えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

パソコンもびっくりした?

2008年05月31日 16時11分35秒 | 我が家
 東京出張前日の記事「セカンド」に、「出張中も記事をUPできるシステムを開発中でうまく行けば毎日UPします」と書きましたが、そのシステム、実はシステムと言うほどのたいそうなものではなく、留守の私に代わって妻に毎日自宅から完成未公開原稿をUPしてもらう仕組みでした。そのUPの仕方を妻に教えているのを「システムの開発中」と言った次第です。

 初日、妻はうまくUPしてくれましたが、二日目、UPしようとしてもネットにつながりません。息子や娘にも手伝ってもらったようですが。どうしてもダメでした。それで、「出張中も毎日でもUPする」と書いた手前、出張先の東京のネットカフェから、私が何度かUPしました。

 帰宅した夜、私が自宅のパソコンを開いてみると、それがなんと簡単にネットにつながりました。妻、娘、息子が何度やってもダメだったのに、何事もなかったようにスイスイつながりました。嘘のようです。

 では問題です。

 問1、ネットにつながらなかったことに妻は何と言ったでしょうか?
A、
 「いつもはおっさんが触ってるのに、若いきれいな姉ちゃん(司元の妻)が触って、パソコンもビックリしたんやろ」
B、
 「(いつもの司元と)違う人が触ったから、パソコンもすねたんやろ」

 問2、帰宅した私だとすっとつながったことにはなんと言ったでしょうか?
A、
 「またいつものおっさんに戻って、安心したんやろ」
B、
 「(いつもの司元で)パソコンも機嫌直したんやろ」

 正解者には抽選で一名の方に、最新のシャープ32型液晶薄型テレビ「アクオス」のパンフレットを差し上げます。


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

韓国かぼちゃ

2008年05月30日 18時25分33秒 | コリア
 先日も取り上げた韓国居酒屋「一歩一歩」で、「プサン鍋」(通称)を食べました。具の中に「韓国かぼちゃ」がはいっていました。

 名前はかぼちゃですが、形はやや太目のきゅうりみたいで、瓜のような味です。かぼちゃもきゅうりも瓜もウリ科ではあるのですが。

 その韓国かぼちゃ、ある人がこれはおいしいと、韓国から種を持ち込んで日本で栽培したそうです。一代目は韓国かぼちゃと同じような味、形に育ちましたが、二代目になると、少し形が変ってきました。そして三代目、日本のかぼちゃそっくりな味、形になったそうです。どこまでほんとか分かりませんが、気候風土に影響されて日本風に変っていったと言うことでしょうか。

 その話しを教えてくれた在日二世の方が、「人間も一緒や」と話を続けました。
 
 生野には在日韓国・朝鮮人の方がたくさん住んでいらっしゃいますが、もう三世、四世の世代に入ってきています。在日二世、三世、四世と世代が続くにつけ、日本の文化や社会に影響を受け、「日本人化」するのも自然摂理と言うことなんでしょうか。

 写真はその韓国かぼちゃ。
コメント (3)

山本能楽堂様能舞台の橋掛りの若松

2008年05月29日 13時01分49秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 山本能楽堂様の能舞台橋掛かり前面の三本松を収めさせていただきました。

 前回の移動式若松に続く納品です。
 山本能楽堂様の能舞台は国の登録文化財の指定を受けています。言わば日本の伝統文化財の一端を飾る仕事でした。

 主部材の造花・松の中国からの入荷が遅れやきもきしたり。遠近法に則って大中小と小さくなっていく三本松の枝振りの修正に苦心したり。前回の若松と同様、試行錯誤を重ねた造花・三本松でした。5月31日の80周年記念公演にも間に合いました。

 普段は当社の商いは造花を納品するだけですが、今回はメーカー様と一緒になって、ひとつのものを作り上げました。
 お客様からOKが出た時にはメーカー様と一緒に、ほっとしました。 

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

城北菖蒲(しょうぶ)園の入場料をフレキシブルに

2008年05月28日 20時51分32秒 | フォーラム・アイ
 大阪商工会議所東成・生野支部異業種交流会フォーラム・アイの自転車巡りが25日の日曜日にありました。

 生野から大阪城ー淀川べりー城北菖蒲園を往復する約30キロのコースでした。
天気も持ち直した曇り空で、とってもよいサイクリング日和でした。

 城北菖蒲(しょうぶ)園でのお話し。
 開園は前日でした。入場料は200円。見る価値があるか一緒に参加したAさんが、切符を売っているおばさんに咲き具合を尋ねました。

 Aさん
 「どれくらい咲いてんの」

 おばさん
 「2分咲きです」

 Aさん
 「ほんだら入場料も2割の40円でええやろ」

 おばさん
 「6月10日ごろが見頃なんで、すみません」
 と謝りながら、きっちり200円取りました。

 でも考えてみると、咲き具合によって入場料金を変えるのもとっても道理に合った商いかもしれません。満開の時は300円。その代わり二分咲きや散り初めの時は100円とか。結構受けそうです。

 ちなみにAさんは大阪のおばはんではなく、れっきとしたおっさんです。

 その自転車巡りで一際目を引いたのが、Kさんの愛車「オルカ」。フレームはスペイン製、タイヤはイタリアと自転車の本場ヨーロッパの一流品の組み合わせです。その値段。当日参加した他の参加者11人の自転車を全て買っても半額にも届かないほどと言います。
 で、盗まれるのが心配です。城北公園の駐輪場に止める際は、写真下のように周りに何重にも自転車を置いて盗難防止に努めました。写真中央右の白いサドルがそのオルカです。
 
 

 こんな変った連中とのサイクリング。楽しかったのは言うまでもありません。
 詳しくは高さんのHPをご覧下さい。
 http://www.inbong.com/2008/fi/fi-jitensya/

 写真を見てもらうと二分咲きの様子がよく分かります。それでもアヤメや杜若(カキツバタ)も植わっていて、十分見ごたえがありました。お薦めです。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

あまりに早い「うつりにけりな」

2008年05月27日 19時01分01秒 | お花
 ニューホンコン造花・営業本部流通センターの周りの掃除と草刈をしました。

 敷地内にアジサイが植わっています。東京出張に出かける前の今月半ばにはまだ葉と同じ黄緑様だった花が綺麗な薄青色に色づいていました。先日の嵐のような雨でしっとりと育ったのでしょうか。

 雑草刈をしているとコンクリートの隙間か小さな黄色い花が。可憐なので刈るのをやめました。
 掃除を終えてもう一度見ると、たった一時間前に盛りだった花があっという間にしぼんでいました。


 

 それにしてもあまりに早い「うつりにけりないたづらに」です、これほど早いと「わが身世にふるながめせしまに」さえできませんね。

 小野小町のこの歌、「花」は桜だそうですが。
 

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

ヨウムのヨウスケ

2008年05月26日 19時07分45秒 | 出張
 東京出張中のホテルでNHKのローカルニュースを見ていました。流山市での出来事です。

 オウムのように人の言葉を覚えるヨウム(写真はフリー百科事典『ウィキペディアから)の迷鳥が保護されました。そのヨウム、「流山市○○町○丁目○番○号、ナカムラ ヨウスケ」としゃべったそうです。

 警察が調べたところ、その住所に中村さんという方が実際に住んでいて、そのヨウムの飼い主でした。そして「ヨウスケ」は飼い主の名前でなくこのヨウムの名前と判明しました。「ヨウスケ」君、もちろん飼い主の元に無事戻されました。

 中村さんは数ヶ月前からヨウスケ君に住所名前を覚えさせていたと言います。念のいれよう、出来すぎた話です。

 おととい、東京出張から戻りました。出張中、飛び飛びの日記にもかかわらずご訪問いただきました「えびす顔の造花問屋社長からの手紙」ファンのみなさん、ありがとうございます。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

祖母と孫娘のネイルアート

2008年05月24日 21時38分07秒 | 我が家
 東大阪に住む姪がネイルアートの機械を持って訪ねてきた。
 おばあちゃんにもしてあげると言う。

 「そんなん、ええわ」
 と断っていたおばあちゃん(司元の母)も出来上がったのを見て、まんざらでもなさそう。
 
 

 
 
 どっちが姪でどっちが母か分かりますよね。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

こごみ

2008年05月23日 20時37分02秒 | 我が家
 ふるさとが信州の叔父から山菜の「こごみ」を頂きました。

 もしかしたら「こごみ」と気づかずに食べているかもしれませんが、意識して食べたのは初めてでした。

 妻がてんぷらとおひたしにしてくれました。
 先がクルクルット巻いていて、アワビやぜんまいのようですが、苦味が全くありません。あくっぽさがなく、あっさりしていてたいへん美味です。

 妻によると、スーパーでも時々売っているそうです。お試しあれ。

これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

吉村さん四川に到着、救助活動開始

2008年05月21日 22時20分38秒 | ドンキホーテ
 ヒューマンシールド神戸の吉村誠司さんが中国四川省にやっと到着、早速救助活動を始められた。

 その様子は、
 http://chikyunikki.spaces.live.com/
 をご覧ください。

 カンパの送金先も載っております。
 ご協力をお願いします。

 出張中の禁ブログを破って東京・浅草から。
コメント

会社のため

2008年05月21日 21時44分08秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 銀行のリストラで、数年前から外国為替業務が近くの今里支店から二駅離れた上本町支店まで行かないと出来なくなっています。その支店に書類を持ち込むのはもっぱら当社の社員でもある妻の役目です。

 上本町まで距離にして3、4キロ、自転車なら15分ほどですが、上本町は上町台地の「頂上」です。途中からきつい上り坂が続きます。

 妻、
 「今日は自転車で行ってきた」
 私、
 「何で電車で行けへんかったん」
 妻、 
 「(電車賃がいらず)会社と、地球環境のため」

 一番の目的はダイエットと思うのですが。
 

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

割れた街灯

2008年05月19日 19時49分58秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 季節造花やクリスマス・正月装飾造花をトラック二台分引きとっと日に、ちょっとしたトラブルが起きました。トラックの荷台上部が流通センターの街灯に当り、ガラスの街灯カバーが割れてしまいました。

 まだ少し割れ残ったガラスが街灯についていました。これが落ちると通行人が怪我でもしかねません。応急的に駐車禁止用のポールで街灯の直下に縄を張り、注意を呼びかけました。そして翌日、残ったガラスを取り除きました。後は専門の業者に新しいのをつけてもらうだけです。

 ほんとちょっとしたトラブルです。なにかことを進めると、このような大小様々な問題が必ず発生します。そんなのにどう早急に対応できるか。それも会社の力の一つです。


造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

セカンド

2008年05月18日 20時58分35秒 | 我が家
 息子が大学軟式野球の同好会で、セカンドで先発出場を続けています。

 私、
 「(上級生もおるのに)なんで選ばれたんや」

 息子、
 「顔かな」

 私、
 「さすが司元の息子やな」

 明日から東京出張です。いつもなら「えびす顔の造花問屋社長からの手紙」を休みますが、今、出張中でも投稿できるシステムを開発中です。うまく行けば今回の出張中も毎日、日記をお届けできるかもしれません。乞うご期待。
 
 「えびす顔の造花問屋社長からの手紙」は掲載基準が高く、陽の目を見ないでボツになったままの完成原稿が半月分ほどあります。それらを使って日記を更新しようと言うこんたんです。

 出張中は仕事に集中するために、「仕事以外のメール発信とブログ投稿の禁止」を続けていますが、その掟を破らないですむし、何よりボツ原稿の救済になります。禁ブログのためコメントへの返信は出来ませんが、ご容赦下さい。

 で行ってきます


これから先は宣伝です

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

造花ガーランドで関西大学のり面の緑化

2008年05月17日 23時19分40秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 大阪・吹田にある母校・関西大学ののり面緑化用造花ガーランドを納品させていただきました。
 
 アイビーやポトスなどの造花ガーランドを施工業者に納品しましたが、完成したのり面はまだ見ていません。うまく飾られているのか心配と期待があり、同大学に通う息子に写真を撮ってきてもらいました。

 右方向から斜めに光が差し込んでいるのが分かるでしょうか。こののり面の上は通路になっていて、つまりは橋の下で一部が陰になってしまいます。で、生のグリーンだと枯れてしまう恐れがあり、当社の造花グリーンを採用していただきました。

 写真では細部までよく分からないのですが、密集具合もそこそこでまずますご満足いただけているんじゃないでしょうか。近く大学に行く用事があるので確かめてきましょう。

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

中国の方へのシンパシー

2008年05月16日 23時04分04秒 | ドンキホーテ
 中国四川省の大地震の被害が報道などで徐々に明らかになってきました。
 被害甚大です。
日本の救援隊もやっと現地に入りました。

 私がしたこと。

 救援寄付
 ホンコンの取引先にお見舞い(シンパシー)メールの送信
 このブログでの呼びかけ
 成都へ向かう吉村さんへ応援のメッセージ
 関心を持ち続ける


 そのホンコンの取引先から返信が二通届きました。要約しご紹介します。

 Aさんから
 「お見舞いとお悔やみありがとう。疑いなくこの大災害は世界各地に伝わっているに違いない。実際、中国政府は人命救助に尽くしている。私たちはこの大震災から出来るだけ早く復興することを願っている。一方、中国とホンコンの全ての人は被災地を助けるために募金を始めている。私たちは被災された人達に祈りをささげるしかない。命は尊いがいつかなくなる。私たちは命を尊重し、生きていることを幸せに思わないといけない」

 Bさんから
 「お見舞いに感謝する。たいへん大きな地震が四川省で起き、多くの人命が失われた。ホンコンでは被災者を助けるためにたくさんの寄付が行われている。彼らが出来るだけ早く立ち直ることを祈っている」


 広い中国では、今回の地震に関わらず日本より規模が数段大きい自然災害がちょくちょく起きています。しかし、その地域から遠く離れたホンコンの方が、「全ての人が募金を始めている」と表現するほどシンパシーを感じられる災害はなかったんじゃないでしょうか。
 四川省の大地震は中国の方にとってもそれほど大きな災害です。隣国の住民としてできることは限られていますが、その一つでも二つでもしましょう。
 

 かすかな希望を抱いて。


 

 

 
コメント

能の若松

2008年05月15日 20時44分53秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 大阪の有名な能楽堂様から舞台に飾る「若松」のご注文をお受けしました。

 当社は造花の輸入卸売り問屋ですので、加工部門はありません。製作は奈良のメーカーに依頼し、こちらは造花若松の提供とお客様とメーカーとの橋渡しの役割を担いました。

 当初、そこそこ出来ると思っていたのですが、試作を作っていくとたいへん難しいのが分かってきました。結局、奈良のメーカーに作りなおしてもらった上、最後の仕上げは豊中の別のメーカーに頼みました。

 何度もメーカーに足を運ぶなど苦労しましたが、若松はお客様にご満足頂き、新たなご注文を頂きました。

 今回は演目によって舞台を飾る移動式の若松で、どちらかと言うと小ぶりで簡易なもの一本でした。次のご注文は「はし掛り」と呼ばれる舞台左の渡り廊下を飾る「一の松、二の松、三の松」で、より大型でしっかりしたもの3本です。

 難しい作業になりそうですが、お客様にご満足いただけるよう作り上げたいものです。

 写真はそのサンプルの生の若松

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント