えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

さくらで岡山

2018年10月29日 14時46分18秒 | 旅行
 みなさん こんにちは

 先日、急に娘の住む松山まで出かけることになりました。バスや飛行機、船などいろいろの乗り物の中、この時は列車が一番適当で、新幹線で岡山に出てそこから瀬戸大橋、予讃線を特急しおかぜで乗り継ぐ経路です。

 新大阪に着いたら鹿児島行きの新幹線さくらが出る間際で、うまく自由席に座れました。しかし、満席であとから乗り込んできた方の何人かは立ち席です。そして新神戸に着くとさらに乗客が乗り込んできました。赤ちゃんを胸に抱いた若い夫婦が私の横に立ちました。「席を替わりましょうか」と声をかけると、「いえいえ大丈夫です」と。「じゃこちらは岡山までなので、そのあとお座りください」と話すと、「はい」と。

 しかし、その新神戸でまだまだお客様がいらっしゃって、入口から中の方にどんどん入ってこられます。大柄の白人の女性二人が私の席の横になり、その夫婦はさらに中側になってしまいました。このまま岡山で私が立つと、白人の女性が座ることになります。

 岡山駅に着くアナウンスが流れた瞬間に席を立ち、白人女性に赤ちゃん連れの夫婦に私の席を譲りたいと、声を掛けました。どんな反応をするか半信半疑でしたが、開口一番「シュア」そして、こんなに混んでいるのだから、お互い譲り合うのが当たり前だと。ありがとうと言って席を離れました。若い夫婦が白人女性に促されるように空いた席に座りました。

 さくらに乗車したのは初めて。岡山までしか行かないのに、満員の席を占拠して申し訳ないかなと思っていましたが、いい風になった気がします。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

滋賀・マキノのメタセコイアは黄葉から紅葉へ

2017年11月23日 14時46分18秒 | 旅行
 みなさん こんにちは

 先日の日曜日に、滋賀・マキノ町のメタセコイア並木を訪ねました。まだ紅葉とまではいかず黄葉の兆しほどでした。しかし、全長約2.5キロにわたる一本道の両側に約500本のメタセコイヤが整然と並ぶ姿は圧巻です。

 韓流ドラマの「冬のソナタ」のオープニングシーンに韓国のメタセコイア並木が登場して以来、同じような景色が見られると有名になったそうです。シーズンとあって並木道の途中にある道の駅は大混雑していました。

 この週末は黄葉から紅葉への移り目になっているんじゃないでしょうか。見頃かもしれません。カエデの紅葉とは違う趣を楽しめます。お薦めします。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860001044/qid=1148210960/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/503-1498536-3308701
コメント

加太6人旅も楽し

2017年11月02日 14時46分18秒 | 旅行
 みなさん こんにちは

 先日、台風21号が大阪に近づく最中の土日曜日、高校大学時代の同級生らと和歌山・加太に一泊二日で泊まりに行きました。この春に同級生で市内で飲み会をした際、1泊旅行もいいかと自然と提案が湧いての開催です。飲み会には12、3人が集まりました。そのうち9人が出席予定でした。しかし、お互いまだまだ現役の忙しい身。結局6人の参加にとどまりました。しかし、行ってみるとそれぐらいが、お互いに話もしやすく望外に楽しい旅になりました。

 

 そしてこの時に使った旅館が、国民休暇村加太。その旅館がまた良かった。まだ子供が小学生ぐらいのころに家族で釣りに行った時にも泊まりましたが、リニューアルされてとてもきれい。客室もゆったり二人部屋です。お風呂の露天風呂からはもう太平洋と言ったらいいのでしょうか。眼下に海が望め、客室からも同様の景色です。

 この旅館はぜひお勧めです。次回もここを使おうと、声が上がりました。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860001044/qid=1148210960/sr=1-2/ref=sr_1_8_2/503-1498536-3308701
コメント (4)

吹き溜まりも紅葉なら

2016年12月11日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 その三室戸寺だったと思います。一本の楓の木の根元、ちょうど吹き溜まりになっているんでしょう。そこだけがもみじで覆われていました。これがごみの吹き溜まりなら情緒もなにもありません。紅葉だと風情を感じます。

 こちらは興聖寺の琴坂だったでしょうか。参道の石垣の縁に苔が生え、そこに赤、オレンジ、黄色の紅葉がちょこんと乗っかっています。緑との対比がとても美しい。これも紅葉だからこその趣です。

 

 勝手なもんですね。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

もみじで染めた平等院

2016年12月10日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 最後に訪れた平等院、その鳳凰堂は極楽浄土の宮殿をモデルにしたと言われています。三室戸寺興聖寺に比べ、さすがに10円玉の絵柄になっているだけに多くの観光客が。海外からの方も多数いらっしゃいました。京都までほど近い大阪に住んでいるので、子供のころから勘定すると4、5回は訪れているでしょうか。修復が終わり化粧直しされた鳳凰堂が、「綺麗すぎる」と思ってしまいました。。

 雨にぬれ鮮やかな緑の芝にもみじが散りばめられ、雨粒が落ちる沈んだ緑の池へと続いています。その奥に荘厳とたたずむ鳳凰堂。お堂の紅(くれない)は紅葉(もみじ)を染料にしたに違いありません。極楽浄土とはまさしくこんな景色なんでしょう。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

傘もみじ

2016年12月09日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 京・宇治の紅葉の名所を散策していると、いつの間にか傘に紅葉がへばりつき、ビニール傘のワンポイントに。風流でんな。

 写真は一緒に散策した友人Kさんの傘。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

水たまりに育む苔

2016年12月08日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 その興聖寺の本堂の屋根からお庭の苔に雨だれがポツリポツリと落ちています。その部分だけ苔が沈み込んで水たまりに。
 天気になると十分に水を取り込んだ苔がさらに伸びるんでしょうね。命の恵みを感じます。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

世界記憶遺産と南京大虐殺

2016年12月07日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 南京大虐殺被害者の映像証言や中国の研究者からの話を聞く「世界記憶遺産と南京大虐殺」が12月10日(土)午後1時半から、大阪のPLP会館(地下鉄扇町4番出口から駅徒歩3分)で開かれます。南京大虐殺60カ年大阪実行委員会主催。

 南京大虐殺で祖父を日本軍に刺殺され、自身も刺傷した夏ルイロンさんが「姑娘(クーニャン)探しを手伝わされた、強姦された女性たち、虐殺された大勢の人たち」の様子を映像で証言します。南京大虐殺記念館名誉館長の朱成山さんが来日、「隣の国の市民とこちらの国の市民がつながりあう中で平和を」と訴えます。

 参加費は800円。問い合わせは080-3822-0404へ。歴史の真実を次代に伝えることが平和につながります。出張中で参加できませんが、ぜひご参加を。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

百日紅の古木

2016年12月06日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 その興聖寺の内庭には百日紅(さるすべり)が植わっていて、こちらは夏場から初秋にかけて美しい紅の花を見せます。その一本。どうして命を保っているのか疑ってしまう古木の先にちゃんと花の名残を残しています。きっとこの夏も美しい花を咲かせたのでしょう。

 この花を見るだけでも、来夏にはもう一度足を運ばないと。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

琴坂の紅トンネルは早すぎて

2016年12月05日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 その三室戸寺の次に足を運んだのは興聖寺です。道元禅師が初開場した古刹です。こちらも高浜虚子が、

 「琴坂の紅葉ふみ行く老いの杖」

 と詠んだ紅葉の名所。

 山門へと続く緩い上り坂の両脇の木々がもみじのトンネルになるのでしょう。少し早かったようです。今頃が見ごろかもしれません。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

黄金になる蓮

2016年12月04日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 その三室戸寺の本堂の人口池に植わる蓮が枯れ果てて林立していました。黄金に紅葉しています。背景の紅と対比が鮮やかです。

 夏場に美しいピンクを見せびらかした蓮は、秋になると黄金に輝くんですね。お仏壇に飾られている金蓮を思い浮かべました。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

三室戸寺の幾何学模様

2016年12月03日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 その三室戸寺で、特別な幾何学模様を見せる低木が目につきました。幅1.5センチ、長さ2センチ、厚さ数ミリの長方形の木屑のようなものが、枝にぎっしりと並んでついています。一つが垂直についているなら、その次のは水平にと、交互に十字になるようにつながっています。うまく説明できません。写真をご覧になっても戸惑うかもしれません。

 何の木なんでしょうか。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

錦秋の京・宇治ー三室戸寺から興聖寺、平等院へ

2016年12月02日 21時26分00秒 | 旅行
 福島のみなさん こんにちは

 先週の日曜日、異業種交流の仲間で京都へ紅葉狩りに行きました。あいにくの雨模様の中、宇治にある三室戸寺、興聖寺、平等院を散策。この季節の日曜日にしては少ない人出だったのでしょう、錦秋の京を楽しみました。

 最初に訪ねたのは、アジサイ寺で知られる三室戸寺。とはいっても西行が、

 「暮れはつる 秋のかたみにしばし見え 紅葉散らすな御室戸の山」

 と歌ったように、紅葉も名所です。雨で濡れた日本庭園の緑とその背後に広がる紅葉との対比はそれぞれの色をより一層鮮やかに見せています。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (4)

淡路におこし

2016年06月23日 21時26分00秒 | 旅行
 熊本のみなさん こんにちは

 先日、大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の親睦旅行で四国・阿波、金毘羅方面へ出かけてきました。大阪をバスで出発、まず停まったのが神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリア。
 
 お土産物コーナーで目立ったのがこれ、大阪名物「粟おこし」。

 今時大阪の人、粟おこし食べまへんで。小さいころは家にもようあって、ちょくちょく食べてました。しかし、最近はめったに見かけまへん。何年食べてないやろ。粟おこし屋さん、減ってるやろうけど、大阪土産として脈々と存在してまんな。凄っごー。

これから先は宣伝です 
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

大井川鉄道のトンネルは、SLでも煙が車内に入ってこない

2014年04月17日 14時46分18秒 | 旅行
 東北のみなさん こんにちは

 大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)親睦旅行のメインイベントは大井川鉄道のSL列車乗車でした。実際に動いている蒸気機関車は小さいころ、2、3歳だったでしょうか、九州の親戚の家のそばの踏切で走っているのをおんぶされながら見た、そんなかすかな記憶だけが残っています。

 昔、出張で機関車をよく利用していた父から、
 「トンネルでは窓を閉めないと車内に煙が入ってきて大変なことになる」
 と聞いた記憶があります。

 それで乗車中に窓があいてるところがあって、煙が入ってくるかと心配しました。しかし全く入ってきません。どうしてなのか、不思議に思っていたら、後でその理由がわかりました。

 旅行の日程上、途中駅で下車してその蒸気機関車を見送っていたら、最後尾に電気機関車がついていて列車を後ろから押しています。きっとトンネルでは蒸気機関車運転を煙が出ないように運転を止めて、電気機関車の力で動かしていたんでしょうね。

 だからってどういうことはないんですが、ちょっと気になりました。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント