えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

もう6月、春無しは造花業界の一大事

2013年05月31日 14時46分18秒 | お花
 東北のみなさん こんにちは

 先週の日曜日、久しぶりに地元公園の町会清掃に行ってきました。その日も気温が30度近くにまで上がる夏のような天気。朝方の掃除にもかかわらず汗ばみました。そしてその翌々日にはもう梅雨入り。つい先日まで寒かったのが嘘のように急に暑くなりそのまま梅雨。もう明日から6月、春はすっ飛んでしまいました。

 近年、10月まで暑さが続きそして急に寒くなる、いわば夏から秋を飛ばして一気に冬になる「秋無し」の傾向が強くなってきています。我ら造花業界はその気候に影響され、モミジを初めとした秋物装飾品の売り上げの減少傾向が続いています。

 その「秋無し」に加え「春無し」になり、秋物商戦よりも売り上げのある春物装飾品の売れなくなると、造花業界にとってはとては痛手です。

 春は春らしく、秋は秋らしく四季が移ろって欲しい。

 これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

大阪はそとかん、東京はがいかん

2013年05月30日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 先日のラーメン店の記事中に出てきた「外環(そとかん)」、大阪の郊外地域を北部から東部、南部へと回る環状道路です。国道170号と171号からなり、正式には「大阪外環状線」と呼ばれるようです。

 東京にも同じように少し郊外地域を環状する「外環道」がありますが、呼び名が異なります。正式名が「東京外かく環状道路」なので縮めるて「がいかん」です。

 大阪と東京、こんな風に同じ漢字を使っていても呼び名か異なる地名がたくさんあります。

 その一番は
 日本橋、大阪では「にっぽんばし」ですが東京は「にほんばし」
 本町も大阪は「ほんまち」、東京は「ほんちょう」が多いんじゃないでしょうか。
 大阪では「三宮(さんのみや)」、「三ノ瀬(さんのせ)」と頭にくる数字の「三」は「さん」と呼ぶんでしょうが、東京の「三ノ輪」は「みのわ」。東京へ行き初めた頃、「さんのわ」と呼んで、おかしがられました。
 
 大阪の方を柔らかく感じるのは贔屓目でしょうか。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

河内弁のパリジェンヌが大阪・東成の会社社長に

2013年05月29日 14時46分18秒 | 大阪、生野
 東北のみなさん こんにちは

 親しくお付き合いいただいている大阪東成の不動産業杉浦実業の杉浦勝昭さんがご長女の美雪さんに社長をバトンタッチされ、その就任お祝いパーティーが先日、市内のホテルで開かれました。

 会長になった勝昭さんは東京大学の仏文科ご出身。卒業後パリ留学中にパリジェンヌのご夫人とご結婚され、美雪さんはパリ生まれです。その後、家族で大阪に戻ってこられました。美雪さんもいわばパリジェンヌ。

 その就任挨拶、
 「これからたいへんやで」とようさんお言葉頂いて、肝に銘じていきます。
 たよりないけど、一生一度のことやし」
 等々、八尾にお住まいで河内弁でした。

 パーティーには180人ほどがつめかけ、余興に新社長の友人によるオペラの熱唱もあり、さすがフランス仕込みです。

 記者だった20年以上前の癖が抜けず、タイトルに少しセンセーショナルな書き方をしてしまいました。こんな書き方をせずともお父さん譲りの頭脳の明晰さと社交性をお持ちで、立派な経営者になられるのでしょう。注目の新社長です。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

記念日のグランフロント大阪

2013年05月28日 14時46分18秒 | 幸せ
 東北のみなさん こんにちは

 結婚記念日の5月25日は母の退院、そして私がどうしても聴きに行きたかった元日本軍慰安婦の証言集会があり忙しく、結婚27年の記念日はなおざりに。で翌日曜日、妻とお祝いの食事に出かけました。

 向かったのは最近噂のグランフロント大阪。オープン当初の無茶な混雑は無く、並ばずに入店。人を掻き分ける人ごみはありませんでした。しかしレストラン階はそこそこの人出で、こましなお店はみな行列です。

 仕方なくそこでの昼食はあきらめ、梅田周辺を周回する100円バスに乗ってハーベスト辺りへ向かいました。グランフロント大阪の人気に押され空いているだろうとの魂胆です。でもお昼時のこちらもそこそこの人。その中でおいしそうでしゃれたイタリアンレストランに20分ほど待って入りました。パスタのコースと肉料理のコースを頼み、二人で分けました。味はもちろん、サービスもよく妻も満足したことでしょう。一応、これで今年の結婚記念日の役目を果たしました。

 結婚記念日に食事やプレゼントをするのは二年前の銀婚式で南九州旅行をしたぐらい。それで今年も「なんもせんでもええやろ」とたかをくくっていました。しかし出産で里帰りしている娘が「そら、なんかしやんとあかんやろ」と追い立てるのでこんな風になりました。

 記念日前に妻を結婚記念のデートに誘ったら、返事はいつもの
 「べつに(行かんでも)ええけど」。
 まあ、しかしこれにひっかかったらあきまへん。
 「ほなやめとこか」なんか言おうものなら、どうなっていたことやら。

 イタリアンレストランのコース料理で、来年までもってくれるでしょうか。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

元日本軍慰安婦の方のお話を直に聞いてやっと確信が持てました。

2013年05月27日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 東北のみなさん こんにちは

 「14歳の時、軍需工場で働くんだと言われついて行った。連れて行かれたのは暑い国の戦場。(中国)広東の慰安所。陸軍司令部があって、部屋が準備され、軍医が身体検査をした。その後、軍隊に連れられてマレーシア、スマトラ、ジャワ、シンガポールと移動し血の涙が出る思いをした。日本政府は自分たちはやっていないというが、どうやって民間人が慰安所を作られるのでしょうか」

 おとといの25日、橋下徹大阪市長との面会を拒否した元日本軍慰安婦の韓国女性二人の証言集会に行ってきました。そのおひとり、金福童さんのお話です。

 この集会に行くまで不勉強な私は、朝鮮で日本軍による慰安所の管理はあったにせよ日本軍による強制があったのか確信が持てませんでした。もちろんインドネシアでオランダ人女性が、また中国では現地の中国人女性が軍による強制で慰安婦にさせられたことは認識していましたが。しかし、今回の証言集会で朝鮮でも日本軍による慰安婦強制はあったと確信しました。

 金さんは「軍需工場で働く」と嘘を言われ慰安所に連れてこられました。誘いに来たのは朝鮮人と日本人だったそうです。その日本人は軍人だったかどうかは分かりません。しかし一方、日本軍が慰安所を管理していたことを示す文書はたくさん残っています。誘いに来たのが軍人だったかどうかに関わらず、日本軍管理下の慰安所から逃げ出すこともできず、そこで強制的に兵士の性的な相手をさせられていました。そのことに対し日本の警察や軍隊は金さんを保護することはありませんでした。これを強制といわず、なんと言うのでしょうか。

 朝鮮人女性の場合、日本の軍隊が直接脅したりして慰安所へ連れて行った事実は確認されていないようですが、金さんのようにだまされたり、甘言を言われて連れて行かれた例はたくさんあります。そして連れて行かれた先の慰安所では逃げることもできず、性的行為を強制させられたのです。銃剣を突きつけて連れて行ったことだけが強制ではありません。そのことがやっと分かりました。

 1993年に出された河野談話はこのところをきっちりと抑えています。しかし今、慰安婦の強制があったなかったの議論は、そのことが置き去りにされ「日本軍が暴力や脅しで慰安所に連れてきたことは無かったから強制は無かった」に摩り替わっています。
 
 私たちはしっかりと事実を見極めないといけません。河野談話を摩り替えるような動きには断固反対します。日本は元慰安婦の方に謝罪しましょう。賠償も日韓の条約で解決済みと拒否せずに誠意を持って償いましょう。私自身、その性について清廉潔白で無いけれど、それでもそう主張します。
コメント (5)

5月25日はダブルハピネスでちゃんこにケーキにハーフ&ハーフ

2013年05月26日 14時46分18秒 | 幸せ
 東北のみなさん こんにちは

 昨日の25日、3月末から入院していました母が退院しました。いろいろと用事がある私に代わって妻と姉がNTT大阪病院に迎えに行ってくれました。約2ヶ月の入院で足腰は少し弱っていますが、元気です。徐々にその足腰も回復していくでしょう。そのお祝いにと、姉が夕食にちゃんこ鍋のセットを用意してくれました。そしてケーキも。

 

 いつものことですが、母や父が入院中は、東大阪に住む姉、大和郡山に住む妹そして妻が毎日交代で病院へ見舞っています。長男の私はほとんど何もしない状態。とても助かっています。ありがたい。

 25日は私たちの27回目の結婚記念日でもありました。そのめでたさに加え母が戻り明るさを取り戻した我が家が嬉しくて、麦とホップをハーフ&ハーフで頂きました。

 

 みな様方にはご心配をおかけしました。お見舞い、お気遣い頂きありがとうございます。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント (2)

布施・明専寺、松村了昌さん死去 浄土真宗本願寺派総長の厳格さと父の影

2013年05月25日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 東北のみなさん こんにちは

 我が家の菩提寺は東大阪・布施の明専寺です。前住職の松村了昌さんが82歳で亡くなられました。門徒(信徒)のための仮通夜が先日あり、参列しました。

 どこにでもあるといったら失礼に当たるでしょうが、町の小さなお寺です。今は息子の秀方さんがあとを継がれています。その小さなお寺の了昌さん、以前浄土真宗本願寺派(西本願寺)の総長を務められていました。総長に就任されるまでは祖父母や叔父らの法事によく参っていただいていました。物腰は穏やかだけれど鋭い、印象でした。
 
 その仮通夜で秀方さんは、
 「善いものは善い。悪いものは悪いとはっきりしている父でした」
 と。

 それほどぶれない信条をもっていらっしゃったから、末寺1万寺を超える大宗教団体の事務方トップ、いわば総理大臣をこなされたのでしょう。近寄りがたい姿を感じます。
 
 さらに秀方さんが続けて、
 「でもね。だからよく親子喧嘩しました。世間では1足す1は2じゃないこともあるでしょと(私は)言うんですが」

 後を継いだ息子のそんな言葉を了昌さんはどんな気持ちで聞かれていたんでしょうか。そこには総長とは違う世の父の姿が見え、親しみが湧いてきます。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

薩摩っこラーメンは一杯900円でも

2013年05月24日 14時46分18秒 | 食べる
 東北のみなさん こんにちは

 八尾流通センターを東に車で2分も行くと外環(国道170号)に当ります。その外環にはホームセンターや外食のお店が並んでいます。
 先日、そのホームセンターに文具を買いに行った帰りがちょうどお昼で、向かいにある「薩摩っこラーメン」で昼食をとりました。

 入ってメニューを見ると「ラーメン 900円」。「え、高かぁっ」と思いましたが、一旦入ったのに出ることもできず、カウンター席へ。

 しっかりした豚骨だしのラーメン。ニンニクもしっかり入っていて、極めつけはチャーシュー。少し厚めなのにゆっくりと煮込んであるせいか、口にふくむととろけます。美味しい。

 昼食に900円はそうは行けませんが、なんか機会があればまた足を運びたくなるお味でした。

 これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

中国・香港から見たヨーロッパとアメリカの市場

2013年05月23日 14時46分18秒 | 香港・中国
 東北のみなさん こんにちは

 中国、香港の造花メーカーや商社とやり取りをしていると、彼らがヨーロッパやアメリカの市場をどう見ているのかちらちら分かります。先日のメールには、

「ヨーロッパはデザイン性に優れ値段もそこそこ通る。一方アメリカは安いのが好まれ見栄えはそこそこでいい。」と。

 この一つのメールがすべてではありませんが、「良いものを末長く使うヨーロッパに対して大量消費のアメリカ」、こんな構図が浮かんでくるんじゃないでしょうか。
 はてさて日本は。

 以下はそのホンコンからのメールの抜粋です。
 簡単な英語でしょう。ですから私も英語で商売ができます。
 英語が母国語の方から見れば文法の間違い、文章構成のおかしさもあるでしょうね。私の英語もこの程度です。

THEIR MAJOR CUSTOMERS
ARE EUROPE CUSTOMER SOTHAT THEIR DESIGNS
ARE BETTER AND PRICES ARE ALSO HIGHER.

THEIR MAJOR MARKET IS U.S.
CUSTOMERS SOTHAT PRICES ARE CHEAPER AND
DESIGNS ARE NOT SO FULL LOOKING.

 これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

あれこれ言われないのも寂しくて

2013年05月22日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東北のみなさん こんにちは

 先日の日曜日、ふとした不注意で眉間の下を切りました。幸い傷は浅く病院に行くほどではありません。しかし顔の真ん中のよく見えるところがぱっくり。長さ1.5センチ、幅1、2ミリの赤い傷が。

 そんな顔で、絆創膏も貼らずに翌日の月曜日に会社に行きました。朝、顔を合わせたら誰かがなんか声を掛けてくるだろうと思っていましたが、何事も無く。その日は朝から40フィートのコンテナが二本も入る急がしい日で、みな仕事に必死。お昼休みに落ち着いたら何か言ってくるかと。しかし昼も過ぎ、忙しくて残業になり帰り際になっても誰も何も言いません。さては気を遣って触れないでいてくれるのかなと思いきや。最後まで誰からも何も言われないままで帰りました。

 仕方なく、昨日の火曜日にある社員に「俺の顔なんか変やろ」と尋ねました。すると「えらい怪我したはる」と、やっと分かったようです。他の社員にも尋ねましたら、傷のことは全く気づいていませんでした。

 こんな時、あれこれ言われるのも説明が面倒で困りますが、あまり何も言われないのも寂しいものです。

 それにしても自分が思ってるほど、他人は気にしてないもんでんな。
 
 これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント (4)

芋粥

2013年05月21日 14時46分18秒 | 食べる
 東北のみなさん こんにちは

 我が家は毎朝、妻がおかいさんを炊いてくれます。普段は茶粥ですが、最近ちょくちょく、父の好みで芋粥になります。適当な大きさに切ったサツマイモを生のまま、「お茶」はいれずに炊きます。

 芋の甘さが粥の中にも染み出て、ほんの少し塩を加えるとより一層甘さが際立って、つけもんも無しでいただけます。
 朝が弱い私にはもってこいです。

 おいしそうでしょう。

 これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

どうも「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼」する憲法を変えたいらしい

2013年05月20日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 東北のみなさん こんにちは

「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」

 日本国憲法の中で一番好きな文言です。憲法前文に書かれています。この「決意」を現実のものとするために、9条で「戦争の放棄」「武力の不保持」を規定しています。

 このところの憲法改正論者が一番改正したがっているのが、この9条のようです。実際の国際社会を見ると、どこそこで戦争は起きている。日本周辺だけをみても領土に関し圧力がかかっている。「戦争の放棄、武力の不保持」は現実にそぐわない、「こんな憲法の下強い軍隊を持たないなら、いつか他国に侵略される」との主張です。

 しかしこの憲法の下、もちろん日米安保条約によるアメリカの庇護の下ですが、日本は65年間以上にわたり、他国との軍事衝突をせずに平和を保ってきました。日本の軍隊はひとっ子一人、他国の国民を殺してきませんでした。これはあの戦争を真摯に反省した結果生まれた憲法9条が「戦争」への歯止めになっているからではないでしょうか。

 憲法改正論者はこの本丸から攻めると改正が難しそうなので、まずは憲法改正の要件を緩和。その後に9条以外の不都合な諸々もひっくるめてごっちゃにして変えてしまおうと、狙っているようです。自民党ら改憲推進派の政党がこの夏の参議院議員選挙で2/3を占めることになれば、一気に憲法改正が動き出すかもしれません。憲法施行後66年、これまでも憲法改正の動きがありましたが、今、一番現実味を帯びてきています。

 ええかっこだけで国民を守れないのは、その通りでしょう。しかし66年間にわたりこの9条の果たしてきた役割、そして人類の希望というべき恒久平和への理想追求を捨てることの不利益を考えた時、それでも憲法改正は必要なんでしょうか。

 その憲法改正を考える勉強会開かれます。
 
 「再び侵略・惨劇を繰り返さないために 改憲動静の先にあるものー」
 6月8日(土)午後2時~
 エルおおさか(大阪市中央区北浜東3-14、地下鉄天馬橋駅西300メートル)
 中東での豊富な取材経験を持つフリージャーナリスト西谷文和さんが、
 「今こそ憲法9条の輸出を アラブの春、リビア、シリア内戦を取材して」
 と題して講演。

 ぜひご参加を。
 憲法改正を自らの問題として考えてみませんか。

 これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E

コメント

「秋ネ」と「京愛館」をそのまま歌った「大阪 居酒屋チェジュ」(中山大三郎作詞)

2013年05月19日 14時46分18秒 | 大阪、生野
 東北のみなさん こんにちは

 おととい帰ってきた5月の東北・関東出張、4泊目の埼玉・川越はいつもの「湯遊ランドホテル三光」。ホテルには温泉施設もあり、その広間の舞台で旅回りの劇団が毎日演劇と歌謡ショーを披露しています。そこで歌われていたのが半田浩二さんの「居酒屋チェジュ」(作詞:中山大三郎 作曲:中山大三郎・臼井義典)。とても気に入りました。

 歌詞の一部、

「ママの名は知らないけれど みんながオモニと呼んでる店よ ここは大阪 居酒屋チェジュ」

「お店を出して十年たてば ここが古里みたいなものと昔話をさらりとかわし 飲めや歌えや 」

「学者も来るし 酔ってはつぶれる人などいるし 人のいいママがいるから誰もがふらりと立ち寄る」

「いろんな国のことばがまじり みんな親身になってくれるよ」

「通天閣の灯りが揺れる 浮世のうさわずらわしさも みんなサカナに飲みほしゃいいさ 酔えば天国」

 通天閣を望める場所が今はほとんどなくなったけれど、生野のどこにでもありそうな居酒屋の風景を叙事、叙情ともに見事に現しています。それこそコリアンタウン北の「秋ネ」さん、万才橋そばの「京愛館」さん、どちらも歌のままのオモニのお店です。
 作詞の故・中山さん、もちろん超実力派ですが、ほんとにすごい。どうしてこんなに表現できるのでしょう。生野のオモニの居酒屋で飲んでいる私自身の気持ちをも歌ってくれています。

 この歌詞の力強さ真似できまへん。カラオケあったら絶対歌ったろ。練習してからやけど。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E


コメント

プロデュース フォー JAPAN の輝き先は

2013年05月18日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東北のみなさん こんにちは

 父と私が通う今里・竹下理容所となりのくだもん屋さんでマンゴを売っているのを散髪帰りの父が見つけ買ってきました。マンゴ一個280円です。少ししわが入っていましたがとても安い。甘さもそこそこ。産地シールをみると「JAPAN」の文字が。はてさてJAPANのどこ産かさらによく見てみると。

 「PRODUCE OF MEXICO FOR JAPAN」
 「日本産」でなく「日本向けのメキシコ産」でした。

 うがった見方で、このシールが貼られたこのマンゴがメキシコからどこかよその国に輸出されたら、「JAPAN」のブランドが輝くんでしょうか。「品質管理の厳しい日本向けに作ったから間違いないですよ」と。

 そんなこんなで、昨日、東北・関東出張から帰阪しました。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E


コメント

私が何度もテープを聴いてやる気を高めた元気が出るセミナー6/14開催

2013年05月17日 14時46分18秒 | フォーラム・アイ
 東北のみなさん こんにちは

 10年以上前だろうか、知人から自己啓発のテープをもらった。そこには荒れる中学に赴任した若い教師が陸上競技を通じ子どもたちに夢、希望を持たせやる気を育てた真実が語られていた。営業で1人車に乗っている時、何度も聞いて自らのモチベーションを高めた。

 その教師、原田隆志さんの講演が6月14日午後6時半から、東成区民センターで開かれます。私が所属する大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)主催です。ぜひご参加を。

 資料代 3000円
 申し込みはFAX06-6752-0002へ

 以下のチラシをご覧になりお申し込みください。

 

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント