えびす顔の造花卸売り問屋元社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売問屋ニューホンコン造花提供

映画「スープとイデオロギー」

2022年06月29日 10時46分18秒 | お花
 みなさん こんにちは

 日本の敗戦後、独立を果たした朝鮮・済州島(チェジュド)で起きた民衆蜂起に伴う島民虐殺「済州島4.3事件」を、その現場にいた在日一世オモニと家族とのかかわりを通じて描いていきます。

 そのオモニは監督のヤンヨンヒさんの母親で、チェジュドをルーツにする在日コリアンが多く住む大阪生野で暮らしています。物語は在日独特の親子の会話から始まります。ヤンさんの父は娘の結婚相手は朝鮮人に限ると話し、いくばくかの反論をするヤンさん。そこにはお互いへの気遣いも見られます。そして父亡きあと、ヤンさんは実家に日本人婚約者を連れ帰ります。母親はその彼を参鶏湯(サンゲタン=鶏スープ)で歓待します。
 40年も昔私や姉妹が結婚する前、私の父母(故人)も「結婚するなら日本人」と言いました。反論する私。

 両親は、ヤンさんの兄である息子3人を帰国事業で北朝鮮へ送り出し、仕送りを続けます。ヤンさんはそんな両親へ憤りを感じます。4.3事件の体験を母から聴かされたヤンさん。最後には夫とともに母を済州島で開かれた済州4.3事件追悼式典に連れていきます。痴呆症が進む母に娘は・・・

 この最後の場面で、映画館の隅々からすすり泣く声が聞こえました。在日コリアン、特にチェジュド出身の方には胸に詰まる思いがこみ上げてくるのでしょう。果たして私、そこまでの感情は沸いてきません。

 4.3事件は日本の朝鮮半島支配の後の敗戦によってもたらされた事件です。犠牲者は27000人に及びます。いわゆる日本人は少なくともこの事件を知り、この映画で落涙する方々への共感を持っていて欲しい。

 その映画館で、4.3事件犠牲者の追悼と真相の解明を続けている「在日本済州43事件犠牲者遺族会会長」の呉光現さんとお会いできました。呉さんは、それこそ4.3事件を体験したお姉さんを同伴されていました。記念撮影をしてもらいました。私が手にしているのはその呉さんの4.3事件に係る講演記録。

 スープとイデオロギーの上映案内は以下のウエッブサイトをご覧ください。

 
 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

つるのはしマルシェを凌駕する韓流ブーム

2022年06月28日 14時46分18秒 | 大阪、生野
 みなさん こんにちは

 おとといの日曜日、大阪生野・鶴橋本通商店街で定期的に開催されている「つるのはしマルシェ」に寄りました。オーガニック商品が売られたり、子供向けの屋台があったり、はたまた紙芝居、地元バンドの演奏、腹話術など、人を寄せるイベントが同商店街の南端で軒を並べ、ちょっとした縁日です。

 ちょうど私も参加する在日コリアン高齢者の福祉を支援しているグループ・モヨラのメンバーらがフォークギターや朝鮮の太鼓チャングで日本の歌謡曲や朝鮮半島の民謡を演奏しているところでした。生野ならではのクロスオーバーなバンドです。とっても素朴ながら、胸に迫ってきます。
 
 このマルシェ、実は5年ほど前に空き店舗が目立つようになった同商店街を活性化しようと地元の方々が中心になり始まりました。当初は本当に人通りが少なく、休日など多くの店が閉じ暗い雰囲気でした。それがこの1、2年で様変わり、鶴橋駅から韓流でにぎわうコリアタウンに向かう道沿いで人通りが増え、それと同時に韓流商品を売るお店や食堂が開店。人通りの絶えない通りになってきました。空き店舗もどんどん減ってきています。
 
 空き店舗や休日に休んでいるお店の前で始まったマルシェ。店舗が再開したりで、屋台を開く場所が減ってきていると。韓流ブームで活動場所を狭められるとは思いもよらなかったでしょう。ただマルシェは商店街を活性化させるのが目的、そうなりつつあることはうれしいことなのでしょうね。

 今年はこの後9月25日、10月23日、11月27日の三回、同商店街南端で開催されます。ぜひお立ち寄りください。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「教科書と南京」大阪で7/23開催

2022年06月27日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 南京大虐殺の歴史的事実を次代に引き継ぐ活動を続けている南京の記憶をつなぐ会が7月23日に大阪でドキュメンタリー映画上映と講演・トーク「教科書と南京」を開きます。
 大阪市の小学校教員で「子どもたちに渡すなあぶない教科書大阪の会」の伊賀正弘さんが、あの戦争での日本の加害行為が教科書でどのように扱われてきたかを、特に「南京大虐殺」の記述を巡ってその変遷を紐解きます。そして教科書での歴史認識をどう深めていけばよいかを現場教員の立場から話します。
 映画は南京大虐殺の被害者、加害者への調査だけでなく被害者への心のケアも続けている銘心会南京代表の松岡環さんが制作した25分間の映像を上映。被害者の証言と加害者の証言を合わせることで、何が真実かを突き止めていきます。

 ロシアのウクライナ侵略ではフェイクニュースが飛び交い、より混迷を深めています。それは「あった加害事実を無しとする」動きに常にさらされている南京大虐殺の状況ともかぶります。はたまたあの戦争での日本軍のアジア侵略とも重なるんじゃないでしょうか。
 今年は日中国交正常化50年です。我々が日中間の正しい歴史認識を持つことで、より良い日中関係が築かれます。
 あの戦争や南京大虐殺にあまり関心がない方も、ぜひお越しください。正しい歴史認識を持つことは日本の、アジアの、世界の平和へとつながっていきます。
 
 「教科書と南京 消すことのできない南京大虐殺の真実」
 日時 7月23日(土)14時から16時半(13時半開場)
 場所 エルおおさか南館5階ホール(地下鉄天満橋西徒歩5分)
 内容 講演「消すことのできない南京大虐殺の真実」 伊賀正浩
    ドキュメンタリー映像と戦時資料 
    「歴史修正主義のフェイクとわたしたちのトゥルー」(25分)
    解説 松岡環
 資料代 1000円(学生500円)
 主催 南京の記憶をつなぐ2022(090-8125-1757)

 

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「毎日新聞えらぼーと」で確かめて参院選挙へ行こう

2022年06月26日 14時26分18秒 | お花
 みなさん こんにちは

 参議院選挙が始まりました。毎日新聞は国政選挙のたびに、簡単な質問に答えるだけで自らの考え方や主義がどの政党、どの候補者に近いかを数字で表してくれるボートマッチをウエッブ上で開催しています。今回の参院選でも「毎日新聞ボートマッチ えらぼーと 2022参院選 (mainichi.jp)」を開設。安全保障や景気、外交、憲法改正、社会問題なと25の質問に答えると、自らの主義主張がどの政党、候補者に近いかがパーセントで出てきます。

 私は選挙のたびに利用しています。あくまでも目安ですが、投票する際にとても参考になります。ぜひみなさんもお試しください。
 毎日ボートマッチえらぼーとで思いの政党、候補者を確かめて選挙に行こう!

 以下ウエッブサイトから参加できます。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カジノ住民投票署名生野の無効票を無駄にさせない

2022年06月25日 14時46分18秒 | お花
 みなさん こんにちは

 おとといの木曜日に、大阪にばくち場(カジノ)を作るかどうかの住民投票署名の縦覧が行われている生野区選挙管理委員会を、生野区の受任者のAさんHさんらと訪ね、署名の閲覧をしてきました。生野区では2734筆の署名を提出、選管の審査で547筆が無効になり、有効は2187筆でした。法定数は約1700筆ですので、法定数を十分超えました。よかった。

 ただ、ほぼちょうど2割に当たるとても多くが無効になっています。無効の内訳は、選挙人名簿に不記載355、受任者自体の資格無し80、重複69、住所氏名の判読不明など30、署名期間外6、代筆4でした。
 一番多い選挙人名簿に不記載の異常な多さは、生野ならではの事情です。生野には在日韓国朝鮮人をはじめとした外国籍の方が2割ほど住んでいらっしゃいます。その方々からも多く署名をいただきました。無効になることを知らずに署名された方もいらっしゃいますが、あえて自らの意思表示として署名された方も。この無効票を決して無駄にしてはいけません。在日の方々が普通に住民投票にまた選挙に参加できるよう、選挙権を持つ我々が取り組まないといけません。

 閲覧は受任者であればいつでもできます。しかし区選管と事前に打ち合わせて、参議院選挙公示日以降にしました。選挙公示前は選管もとても忙しいからです。3人で行くともお伝えしておきました。すると事前に430冊の署名簿を1から順に並べて3つの山に分けてくれていました。一筆一筆の無効になった理由もこちらの求めに応じて丁寧に説明をしてもらいました。結果、署名者の意志をできる限り尊重する姿勢で有効と無効の仕分けをしてもらっていました。おかしなところは一つもありませんでした。

 各地の選管でも署名の閲覧をされていることでしょう。生野区の特殊事情でこの結果です。府全体では法定数を十分超えることでしょう。これからの取り組みが大事になります。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「アメリカを血肉に」

2022年06月24日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 「アメリカを血肉としていくってことを(沖縄の)ロックとかヒップポップとかではやってきた。」

 沖縄の本土復帰50年に合わせたNHKスペシャル「OKINAWA ジャニーオブソウル」が先月22日に放送されました。沖縄発のヒット曲をたどり、その源泉をアーティストの証言で綴りました。冒頭はラッパーのAwichさんが番組で語った言葉です。彼女は続けます。

 「ウチナンチュウの根底にある強さというか、したたかさなんですよ。ただ逆境を自分たちの力に変えるという根本がそこにある。米軍のごみでも何でも拾って、自分たちの生活の糧にしていく。誇りはないじゃないかと言われるかもしれないけれど。生き抜くみたいな。そこが一番大事でしょ、と言うことなんじゃないかな」

 きのうはあの戦争で住民の四人に一人がなくなった沖縄の戦没者を追悼する沖縄慰霊の日でした。沖縄は戦後27年にわたってアメリカの占領統治が続き自治は制限され、米軍基地のために多くの土地が強制接収されました。本土復帰後もいまだに日本全土の0.6%にすぎない沖縄県に在日米軍基地の75%が集中 していて、米兵による事件事故、米軍ヘリコプターの墜落など多くの問題を残しています。沖縄に真の意味での戦後が来るのはいつになるのでしょう。

 本土に安穏と暮らす私にできること。まずは沖縄に行かなくっちゃ。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「笑」うで笑う

2022年06月23日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 みなさん こんにちは

 ニューホンコン造花の社長を退任したのを機に、先々月からお客様にお礼のご挨拶に伺っています。その中の大阪・富田林のお客様は絵画教室やピアノ教室も開いています。冒頭写真はそのお客様の息子さんの習字です。思わず『笑』ってしまいます。
 下もその息子さんの作品です。「一歩前進」と書いたらバランスが悪く、もう一本を足したと。それなら「三歩前進」もと書き進めて。素晴らしい。

 

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

町会役員扱い

2022年06月22日 14時46分18秒 | 大阪、生野
 みなさん こんにちは

 大阪生野新今里一北町会で、5年ほど前まで9年間にわたって民生委員をしていました。しかしその頃は仕事がとても忙しく、自ら辞しました。民生委員は町会の行事にも参加するようになっていて、その当時から月一回の今里新地公園の清掃と夜警にも参加していました。
 民生委員を辞めてからは町会の役はついていません。ただ町会は相互扶助だと思っているので、自分にできることは協力したいと思っています。そして助けてもらえる時はお願いしようと。
 それで月一回の公園の掃除夜警などの活動は都合がつく限り参加しています。そんなことからでしょう。町会長から町会役員や班長さんだけへの案内が私にも毎回届きます。役員扱いしてくれているようです。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中村哲先生への敬慕

2022年06月21日 14時46分18秒 | お花
 みなさん こんにちは

 アフガニスタン、パキスタンで医療、農業支援を続けているペシャワール会から二月ほど前に会報No.151が届きました。今回は記念号でその活動を進めた故中村哲医師の思い出や活動の様子が特集されていました。現地、日本を問わず中村医師への「敬慕」がにじんでいます。
 中村医師の「アジアの片隅で行われた私たちの小さな努力が、いかなる既成の立場も先入観も超え、共生と融和の新しい時代の流れを切り開く、一つの捨て石となることを祈ります」との言葉には圧倒されます。

 こちらも少し前、NHKが中村医師を特集しました。その中で、中村医師と長年活動に携わってきた看護師の藤田千代子さんが、
 「先生は汚い言葉を浴びせられたり、石を投げられたり。車をひっくり返されたりもした。これだけやっているのに、『もうやめられたらどうですか』と何度も言った。しかし先生は、どうしてそうなったのか深く自らを振り返って考えていた」

