えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

ワカメスープと東京タワー

2008年03月31日 20時53分06秒 | 本・セミナー
 友人の薦めで「お母さんのワカメスープ」(コ・へジョン著、みんしる訳)を読みました。

 著者が母を語るエッセーで韓国のベストセラーです。ストーリーは数年前に日本でベストセラーになった「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(リリー・フランキー著)とそっくりです。東京タワーは息子が母を語りますが、こちらは娘が母を語っています。

 田舎での貧しい暮らし。
 父は裕福な家系出身。母は貧乏な家庭育ち。
 ワカメスープは作家、東京タワーは美術家を目指して、それぞれ首都ソウル、東京の大学へと進みます。
 いずれもマスコミ関係の仕事につきます。
 ワカメスープの母はソウルに住むことさえしませんが、頻繁に娘の自宅を訪れて世話を焼きます。東京タワーは親子一緒に暮らし世話を焼きます。
 マスコミ関係者に母親手作りの料理を振舞うのも同じです。
 母が姉や妹ととっても仲良く、世話をしたりされたりしています。
 そして、母親にもっと大事に接してあげればよかったと嘆くのも同じです。

 ストーリーはほんとにそっくりです。但し、描き方は大きく違っています。東京タワーに比べ、ワカメスープはなまぐさい。東京タワーが家族の愛憎を慕情に描いているなら、こちらは直球です。

 東京タワーを読んだ時、私はその中味に物足りなさを感じていました。それがなぜかよく分かりませんでしたが、ワカメスープを読んで分かりました。描き方があまりにもきれいすぎるのです。リリーさんは母や家族を言わばオブラートで包んで書かれたんじゃないでしょうか。
 半面、コ・へジョンさんのワカメスープは、お構い無しの描写です。よくここまで書けたと天晴れです。ただ、作品に物足りなさは感じないのですが、今度は私には満腹すぎました。

 この作品の違いは男女の差からなのか、日韓の文化の差なのか、どうなんでしょう。もちろん作者の個人的な違いが多分に反映されているのでしょうが。いずれにしても読み応えのある作品です。特に東京タワーを比べて読むと面白い。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

お国も間違う

2008年03月30日 00時03分30秒 | ドンキホーテ
 3月26日付毎日新聞朝刊の「記者の目」で、大阪編集局の湯谷茂樹記者が渾身の記事を載せています。「君が代 不起立で処分される教師」。

 卒業式での「君が代」斉唱時の不起立を理由に東京都立校から追われようとしている一人の女性教師に焦点を当てた記事です。

 この教師は、不起立の理由を
 「『自分の頭で考えて、おかしいと思ったらやらない、正しいと思うことだったら一人でも行動すべきだ』と生徒達に語ってきた自分の教育に反してしまうから」と話しています。
 湯谷記者はその行動を、
 「自らの良心に従って不起立を貫いてきた。周囲をうかがい迎合するのではなく、勇気を持って行動する大切さを教えている」と評価し、「この静かな不服従に東京都教委が免職や停職処分で望むのは適切な教育行政なのだろうか」と疑問を呈しています。

 記事の最後には、
 「多くの命が奪われたアジア太平洋戦争から、『お国』も間違うことを学んだ。『お国』の象徴の国旗、国歌へは国民それぞれの思いがある。『良心に基づく不服従』への処分は日本社会のありようが問われている」と主張しています。

 ここまでよく書けたと思います。Y紙やS紙では到底無理でしょう。A紙であってもまた別な理由で書けないかもしれません。毎日新聞の編集幹部の中にもこの湯谷記者の主張に反論を唱える方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
 それでも、毎日新聞には湯谷記者の主張が堂々と載りました。東京都教委には無くなってしまった「自分の良心に従って行動する自由」がさすがに健在なようです。 
コメント (5)

入れてしまったけれど6億ジンバブエに比べれば

2008年03月29日 21時47分52秒 | ドンキホーテ
 明日明後日と遠出の予定はないのに、今日帰宅途中のガソリンスタンドでワゴン車にガソリンを現金で満タン入れてしまいました。30リットルほど入りました。
 しあさっての4月1日から揮発油税が半分になりガソリンが25円安くなる。それなのにそれなのにです。給油してから気づきました。30リットルX25円=750円の大損です。

 家に帰り毎日新聞夕刊を開くとアフリカ・ジンバブエ共和国の記事が載っていました。年率10万パーセントと言われるインフレで、ガソリンは1月に1リットル1億8千万ジンバブエが今、6億ジンバブエに上がったそうです。
 ジンバブエ(正式にはジンバブエドル)は同国の通貨で、今相場は1円=約40万ジンバブエ。単純に換算すると1リットル1500円程度でしょうか。
 
 ちなみに卵一個500万ジンバブエ。食パン一斤1500万ジンバブエ。首都ハラレのレストランで市民が払った二人分の食事代金は例えば9億5千8百万ジンバブエ。

 記事は続けます。白人農家に対する強制土地収用に端を発する農業の崩壊、英国による経済制裁、金融政策の失敗などによるインフレ。市民には不満が渦巻くが、独裁体制を敷くロバート・ムガベ大統領を恐れ、今日29日の大統領選でも口をつぐんでいる。

それに比べれば1リットル25円の差なんてまったく気にならない。幸せな話しです。


 写真はジンバブエ共和国の国旗
 
コメント

3時間のセミナーでひと区切り

2008年03月28日 22時04分13秒 | マスコミ
 きのう、自分ブランドプロデューサー立石剛さん主催の「自分ブランド実践塾」で「小さな会社 マスコミデビューの法則」のお話しをさせていただきました。

 セミナーは昨年11月に、大阪市信用金庫様の若手経営者セミナー以来4ヶ月ぶりです。そして、今回初めて3時間もの長丁場。途中、グループワークを入れたりもしたのですが、造花問屋社長には長すぎました。最後は声がかれてきました。

 ちなみに、前回の東京出張の往復の車の中で、これまでのセミナーテープを聴いたり、そらんじたりの練習をしたのは言うまでもありません。

 これで、もうセミナーの予定は入っていません。本業が忙しくなってくる時期です。より力を入れましょう。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (4)

米バイテク産業3兆5千億円の売り上げ

2008年03月27日 23時55分20秒 | ドンキホーテ
 先日の毎日新聞書評欄に「サイエンスビジネスの挑戦」(中村桂子評)が載っていました。

 それによると、
「アメリカでバイオテクノロジーの言葉が生まれ30年。バイテク上場企業の売上高は90年ごろから上昇し、今や350億ドル(約3兆5千億円)になっている」。

 ここまでだと、アメリカのバイテクは成長産業で、将来に期待の持てる夢の産業のように聞こえます。しかしそのあと筆者は、
「ただし利益がみられるのは3社のみで、これだけ長く利益を上げない産業はない」
 と続ける。

 ここで、ようやく、バイテク産業の困難さがさらけ出され、筆者はその解決策を提示していく。

 しかし世の中、筆者のようなまっとうな態度でなく、前段の「3兆5千億円」だけを誇示して、後段の「利益は出ていない」を言わない輩が多い。前段だけを聞いた人は損失の危険もはらむバイテク産業の問題点を知らないまま投資をするかもしれない。

 私にすれば、こんなやり方は騙しに等しい。
 「嘘をつかずに人は騙せる」になるのだが、どうもそれが世の中でよく通っているようだ。

 「おいしい話、話のうまい人には気をつろ」は平穏に生きるための鉄則である。


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

10円玉がチャリンチャリンと貯まるよう

2008年03月26日 23時21分23秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 インターネットの無料電話スカイプが好調です。テレビ電話のように動画も送れますので、商品についてのより詳しいやり取りが本社ー流通センター間で可能になりました。

 それよりもなにより、電話代がかからないので、掛ける度に「10円玉がチャリンチャリンと落ちて、貯っていくよう」な気分になります。
 もちろん、本当は貯まっているのではなく、無料なだけなのですが、実際に電話回線で掛けていたらその都度、チャリンチャリンと電話代を支払っている訳ですから、その分が貯まっていくような気になるのも当然かもしれません。

 で、電話を掛けるのが嬉しくて、今までより流通センターに頻繁に電話するようになりました。これは当社の社員にとってはたいへん迷惑かもしれませんが、そのうち、また元に戻るでしょう。

 「何もせずに、お金がチャリンチャリンと貯まっていくような事業」も世の中にはあるでしょう。そんな方の気分を疑似体験したような気持になります。

 スカイプ・ホームページ(下の写真)のような楽しい会話はまだ楽しんではいませんが。

 

 (スカイプ・ホームページより)


造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

 
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (4)

化粧

2008年03月25日 23時21分18秒 | 我が家
 化粧している妻に、
 「化(ば)けてんのんか」

 妻、
 「粧(よそお)ってんねん」

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

ベンジャミンの人工観葉樹

2008年03月24日 23時40分17秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 大阪・北摂地域の高校の食堂リニューアル工事にともなう、人工観葉樹設置のお仕事をお受けしました。

 当社は完成品より素材のご提供が本来の仕事ですが、お客様からのたってのご希望で、人工観葉樹「ベンジャミン」を20鉢(写真)、造花グリーンを施した吊り下げプランター12鉢を製作しました。 

 社員と二人で左官仕事。セメント、砂合わせて約400キロを練って、人工観葉樹木を鉢に埋め込みました。思ったより手間取ってプランターの形取りはその日に出来ませんでした。
 
 翌日、私もその社員も腰、膝、お尻の筋肉痛。日頃の運動不足がたたったようです。 

 苦労した甲斐があって、重量感もあり、我ながらそこそこの出来栄えです。人工観葉樹のご要望がありましたら、ぜひとも(有)ニューホンコン造花へ。  

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

以上、広告記事
コメント

アメリカンビューティー色のブーゲンビリアブートニア

2008年03月23日 23時25分59秒 | お花
 東京出張中、お得意様に日本橋・三越百貨店本店で華道家・假屋崎省吾さんの世界展が開かれていると教えてもらい、見てきました。

 そのお得意様によると、假屋崎さんは「花束などお花を持っていたり身に着けている男性は入場料はいりません」とテレビでPRしていたそうです。
 これは1000円助かると、仕事で携行していたアメリカンビューティー(エンジ)色のブーゲンビリアの一枝をブートニア(男性が胸元につけるコサージュ)に見立てて、会場に行きました。

 自分でその番組を見たわけでもなく、入場入り口の若い女性に恐る恐る、
 「あの、お花を身に付けている男性は無料で入れると聞いたんですが、これでもいいのでしょうか」
 と、コートで隠れている背広の襟のボタンホールに挿したブーゲンビリアをチラッと示して尋ねました。
 一瞬怪訝な顔をされたのですが、そのブーゲンビリアを見るや否や、にっこり笑顔で、「ハイどうぞ」と言ってもらえました。

 それにしても、お花を身に付けている方は入場無料とユーモアたっぷりな假屋崎さんのセンスに比べ、ブートニアを胸元に着けるのを恥ずかしがっているようじゃ、花屋(造花屋)の社長は務まりませんね。

 ところで、假屋崎省吾さんの世界展、素晴らしい。お花を大胆に使う構図、色彩の妙は凄い。マスコミに頻繁に取り上げられる理由が分かりました。

 場外には著名人からのお祝いの花スタンドがたくさん。假屋崎さんへのお祝いだけに、それぞれのお花屋さんも気を引き締めて作られたのでしょう。カラーリリーとモンステーラだけのスタンド(写真)、真っ赤なアマリリスと大きなカサブランカリリーを配したのなど、これらを見るだけでも勉強になります。

 

 先ほど帰宅しました。出張中、更新もしないのにえびす顔の造花問屋社長からの手紙をご覧頂いたファンの皆さん、ありがとうございます。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

秋野不矩展(京都国立近代美術館)

2008年03月16日 09時08分14秒 | 芸術
 「生誕100年記念 秋野不矩展」(毎日新聞など主催)が4月8日から京都国立近代美術館(岡崎公園内)で開かれます。

 秋野不矩(ふく)は文化勲章受賞の女性日本画家。54歳でインドのタゴール国際大学へ客員教授として1年間滞在。それ以降、93歳で亡くなられるまで大半の時をインドをテーマに描き続けたと言います。

 静岡県立美術館の解説は、
 「インドに取材した一連の作品には、旅行者としての漂泊性や日本画特有の感傷性が払拭され、あふれるばかりの力強い筆致と鮮やかな彩色による重厚な画面が展開している」(ホームページから抜粋)
 と評しています。

 日本女性が「日本画特有の感傷性が払拭された力強い筆致」で描いた「日本画のインド」とはどんなものなんでしょうか、とても楽しみです。

 司元をご存知の方で前売り券(1000円、当日1200円)をご希望の方はご連絡下さい。
 5月11日まで。

 今日から東京出張です。しばらくえびす顔の造花問屋社長からの手紙を休みます。


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

民族自決は侵すことの出来ない固有の権利

2008年03月15日 22時08分11秒 | ドンキホーテ
 チベット・ラサで騒乱が起きています。中国・新華社でさえ10人以上が死亡と報じています。死者80人の情報も入っています。

 まだ情報が錯綜し、「亡くなったのは漢族の方」との話しもあります。しかしながら、チベット民族の方々が民族自決権を十分享受できていない事実は曲げようがないでしょう。

 「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」と宣言する憲法を持つ国の住民として、声高らかに「ええかっこ」を宣言するだけではあまりにもむなしい。
 ましてや、アイヌ民族や在日韓国朝鮮人の方々ら「言わゆる日本民族」でない方々の人権をどこまで尊重しているかと問われた時に、無垢であると言い切れない状況の中で、独立国家を持っていようがいまいがそれぞれの民族に与えられた人権「民族自決権」を侵害されている他国の方々のために何ができるのでしょうか。

 まずは中国政府に自制を求めます。これ以上の死者は決して出さないでください。

 不正義に反対の声を挙げないこと自体、その不正義を肯定し加担さえしていると、私は考えています。少なくとも抗議の声だけでも挙げたい。死者までも出ている緊迫した状況です、なにを悠長なといわれるかもしれませんが、もう少し状況を見極めてから、さらなる声を挙げようと思います。
 不正義に加担しないために。それは自分自身の免罪符を取りたいためであるかもしれないのですが。 

 温かくて幸せな生野の部屋から。
コメント

流行のオノマトペ

2008年03月14日 17時39分20秒 | 本・セミナー
 オノマトペが流行っているらしい。
 「オノマトペ」とは「アッー」とか「ギャー」とかの擬音語や「そわそわ」とか「キャピキャピ」などの擬態語のことです。
 
 先日の毎日新聞の書評欄に「日本語オノマトペ辞典」(小野正弘編)が載っていました。その評によると世界でも、これほどオノマトペが豊富で発達し、会話の中で重要な部分を占めているのは日本語だけだそうです。
 そのオノマトペが日本の漫画やアニメの海外進出に伴って、世界的に注目を浴びてきているといいます。

 また、芥川賞受賞作「乳と卵」(川上未映子著)を載せた同日の日経新聞の書評欄でも、「独特のオノマトペが滑車のように働いて形而上と形而下を滑らかに往復できる精巧なからくりのような文書を成立させている」(要約)との言い回しで、オノマトペを取り上げています。
 つまりは「オノマトペ」が現実とメルヘンがあい混じった川上さんの文章を矛盾無く読ませるのに功を奏している、と言うことでしょうか。

 三島由紀夫はその「文章読本」で、オノマトペを「みだりに使うな」とやや否定的に捉えていました。その三島と交友のあった石原慎太郎は、オノマトペが散りばめられた「乳と卵」をけなしています。

 奇妙な符合、いや絶妙の符合でしょうか。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

就活中のおいっこには祖母の蟹

2008年03月13日 22時00分21秒 | 我が家
 就職活動真っ只中の大学三年の甥が、「中小企業」のことを聞きたいと、先ほど訪ねてきました。

 商社か銀行が志望で、「世界に通用する技術を持っているのにうまくいかない中小企業の役に立ちたい。商社に入ったらその技術を必用とする会社との間を取り持ちたい。銀行ならその技術を発展させるための資金面の協力をしたい」、
 ええこと言います。

 「社会をよりよくするため」に新聞記者になろうとしていた25年前の大志を思い出しました。

 さすが司元のおいっこです。

 ところで、孫がわざわざ訪ねてくるのがとっても嬉しい司元の母、夕方用事があったのに早めに切り上げて急いで帰ってきました。下宿生活の孫のために夕食は豪勢に「カニチリ」。出来上がったカニを次々と孫のさらに取ってあげていました。
 
 
 写真はおいっこが手土産に持ってきたケーキ。
 この辺の気のつきようも、さすが司元のおいっこです。
 もちろん、私が学生の時はこんな気遣いは到底出来ませんでしたが。

 最初は我が家の家族分6個ありありましたが、娘が直ぐに食べてしまい5個になりました。
 こちらもさすが司元の娘です。

 しあわせや。


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

昼食三題

2008年03月12日 20時01分10秒 | 幸せ
 最近の昼食三題を。



 先週の金曜日、母校の大学の系列の高校にニューホンコン造花の人工観葉樹を納入することになり、その打ち合わせに母校に行ってきました。その際、久しぶりに大学生協でランチを取りました。
 かしわの竜田揚げにハンバーグ、ご飯も多めでボリューム満点。何とか食べきりました。学生の頃だと、これに加えて焼きそばぐらい食べていたかもしれません。440円でした。




 翌日の土曜日、妻と娘が一緒に作ったサンドイッチ。味はもちろん、「パン具パン、パン具パン」の並びです。決して「パン具パン具パン」ではありません。




 そして日曜日。土曜日に京都の叔父叔母が、九州から航空便で送らせた鯖を使ったきずし6枚(鯖3匹分)を持ってきてくれました。4枚はそのままおいしく頂いたのですが、残り二枚を妻がバッテラにしました。これもまた格別です。

 「あー幸せな週末ランチ」でした。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

えびす顔の造花問屋社長からの手紙

2008年03月11日 18時55分42秒 | ドンキホーテ
 「水呑地蔵日記」、「憂い顔の商人」と名称を変えてきました当ブログを、今日から「えびす顔の造花問屋社長からの手紙」に再度改めます。

 「水呑地蔵日記」から、「憂い顔の騎士」が愛称で「生きることは愚行を重ねること」と言うドンキホーテにあやかって「憂い顔の商人」に変更しましたが、今時、「憂い顔」を気取っても仕方が無い、そんな気になってきました。

 時にはえびす顔でいられないことがあっても、タイトルぐらいは元気よく「えびす顔」でいよう。

 「商人」から「造花問屋社長」に変えたのは、私の本業、造花輸入卸売業のPRです。造花での検索上位を目指しています。

 「社長からの手紙」の部分は以前勤めていました毎日新聞の地方版に掲載されています「支局長からの手紙」からの流用です。

 そしてそして、「えびす顔」に変えたのは、「司元さんには憂い顔よりえびす顔が似合います」との沢太朗さんからのアドバイスが一番の理由です。

 「水呑地蔵日記」、「憂い顔の商人」に引き続き、「えびす顔の造花問屋社長からの手紙」を今後ともよろしくお願いします。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント