えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

3.29毎日新聞の書評欄は大漁

2020年04月09日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 これといって予定がなくゆっくりとした日曜日の朝、新聞の書評欄を時間を気にせずに読める時はうれしい。さらに自分にとって興味深い本が並んでいると、至極の極み。3月29日日曜日の毎日新聞の書評欄はそんな趣でした。

☆岩井克人「欲望の貨幣論」を語る 
 NHKBSスペシャルで放送された番組をまとめています。「貨幣はモノではなく、法制度でもない。将来モノを買える可能性のこと」と。目から 鱗が落ちる開設でした。しかしこれを読んで妻に、「貨幣ってなに」と尋ねると、あっさりと「物を買うもの」と。私より数段も本質を見抜いています。
☆戦国、まずい飯!
 戦争に明け暮れてた世の中では、携行性、保存性、栄養価が重視され、「飯はマズい!」。日本のアイデンティティは、「戦争が強 い」や「金儲けがうまい」に置かず、「飯が美味い」にと。
☆スミス・マルクス・ケインズ
 平和を求めるスミスは重商主義を批判し、貿易収支の黒字を求める愚を指摘した。マルクスは貨幣が資本として投資され、生産設備 になり商品を作るなど、回転することでその目的の利潤を生むと。前出の「欲望の貨幣論」の「貨幣」と話がつながりました。
☆パンと牢獄
 中国当局に投獄されたチベット人政治犯とその家族の亡命物語。中国の少数民族への人権侵害の事実を記憶によみがえらせました。
☆失礼な日本語
 毎日新聞校閲センター記者による適切な日本語の指南書。首相官邸ホームページを題材にその失礼さを紹介。具体例一つでも欲し  かった気がします。書評欄にそれを求めるのは、愚の骨頂なんでしょうが。
☆イスラーム学
 イスラームの宣教が届かず無信仰で死んでも、救済されうる可能性がある。イスラームは普遍主義だが信仰を強要しない。他宗教の 信仰と自治も認める。真のグローバリズムだと。
☆脱プラスチックへの挑戦
 こちらもNHKBSスペシャルを紹介する本。人は毎週、クレジットカード一枚分に相当する5グラムのプラスチックを摂取している可 能性があると。日本は一人当たり世界で二番目にプラスチック包装容器を廃棄している。過程で分別されたプラごみの多くが結局焼 却され、CO2となって飛散している。リデュース(削減)を目指そうと。
☆人と思想三島由紀夫
 三島最期の作品となった「豊饒の海」の一文「庭は夏の日ざかりの日を浴びてしんとしてゐる。」を三島由紀夫の生涯で最高の銘文 と説く。潮騒、金閣寺ほどしか作品を読んだことのない私には分かりません。しかし、何となく雰囲気だけは感じました。 

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

五輪銅メダルの岡本さん生野でお話

2020年02月13日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 IKUNO・多文化ふらっとの第二回シンポジウム「大阪市生野区 X 多文化共生 X  大学 -子どもの育ちと教育を考える」を16日(日)午後2時から、大阪市立御幸森小学校で開きます。生野区では西部地域の12の小学校が4校に再編される計画です。その跡地を利用してよりよい子育て、街づくりを果たそうと地元で議論が進んでいます。その一つのコンセプトが多文化共生の町づくりです。そこに大学の知と連携できないか。そんなことを探ります。

 独自の教育論をお持ちのシドニー五輪のテコンドー銅メダリスト、岡本依子さんもパネラーで参加します。面白いお話が聞けそうです。生野の方はもちろん、子育て、教育、街づくり、多文化共生に興味をお持ちの方はぜひともご参加ください。私も参加します。

 日時 2月16日(日)午後2時から4時半
 場所 大阪市立御幸森小学校体育館 (生野区桃谷5-5-37)
 パネラー 山口洋典さん(立命館大学准教授)
      岡本依子さん(シドニー五輪銅メダリスト)
      武田緑さん (教育コーディネーター)
 主催 IKUNO・多文化ふらっと
 入場無料

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

万葉歌は今時なら演歌

2020年01月25日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 1月の飛鳥史学文学講座(関西大学飛鳥文化研究所主催)は関西大学文学部教授・村田右富実先生の「歌から見る斉明朝」でした。

 そのお話しの中で斉明帝が幼く亡くなった孫、健王(たけるのみこ)を偲ぶ挽歌が出てきました。
 「山越えて 海渡るとも おもしろき 今城の内は 忘れゆましじ」
 健王が亡くなって間もないうちに、飛鳥から紀国へ行幸する際の歌で、「山や川を越えて今城(今の吉野辺り?)を過ぎるまでは健王のことを忘れることはできなかった。」というような意味だそうです。ただ、この中にある「おもしろき」の意味が難解だと。この当時、「おもしろき」はまさしく面白いことにしか使われていなく、どうして挽歌に使われたのか分からない。一つの考え方として、当時歌は、今で言う演歌のように歌われていて、新しい言葉の使い方として「おもしろき」を使ったのではないかと。

 その話を聞き頭を巡らせて浮かんだのが、コピーライター糸井重里さんのキャッチコピー「おいしい生活」。おいしいという言葉はそれまで食べ物にしか使われてこなかったのを「生活」の形容にまで使いました。ほんとに「新しい遣い方」です。そんな挑戦を万葉の頃からしていた、そう考えたらとても「おもしろき」です。

 さらに考えると。これは前にもお話ししましたが、恐ろしいを表現する「凄い」が現在、「素晴らしい」という意味でも使われる。転じて、ちょっと前の女子高校生らが否定的な「ヤバい」という言葉を、「チョーヤバくない」などと誉め言葉にも使っていた。こんな言葉の変遷にも頭を巡らせてしまいました。

 来年の飛鳥史学文学講座でも村田先生の講義があるとかないとか。再びお会いできれば、そんなお話もしてみたい。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

私の履歴書・澤部肇氏

2020年01月02日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 日経新聞朝刊の「私の履歴書」、昨年12月はTDK元会長の澤部肇氏でした。前月の化粧品会社創業者のも勉強になりましたが、今月も私にはピカ一です。矢印から先が学んだことです。

 トップに隠して米国の乾電池メーカー買収を進めていたのがばれてとん挫した件、振り返ると正面を切って進めなかった後味の悪さが残る。→正攻法の大切さを学ぶ。
 ルクセンブルクの子会社のトップの時には意思疎通に苦労した。「聞き返す」という単純な対策を覚えてましになった。→当社でもよくあること、取り入れようと。
 本社ビル購入を社長に進言したら「先行投資は人にするもんや。資産を持ったら本業が背水の陣でなくなる」と。→投資の仕方の手掛かりに。
 150億円の損失を出し、報酬返上で乗り切ろうと弁護士に相談したら、「それで150億円になるんですか」と突っ込まれた。→失敗した時の社長の責任の取り方。
 リストラの際、「手柄にするな、人の心を大切にせよ」と指示し、従業員に最大のリスペクトを払った。→社員への思いやり。
 上司から「あほは人の2.5倍やって人並み、3倍やって何とかなる」。→もっと頑張らないと。
 そんな人事を尽くしてもなお、「経営者が結果を出せるかどうか、7、8割は運」と。→その謙虚さと商いの難しさ。

 学ぶこと多々です。今年一年、澤部さんの爪の垢を煎じてでも飲む気持ちで経営に励みましょう。
 ほとんど家庭を顧みず、功成り遂げられた半面、犠牲になされたことも多かったのだろうかとも思いながら。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

聖徳太子と達磨と鹿の角がつながって

2019年09月24日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 先日の手紙で、飛鳥史学文学講座で教わった聖徳太子と達磨さんの怪しげな関係についてご紹介しました。その話が、先日の関西大学千寿会の観月会で来賓の関大名誉教授のT先生のお話をお聴きし、奈良の鹿の角にまでつながりました。

 達磨寺が一時逼塞したのは奈良・興福寺の焼き討ちにあったからです。奈良に一大勢力を持つ興福寺は、その奈良に天台系の寺があること自体に不満を持ってて、焼き討ちにしました。それを室町時代に足利将軍が再興。そしてその後、徳川時代に入ると、徳川家康が、達磨寺に年30石を与えました。同じその徳川時代、江戸幕府の奈良代官は興福寺の勢力が豪勢なのが気に食わない。少しでもその勢力を弱めようと、鹿の角切を始めます。鹿を神聖なものとする、興福寺への面当てです。

 徳川家康がわざわざ達磨寺を支援したのも、興福寺が我が物顔の大和に「他宗派の寺」を存続させるのが目的。達磨寺はさぞや興福寺の目の上のたんこぶだったんでしょうね。

 これで、聖徳太子に達磨寺、そして鹿の角までがつながりました。

 ほんまに歴史はおもろいでんな。
 
 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

興福寺と春日大社に響く声

2019年09月20日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 その関西大学千寿会の今年の観月会は、奈良、興福寺と春日大社を巡った後、菊水楼さんでの観月の夕食会でした。小さいころの興福寺は五重塔とその横に祠がある程度。しかし昨年、大きな中金堂が落慶し威容を誇ります。初めて中まで見学させてもらいました。春日大社も、ほとんど参観した思い出がありません。奈良というと奈良公園、興福寺、東大寺、そして三笠山が私にとって代名詞。

 興福寺は藤原氏の氏寺、春日大社は藤原氏の氏神。藤原氏が隆盛な頃は壮大な権力を誇ったようです。春日大社はその面積が甲子園球場二十数個分、国宝、重文は数百を数えます。宗教施設であるとともにとてつもない歴史遺産です。

 その二つをじっくりと見学でき、よい観月会になりました。中秋でもあり外国人客がとても多くみられました。しかしながら韓国語はほとんど聞かずじまい。日韓の関係が冷え切っているのを、こんなところでも実感しました。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント (2)

輝さんと南光さん

2019年08月16日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 宮本輝さんの長編小説「流転の海」全9巻が37年をかけて完結、宮本ファンの桂南光さんとの対談が先月20日の毎日新聞夕刊に載っていました。

 「ただの水じゃないかっていうような文章で、読んでいくと『あれっ、腰が抜けるぐらいきつい酒だった』」
 「この辺で笑わそかな、という気質が出るんですね」

 流転の海は発売当時に第一巻を読んだだけです。でも宮本輝ファンとして、作家の生の声が聴ける嬉しい紙面でした。

 比べるのも当然に憚れますが、私のSNSでの駄文は、
 「たまに腰が抜けるきつい酒じゃないかと思わせる文章があっても、読んでいくとただの水だった」
 なんでしょうね。

 「この辺で笑わそかな、という気質は出てるん」と思うんですが。そのところは大作家と同じです。

 この手紙も含め。あしからず。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

経済学と時事問題

2019年05月30日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 異業種交流会・トナカイ倶楽部で、中小企業診断士の西内裕次朗さんのお話し「経済学を使って最近の時事問題を考える」を聴いてきました。箇条書きで感想を。

*グラフ
学生時代に習ったんでしょうが、グラフの棒線が横に移動する見方驚きました。
それほど無知だったんですね。

*インフレにしたら、経済が成長するについて。
確かに経済は成長するでしょうが、インフレになるほど国の借金が帳消しになる。
政府はそんなことも考えているんだろうな。

*経済を成長させるために金利を下げるについて。
金利を上げながら経済成長させる手はないのだろうか。
私なんかはいくら金利が安くても、景気が悪くなると思ったら
借金をしてまで設備投資や仕入れを増やしません。
少々金利が高くても、景気が良ければ借りて次の一手を考えます。
借金をする時の金利は補助的な要因です。
(アパホテルさんは景気が悪い時にこそ投資をされて成長されているそうでが)
金利が上がると、お金持ちは貯金していても利子が高くて、使う。
1億円貯めて利息が3%なら、300万円。ちょっとぐらいつかんんじゃないでしょうか。
他の方だって、いくらためても利息がつかないなら、将来に希望が持てず
余計に財布のひもを締めるんじゃないでしょうか。

*輸入関税は国全体にとっては価値の縮小になるに関して。関税だけでなく為替相場もその原因。
例えば本当に大雑把ですが、トヨタさんが30兆円売って3兆円の利益を出しました。
しかし為替が1ドル=110円から1ドル=100円になれば、その利益はふっ飛ぶ。
しかし半面、輸入価格が3兆円分下がって、日本の消費者は3兆円分得をする。
造花の輸入を生業にしているので、ついついそんな風に考えてしまいます。

*貿易を活発にすると世界全体が潤うについて。
10年ほど前に、出身の小学校で自らの仕事を紹介する授業があり、
5年生に「貿易の仕組みや働く目的」についてお話ししました。
その際、西内さんと同じように自由貿易をすると世界のみんなが豊かになる話を、
「パン(小麦)とぶどうジュース(葡萄酒をもじっています)」でしました。

A国に兄弟がいて兄は小麦、弟はブドウを作っている。
B国にも兄弟がいて同じく兄は小麦、弟はブドウを作っている。
但し気候が違うので、1年間でA国ではパンが4個、ジュースは2本
B国はパンが2個、ジュースは4本作られる。
少し余ったパンとジュースをそれぞれ一個ずつA国とB国で交換すると
それぞれが、パンもジュースも1.5個ずつ食べられる。

さらに「どうしたら皆が一人当たり、パンが2個、ジュースが2本ずつ
食べられるようになるのか」と50人ほどの子供らに質問しました。
するとなんと一人の女の子が手を挙げて、正解を。
「A国の兄弟二人とも小麦を作って、B国も二人ともブドウを作って交換する」と。
答えは出てこないだろうと思っていたので驚きました。
教室の他の子供らは一舜きょとんとしましたが、合点すると一斉に拍手をしました。
あの賢明な女の子はまだ学生さんでしょうか、もう社会人になってるんでしょうか。
どんな女性に成長されているのか、一度お会いしてみたくなります。
先生って、こんな気持ちになるんでしょうね。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

児島襄著「天皇と戦争責任」

2019年05月21日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 天皇の代替わりを機に、天皇についての本を読み進めています。児島襄著「天皇と戦争責任」もその一つです。第二次世界大戦終戦前後の「天皇の戦争責任」を巡る日本とアメリカの動きを、主にアメリカ側の資料を基に明かそうとしています。

 日本の敗戦とアメリカによる占領があったのにもかかわらず、天皇の戦争責任が追及されず、さらには昭和天皇が引き続き在位し天皇制が残った理由を、「アメリカの占領政策を推し進める上で、天皇を置いておく方がよい」と巷で言われている話を、当時の資料で立証しています。そこをさらに深く追求。アメリカは新憲法草案を作る中で、「いくら天皇廃止の憲法を作ったとしても、日本国が天皇を支持するなら、その憲法が日本国民の手で修正される。それなら日本国民が許容できる範囲での憲法、そこには天皇制が残る憲法を最初から作っておくべき」と、意図したと。当時の日本では、いわゆる日本人の相当多数が天皇制を支持していた事実の裏返しです。

 代替わりを機に行われた毎日新聞の世論調査では、74%が天皇制を支持し(5/3付朝刊)、73%が現天皇を肯定し(5/20付朝刊)ています。あの戦争が終わっても、天皇は残るべくして残った。それが今も残るべくして残っている訳ではないでしょうか。日本の敗戦とアメリカの占領という最大事が起きても変わらなかった天皇制は、どのようにして修正されるのか、雲をつかむような気にもなってきました。

 少なくとも、世論の大多数を占める方々に否定派の反対の理由をぶつけるだけでは、反感を買うだけで変化は起きないでしょう。
 
 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

5/4紀伊国屋書店の今更

2019年05月17日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 その十三へ映画を観に出かけた帰りに、梅田の紀伊国屋書店によりました。久しぶりにあまり時間を気にせずに立ち寄れました。お目当ての本があるわけではありません。事業継承のコーナーと天皇即位や改元、天皇制についての書棚を主に見ました。

 事業承継は、前回に立ち寄った時に見つけていましたが、前回は時間がなくあまりよく見られませんでした。今回ゆっくりと本を物色、良さそうな本もありましたが、読む時間を考え結局は買いませんでした。天皇関連は、さすがに即位や改元に関する本はたくさん見かけました。しかし、天皇制となるとほとんどありません。

 昭和から平成に変わる時にいくばくかを買い求めた我が家の本棚の方が充実してそうです。天皇制云々は今更なんでしょうね。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

事業承継セミナー

2019年04月08日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 先日、相続と事業承継に関するセミナーに参加しました。税理士法人さんのセミナーなので、株の贈与や相続に関する納税猶予の特例措置についてのお話が中心かと思っていました。その手のセミナーは二度ほど受けていて、その都度、依頼を受けたい税理士さんの気持ちが表れるのか、もしくはまだ慎重な検討がなされる前だったのか、「良い制度で期限も限られている。早めに申し込め」と。また薦められるのかと。しかし中身は違いました。特例措置の話は少しだけ、それも適用は慎重にと。これだけで信頼できます。

 聞けば、この税理士法人さんは設立当初から事業承継と相続を専門にされていて、講師の方も銀行で10年以上にわたって事業承継を担当されていたと。信頼できて、ご経験も豊富。いつかさらに深いところをお尋ねしに行く機会があるかもしれません。 

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
 
コメント

刑事の涙

2019年04月03日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 友人のお父さんが書かれた「刑事の涙 京舞妓殺人事件捜査本部」(中園修二著、ライティング発行)を読みました。題名通り京都を舞台にした舞妓さんの殺人事件です。

 著者の中園さんは京都府警の捜査一課長も務められた、たたき上げの元刑事さんです。捜査一課は刑事警察の本流中の本流。能力はもちろん人望もなければその一課長にはなられません。それも所轄でなく本部の一課長ともなれば、刑事のあこがれの的。そんな経歴の方が、自らの捜査員時代を振り返る著書はとても珍しいでしょう。推理小説のようなトリックやサスペンスドラマのようなどんでん返しこそありませんが、細部にまでこだわった描写は安心して読ませます。

 前職の新聞記者だったころ、お付き合いのあったお巡りさんのほとんどは正義感が強く、「悪者を退治し弱いものを助け世の中を良くしたい」、そんな方々でした。記者も同じです、「記事を通じて社会を良くしたい」そんな記者が多くいました。しかし中には、そうでない方も。良いお巡りさんと悪いお巡りさん、良い記者と悪い記者も登場します。この辺のところもうれしい。

 そして刑事ドラマの体裁をとりながらも、実は「上司とは、部下とは」にまで話が及んでいます。リーダー論、組織論を楽しみながら学べます。部下を持つ身にはとても勉強になりました。

 お薦めの本です。アマゾンでも買えますので、ぜひ。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

マダンの児、毎日新聞で紹介される

2019年04月02日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 先日、この手紙でもご紹介しました「マダンの児」(朴禮和=박예화/パクイェファ著、ケイビーエス)、が、先月26日の毎日新聞朝刊で大きく取り上げてもらっています。厳しい世情の中、何かほっとさせる本の中身と同じように、記事も朴さんの前向きで明るいお人柄を映し出し希望を抱かせます。

 ぜひお買い求めください。アマゾンで販売しています。

 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%90-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%A9%BA%E3%81%AE%E4%B8%8B%E3%81%A7-%E7%A6%AE%E5%92%8C-%E3%83%91%E3%82%AF-%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%A1/dp/4991015804/ref=sr_1_fkmrnull_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%85%90&qid=1553592231&s=gateway&sr=8-1-fkmrnull 

 司元にことづけていただいてもかまいません。
 よろしくお願いします。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
 
コメント

30億が6億に減る覚悟

2019年03月24日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 先日、事業承継に関するセミナーに参加しました。食品会社の会長が、先代から事業を引き継いだいきさつ、息子に事業を引き渡したいきさつを語られました。

 特に印象深かったのは、もともと食品卸で年商30億円売っていた会社を、食品製造に業種転換6億円まで下がるの英断し実践した、決断力と実行力です。そういう決断をせざるを得なかった業績の悪化もあるのでしょうが、大手の寡占が進む中、中小食品卸売業の芳しくない見通しを見極められた眼力に敬服します。

 その後、いろいろありながらも成長し、今は卸業の時に近い25億円の売り上げがあり、息子さんに代を譲られたそうです。よく似た売り上げ額でも卸と製造、その利益の中身には大きな違いがあるでしょう。

 話の中で、「減らしてこそ生み出せるものがある」。肝に銘じないと。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

「ヒロシのロケットパンチ」

2019年03月12日 14時46分18秒 | 本・セミナー
 みなさん こんにちは

 先月のことだったでしょうか、天満橋のドーンセンターでのある集会に向かう途中、大阪マーチャンダイズ・マートビルを通ると、絵本の絵画展が開かれていました。ちょっと時間があったので中に入ると作家の亭島和洋さんもいらっしゃって、素敵な絵なので絵本を一冊買いました。

 それがこの「ヒロシのロケットパンチ」。手がロケットパンチになった友達のロケットを勝手に飛ばしてしまい、それを探しに行く姉弟のお話です。素朴な絵に素朴な言葉が綴られていました。

 通りすがりの「お店」で素敵なものに出会う。ちょっぴりウキウキします。
 絵本は孫にあげよ。

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント