えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

太朗の桜

2010年03月31日 17時33分55秒 | お花
 昨日、韓国語講座の懇親会が行きつけの大阪生野勝山・太朗さんでありました。カニちりでした。

 

 花見の季節になったのに、寒い日が続き夜桜はまだまだ。で、太朗さんに当社の造花・桜を飾りました。他のお客さんから、「ほんもの」、「とってもきれい」と声が挙がり、嬉しい。

 当社の造花・桜はコチラ
 http://nhkf.jp/shohin/f37/f_catalog37_41.html
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

世界チャンピオン・村松文彦氏のフラワーアレンジデモンストレーション

2010年03月30日 17時37分24秒 | お花
 第七回インターフローラ・ワールドカップ優勝者の村松文彦さんのフラワーアレンジメントデモンストレーションが大阪であり、当社員が見てきました。

 インターフローラ・ワールドカップは4年に一度開かれるお花のワールドカップ。日本人の優勝者は村松さんだけです。今回は生花でなく造花を使ってのアレンジメントでした。

 社員によるとアレンジはもちろんその手さばきがすばらしく、写真の5つのアレンジを1時間半で仕上げたのには驚嘆したそうです。

 村松さんのような世界チャンピオンに造花も扱ってもらえると、造花の地位も上がっていくことでしょう。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (2)

北尾一氏受章祝賀会

2010年03月29日 23時05分28秒 | 大阪、生野
 長年にわたり地域福祉に貢献されてきた東中川連合振興町会長の北尾一氏が大阪市民表彰を受章され、その祝賀会が先日ありました。

 生野区赤十字奉仕団連合団長など現職だけで17の役職。青少年指導委員や小学校のPTA会長などお若い時から、数々の世話をなされてきました。その地域への貢献は頭が下がるばかりです。

 祝賀会には地元の東中川をはじめ主に生野区内から250人以上が集まったでしょうか。盛会でした。

 それにしても祝賀の席の余興、河内音頭が流れると、待ってましたとばかりにみなさんが踊りだされました。
 地域がらでんな。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

フラワードリーム2010in 東京ビッグサイト・フラワーサプライショーに出展

2010年03月28日 00時39分56秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 お花の祭典「フラワードリーム2010 in 東京ビッグサイト」が昨年に引き続き今年も7月3、4、5日の3日間開催されます。当社もその中の第2回フローラルサプライショーに出展する予定です。

 フローラルサプライショーにはお花に関する資材メーカーが多数出展し、最新デザインの花材をご紹介するトレードフェア―です。昨年はプロの方だけへの販売でしたが、今年は一般のお客様への販売コーナーも設けられます。 
 フラワードリーム2010ではフローラルサプライショー以外にもフラワーアーチストのチャンピオンを選ぶ「ジャパンカップ2010」やプリザーブドフラワーコンテストも開かれます。

 昨年よりもパワーアップし、お客様により一層楽しんでもらえそうで、当社もそれに合わせ今から企画を練っていきます。こうご期待を。

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

憂いなく励むために

2010年03月27日 23時49分57秒 | 我が家
 来春の就職戦線はたいへん厳しいようです。大学三年の息子も苦戦しています。そんな中、本命の会社のエントリー(出願)が迫っていましたが、履歴書やエントリーシートの中身がまだまだのでき。買い手市場の今年はエントリーの段階(書類審査)で落とされることも多く、本人が一番危機感を持っていました。それで助けを求めてきました。

 「自分の長所」「学生時代に学んだこと」「その企業にあって欲しいもの」等々を毎晩、5日間にわたり繰り返し添削しました。なんとかそこそこまでにはなったでしょう。

 こっちも、大きな商談の準備等で気をもみ出張前で仕事もたいへん詰まっているところでしたが、そこはそれ。
 息子の就職がうまく決まったら、それこそ後顧なく商売に励めます。それを考えればここ数日のストレスは知れたものです。

 父に似て親バカです。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (2)

黒木姉妹 泣かんとよ

2010年03月26日 17時52分08秒 | 出張
 東京出張の定宿で見たテレビの音楽番組、今年1月にデビューした黒木姉妹が「泣かんとよ」を歌っていました。

 九州・宮崎出身の年子の姉妹。「九州♪ オナゴは♪ 泣かんとよ♪」と振りで蹴りを入れながら歌っていました。

 こんなの大好きです。私が出張で回る九州の地名も存分に出ていますし。ブレークを期待します。

 よければご覧ください。
 http://www.youtube.com/watch?v=qSrsvoBkdSk&feature=related


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (2)

没後400年特別展覧会長谷川等伯

2010年03月25日 17時44分15秒 | 芸術
 東京国立博物館で開かれていた長谷川等伯展(毎日新聞など主催)が京都国立博物館に巡回してきます。4月10日から5月9日まで。

 桃山時代に狩野派と対峙した等伯の代表作のほぼ全てを公開します。国宝3点、重文30点。 狩野派との対峙、そして期待の息子を早くに亡くした等伯の流転が、作品をどう変えさせたか、面白いところです。
 等伯が描いた対照的な作品、絢爛豪華ゴージャスのきわみの金碧の「楓図」と「描かずにあらわした」白黒だけの水墨画「松林図」、どちらも国宝を、対比して見られるのは今回限りじゃないでしょうか。

 東京展では平日でも行列ができた人気だったと聞きます。たいへんたのしみです。

 京都展のチケットご入用の方は司元までご連絡ください。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

南京映画祭を観て

2010年03月24日 17時50分58秒 | ドンキホーテ
 南京映画祭を観て来ました。この日は4本の映画上映と監督らによるトークがありました。私はそのうちの3本とトークに参加しました。

 ブログに簡単に取り上げられるような問題ではなく、不勉強な私がやすやすとその感想はかけません。しかしトークの中での言葉、これだけは伝えたいです。

 中国人にとって「南京大虐殺」は日本の侵略戦争のシンボル。日本で言えば広島、長崎。中国の各地で「小南京」「中南京」「大南京」が起きた。

 広島、長崎の被害を言ったり学んだりするのと同時に、加害も言わないといけないし、勉強しないといけません。
コメント

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則を7冊買ってきました

2010年03月23日 17時49分17秒 | マスコミ
 先日の商い繁盛フェスタでのマスコミセミナー「小さなお店こそマスコミに登場して売り上げUP、お店の価値を高めよう」は、40人定員を上回る55人ほどの参加者がありました。講演もまずまずうまくいき、少しはみなさん方のお役に立てたのではと思っています。ただしひとつ失敗をしました。

 講演の最中に拙著「元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」をご紹介し、講演後に販売しますと宣伝しました。その甲斐あって7冊売れました。

 しかし、私は知らなかったのですが、商い繁盛館のある南港ATCビル2階のアミーゴ書店さんが私の講演にあわせて拙著を取り寄せて、セミナー受付の後ろで拙著を販売されていました。セミナーが終わって会場を出てから、セミナーに参加してくれた友人がそのことを教えてくれました。
 商売とはいえ拙著を取り寄せて販売してくださっていたのに、著者の私がその上前をはねた格好になりました。

 申し訳なくて、私が販売しなければアミーゴさんが売っていたであろう7冊分を買おうと、きのうアミーゴさんに伺いました。もしかしたらと思いましたが、案の定、アミーゴさんの書棚には拙著は影も形もありません。仕方なく店員さんに拙著が無いかと尋ねると、一瞬戸惑った後、カウンターの下から送り状までついた小包を出し、それを開けて中から拙著を取り出してくれました。20冊弱はあったでしょうか売れ残ったのを返本しようとされていたところでした。

 著者だと名乗った上、事情をお話し7冊買い求めました。間一髪のところでした。何冊か売れましたかとお尋ねすると、3冊売れたと。あわして10冊、これでこのアミーゴ書店さんにも取次店さんにもほんの少しは儲けてもらったことでしょう。ホッとしました。

 最後に、「できたら1冊ぐらいは置いといてください」と御願いすると、「ハイ」と答えてもらいました。あてにはできませんが、南港にお立ち寄りのご予定があり、拙著が欲しい方は一度アミーゴ書店さんをのぞいてみてください。
 
これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (4)

お彼岸には高野マキ

2010年03月22日 17時09分52秒 | お花
 お彼岸のお墓参りに行ってきました。車で5分歩いても20分ほどのほん近くにお墓があるのに、春秋のお彼岸、お盆、そしてお正月前の年四回ほどしかお参りしません。家族みなでお参りすることもありますが、あまり近いからそれぞれが好きな時に自転車で行ったりとまちまちです。

 この時期、高野山にお墓のあるご近所さんが高野山に参った折に必ず「高野マキ」を買ってきて下さいます。

 今年は妻が彼岸の入りに一人でお花を買って自転車でお参りし、今日、私が車で親を乗せて参りました。その際もらった高野マキもお供えしました。

 息子娘らはまた適当にお参りするでしょう。

これから先は宣伝です

 当社の「造花高野マキ」はこちら

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

110キロの渋滞も38万キロに比べたら

2010年03月21日 21時18分09秒 | サッカー
 昨日は新潟ー群馬ー東京ー大阪ー東京ー静岡ー大阪出張の最終日でした。夕方には関大一高校サッカー部OB総会があり、間に似合うように朝6時45分に東京・浅草のホテルを出ました。

 途中静岡での商談に1.5時間を見込み、うまく行けば3時半ごろには会社に到着、夜6時から吹田の関西大学で開かれるOB会に余裕で出席できると考えていました。最悪遅れても直接、名神吹田から関大に行けば十分間に合うとたかをくくっていました。

 それがなんのなんの。3連休の初日とあって千円高速道路は大渋滞。 厚木30キロ、豊田周辺35キロ、四日市周辺15キロ、吹田20キロなど合計110キロの渋滞に巻き込まれました。開式の6時でまだ名神の大山崎。そして吹田まで20キロ渋滞の表示。この時点でOB会への出席をあきらめました。しかし、行くだけ行けと車を走らすと、そこそこ動きながらの渋滞で、7時前に吹田出口を出て、7時20分ごろに関大に到着、遅れながらもなんとか会に参加できました。

 佐野監督に挨拶をし、他のOBから正月の全国高校サッカー選手権大会で3位に入った関一チームの裏話を聞きました。色んな話がありましたが、ようは選手たちがひたむきに練習に励んだこと。「月まで走れ」です。

 110キロの渋滞も彼らの努力、月までの38万キロに比べたら、ほんまほんま話にもならないことです。そこそこ仕事をして、母校サッカー部OB会にでて、後輩の活躍を楽しめる。幸せやな。

 写真はOB会で配られた記念のタオル。 

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (2)

昨春の東京ギフトショーの目論見がやっと

2010年03月20日 17時51分34秒 | ニューホンコン造花
 昨春、初めて出展した東京インターナショナルギフトショー春では2件の大型案件がありましたが、両案件ともものにはなりませんでした。しかし、そのうちの1件については今年のお盆に向けて継続的な営業を続けていました。そのお客様が先日、わざわざ関東から当社の八尾流通センターにお越しになり今夏のお盆花造花の発注を頂きました。

 昨春のギフトショー出展では東日本の問屋さんを開拓でき、最低限出展経費に見合う売り上げは獲得できました。ただし、出展の本来の目論見「当社のお盆花仏花『真心』『やすらぎ』が西日本の量販さんで売れている。これを東日本の量販さんにも提案したら、東日本でも売れるだろう」は達成できませんでした。

 しかし今回、この関東からのお客様を通じ東日本を中心にした量販さんへの納入が決まりました。二年越しでの命題達成だけに嬉しさも二倍の感です。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

ミス国分

2010年03月19日 17時42分08秒 | サンチョパンサ
 先日の夕食時、母の女学校時代の友人の話になった。とてもきれいな女性で当時「ミス国分」に選ばれたという。

 八尾高等女学校で入学して卒業は新制の大阪府立山本高校で卒業した時分のことだから、本当にそんな「ミス国分」があったのかと勘ぐりながら、「その人何しとったんと」と尋ねると。

 母曰く、
 「ぶどう酒の宣伝とかしとった」

 どうも本当らしい。
 それにしてもそのミス国分って、いつまで続いていたんやろう。
 少なくともネットで調べても影も形もありません。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント

百済野の歴史

2010年03月18日 17時33分04秒 | フォーラム・アイ
 大阪商工会議所東成生野支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の三月例会が先日あり、郷土史家の足代健二郎さんが「百済野」の歴史を解説しました。写真はFI会員の高仁鳳さんのホームページから拝借。

足代さんのお話は多岐に渡りました。
*昨年、御幸森天神宮に王仁博士の「難波津の歌」の歌碑ができたが、和文、万葉仮名、ハングル文字の3つの言葉で書かれているのが重要。
*百済野と呼ばれる地域は今の生野西部、東住吉の大半、天王寺の細工谷辺り。朝鮮半島で百済が滅亡した時に亡命してきた百済の王族が住んだところ。細工谷周辺に百済寺、百済尼寺があったと思われる。
*1889年の市町村制が引かれるまでは百済は別名で呼ばれていた。町村合併の際に昔のいわれ(百済の王族が住んでいた)を地名につけた。それが駅名として残っている。
*1909年百済駅できた
 1949年百済駅廃止
 1989年東部市場駅開業
 2009年王仁博士歌碑建立
 とちょうど20年、40年単位で百済に関わる出来事が起きている。
*1910年の日韓併合前の1909年に百済駅ができたのは、元は日本も朝鮮も同じという日鮮同祖を強調する意味があったのでは
*折口信夫は百済野を愛し、たくさんの歌を作った。

二次会でも足代さんから
*1889年にそれまでの地名を変えて「百済」という地名をつけたのには
 その当時、朝鮮に敬意を抱いていたという風潮もあったのではないか。
 という風な面白いお話が聞けました。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (2)

群馬・板倉町 季楽里のそば湯は絶品

2010年03月17日 17時34分36秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 昨日、群馬から東京へ入る予定が茨城経由になりました。その途中の群馬・板倉町農産物直売所季楽里の食堂で食べたもりそば。

 国産そば粉を使った手打ち。そばはもちろん昆布とかつおでとっただしから何まで自家製で、化学調味料を一切使っていないと言います。

 そばはかため、シコシコしてます。食べ終わった後のだしと湯がき湯でいただくそば湯はたいへんおいしい。そば屋さんでそば湯が出てくるとだいたい味見をするのですが、なにかちょっとくせのある味がする時があります。ここはそんなのが全くありません。化学調味料が一切入っていないためでしょうか。

 そばも最近食べた中では一番おいしかったですが、そば湯はこれまでで一番おいしかった。

 480円。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

 (有)ニューホンコン造花
 営業本部 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187
 ホームページ http://nhkf.jp
 E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中  
コメント (2)