えびす顔の造花卸売問屋元社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な手紙。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売問屋ニューホンコン造花提供

初ビルボードは松下奈緒さんの「星に願いを」

2024年03月02日 16時10分00秒 | 劇・映画・音楽
 みなさん こんにちは

 関西大学千寿会で親しくさせてもらっているTさんご夫妻に誘われて先月下旬、初めてビルボードライブ大阪にお邪魔しました。歌手で女優の松下奈緒さんのコンサート。

 立春は過ぎているけれどまだまだ寒い日が続いている頃で、テーマは「冬に聴きたい曲」。アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「 アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」、川西市出身で高校英語科の時によく聴いて英語を覚えたというカーペンターズの「 I need to be in love」と、愛の歌が続きます。終盤には、世界ではいろんなことが起きているけれど、少しでも穏やかになりますようにと、「星に願いを」。固有名詞は話さなかったけれど、侵略、虐殺でを命を奪われている「ウクライナ」や「パレスチナ・ガザ」の住民たちへの共感であったはずです。

 良い席を取ってもらっていて、最前列。ミュージシャンがすぐ近くて、食事をとり、お酒を飲みながらディナーショーの感覚です。一杯目のビールの後、スコッチのハイボールを頼みましたが、濃かったこと。

 松下さんは今年デビュー20周年を迎えると。熱心なファンからの掛け声、声援もあってアンコールは2曲。贅沢なひと時でした。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の南京映画会にガザ集会へご参加を

2024年03月02日 09時31分18秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 今日も忙しい一日になってしまいました。午後1時からは大阪・井高野で南京大虐殺を描いたヒューマンドキュメンタリー映画「ウイルソン医師ー南京孤独のたたかい」 上映と南京の記憶をつなぐ会松岡環さんのお話。そして5時半からは梅田でイスラエルのパレスチナガザ攻撃中止を求める集会。

 映画上映は生野の仲間からお誘いがあったのですが、昨年末の同会の催しで観た映画、今回はパスと思っていました。しかし1週間ほど前に同会でご一緒していて映画を日本語に訳した松岡環さんから、松岡さんが南京大虐殺について基本的なことをお話しすると聞きました。もう一度南京大虐殺の事実を基本から振り返るのもいいかと行くことに。
 一方、ガザ応援集会は昨日、facebook仲間のMさんの投稿で知りました。これはぜひ行かないとと。
 
 映画会が5時に終わって5時半に梅田はちょっと間に合いません。映画会を早めに切り上げるか、集会に遅れて行くか。その時に決めましょう。

 映画会もまだ参加可能なようです。ロシアのウクライナ侵略、イスラエルによるガザ虐殺は、南京大虐殺に象徴される日本のアジア・中国侵略と機軸は同じです。日本の歴史を振り返ることで、ウクライナやパレスチナの方々への共感も生まれるはずです。どちらの催しでもご参加ください。
 詳細は添付のチラシ、ポスターをご覧ください。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四万十セラピー、生野今里でもポスター

2024年03月01日 16時10分00秒 | 幸せ
 みなさん こんにちは

 1月にご紹介しました四国四万十での滞在型セラピー、参加者が少なく開催が危ぶまれていました。しかし先月末までに最小開催人数が集まり、今月下旬にうまく開催の運びとなりました。
 四万十の大自然の中で自らの力を呼び起こし摂食障害・うつ状態・依存症を回復させる5泊6日の滞在型セラピーです。まだ参加を受け付けています。 詳しくは以下のホームページをご覧ください。

 そのポスターをおととい我が家の玄関前に張り出しました。実は生野区勝山通り沿いの多言語印刷会社ケービーエスさんが社屋の通りに面したところに貼っていたら、それをご覧になった方がお一人申し込まれたと。あやかりました。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ウイルソン医師ー南京孤独のたたかい」と南京大虐殺のお話

2024年02月29日 16時10分00秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 昨年末に、南京の記憶をつなぐ会集会で上映し感動を呼んだ映画「ウイルソン医師ー南京孤独のたたかい」が明後日3月2日、大阪・井高野で再上映されます。同時に、南京事件の加害被害者から聞き取り調査、被害者の心のケア続けている同会の松岡環さんのお話もあります。ぜひお越しください。私も参加します。
 詳しくは添付のチラシをご覧ください。

 昨年末の集会の様子はこちらをご覧ください。ネタバレにもなってしますが、映画の内容も分かります。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

正義の議論より先に残酷を減らす

2024年02月28日 17時15分18秒 | ドンキホーテ
 能登のみなさん こんにちは

 哲学者の朱喜哲(ちゅ・ひちょる)さんが米国人哲学者リチャード・ローティ(故人)著「偶然性・アイロニー・連帯」を紐解いたNHK100分de名著(2月、4回)がこの月曜日で終わりました。朱さんがローティを取り上げた著書「公正を乗りこなす」 を事前に読んだ私は「この番組は『ロシアのウクライナ侵攻、イスラエルのガザ攻撃』 に哲学はどうかかわるのかまでたどり着くだろう」とお薦めしました。

 それがあたっていたかどうか、番組で学んだローティの考えを、私なりにイスラエルのガザ侵攻にあてはめました。イスラエル側は「ハマスの攻撃で千数百人のユダヤ人が亡くなった。そのハマスを壊滅しないとイスラエルの安全は保てない」と語り、パレスチナ側は「天井のない監獄と呼ばれるほど人道を無視した封鎖が何十年も続いている。ヨルダン川西岸地区ではパレスチナ人が日常的に殺され、違法な入植が続く。その当然の抵抗だ」と自らの正義を語ります。この議論はいつまでも平行線をたどるでしょう。
 我々がどちらが正義だとその議論に立ち入ると袋小路に陥ってしまいます。まずは「残酷を減らす」ことを最優先する。残酷にさらされている被害者の苦痛に関心を持ち我々のこととして連帯する。つまりは「イスラエルに即刻の戦闘中止を求める。またハマスにも民間人捕虜の釈放を求め行動する」ことに行きつく。
 実際番組では、丸2年を迎えたロシアのウクライナ侵攻に話は及びました。私の理解においてはこちらも、「正義を云々する前に残酷を減らすことを優先すれば、ロシアはウクライナへの攻撃を止めろ」です。

 番組では分かりやすい例えを用いながら、ローティの様々な考えを紹介していました。興味深く、そして新鮮に学んだことのいくつかをご紹介すると。
・政治家の失言は、たたかれる思想、本音を持っているからではなく、公の場で発言したことが問題。公的な考えと私的な考えを持つのは許容されるべき。公の場では言ってはいけないことをわきまえないのが問題。
・ルワンダ内戦を取り上げ、虐殺を産む文法があると言います。①宗主国のベルギーによってツチ、フツの二つの部族に名前をつけられて分けられた。②多数派のフツが少数派のツチを「ゴキブリ」呼ばわりした。③ゴキブリは駆除しよう、してもよいと虐殺への抵抗が減り、虐殺が起きた。
・さらにボスニア紛争を取り上げ、セルビア人によってムスリム人はニセの人間とされた。人間ではないとみなされた人たちに「人権」は機能しなく、ここでも虐殺が起きた。私なりに解釈したら、これは100年前の関東大震災での朝鮮人虐殺、あの戦争での南京大虐殺と同じ構造に思えます。その他、数々の植民地支配の現場で起こったこでしょう。
・絶対的なものはなく、自己をどんどん変えていける。
・残酷の被害者の苦痛を言葉にする文学が残酷を減らす連帯を産む手助けになる。
・モヤモヤとしたことを言葉にするのが哲学。
・強い連帯とは、かなり違った人々を我々に包含する能力が発揮される時。これは私なりの解釈で言えば、例えばあの戦争で「欲しがりません勝つまではと挙国一致で連帯する」ことではなく、「もっと広く残酷にさらされている人々を我々のこととして考え寄りそう」ことこそが強い連帯。そして未来に向けてその連帯を強くしていく。「我々を拡張せよ」。

 番組の中で、私の主張に合いそうなところばかりをかいつまんで私なりの「ストーリーを立てた」きらいもあります。この解釈はあくまで司元個人的なものとご理解ください。

 「公正を乗りこなす」の私なりの解釈はこちらをご覧ください。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「学校に行くのは権利」、天王寺、文の里夜中の存続を

2024年02月27日 16時10分00秒 | 食べる
 能登のみなさん こんにちは
 
 大阪市立東生野中学夜間学級で週一度だけ学習補助のお手伝いをさせてもらっています。先日、同中学校で近畿夜間中学校連合作品展がありました。そんな作品の中に生徒さんの「寄せ書き」やがあり、

(夜中に通って)
「人と話したり仕事をみつけたりできるようになった」
「町のかん板がよめるようになった」
「安心してくらせるようになった」
などなどと。学ぶことでみなさん方が「生きやすく、暮らしやすく」なっていらっしゃっるのが良くわかります。素晴らしい。
そして、
「学校に行くのは権利だと知った」
とも。

 大阪市はこの3月末で、現在市内に4校ある夜間中学の内、天王寺と文の里を閉じて、4月に新しくできる心和中学校に統合しようとしています(天王寺には3年間に限って一部教室を存続)。理由は「生徒数の減少。 日本語指導が必要な人が増えその指導体制充実が必要。天王寺校舎 の老朽化」 などです。
 その動きに対して、卒業生らから存続を求める声があり、市議会に陳情しています。反対の理由は、
☆生徒数は文の里 (26名 )、 天王寺 (45名 )だが、全国44校 の夜間中学で見ると、26名 より少ない夜間中学は16校 (36%)。 45名 より少ない学校は32校 (73%)。 大阪市の物差 しを適用すると32校 の夜間 中学は “廃校"と なる。 
☆天王寺は過去、日本語が話せないことを理由に入学を断り、在籍 6年 を終える 夜間中学生に学校長が面談し、卒業を勧奨する方法で2003年には前年度より約100 名減 った。生徒減は自然減ではなく、人為減。
☆大きなター ミナル にある天王寺夜間中学がなくなって しま うと、夜間中学で学びたい とい う人たちの学ぶ場を奪って しま う 
☆天王寺は新校舎建設の話 が進 んでいて、その新校舎 の一角 に夜 間中学 を作ることも可能。
☆ 2020年 の国勢調査の結果、少 なくとも大阪市 には中学校 を卒業 していない方 が13633人 。 政令指定都市で一番多い。入学希望者のニーズをもっと掘り起こすべき。

 など、まっとうな理由が続きます。この2校の閉鎖は、「学校に行くのは権利だと知った」夜間中学に学ぶ生徒さんたちの権利を奪うことになりかねません。
 大阪市はこの2校の存続と夜間中学教育のさらなる充実を図ってください。

 大阪市の再編計画はこちらをご覧ください。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

淡路のピノキオは常連の名店

2024年02月26日 16時10分00秒 | 食べる
 能登のみなさん こんにちは

 そのアジア図書館を出たのは午後1時前。お昼ご飯を食べようと淡路本町通商店街へ。以前お昼を食べた中華料理屋「共栄飯店」さんがお休みで、うろちょろしていて見つけたのが喫茶軽食のピノキオさん。2階なので階段横の立て看板を見逃したら分からないお店です。ちょっと大丈夫かなと思いながら、その看板にピラフ、カレーともに550円とあり、お値段につられて階段を上がりました。
 

 空いているかと思ったら約20席の大半は埋まっています。カウンターのようなところに座って、カレーかピラフか迷った挙句ピラフを注文。周りのお客さんを見ると、1時前というのにモーニングセットの方が多い。メニューを見るとコーヒーにたまご、ミニサラダ、サンドイッチさらにフルーツまでついて350円です。安い。それも正午まで注文できます。
 私の後にお二人女性が入ってきましたが、二人ともサンドイッチセットを注文。出てくるのを見ていたらとってもおいしそう。
 で、肝心のピラフ。ご飯が柔らかく食べやすい。具材はハムにニンジン。エビは切れ端が入っていたような入っていないような。薄めの塩味、ソースを一緒に持ってきてくれるので、途中でソースをかけて味変しました。味噌汁にミニサラダも付いていて550円なら、満足です。

 お客さんが入ってくるなりメニューを見ずに注文したり、お客さん同士で来年の阪神タイガースを占ったり、ママにスマートフォンの操作を教えたりと、ほとんどの方が常連客さんのようです。そしてたばこが吸えます。マスターが競馬好きなんでしょうね。店内には競馬関係のポスターやグッズが飾られていました。
 私はもう一度来ても良いお店ですが、その辺のところはお心積もりを。次回は正午までに入ってモーニングを頼むか、コーヒー付きのサンドイッチセットにしましょう。

 喫茶軽食ピノキオ

 あいにくアジア図書館での展示は終わりましたが、以下で開催中です。
■日時:3月3日(日)まで、毎日9時から20時 最終日は17時まで
■会場:神戸学生青年センターウエスト100 
    3階展示室 阪急六甲駅より徒歩2分 

 共栄飯店さんの様子はこちらをご覧ください。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山田一郎味覚糖前社長の社葬で我が身を振り返ると

2024年02月25日 16時10分00秒 | 仕事
 能登のみなさん こんにちは

 縁があってUHA味覚糖前代表取締役山田一郎さんの社葬に先週22日に参列しました。大阪本町の真宗大谷派難波別院(南御堂)で開かれ、少なくとも700人以上の方々がお参りされたんじゃないでしょうか。あえて不釣り合いな言葉を使えば”盛大な”お葬儀でした。

 生前を偲ぶビデオが流されました。経営理念となっている「おいしさはやさしさ」を編み出し、「おいしいものは、カラダにいい。カラダにいいものはおいしい。」と健康と美しさのために製品を作る社風を育てました。「良いものは良い環境から作られる」と、社内の美化だけでなくデザインの美しさにまでこだわりました。晩年、座禅に励み、商空と自らを称し、社内に座禅道場までも作りました。
 挨拶に立った長男で現社長の山田泰正さんからは、私にとり驚きの言葉さえ聞きました。「父として尊敬しているのと同時に、あこがれの存在だった」。
 さらに息子へ帝王学を学ばせたいきさつ、
 「小学校1年生の時に『社長を継ぐ気はあるのか』と聞かれ『継ぐ』と答えると、よくデパートに連れて行ってくれるようになった。食品売り場を回り『好きなものを買え』と言われた。子ども私がどんなものを欲しがるかを見ていたんだろう。母方の里も食品卸をしていて、自社だけでなく母方の会社の見本市に必ず連れていかれた。父が何か商談している横にずっといて、話を聞かせれていた」。
 そして最後は、
 「遺品を整理していると膨大な本が出てきた。あらゆる本が並んでいた。特にサイエンスが多かった。なんでも自ら探求していた。日曜でも夜でもずっと商いのことお菓子のことを考えていた」と、「商い」「お菓子」への深い気持ちを披露しました。
 
 凄い経営者です。自らを振り返ると恥ずかしい限り。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大塚卒寿ライブの次ぎは梶山・大塚トリオで3/8ザットフォー

2024年02月25日 09時00分00秒 | 劇・映画・音楽
 みなさん こんにちは

 おととい23日は大阪生野今里・大人の社交場ジャズバー「ザットフォー」第四金曜日恒例の大塚善章トリオライブでした。この日は大塚善章ピアノ、上場正俊ドラム、佐々木善暁ベースのオリジナルトリオに加えテナーサックス河村英樹さん、トランペット田中洋一さんと2管が加わっての クインテット 。それも2月15日に90歳の誕生日を迎えた大塚さんの卒寿祝いライブとなれば、盛り上がらない訳がありません。

 さらにクインテットに3人のシンガーがシットイン。3月8日にこの大塚トリオとザットフォーでライブを開く高校同級生の梶山敏弘君が声量を活かして情感たっぷりにスタンダードナンバー「BODY&SOUL (身も心も)」を。関戸美由美さんはしなやかに「テネシーワルツ」、ジャスミンさんがパンチのきいた「ジャストインタイム」。そしてクインテットで「チュニジアの夜」、「オンザサニーサイドオブザストリート」。現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「ブギウギ」にも出演した田中さんがブギウギ挿入歌のメロディーまで吹き出して。アンコールの「A列車で行こう」 が終わると10時を回っていました。

 ということで、その梶山君の大塚トリオを迎えての3月8日、ザットフォーでのライブ。再々の案内ですが、「岡田光司プレゼンツ」の冠がかかっているだけに、ぜひとも盛況なライブにしたいと思っています。残席もわずかになってきています。お早めにご予約ください。私にご連絡いただいてもかまいません。お待ちしております。

 「梶山敏弘 with 大塚善章 Trio」
 日時 2024年3月8日(金)午後7時開場、7時半開演
 場所 ザットフォー(大阪市生野区新今里4-2-5 、近鉄今里駅西50m ℡06-6751-1990)
    http://zattofour.com/
 出演 ボーカル梶山敏弘、ピアノ大塚善章、ドラム上場正俊、ベース佐々木善暁
 チャージ 3000円 + ワンオーダー
 予約 岡田光司でも、ザットフォーでもお受けします。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 https://blog.goo.ne.jp/tukasahajime/e/28ac457714800e2583e395484d9080f0
 

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私は忘れても10年変わらぬ苦しさ

2024年02月24日 16時30分18秒 | ドンキホーテ
 能登のみなさん こんにちは

 今日24日で、ロシアのウクライナ侵攻が始まって丸2年を迎えました。この2年の間に、私にもいろんなことが起きました。

 ロシアがウクライナに侵攻したほんの1月ほど前に(有)ニューホンコン造花をアクトホールディング様にM&Aで譲渡、代表取締役を退任し顧問に就任しました。すぐに本社だった自宅兼事務所・倉庫の会社使用部分の片付け。できるだけ社員に負担をかけずに済ましました。貿易関係を含めた引き継ぎも。世の中はコロナ真っ最中で、社内でもぽつぽつ罹患者が出ていて自らは何かとバタバタしていた中での侵攻だったと、振り返って気づきました。ほんの数度デモや大阪のロシア領事館への抗議行動に参加し、その後何度かブログでロシアの侵攻を非難していました。

 夏ごろからは片付けを終えた後の改修。こちらは自宅部分にまで及び最後の物干しの改修が終わったのは、先月末です。
 週3日ほどの勤務になり時間の余裕ができて、4月ごろには夢洲 カジノの住民投票署名集めにかかわり、それが終わったら大阪生野・旧御幸森小学校跡地にできたいくのパーク内の図書館ふくろうの森の開設と大阪淡路のアジア図書館の引っ越しのお手伝い。アジア図書館のお手伝いは秋ごろまで続きました。そんな時に、高仁鳳没後10年集会実行委員長に就任。昨年3月4日の開催まで、そこそこ打ち込みました。

 ニューホンコン造花顧問も一昨年12月末で退任。集会の後は4月の大阪府知事・市長選挙で、カジノ反対候補への応援へ。少し落ち着いたので、秋からは大阪市立東生野中学校夜間学級で週一度だけですが学習補助のお手伝いにも行くようになりました。そして10月イスラエルのガザ侵攻が起き、反対デモ集会への参加。パレスチナ国旗を振って右肩を痛め、今も痛みが残っています。

 そして今年、元日に能登地震が起きました。その2週間後には25年ぶりにスキーへ。

 飛鳥史学文学講座、関西大学千寿会、布施・明専寺、南京の記憶をつなぐ会、多文化共生ネットワークとじゅうみんといろと在日コリアン高齢者を支援するモヨラ、いくのパーク図書館ふくろうの森森番、東生野夜間中学の学習補助、町会の公園清掃と夜警、様々な平和や人権の集会に誘われては参加する一方、ジャズバー・ザットフォーに月数度通い、運動も少しするようになり、友と飲みに行ったり娯楽を楽しみ、妻と過ごす時間も増え、時間ができたらブログを書いて本を読む。

 2年間の私を振り返るためにブログ「えびす顔の造花卸売問屋元社長からの手紙」を検索しました。すると奇しくも2014年07月21日に以下のような記事がアップされていました。

 「ガザとウクライナで」
 ガザではイスラエルとハマスの戦闘で多くの住民が犠牲になっています。
 【ガザ(パレスチナ自治区)大治朋子】パレスチナ自治区ガザ地区北東部で20日、イスラエル軍の猛爆撃で少なくとも50人のパレスチナ人が死亡し、イスラム原理主義組織ハマスとの戦闘が本格化した今月8日以降の死者数は400人を超えた。ロイター通信などが伝えた。激しい攻撃が続く現場には救急隊も近づけず、数千人の住民が逃げ惑った。
 ウクライナではマレーシア航空機が撃墜され、さらに戦闘が行われています。 
 【ドネツク坂口裕彦】親ロシア派の支配下にあるウクライナ東部ドネツク州の州都ドネツクでは21日、中心部のドネツク駅周辺に砲撃が加えられた。ロイター通信によると、3人が死亡した。親ロシア派側の戦車2台が駅の方向へと向かい、道路を封鎖しているとの目撃者証言を伝えた。ウクライナ軍による軍事作戦かどうかはわかっていない。ドネツクはマレーシア航空機撃墜事件の現場から直線距離で約50キロ。空港は閉鎖されていて、鉄道はドネツクと他の都市とを結ぶ貴重な交通手段となっている。
 いずれも毎日新聞のウエッブページから。
 速やかに戦闘が終わり、市民の犠牲者が出なくなることを祈らずにいられません。 

 このようなことをアップしたことを全く忘れていました。しかしガザ、ウクライナではずっと続いていました。「私はなにをやってたんだろう」と思いつつ、今も「速やかに戦闘が終わり、市民の犠牲者が出なくなることを祈らずにいられません」。

 10年前の手紙はこちらです。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月の墓参りの後のうどん屋さんはとってもおいしいのに

2024年02月24日 16時10分00秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 3年前の2月に妻の母が亡くなり、その2日後に私の父が亡くなりました。なので2月には隣町布施の我が家の墓を参ったその足で奈良・富雄にある妻の実家の墓(写真)に車で参ります。そして妻の実家の墓を参った帰りにどこかお店でお昼ご飯を食べます。

 先日の帰りは、第二阪奈道路中町インターすぐそばのうどん屋杵の音さんへ。2度目です。前回おいしかったので、また足を運びました。
 うどんはもちもち、出汁もカツオがよく効いていて甘みもちょうどいい。とってもおいしいお店です。なのに、気になってしまうことが一つ。壁に掲げられたかつお節の宣伝文句。
 
 「鹿児島・指宿のかつお節 流通量わずか1%の極上かつお節」とあります。この1%というのはどんな基準で言っているのでしょうか。星付き料亭でも使用とありますので、ぱっと読むと上位1%と思ってしまいます。しかしその辺の記述がありません。その1%の意味を店員さんに尋ねてみましたが、ご存じありませんでした。ホームページを見ると、「指宿産の鰹節の中の最高レベルの鰹節を使用」と。もうちょっと説明が欲しいな。

 といっても、お味に間違いはありません。ぜひ次回も行きたいと思っています。みなさんにもお薦めできるおいしいお店です。
 

 杵の音さんについて詳しくはこちらをご覧ください。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神さんが決めたらなしゃーない

2024年02月23日 16時10分00秒 | サンチョパンサ
 みなさん こんにちは

 我が家の初もうで、これまでは元旦に地元の清見原神社、仕事初めまでに奈良・三輪さん(大神神社)、そして十日にえべっさん(今宮戎神社)。さらに小正月(1月15日)くらいまで遅くとも1月中には宝塚・清荒神(三宝さん)の4社をお参りするのが”習わし”でした。母や父が亡くなって忌中、さらにはコロナ禍もあってちょっこっとずれることもありましたが。

 それが昨年から、元旦に清見原神社さんに参った後に檀家になっている布施・浄土真宗本願寺派明専寺の元旦会へにお参りしています。氏子総代になったからです。そして一昨年にニューホンコン造花の経営を退いたので、えべっさんへは昨年お礼参りに参ったのを最後にしました。
 結局今年は元旦に清見原神社と明専寺、1月7日に三輪さん、そして先日の2月15日に三宝さんにお参りしました。結局えべっさんが明専寺に代わって4つは4つです。来年以降もこんな感じになるんでしょうね。足腰が立つ間は。

 それにしても清荒神さんの御札「授かりましてから一年間の御利益です」は毎年気になりまんな。「誰が決めたんや」って。決めるんは神さんしかいはれへんやろうから、しゃーないな。文句言わんと来年もこよう。でないとばち当たる。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ガザに芸術発表にいまさで幸せなら

2024年02月22日 16時10分00秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 18日の日曜日は忙しい日になりました。1時から大阪梅田で「ラファ侵攻を止めろ!全国連帯デモ 」。世界からの非難を浴びながらもイスラエルはガザ攻撃を止めません。パレスチナ人の死者は25000人を超え、内10000人以上が子供だとされています。さらに140万人以上の難民が避難する南部の都市ラファまで空爆し地上攻撃も準備しています。そのイスラエルに抗議する集会で、全国というより世界的に呼びかけられたようです。梅田には200人は集まったでしょうか。イスラエルに即刻の攻撃中止、ガザ地区からの撤退と長期に渡る停戦を求めます。ハマスにも民間人人質の釈放を求めます。 

 後ろ髪を引かれる思いで、途中で抜け出して向かったのが大阪朝鮮初級学校・付属幼稚園の芸術発表会。少子化も含めて朝鮮学校も集約されていて3校が一緒になって初めての発表会でした。幼稚園児から小学校6年生まで民族の踊りや歌以外にもダンスや劇、マジックまで披露しました。この春卒業する6年生の合唱時には、それぞれの児童の幼い頃の写真が映し出される中、父母らへの言葉を。私がじーんときたぐらいだから、お父さんお母さんのお気持ちはいわずもがなです。日頃の学習の成果を父や母、祖父母らに見てもらうだけでなく、感謝の気持ちまでをも伝える会でした。
 

 その発表会も最後まで観ずに向かったのが生野今里のお好み焼き「いまさ」さん。ある会の懇談会でした。15人集まりましたが、なんとその中に、聖美幼稚園の先輩、東生野中学校の先輩、関西大学第一高校・関西大学の後輩までいて、世間は狭いもんでんな。話題は夜間中学のこと、大阪の教育のこと、はたまた幼稚園や中学校、高校大学時代のお話など尽きずにあっという間に3時間。
 

 それにしてもこの日、最初は今里の懇談会しか入っていませんでした。しかし1週間ほど前にガザ応援集会のことを知り、数日前にいつもお世話になっている長崎由美子さんから芸術祭に誘われ、一気に忙しくなりました。ほかにフラッグづくり(いくのパーク)、近畿夜間中学校連合作品展(東生野中学校)にも誘われていましたが、そこまではなんとも、すんません。

 ガザではパレスチナの方々の命が奪われています。それでも私は申し訳なく幸せです。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三本指を立て死にゆくミャンマー青年

2024年02月21日 09時13分18秒 | ドンキホーテ
 みなさん こんにちは

 ミャンマー難民の画家マウンマウンティンさんの絵画展が大阪・淡路のアジア図書館で開催中です。カレン州生まれのマウンマウンティンさんは暴力的な迫害から逃れるために越境。今はタイ国境の町、メソトのミャンマー人支援施設で医療従事者として働きながら、祖国の様子を伝える絵を描き世界へ発信。軍事政権下、民主化運動への迫害、少数民族への虐待が続くミャンマーの民衆への支援を求めています。
 約20点の水彩画の中には友と遊び笑う子どもたち、母親の料理を手伝う子どもとほのぼのとした作品がある一方、戦争で殺された子どもに茫然と寄り添う父、背中から真っ赤な血を流しながらも民主化運動の象徴として3本指を立て死んでいく青年。
 

 ミャンマーは1988年の民主化運動以降、一旦は民主的な政権が発足したものの再び軍事クーデータが起き、今も軍政が敷かれています。ロヒンギャ をはじめとした少数民族への迫害も続いています。国内外で多数が難民となっています。そんな中でも時には明るく振舞うミャンマーの人たち暮らしぶりと同時に、悲痛な叫び声が絵から伝わってきます。
 ロシアのウクライナ侵攻、イスラエルのガザ攻撃と世界では大きな紛争が起きています。その陰に隠れて私たちのミャンマーへの関心は薄れてきているかもしれません。しかしこの残酷な出来事は続いています。なんとか関心を寄せようと思います。
 最終日の25日にはギャラリートークもあります。

 「ミャンマー人難民画家マウンマウンティン絵画展2024
   ー国境の街からみつめる祖国の現在と未来ー」
日時 2月25日(日)まで 毎日10:00~17:00
会場 アジア図書館 大阪市東淀川区淡路4-3-15アイゼンビル2F
   阪急淡路駅西徒歩1分
絵画展の参加費 無料 

 「ギャラリートークミャンマーを知るために」
日時 2月25(日)14:00~
内容 昨年末から年始にかけタイ国境現地を訪問、関係者と交流してきた英語教師の松中みどりさんらがミャンマーの現在と未来を語ります。
参加費 1,000円 要予約 
予約、問い合せは 同図書館(電話06-6321-1839) 
主催 一般社団法人日本ビルマ救援センター

 日本ビルマ救援センターはミャンマー難民への人道、自立支援活動を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

 また、アジア図書館はアジア関連の図書を中心に50万冊以上の蔵書を誇り、アジアと日本を結ぶ中継点として活動しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 両団体とも、賛同者からの寄付金、またボランティアらの協力で活動を支えています。ぜひご協力をお願いします。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ありがたいありがたい

2024年02月20日 16時10分00秒 | 幸せ
 能登のみなさん こんにちは

 父が92歳で亡くなって2月21日で3年目を迎えます。昨年三回忌を済ませていますが、命日を前に先日姉妹がお参りに来てくれました。母の命日の11月、春秋のお彼岸、お盆前後にも寄ってくれます。父母も喜んでいるでしょう。ありがたい。

 ついでにバレンタインのチョコをくれました。こちらもありがたい。
 

妻、これそこそこ高いで。私のに比べるとなんやけどな。

 なにをはりおーてんねん。
 ちなみに妻からのはこちらです。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花 
 〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  
 ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする