えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

造花仏花、約半年の交渉の末、納入へ

2008年06月29日 17時21分30秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 売れ筋商品発掘市(大阪商工会議所主催)で当社の「造花仏花」にご興味を持っていただきました全国チェーンのホームセンターさんから、きのうやっと正式な発注が入り、明日出荷します。

 お盆用の造花仏花「やすらぎ」と、「シャシャキ」です。

 見本市の準備から始め、バイヤー(仕入れ担当者)さんとの何度ものやり取り、再サンプル作り、関東の商品本部での商談と半年近くにわたった上での成約です。ここまでたどり着けてホット一息、と言うより、たいへん嬉しいです。

 但し、収めさせていただいた商品が売れてこそ、来年再来年へとつながります。実はこれからお盆が終わるまでが楽しみであり、また心配な時期になってきます。

 今から、九州周遊出張です。出張中のブログ自動投稿システムはネット接続不具合などの障害も克服し、再度のテスト運用が成功、うまく稼動できるようになりました。しかし今度はネタ不足に陥ってしまいました。前回の東京出張から今日までに十分な原稿を書き溜めしようと思っていましたが、いかんせん忙しさにかまけて準備できませんでした。
 次回出張、もしくは次々回出張までには、今度はハードだけでなくソフト面の整備に務めます。しばらくお待ち下さい。

 つきましては今回の出張中、ほぼ「えびす顔の造花問屋社長からの手紙」を休みます。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

換気扇

2008年06月27日 23時32分24秒 | 我が家
 壊れていた台所の換気扇を父が取り変えました。

 昨年8月に脳出血で倒れ、一時は寝たきりでしたが、大阪警察病院での血の抜き取り手術に成功。ボバース記念病院などでのリハビリを通じ、徐々に機能を回復してきました。

 病院のお医者さんや看護師さん、療法士さんらの献身。(司元の)母妻ら同居の家族だけでなく、(司元の)姉妹、叔父叔母らに支えられての回復です。もちろん、本人の努力のたまものであるのですが。

 まだまだ左半身に障害が残っていますが、(司元の)妻に足を支えてもらって、脚立に登り、木ねじ回しを使って換気扇の取り外しと取り付けまでしました。

 本来はこんな日用大工の仕事、私の役目です。しかし忙しさにかまけている私に頼んだのではいつになるか分からないので、父や妻が業を煮やして自分たちで取り付けました。

 私、「リハビリになって、ええやん。また頼むわ」

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

フューネラルビジネスフェア

2008年06月26日 23時36分49秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 国内で一番大きなお葬儀に関わる総合見本市「フューネラルビジネスフェア 2008」(パシフィコ横浜)に昨日、行ってきました。例によって日帰りの横浜出張です。

 仏花造花が主力商品の当社にとってもとても係わり合いのある見本市です。写真は生花の祭壇ですが、造花のものも出品されており、たいへん参考になりました。

 直接当社とは関わりはないのですが、「メモリアルダイヤモンド」に目がいきました。
 御遺灰に含まれる炭素を特殊な技術で人工ダイヤモンドに作りかえたものです。興味でお聞きすると、約300グラムの御遺灰から0.2カラットほどのダイヤモンドが製作できると言います。ちなみにお値段は約50万円。

 「若くに亡くなった娘の遺灰からダイヤモンドを作り、それを身に付けて『一緒に』旅行しました」と喜ぶ母のコメント。歌詞の中にダイアモンドの言葉が出てくる「千の風」を体現しているようにも思えます。

 遺灰をどうのこうのすることの良し悪しに関わらず、日頃「死んでしまえばそれまで」とうそぶいていても心動かされます。
コメント

「日本人の脳に主語はいらない」(月本洋著、講談社選書)

2008年06月25日 22時09分22秒 | 本・セミナー
 先日の毎日新聞書評欄「日本人の脳に主語はいらない」(月本洋著、講談社選書)。主語がなくても文章が出来上がる日本語の構造を最新の脳科学を使い解き明かしている。

 せせらぎや虫の音など自然界の音を日本人は言語や思考を司る左脳でで処理するが、欧米人は感覚や直感を司る右脳で処理する。そのせいで欧米人には自然界のランダムな音も雑音にしか聞こえない。

 さらに日本人は母音「あ」や「a」を左脳で処理する。欧米人は反対の右脳。そして自分と他人の識別を行なっているのは日本人も欧米人も右脳。

 すると欧米人は言語を自他の識別をする同じ右脳でまず処理するから、言葉が入ると自分なのか他人なのかを識別してから言語を形作るので必ず主語がいると。
 しかし、日本人は言葉の音が言語と思考の左脳に直接入ってしまい、まずは自分と他人の区別なし、つまりは主語無しに言語を形作っていくと言う。

 「欧米語と日本語の文法上の差は文化や社会とかに関係なく、そうではなく脳の働きそのものの差にに由来する可能性がある」。

 たいへん刺激的な本のようです。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

穴子のシンパシー

2008年06月24日 22時58分30秒 | 我が家
 出張中、各地のおいしいものを頂くのも楽しみの一つです。今回の東京出張からの帰り、静岡・小笠パーキングエリアで「季節限定 穴子丼」を頂きました。

 穴子が一匹丸ごと入っていて、680円。遅めの昼食でお腹も減っていて、味も値段もとっても満足などんぶりでした。

 うちに帰ったのは午後7時半ごろ、夕食はなんと「穴子」でした。

 

 47年生きてきて、穴子どんぶりを食べたのは初めてでしょう。うなぎならいざ知らず、家でも穴子が食卓に上るのはめったにありません。

 私、
 「(俺とお前は)シンパシー(共鳴)してんねんな」

 妻、
 「それってええことなん」

 明日はまたその東京へ日帰り出張です。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (6)

水切り

2008年06月23日 20時55分19秒 | 我が家
 先日もらったデージーを食卓に飾っていました。

 妻、
 「この花、長持ちやね」
 私、
 「(私の)水切りがええからやな」
 妻、
 「・・・」

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

ドキュメンタリー上映会

2008年06月22日 23時31分57秒 | ドンキホーテ
 日本が中国・海南島を占領中に行った行為を解明する「海南島近代史研究会、コリアン・マイノリティ研究会共催 ドキュメンタリー上映会」が今日大阪であり、観てきました。
 久しぶりにとっても重たい気分になりました。

 「日本が占領した海南島で」など3本のドキュメンタリー。現地の方々への行為だけでなく、朝鮮半島から強制連行された朝鮮人の方々の様子も明かしています。家族を失った証言者は60年たった今なお、憎しみの感情をあらわにしました。当然です。

 上映後、60年も続く憎悪の先に希望があるのか、海南島の若者の意識、そして主催者の活動の展望を尋ねました。

 海南島からの若い女性の留学生が、
 「今の若い人はお年寄りのように賠償がどうのとかはあまり考えていません。それよりも事実を明らかにして欲しい」
 と精一杯答えてくれました。

 主催者のお一人は、
 「過去、朝鮮を植民地支配し、言葉や文化を奪った。戦後、日本人として『お前らもう知らん』と言う歴史を作ってよいのか。それではすまん。科学的に展望がある訳ではないけれど、そんな思いで活動している」
 と語りました。

 私は、過去の歴史を未来に引き継ぐのは今生きている私たちの役目だと思っています。ただ、その歴史さえ実は解明されていません。その歴史の解明に力を注ぐ海南島近代史研究会とコリアン・マイノリティ研究会の活動に共鳴します。

 3本の映画の内、2本のDVDを購入しました。ご興味お有りの方はご連絡下さい。お貸しいたします。
コメント

三笠

2008年06月21日 21時05分12秒 | 我が家
 三笠饅頭を二つ頂きました。

 袋の表面の印刷はどちらも同じ意匠なのですが、色だけが違います。一つは茶色で、もう一つは白。
 妻の予想は茶色は小倉餡で、白は白餡。

 私が、「無難な(小倉餡の)方を食べようか」と茶色のを取ると、
 妻、「『無難な方』食べるん」 

 はい、無難じゃなさそうなのにします。

 中の餡は妻の予想通りでした。

 昨日、東京出張から帰宅しました。今回は出張中のブログ自動投稿システムがうまく機能したようです。

 来月は九州、中国・香港と出張が続きます。ネタがあれば、ブログ自動投稿システムをまた使います。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (4)

三輪さんの笹百合(ササユリ)と長谷寺の牡丹(ボタン)

2008年06月20日 22時43分43秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 この季節、三輪さんの境内では「笹百合(ささゆり)」(山ゆり草)が満開です。一時はかなり少なくなったようですが、15年前から専門家の協力を得ながら栽培に励み、今は境内の群生地はもちろん、所々で薄ピンクの可憐な姿を見せています。

 三輪さんの笹百合(ささゆり)はわりと有名で、妻が三輪さんに行ってきた話を近所の奥さんにすると、「笹百合見てきた」と尋ねられたそうです。

 そしてその奥さん続けて、
 「○○さん(妻のこと)は笹百合みたいやね」

 妻、
 「いやっ、そんなことないし、奥さんこそ長谷寺のボタンみたいやし」

 おばさん、
 「いやっ、そんなことゆうてもうたら嘘でも嬉しいわ」

 妻、
 「ほんまほんま、嘘ちゃうし。ボタンみたいに華があるわ」

 おばさん、
 「ほんま? ○○さんこそ、笹百合みたいに控え目ですっと咲いてるわ」

 大阪のおばはんの会話はまだまだ続きます。

 ちなみに、長谷寺は関西ではとっても有名な牡丹(ぼたん)の名所です。「東洋一の長谷寺の牡丹」とも言われているそうです。

 今年の三輪素麺ネタは今日で最後です。4回のシリーズをご愛読いただきました皆さん。ありがとうございます。


 造花の百合(ユリ)はこちらを
 http://nhkf.jp/shohin/f30/introduction01.html

 造花の牡丹(ボタン)はこちらを。
 http://nhkf.jp/shohin/f30/introduction12.html
 
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

クローバーの花の造花はないけれど四つ葉の葉なら

2008年06月19日 17時48分35秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 当社営業本部の敷地のアスファルトの割れ目などから、クローバーの花が咲き出しています。
 クローバーの花ご存知でしょうか。ピンク紫色の可憐な花です。

 いわば雑草なのですが、以前、黄色い可憐な花をあまりに可愛いので刈り取らなかったと書きましたが、この花も同様にそっとしておきたくなります。

 クローバーの花の造花を以前は扱っていましたが、今は取り扱っておりません。四葉の葉の造花なら扱っています。

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

額あじさい(ガクアジサイ)

2008年06月18日 20時03分44秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 三輪素麺のなかねんさんから三輪さんの拝殿へは歩いて5分もかかるでしょうか。直ぐそばです。なかねんさんに寄った時はもちろん三輪さんにお参りします。

 拝殿から御神水の湧き出る狭井神社への参道沿いに薄水色の額あじさいが咲いていました。満開です。でもアジサイは「満開」と言うより「見ごろ」があっていますね。

 当社の造花額アジサイは今シーズン完売しました。ありがとうございます。アジサイのブッシュ(数個の花が束になったようなもの)はまだ在庫があります。

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

睡蓮の咲く庭で96歳を語る

2008年06月17日 20時20分31秒 | 幸せ
 きのうも取り上げたなかねんさんでの話の続きです。奥さんも気さくです。

 嫁いで来た時、おじいさん(義父、舅)が中風で手が震えていたそうです。

 奥さん、
 「こらもう、長ないわと思とった。それがそれが、なんのことか96歳まで生きはった。わっはっは」

 豪快です。

 写真はなかねんさんの庭に咲いていて睡蓮

 造花の睡蓮ならニューホンコン造花へ

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

三輪の誉

2008年06月16日 16時30分39秒 | 幸せ
 きのう、お中元の注文に三輪素麺の「なかねん」さんへ父母、妻の四人で行ってきました。昨年は6月10日一昨年は6月5日でした。
 毎年5日ほどずつ遅れています。来年は6月20日ごろになるのでしょうか。日にちは別にして、来年もこの四人で行ければ幸せなことです。

 一年ぶりに会うご主人、奥さんと世間話をしながら注文します。今年の話題は、外麦(がいばく)と内麦(ないばく)の違い。素麺は小麦が原料です。外麦とは輸入麦のことで、内麦は国産の麦のこと。
 昔はもちろん内麦が中心でしたが、今はほとんど外麦を使っているそうです。

 ご主人、
 「内麦より外麦の方がいい」

 国産の方が良さそうに思えるので理由を尋ねてみると、

 ご主人、
 「どうも内麦は作り方が違うようや。昔は手ごねで打っていたけれど、今は機械。それが外麦の方がええみたいや」

 そんなこともあるんですね。

 そしてもう一つの話題が、お米作り。なかねんさんは田んぼを4反(一反は約300坪なので、4反で約4000平米、甲子園球場の約10分の1の広さ)持っていて、米作りをしながら素麺を作っています。

 昔は3石取り(一石は1000合)と言って一反で3石取れれば上出来だったそうですが、今は4石取れるそうです。

 ご主人曰く、
 「肥料のやり方が昔と違う」

 一石は大人一人が一年間に食べるお米の量で2表半、1俵は60キロ。そんなことも知りました。

 写真はなかねんさんのブランド「三輪の誉」。
 
これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

第二回明るい見本市

2008年06月15日 18時22分23秒 | ドンキホーテ
 フリーマーケット感覚のプレゼンテーション大会「第二回明るい見本市」が6月30日、大阪産業創造館で開かれます。その名の通り、「明るい企業」が集まります。

 自社商品を3分間のプレゼンでPRし、商売につなげるのが一番の目的ですが、参加企業同士でコラボを目指せるのもこの見本市の利点です。

 既に参加お申し込みの企業もユニークな会社ばかりです。
 
◆建材や標識に最適!爪にも塗れる。
電源いらずで、6時間~10時間光る「蓄光製品」

◆人にも環境にも優しい2種類の洗浄剤。
無リン系洗浄と強アルカリ洗浄。 

◇デパ地下で見た!
老舗焼肉店が作った無添加ドレッシング

◆炭と岩盤浴で体の芯(骨)までポカポカ!
「遠赤外線温浴」

◇家庭の生ゴミ大幅削減!
ディスポーザータイプ全自動家庭用生ごみ処理機

◆これからの健康を守る!
卓上用バナジウム浄水ポット、食材除菌洗浄剤、家庭用岩盤浴器

◇英語と中国語なら、個人も企業もお任せください!
国内外問わず利用可能な「電話通訳/電話代行」カード

◆医院や飲食店で好評の順番受付システム
携帯やPCからも登録及び、待ち時間の確認が行えます。

 見に行くだけでも勉強になりそうです。

 詳細は主催の明るいビジネスネット

 これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

四川大地震・ミャンマー災害チャリティーコンサート

2008年06月14日 23時37分57秒 | ドンキホーテ
 四川大地震とミャンマー災害の犠牲者の追悼と被災地への支援を訴える「緊急報告会と救援コンサート」がきのう、阪神淡路大震災の起きた神戸であり、会社を代表して参加してきました。

 報告会では毎日新聞の写真記者が、多数の犠牲者、被災者を前にして、「写真を撮っても彼らを助けることができない」、そんな心情だったと吐露しました。

 そしてコンサート、どうしてもこのチャリティで演奏したかったと東京から駆けつけた二胡奏者の奏でる「精霊流し」。阪神淡路大震災で姉を亡くした琴奏者のウーファンさんは「春よ来い」で元気付けました。四川地震のニュースを見て涙が止まらなかったと言う歌手のリ・コウコウさんは「千の風になって」を中国語と日本語で熱唱しました。リさんは16日には四川に向かい、被災地で一週間に渡ってコンサートを開くと言います。

 どうして音楽はこれほど心に響くのでしょうか。心を癒し元気付けてくれます。

 今日、東北でまた大きな地震が起きました。犠牲者もでています。
 ヒューマンシールド神戸の吉村誠司さんは既に現地に入られました。
 音楽は奏でられませんし、吉村さんのように救援にもいけませんが、心よりお見舞い申し上げます。
コメント