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

嬉しい夜警の誤算

2022年06月20日 14時46分18秒 | 大阪、生野
 みなさん こんにちは

 先日の大阪生野新今里一北町会の夜警は、気候が良かったせいもあってか15人も参加しました。10人そろえばまずまずですので、『大盛況』です。30分ほど町内を見回って集合場所に戻ると、ペットボトルのお茶一本もらえます。ただこの日は係りの方が、13本しか用意しておらず2本足りません。結局防犯部長と婦人部長の手には渡らず。後でもらえたんでしょうか。うれしい誤算です。

 夜警は毎月第二月曜日夜8時からです。集合は一南町会さんと同じで、新今里1丁目15 の天理教敷宇分教会前です。前述しましたようにお茶一本プレゼントもあります。ぜひご参加をお願いします。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大阪府の君が代斉唱不起立再任用拒否違法

2022年06月19日 10時18分46秒 | お花
 みなさん こんにちは

 今日19日付の毎日新聞によると、最高裁は君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に府立高校教諭の再任用を拒否した大阪府の対応を違法とし約315万円の支払いを命じた大阪高裁判決を支持、高裁判決が確定しました。判決では、「不採用は合理性や相当性を著しく欠き、裁量権の逸脱に当たる」と指摘。至極まっとうな判断です。

 また、朝日新聞は社説(ウエッブサイト)で、今回の判決を、
 「  大阪府には、君が代を起立して斉唱しない教職員に厳しい姿勢で臨んできた歴史があり、今回の再任用拒否もその延長線上にあるのは明らかだ。だが、君が代や日の丸にどう向き合うかは、個人の歴史観や世界観にかかわる微妙な問題である。最高裁はこれまでの君が代訴訟で、起立斉唱の職務命令自体は合憲としつつ、「思想・良心の自由の間接的な制約となる面がある」と述べ、命令に従わないからといって過重な処分をすることを戒めている。教育行政に携わる者、とりわけ大阪府の関係者には、司法が説くところを正しく理解し、業務にあたることが求められる。」
 と、判決にそう大阪府の対応を促しています。

 君が代は日本の国歌です。しかしその歌詞には歴史的、思想的な内容、個人の信条にかかわる内容が含まれています。思想信条の自由を保障した日本国憲法の下、その斉唱を強制させる権利は大阪府にはありません。大阪府にこの判決を真摯に受け止めた対応を求めます。

 以下から朝日新聞社説がご覧いただけます。
 
 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の福島ひまわり、牽牛子朝顔

2022年06月18日 14時46分18秒 | お花
 みなさん こんにちは

 我が家のベランダに育つ福島ひまわりと牽牛子朝顔の今朝の様子です。1本はすくっとたち今まさに黄色い花を開こうとしています。しかし手前の3本は葉が枯れ茎もヘアピンのように曲がり首を垂れています。

 実は6月初めの約一週間、私が九州出張に、妻が川崎の娘宅に出かけ5日間にわたって水やりができませんでした。可哀そうに手前の3本はほぼ枯れてしまいました。しかし、それでも何とか黄色い花をつけています。

 

 まだ生きているようです。このまま水やりを続け、種がで来て欲しい。

 そして牽牛子朝顔。一週間前から直径8センチほどのを毎日数輪咲かせています。それにしてもつぼみ(左側)の時は赤紫なのに、開くと青紫に変わります。どうしてなんでしょうね。

 

 さらに、もうここ10年以上も自生している我が家の朝顔。昨秋ベランダの塗装工事で種がなる前後に茎を切ってしまいました。それでも一つだけ目を出し葉を広げています。

 

 ぜひとも成長してもらって種が取れますように。 

 今年は4月初めに、東日本大震災を契機に、日本をひまわりでいっぱいにしようと始まった福島ひまわりプロジェクトのヒマワリ、八角形でその形が朝顔の花に似ていることから朝顔の古名・牽牛から名づけられた明日香・牽牛子塚古墳 に咲く朝顔を植えました。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2年半ぶり会社飲み会、将来明るし

2022年06月17日 11時46分18秒 | ニューホンコン造花
 みなさん こんにちは

 2年半前の忘年会を最後に、新型コロナウイルス禍のためずっと中止していました当社の飲み会をおととい開きました。お盆花造花出荷が増えとても忙しくなってきているのに合わせた暑気払いです。近鉄八尾駅前の居酒屋に新社長に私、社員全員計14名がそろいました。時間無制限の飲み放題、本当に久しぶりの宴会にお酒のピッチは上がりっぱなしでした。

 今年1月のM&A後、新社長と社員が膝を割って話をするのも初めて。社長からは、「私がみなさんを教えるということではありません。そうだと私よりも上に行かないということになります。教える教えないに関係なく、伸びる子は伸びます。一緒に良い会社にしていきましょう。皆さん方が成長し幸せになるようサポートしていきます」というような話が出て、社員も納得賛同。
 私が17年の社長生活で、やっと最近手に入れた考え方を既に血肉として身につけられていました。素晴らしい。そのリーダーシップで社員が一丸となれば、当社の将来は明るい。

 本当にもう私の出番はなさそうです。いっぱいうれしい、ちょっぴりさびしくて。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「『在日コリアン1世女性のライフ・ヒストリー  ―全永女(1932年生)の手記を中心に―』を読んで」

2022年06月16日 08時46分18秒 | コリア
 みなさん こんにちは

 戦前、日本に植民地支配されていた朝鮮半島から大阪生野に渡ってきた在日コリアン1世女性全永女さんの半生をその手記を中心に振り返っていきます。全さんは3歳で母親と姉二人と一緒に、すでに大阪に住んでいた父を頼って来阪。戦後韓国に帰る母を振り切って日本に残り、同胞の助けを借りて設立当初の民族学校白頭学院建国高等女学校で学び、大阪府立女子大学を卒業。母校の教壇に立ちます。

 幼少時代、運動会にチョゴリ姿で来て大声を張り上げる母が恥ずかしかった。創氏改名では、名前を日本語流に変えてくれと父に頼み怒られた。戦時中(小学校の時)、内鮮一体の教育で自分は日本人(皇国国民)だと思い日本語が話せない父母をうとましく思った。そして今、母につらい思いをさせたことを悔やみ、母のことを思うと心がうずくと。これらのエピソードは植民地支配下の在日朝鮮人家族の相克の深さを物語ります。

 翻って我が家。戦前生まれの父は「日本人が一等国民」との教育を受け、植民地だった朝鮮や台湾、はたまた中国人に差別意識を持っていました。その息子の私も幼いころはその考えを継いでいました。成長し学び知識を得る中でそのおかしさに気づき、父と対立していきます。大論争になることありました。ある時は息子まで巻き込んでの大喧嘩です。それ以来、我が家でこの話題をしないようにしました。父と私の意識は平行線のままにしておき、これ以上家族の傷を深めるのを止めました。その父も一年ちょっと前に亡くなりました。私自身の意志を変えるつもりはないものの、父に言いすぎたことへの反省を持っています。

 父は1930年生まれ、全さんは1932年生まれ。父と同世代の全さんの半生記、それは家族の歴史でもあるでしょう。その全さんの半生を読み、父と私のこちらも相克の深い家族の思い出を振り返ることになりました。

 在日コリアン1世女性のライフ・ヒストリー 
  ー全永女(1932年生)の手記を中心に―
 立命館経営学(立命館大学経営学会)第60巻第5号
 石川亮太著

これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

17日はザットフォーでオルガンライブ

2022年06月15日 11時30分18秒 | お花
 みなさん こんにちは

 関西屈指のハモンドオルガン奏者の小野みどりさんが明後日6月17日(金)午後7時半から、大阪生野今里のジャズバー・ザットフォーでライブを開きます。

 小野さんは11歳でハモンドオルガンの音色に魅せられ、若干17歳で全国ハモンドオルガンコンクールで最優秀賞を獲得。ロサンジェルスNAMM楽器ショーでデモ演奏して以来 、国内外のジャズフェスティバルに多数出演されています。今回、オルガンとの共演では指折りのギター橋本裕さん、米国・メンフィス出身の若手ドラマーカールさんとトリオでの出演です。独特な音色のハモンドオルガンをお楽しみください。以下のウエッブサイトから小野さんの演奏が聴けます。
 
 予約制です。ザットフォーさんに直接お申し込みください。司元に連絡をいただいてもかまいません。

 日時 6月17日(金)7時開場、7時半開演
 場所 ザットフォー (近鉄今里駅西50メートル)
    生野区新今里4丁目2-5 電話 06-6751-1990 
 チャージ 3,000円 別途飲み物代必要 

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする