えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

ビニール袋に包まれたお線香

2012年09月30日 14時46分18秒 | 我が家
 東日本のみなさん こんにちは

 自転車でたった10分なのに、お墓参りはお盆、春秋のお彼岸そしてお正月前の年四回だけ。それでも何かと忙しくてやっとこさです。

 先日の彼岸も22日~29日まで関東出張。出張前は準備や段取りで忙しい。そんな中、何とか墓参りの時間を予定に入れていました。しかし忙しさについ忘れてしまっていました。

 その時、妻が
 「はい、お線香」
 とビニール袋に包んで渡してくれました。思い出してお墓参りをすませました。
 ありがたい。

 ということで、台風接近前の昨夜関東出張から帰阪しました。 

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

大阪市民の品位に欠ける

2012年09月29日 14時49分01秒 | ドンキホーテ
 東日本のみなさん こんにちは

 橋下・大阪市長と朝日新聞の女性記者が、来阪された元慰安婦の方との会見を巡って論争というより口げんかをしました。その記者は橋下市長が元慰安婦の方と会見をしなかったことに関して「ふざけんな 出て来い」と挑発、いろいろなやり取りを経て橋下市長は「イヤー楽しみだ、阿久沢記者との論戦。それにスチュワーデスの格好で記者会見に行きましょうか?だって。おー、来い来い。あのなー、どれだけあんたは自信過剰なんだ。あんたのスチュワーデス姿なんて場末のラウンジのお化け祭り以下だぜ。絶対に着て来いよ!」と応えました。

 記者の言葉も常軌を逸しています。しかしながらその態度にこんな表現で応える市長、言葉尻をとらえる気持ちはないつもりですが、品位にかけます。私自身、他人のことを偉そうにいうほど品があるわけではありませんけれど、市長に選んだ大阪市民の一人としてとして恥ずかしい。

 そのやり取りの詳細は以下をご覧ください。

 http://togetter.com/li/379503
 
コメント

鬼のいぬ間にのお店で見つけたパルパル、もらっとけばよかった

2012年09月28日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 鬼のいぬ間に訪ねた東寿司さんに置いてあったマッチです。1988年はソウル五輪の年。当時それにあやかって「88(パルパル)」と名乗るお店をちょくちょく見かけました。
 このマッチのお店もその一つ。今里新地で流行の店だったそうです。それが数年前にやめることになり、親しかった東寿司のご主人にマッチを譲ったたと。

 パルパルの頃は日本もバブル真っ盛り。マッチ一つですが、そんな時代を表していると思うと、もらっとけばよかったと後悔してしまいます。もらったってほとんど役にも立たないのでしょうが。

 これは、また東寿司さんへ行けってことでしょうね。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

観念的平和主義者と言われようと「半歩下がって」

2012年09月27日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 東日本のみなさん こんにちは

 今月初めの毎日21世紀フォーラムで著名な政治評論家が、「自民党総裁選は石石対決(つまりは石破さんと石原さんの争い)になる。安倍さんは出ても総理経験者として相応しくない議員票しか集められないので、どこかで降りる」というようなことをおっしゃっていました。それが開けてみると、自民党員票が石原さんと安倍さんの命運を分け、安倍さんが決選投票に。そして石破さんにも勝ち自民党総裁に。この著名な評論家さんもそこまでは読めなかったのでしょう。

 それにしてもこの党員票の出具合。尖閣列島や竹島、さらには北方四島で隣国との領土争いが過熱化している時期だけに、防衛に強い石破さん、タカ派と目される安倍さんへ票が集まったのでしょうか。そして、その自民が政権を奪取し安倍さんが総理になったなら、中国や韓国の強硬姿勢が日本の強硬姿勢を導く「やぶへびになった」とも言えるかもしれません。そしてそれがさらに中国、韓国の「やぶへび」を生んで・・・。そんなことは絶対に避けたい。

 2005年に日中の関係がおかしくなったころの当ブログの記事を再掲載します。観念的平和主義者と言われようと。

 北海道でアイヌの人たちと一緒にナショナルトラストを続けているNPO法人チコロナイの武田繁典副理事長が来阪し皆で集まった。山林買取の現状、森の手入れの状況、アイヌの方々の文化や伝統などについて楽しく話した。

 チコロナイとは直接関係がないが、同じく理事の松山五郎さんが興味あるお話をされた。気孔の師匠にあたる曽広鍔先生がお亡くなりになり、ご遺族のお手紙が中国から届いた。曽先生のお人柄を表すエピソードが書かれていた。

 「自分が絶対に正しいと思っていても、一歩下がって相手に譲れ。一歩退いてわだかまりを解け」

 曽先生が信条にされていた言葉で、私はお目にかかったこともないが、先生の人となりをよく知る皆は納得した。
 「一歩下がらずとも、半歩下がって」 こんな生き方ができないだろうか。

 本で読んだりほんの少しの当事者の方から聞いた話によると、戦後のわが国軍人捕虜に対する中国政府の対応は、ソビエトや他の諸国のそれとは違った。憎しみや恨みを越え人間的に扱った。曽先生のこの言葉が連なる。
 今、日中関係が政治的にギクシャクしている。半歩下がってわだかまりを無くせないだろうか。


参考
B、C級戦犯の人数とその処分

アメリカ、イギリス、オーストラリア、オランダ、中華民国(台湾)、フランス、フィリピン計
合計 5690人
内 死刑  971人
内 終身刑 479人
内 有期刑 2953人
内 無罪  1049人
内 その他 238人
(「潮」1976年8月号「いまだ語らず」岩川隆)

中華人民共和国(中国)
合計 1062人
内 死刑  なし
内 終身刑 なし
内 有期刑 45人
内 無罪  1017人 
(中国帰還者連絡会)
コメント

来世も隣の席は空けておくから

2012年09月26日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 楽しい人たちの集まり「友遊会」で、セールスレップコラボ社長・服部武司さんのお話を先日お伺いしました。七転び八起きを地で行く波乱万丈の人生で、72歳になられた今も意気軒昂。その経験から語られる「腹を据えてやったら筋書き通りでなくても思いがけない結果を生む」は肝に据えておこうと思いました。

 堀部さんのお話もたいへんためになったのですが、その後の食事をしながらの交流会でお隣に座られた73歳の女性のお話がさらによかった。

 50歳代に夫を大病で亡くされました。夫が治療中は献身的な看病を続けていらっしゃったそうです。病床の夫が亡くなる3日前に
 「今までありがとう。来世も絶対一緒になってや。隣の席は空けとくから」
 と手を握って語りかけてきたそうです。
 その時、この人が亡くなっても再婚せずにずっと1人でいようと決心され、今もお独り身だと。

 この感動的なお話を妻にしたら、
 「そんなこと絶対ゆわんといてや」
 
 どういうことでしょうか。

 写真正面、こちら向きが堀部さん。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

鬼のいぬ間に3

2012年09月25日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 父母と妻が一泊旅行に出かけた次の日の夕食も私一人でした。それでまた「鬼のいぬ間に」もう一軒。こちらもずっと行きたかったラーメン店「天洋」さんにでかけました。

 我が家から自転車で5分ほどの今里筋沿いにあります。区役所や生野郵便局に行く時など必ず通りますが、機会がなくここも初めて。

 濃い豚骨だしにチャーシューも蕩けるほど脂がのっています。それにニンニクもふんだんに。ええ年になってきましたが、たまにはこんなにこってりのラーメンもいい。ビール中瓶とで1000円ほどだったでしょうか。

 鬼のいぬ間に、楽しんだのはいいけれど、この二日間で体重が2キロは肥えました。
 また「鬼のいぬ間」けえへんかな。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)   トラックバック (1)

鬼のいぬ間に2

2012年09月24日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 鬼のいぬ間に串屋さんを訪ねた夜、こちらもずっと行きたかった近鉄線今里駅裏のお寿司屋「東寿司」さんに寄りました。

 今里は近鉄線ガードの南側が生野区、北側が東成区です。我が家はそのガードのすぐ南なので東成区までは直線距離で50メートルほどでしょうか。それでも区が違うだけで何かしら東成には足が向きません。

 この東屋さん、隣は生野なのですが東成側。で今里に何十年と住んでいても行ったことはありませんでした。

 入ると、私より少し年配の主人と奥さん、そしてお母さんの三人で切り盛りされています。客は今里に会社があるという同年代のサラリーマンが1人でした。

 父の代から50年続いていると。こんなに近いのに初めてと話すと、そんなお客さんも多く、逆に主人も生野の方にはあまり縁がないと。行政区の違いだけで人の交流もとても変わるもんです。

 握り一人前にウニの軍艦、鉄火巻き、麦焼酎水割り2杯で2500円ほどでした。
 写真から分かるでしょうか。やさしいお寿司です。

 これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

鬼のいぬ間に

2012年09月23日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 先日、父、母、妻らが姉妹らと彦根に一泊旅行に行きました。その日は息子もおらず私一人に。「鬼のいぬ間に」です。

 夜、お腹がすいた八尾の流通センターからの帰り道にいつも通るので、ずっと行きたかった近くの串屋さんに足を運びました。カウンターが少しと4人がけのテーブル席がふたつ、10人も入れば窮屈な小さなお店です。

 ほとんどが常連さんなのでしょうから、暖簾をくぐってお店に入るとご主人、ちょっと怪訝な顔をされました。母と幼稚園か小学生の男の子二人の親子、30後半の男性、そして年配の男性が帰ろうとしているところでした。

 頼んだのは串適当に5本と中瓶。串が出されるまで持ってきた夕刊を読んでいると親子連れの会話が聞こえてきます。今日学校でどんなことがあった、好きな子はいるのか、何々君とはよく遊んでいるのか、お母さんがたわいのない話を子らと続けていました。

 30代の男性が、私の料理が出てくるまでに帰って、この親子も少しして帰りました。そのあと、店主と話をすると、3人の親子連れは奈良の奥からDVで逃げてきていると。母は昼間に働いていて、たまに来ると。こんなところ(飲み屋)に子どもを連れて来て晩ご飯とは、とちょっと思ったりしていましたが、その事情を聴いて「頑張って」とエールを送りたくなりました。

 中瓶とで1250円ほどだったでしょうか。

 これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

落ち鮎をもらって

2012年09月22日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 「もうシーズンもすんでいるから、味が落ちてるかもしれないけれど」

 といって、この夏4回目の鮎を頂きました。「落ち鮎」と呼ばれるのでしょうか、頂いたのの多くが子や白子をはらんでいました。これはこれで格別なお味です。父はこちらの方が好きなようです。

 頂くのは娘が嫁いだ先からです。三重・津に住む娘の義理のおじが鮎釣が大好きで、夏場は毎週、名張の方に出かけます。早朝から釣って夕方、津に持って帰り、それを娘の義理の母が近鉄特急に乗ってわざわざ大阪まで持ってきてくれます。電車賃だってばかにならないのに。気を遣ってもらって本当にありがたい話です。

 こんなお付き合いが長く続きますように。

 これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

豊橋の水があって

2012年09月21日 14時46分18秒 | 我が家
 東日本のみなさん こんにちは

 愛知・豊橋で暮らす娘が先日帰ってきました。せっかくなので妻と3人で近くの料理屋さんに行きました。向こうの様子を聞くと、そこそこ以上にうまくやっているよう。

 私、「頭痛は」
 娘、「それがないねん」
 私、「腹痛は」
 娘、「それもほとんどないねん」

 我が家にいる時はよく頭痛や腹痛で悩んでいたのに。

 どんだけ我が家は「住みにくい家」だったんでしょうか。それより豊橋の水がとてもあってるってことでしょうね。

 それにしても、安心しました。

 この連休にその豊橋に妻と訪ねてきます。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

訪問者が急に減っても

2012年09月20日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 このブログ、週平均で一日200の訪問者数を維持してきたのですが、先週、久しぶりにそれを割り込みました。しかしながらgooブログランキングの順位を見ると3週前の一日平均200を超えていた時とほぼ同じ、ほんの少しですが順位が上でした。

 以前も一日平均250~300の訪問者があったのに、一気に200以下に落ちました。その際も順位はそう変わりませんでした。訪問者数が減って順位が落ちないのですから「gooブログ」に参加している他のブロガーのアクセスも減っているでしょう。

 gooブログ全体のアクセスが減る理由はよく分かりません。グーグルやヤフーなどの大手検索エンジンでgooブログ全体のランキングが落ち本当にアクセスが減ったのか、それともgooブログ自体がアクセス数の計算方式を変えたのか。

 前回は、それでも毎日コツコツブログをアップしていると、訪問者数は徐々に伸び、また一日200を回復しました。はてさて今回はどうなるんでしょう。

 これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

松茸1本750円でとても嬉しくなって

2012年09月19日 14時46分18秒 | ニューホンコン造花
 東日本のみなさん こんにちは

 このブログでは3回目のことは書かなかったのですが、今秋は恐れ多くも3回も松茸を食しました。父が大阪・平野の東部市場でお得なのを買ってきてくれたからです。それをまねて、私も買いに行きました。写真は7本しか入っていませんが、9本入り1キロで税込み6825円。一本750円ほどです。高いといえば高いでしょうが、中国産とはいえこの形でこの大きさ。

 そのマッタケを社員らに一本ずつプレゼントしました。社員1人と飲みに行っても、これぐらいかかります。ちょっとたくさん飲んで食べれば収まりません。

 それが1人たった一本750円で全社員がとても喜んでくれました。独り身のA君など、私が焼きまったけの食べ方を教えようとすると、
 「いえ、松茸は近くに住む両親に持って行きます」
 と。

 社員が親孝行するお手伝いまででき安いものです。とても嬉しくなりました。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (4)

夏の面談がやっと終わって

2012年09月18日 14時46分18秒 | ニューホンコン造花
 東日本のみなさん こんにちは

 春の給与改訂時期、夏のボーナス、冬のボーナス時期の年3回、社員と昼食をとりながらの個別面談を行っています。たった6人ですが、出張の合間を縫って準備をしながら、またそれぞれの予定も考えながらとなると、とても連続ではできません。飛ばし飛ばしになり先日やっと6人との面談を終えました。7月のボーナス支給から数えるとほぼ2ヶ月かかりました。

 八尾流通センターのそばには焼肉レストラン、回転寿司、和食レストラン、喫茶レストランなどがあります。社員に好きなのを選んでもらうのですが、最近は若い方から二人が焼肉レストラン、それ以外は喫茶レストランと決まってきました。写真は近くの喫茶レストラン・ケープコートさんのランチ750円、ドリンクバーをつけても1000円ほどです。

 昼食会は今のところ6人 X 3回 =年18回です。個別の面談はとても良いことだと思いますが、準備も含めるとそこそこ手間がいります。たった18回でこれだから、大きな会社となると難しいのでしょうね。と思っていましたら、大会社の社長が300人の部長と面談、顔を覚えたと。社長の器が違いすぎまんな。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

イオンがペット葬祭事業に参入

2012年09月17日 14時46分18秒 | 仕事
 東日本のみなさん こんにちは

 先日の出張中に見かけた記事です。流通大手のイオンがペット葬祭事業に進出すると。イオンは3年ほど前に葬祭事業に参入しています。ペットまで広げる理由に、亡くなったペットを家族同様に供養してやりたい、との要望が増えてきたためとしています。

 6月にペット葬祭展に出展してから個別にペット葬祭事業者さんを回らせてもらっていますが、お話を伺うと、記事にあるようなお気持ちの方が本当に増えてきていらっしゃるようです。

 当社もどのようなことが出来るのか一つのテーマになります。

 これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

猪飼野おとな塾「焼き肉の匂いに染まる髪乱しホルモン文化の議論果てなく」

2012年09月16日 14時46分18秒 | 大阪、生野
 東日本のみなさん こんにちは

 何度もご紹介していますが、私が住む大阪・生野は住人の約4人に1人が在日韓国朝鮮人の方々です。その中でも猪飼野と呼ばれる地域はコリアンタウンもあり、さらに在日の方々が密集しています。猪飼野おとな塾はそんな地域で開かれているボーダレスな勉強会です。先日は在日韓国人のチョギュトン(通名松田圭吾)さんが歌とエッセイでつづった「在日の歌 知らざる故国 なにぞ恋しき」を出版したのを記念しての講演でした。

 チョさんは1943年に3歳で渡日、東京、三重、大阪とずっと日本で暮らされてきました。

 1979年、子を連れて韓国に里帰りした際に半日本人(ハンチョッパリ)と差別されたこと。

 チェジュド(済州島)の方言が、チェジュドでなく生野・猪飼野に残っている。しかしその方言もだんだん無くなってきたと。

 今や在日の方の8割が日本人と結婚する中、長男に嫁いだがゆえに(自分の韓国人の妻より)、韓国式の法事のことを知っている日本人妻がいる。

 そんな生野・猪飼野の様子を歌とエッセイで切り取っています。

 「焼き肉の匂いに染まる髪乱しホルモン文化の議論果てなく」
 
 この感じ、私など「あるある」とうなってしまいますが、生野の方でないと分からないかも知れませんね。


これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント