えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

チャレンジャー88さんの挑戦も

2020年05月12日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは ポギボウル

 3月中頃に、年3回の社員との昼食をとりながらの個別面談を続けていました。お昼に何を食べるかは社員に任せています。希望が多いのが焼肉、そしてカフェチャレンジャー88さん。そんなある日88さんに寄ったら、正午を過ぎたころからお客さんが列を作って待ちだしました。さらに3月下旬に父、妻と八尾から十三峠を越えて平群に至った際も、満員で何組も待たないといけませんでした。その際はコロナウイルス感染が気になって、待つのを止めて別な店にしました。

 3年ほど前にオープンしたころは、エビフライとハンバーグの料理が中心で、そんなにメニューも多くありませんでした。先代のカフェレストランの方が流行っていた気がしました。しかし、徐々にメニューを増やされ、この日頼んだのもポギボウルと呼ばれるマグロとアボガドの丼。さらにアメリカンぽい店内の様子がインスタ映えするのもあって、お客さんがだんだん増えてきています。お店の人に尋ねても、「おかげさまで、お客様がたくさんいらっしゃっています」と。

 お店の名前そのもののチャレンジ(挑戦)が、お店を繁盛店に変えていっているんでしょう。なじみのお店が繁盛するのはうれしいけれど、あんまり混んでくると、社員との面談に使うのをはばかってしまいます。

 そんなチェレンジャーさんも4月以降は急に客足が遠のいたと。緊急事態宣言が出されてはなおさらでしょう。このゴールデンウイークもどんなごお様子だったのでしょうか。早くコロナウイルス禍が終息しますように。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

今日亭の思い出

2020年03月21日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 南巽の介護施設に妻と義母を見舞った帰り、ちょうどお昼時になったので介護施設近くの「今日亭巽店」さんでおそばをいただきました。妻はざるそばと天ぷらのセット、こちらはさるそばと釜めしのセット。石臼引きというおそばはそばの香りとお味がしっかりした麺です。釜めしもおいしい。二人で2000円ちょっとだったでしょうか。

 ちょうど12時ごろに入り、3組待ち。回転が速いのか10分ほどで席に。私達が食べている間も次々にお客様がいらっしゃって、ずっと店内はいっぱいの様子。ただ実は数か月前にも訪ねたのですが、その日は駐車場がいっぱいで入れずじまい。これでも少しは客足は少ないのでしょうか。

 このお店、それこそ生野区の異業種交流会フォーラム・アイが「生野を日本のミラノに」と意気込み始める少し前、活動が活発になってきたころ、暑気払いか何かで一度訪ねています。15年ほど前のことです。元気に気勢を上げた皆の姿が思い出されます。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

店員も知らない靖一郎豆乳の由来

2020年03月18日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 ホテルで開かれたその会合の帰りに、天満橋の京阪モールで靖一郎豆乳を買った際の、女店員さんとの会話です。

 「この森本靖一郎さんとさっきまで会食しててん」

 ポカーンとする店員さん。どうもこの靖一郎豆乳の由来が「森本靖一郎」さんだとはご存知なかったようです。

 「この靖一郎豆乳の由来になっている森本靖一郎さん。知ってる」
 「いえ」
 「靖一郎豆乳の靖一郎は、森本靖一郎さんからとってんねんで」
 「はい」
 
 商品名の由来を知らなかったようです。家に帰って靖一郎豆乳のホームページを開いても、その由来は出てきません。しゃーないですね。あえて宣伝していないのでしょう。

 その森本靖一郎さんとはこの方です。

 http://www.kansai-u.ac.jp/nenshi/people/director/morimoto.html?TB_iframe=true&width=550&height=310

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

ひと息の焼肉定食

2020年02月17日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 父が入院中の先日の日曜日、妻と二人で父を見舞いに行ったその足で、西宮の病院に入院中の尼崎の叔父のお見舞いにも。

 病院で父のお昼の介助を済ませて、上六の近鉄百貨店に寄り、地下の食品売り場で叔父への見舞いのスープと果物を買って、上階のレストラン街へ。午後2時を回っての遅めのランチです。食道園の焼肉ランチが手ごろで二人ともそれを。肉の固さはさておき、肉にはタレがしっかりしみ込んでいて、昔からの「焼肉定食」のおいしさです。一人前1000円でおつりが来たような。お得です。

 妻にとって介護看病の間のほっとひと息になればいい。私ももちろん楽しめます。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

今里・テラコ屋さんはステーキもおいしい

2020年01月23日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 その竹下理容所さんに続いてもう一軒、近鉄今里駅前商店街で気を吐いているお店をご紹介します。駅から徒歩50メートルのイタリアンとステーキのお店「テラコ屋」さん。できて数年になります。できた当初に一度行きましたが、その際はパスタをいただきました。今回久しぶりに訪ねてステーキを。

 イタリアンとステーキ、少し変わった組み合わせです。二人のシェフがいらっしゃって、一つのお店の中で二つのそれぞれ独立したお店をしているような形態だそうです。

 お昼に妻と行きました。1300円ほどのステーキランチと、お昼でお得だろうと少し張り込んでそのステーキランチの倍ほどする鉄板ステーキランチ。どちらもおいしい。でも結論から言うと、1300円のランチで十分です。ほかのお客様もそちらの方が多かったような気がします。

 日曜のお昼時間で、席はほぼ満席でした。夜はコース料理もあって、予算に応じて対応もしてくれると。今里にお立ち寄りの際はぜひ行ってあげてください。
 
 テラコ屋 https://tabelog.com/osaka/A2701/A270306/27098677/

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で100年の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

おかいさんに氷

2019年12月20日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 毎朝のおかいさん、妻が前日までに何日か分をまとめて炊いています。先日、珍しくその日の朝に炊きました。炊き立てはご飯以上に熱い。朝のせわしい時にはかけ込まないといけないのに、これではやけどしてしまいます。で、氷ひとつぽっとん。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

コメント

お寿司でお腹を膨らませて

2019年12月17日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 ずいぶん前に、ある方に隣町東大阪・布施のおいしいお寿司屋さん「すし富」さんを教えてもらい妻と伺いました。ネタも大きいしもちろん新鮮。その方と先日、ある会合でご一緒しました。

 「ほんとおいしいお店を教えてもらってありがとうございます。ネタも大きいし。一つ頼むと3貫出てきて満足しますね」
 お礼を言いました。
 「そうでしょ、それはよかった」。そして続けて、
 「でも、あそこはすぐにお腹いっぱいになってしまうから、もっぱらお刺身をいただくんですわ。」

 お刺身だけでお腹いっぱいにしようと思うと、そこそこ値が張るでしょう。お寿司のシャリでお腹いっぱいになろうとする我が家とは一ランク違います。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

焼肉ごろはち

2019年12月15日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 昨日に引き続いて食べもんのお話です。先日の日曜日、今里の焼き肉の名店「ごろはち」さんを数十年ぶりに訪ねました。父が妹夫婦に琵琶湖旅行に連れて行ってもらっていて、妻と二人きりなのでたまには夜も外食をと。最初は今里新地にある有名な天ぷら屋さんに行こうと思いましたが、電話をしてみるともういっぱい。仕方なくと言ったらごろはちさん失礼ですが、その代わりに。

 6時過ぎにお店に入ったら、もうほぼ満席。ひとテーブルだけが片づけをする途中でした。それでもその席も7時半から予約が入っていると、最初は断られました。しかし、まだ1時間以上もあるので、それまでならと用意してもらいました。

 かんてきで焼くスタイルです。子供の頃に行った記憶通りです。そのころのお味はもう忘れてしまっていますが、おいしい。値段もリーゾナブル。私達が食べている1時間ほどの間にも来店した3組のお客さんが断られ、さらに電話でも数組断られていました。繁盛したはります。今里のディープな味が楽しめます。機会があればぜひ。

 焼肉 ごろはち
 大阪市生野区新今里3-4-10

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

馬刺し「大和家」さん

2019年12月10日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 もう二月ほど前のことですが、日曜日にアジア図書館の図書移動のお手伝いに行きました。その帰り、阪急淡路駅近くの馬刺し「太和家」さんで昼食をいただきました。この日のランチはエビフライでご飯にお味噌汁、ちょっとしたサラダもついて500円です。エビは3本もありました。

 これで儲かるのかと心配になり、ご主人にお話を聞くと、お昼に来てくださったお客さんに夜も来てもらえるようにサービスでやっている。お店を開いて日が浅く、まだお店一本では成り立たないので、平日のお昼は別な仕事をしていて、夜だけお店を開けていると。自慢の馬刺しは選りすぐった熊本の専門店から空輸で取り寄せているそうです。エビフライももちろんおいしくて、ぜひ夜も一度お伺いしたい。

 馬刺し「大和家」
 大阪市東淀川区淡路4-10-20 淡路ビル1F (阪急淡路駅北徒歩3分)
 電話 080-4023-3780

 そんな加減で平日も休む日があるそうで、行かれる際は電話でご確認を。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

豊中・そば茶屋さん

2019年12月06日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 豊中・庄内に行く用事があって、ちょうどその通り道でおそば屋さんを見つけました。夕方でお腹もすいていて立ち寄りました。

 頼んだのは月見。だしの色から濃い。味も濃厚で甘みも。関西人には濃すぎる味かもしれません。それでもおいしい。帰りにご主人に聞くと、信州そばだと。「大阪だと味が濃すぎると言われません」と余計なことを話すと、これでも本場の信州そばに比べると薄いぐらいだと。そして初めは濃くても、だんだんこの味がなじんできて、常連さんは「もう他のそば食べられへんていわはいます」。

 鰹でなく鯖節を出しに使っていて、その強い味がみそのようです。食べた時は濃いと思った味も、また食べたくなるのは本当です。ご主人の愛想も抜群。また近くを通りがかった時は立ち寄りましょう。

 信州そば そば茶屋 
 豊中市豊南町東1-1-3 101

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

同窓会の思案はマグロのほほを食べながら

2019年12月02日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 先月の終わりに高校のプチ同窓会があり、3年時のクラスメートが8人集まりました。話題色々の中、「来年還暦を迎えるのに合わせ、盛大な同窓会を開こうや」との声も。どんな風にやるのか、やれるのか。お楽しみでもあり、この幹事を引き受けたら大変やなとも。

 写真はその同窓会で出されたマグロのほほの刺身。西九条で割烹料亭を開いていたU君の料理です。初めてだと思います。馬刺しのように歯ごたえがあり、味も濃厚。また食べたくなります。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

芦屋のフレンチ「ル・プティ・キャドー」

2019年11月23日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 いとこが経営するCle de L'esprit (クレドレスプリ)の4店目のお店の芦屋店に寄った後、お昼を食べたのがフレンチ料理の「ル・プティ・キャドー」さん。クレドレスプリさんを出て、散策している途中で見つけたオーナーシェフお一人でやっておられる小さなお店です。

 ランチのBコースを頼みました。アミューズ、オードブル、パスタ、魚料理か肉料理、デザート、コーヒー、小菓子のコースです。オードブルは色とりどりで料理が宝石のようです。メインは妻が六穀豚の煮込み、私が鯛のソテーを頼みました。ソテーは鯛がパリッと焼かれていて川間でおいしい。鯛もこんなお味になるのと思うほどです。パスタを生にしたため400円上がりましたが、本格的なフレンチが一人3000円です。2000円からのコースもあります。

 お店を出て気づきましたが、店前のメニュー看板を見ると、要予約と書いてありました。次はちゃんと予約して、それもお昼にお伺いしましょう。料理はもちろん予約制なのに偉そうな顔もせず、ちょっとお待ちくださいと席を用意してくれた実直な店主といい、お値段といい、ここのお店はほんとにおすすめです。

 ル・プティ・キャドー
 芦屋市茶屋之町5-12 スタァリィアイ芦屋2F
 電話 0797-35-0262
 https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28025917/

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

おかん食堂

2019年11月09日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 妻との休日のおいしいランチ巡り、この月曜の休日に訪ねたのはステーキと定食のお店「おかん食堂 」さん。その名の通りステーキがメインのお店です。
 いただいたのはステーキランチと、サーロインのステーキ定食。外側がカリッと焼きあがっているの中はみずみずしく、でもしっかりと火が通っています。絶妙な焼き加減です。霜降りの脂べったりではなく、そこがこの歳には合います。二人で3000円でおつりが来ました。夜と同じお肉を2-3割安く提供されているようです。ほんとにお昼はお得ですね。

 ご夫婦、家族連れ、男性お一人でとなじみのご近所さんなんでしょう、お客様が途切れることなく入っていらっしゃっていました。この辺の近辺では名店に違いありません。お薦めです。

 ステーキと定食のお店「おかん食堂 」
 大阪市東成区大今里南6-2-1 電話06-6981-2929
 地下鉄千日前線新深江駅すぐ。 

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

回る寿司も案外と

2019年10月20日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 先週末の土曜日、妻と義母(妻の母)を介護施設に見舞った後、お決まりのように今里・布施周辺のお店にお昼ご飯を食べに行きました。この日はお寿司が食べたくなったので、介護施設の近くの回転寿司へ。

 私、カウンターのお寿司屋さんもええけど、チェーン店の回転寿司屋さんはネタの大量発注でコストダウンしてるから。コストパフォーマンスはええはずやで。

 妻、へー。

 もちろんカウンターのお寿司でなく、回転寿司に誘った言い訳です。

 これから先は宣伝です。
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント

金しゃり

2019年09月26日 14時46分18秒 | 食べる
 みなさん こんにちは

 その東京ギフトショー出展中、お昼は香港の取引先のブースでサンドイッチやおにぎりをほおばりました。日本の出展者は、ブースの中でまず食事はしません。わが社もギフトショー出展中はお弁当を手配しても、交代で近くの休憩スペースに行って食べます。

 しかし、中国や香港からの出展者の多くは、暇をみてブースの中で軽食を取っています。これは中国のショーでもです。地元のショーでそんな慣行になっているので、日本に来ても続けているのでしょう。で、私もこのブースの中で頂きました。

 そんなおにぎりの一つ、コンビニおにぎりですが、「金しゃり」と命名されていました。ふつうお米は銀シャリです。それより格上とでもいいそうな名前。どうもなあとも思いますが、ええネーミングやとも。

 その響きの良さから、将来お米は銀シャリから金シャリになってしまう?

 これから先は宣伝です
 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp
コメント