ塾主宰・Dr.Kawanoの日々、収集している情報(DB原稿)をバイオ塾メンバー向けて公開しています。

モノクローナル抗体を含む製剤の製造方法

2017年07月17日 | 抗体 免疫 抗原 
出願人: 旭化成メディカル株式会社g
発明者: 殿岡 輝道

出願 2008-173135 (2008/07/02) 公開 2011-184299 (2011/09/22)

【要約】【課題】高濃度モノクローナル抗体溶液の製造方法の提供。【解決手段】モノクローナル抗体を含む製剤の製造方法であって、ウイルス除去工程は、モノクローナル抗体の産生時由来のウイルスと、安定化剤の産生時由来のウイルスを除去し、ウイルス除去工程のウイルス除去能力が、LRV≧4であって、ウイルス除去工程時のモノクローナル抗体の濃度が3.0~10.0重量%の範囲であり、前記ウイルス除去工程に用いるウイルス除去膜に対する、溶液中に含まれるモノクローナル抗体の、濾過開始後0~10分と、0~3時間経過時の平均透過性が、いずれも1.0 ( kg _ m2_ hour )以上であることを特徴とする、モノクローナル抗体を含む製剤の製造方法を提供する。
http://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/a2011184299/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温度応答性プロテインAの固... | トップ | ウイルスの量を低減可能な抗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。