えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

占領の秋 1945年

2005年08月29日 23時35分12秒 | ドンキホーテ
 毎日新聞夕刊で今日から「占領の秋 1945年」が始まった。「沖縄」、「広島・長崎」に続く「戦後60年の原点」シリーズの連載特集第三弾だ。

 読ませる。

 60年前の今日8月29日、皇居前広場では進駐軍兵士向けの「特殊慰安施設協会」の設立宣誓式が開かれた。
 当時の日本政府は進駐兵の性的暴力事件が頻発するのを恐れ、この協会設立に多額の資金を工面した。
 
 9月3日付の毎日新聞朝刊にこの協会の広告が載った。
 「急告・特別女子従業員募集 衣食住及び高給支給 前借にも応ず 地方よりの応募者は旅費を支給す」

 この頃、青森の実家に疎開していた作家太宰治は井伏鱒二への手紙の中で、こんな話を紹介した。村人らの会話だ。

 「いくさも負けたし、賠償金などもたくさんとられるだろうし」
 「イヤ、そんなことは何も心配ない。無条件降伏ではないか。よくもしかし、無条件というところまでこぎつけたものだ」

 注 無条件降伏は日本が戦勝国になんらの条件もつけずに降伏したのですが、この村人は戦勝国が日本になんらの条件もつけない降伏と思ったようです。
 たいそう混乱していました。

 明日、衆院選挙が公示されます。戦後60年目の選挙です。

 9条を含めた憲法改正、首相の靖国参拝、アメリカ一辺倒の外交姿勢と近隣諸国との摩擦、自衛隊のイラク駐留。
 日本の将来を左右する問題が山積みされたままです。

 それらが郵政民営化問題の影に隠れて論議をされることなく、なし崩し的に是認されていくんじゃないかと心配です。

 もちろん、郵政民営化も大切ですが、戦後60年目のこの選挙がそんな時代へのスタートの年だったと、将来振り返られることの無いような選挙になって欲しい。


 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

そごう

2005年08月28日 16時21分23秒 | 我が家
 幼い頃、家族でミナミへ行くのはたいそううれしかった。
 千日前の花月や道頓堀の映画館で観劇して心斎橋をブラブラ。北極のアイスキャンディー、蓬莱の豚まん、ヒロタのシュークリーム、平野屋のドーナッツ。その時々、土産を変えた。
 立ち寄る百貨店も千日前をぶらついた時は難波高島屋。心斎橋に足を運んだら大丸にそごう。

 閉店したそごう心斎橋本店が9月7日にオープンする。セゾンカードに入っているのでオープン前の内覧会の招待状が届いた。新しいそごうのターゲットは40歳以上のアダルト女性と言う。

 そんな話をしながら二人(司元の母と妻)に行ってきたらと促すと、母、
 
 「おばちゃん向きってことやな」

 妻を伺った。

 「私を(母と)一緒にしやんといて」

 と、顔が言っている風に見えたのは私だけか。

 「アダルト女性」と言えば聞こえはいいが、
 つまりは「大阪のオバハン」相手。
 はてさて、どんな百貨店になるのだろうか。


 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

語り継ぐ

2005年08月25日 23時34分05秒 | ドンキホーテ
 昨夜、東京から帰阪しました。野暮用で出張を少し切り上げての帰宅です。
 これで5人が揃いました。父が帰ってくれば全員揃います。

 出張中はビジネスホテルの夜が退屈で、本を二、三携行します。今回は韓国語のテキストと文芸春秋9月特別号。

 文芸春秋は普段はあまり読みませんが、毎年二回、芥川賞受賞作とその選評が載る号だけはよく買います。

 この号で、「運命の8月15日 56人の証言」の特集がありました。証言者のほとんどは70歳以上。中には100歳を超えられる方がいらっしゃいます。平均年齢は80歳を超えるでしょう。
 
 半藤一利さんの項。
 「太平洋戦争の戦闘員の戦死者は陸軍165万人、海軍47万人。内、広義の餓死者は70%」
 驚きです。かなりしょっ引いたとしても、この数の多さ。銃弾に倒れるのでなく餓死とは。
 
 この数字さえも私は知りませんでした。今、どれほどの方がご存知でしょうか。ましてや一人ひとりの死の不条理はこの数字からは読み取れません。

 歳月を経て戦争を語り継ぐ作業の難しさを感じます。

 台風11号が東海地方を襲っています。あの戦争から60年目の暑い夏も終わりに近づきました。

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

俺の道を行く

2005年08月20日 23時13分47秒 | 我が家
 娘が研修から帰宅しました。これでもうすぐ帰ってくる父を除いて家族六人中五人が揃い、賑やかさを取り戻してきました。
 ですが、明日から今度は私が東京出張で、また四人に逆戻り。家族全員が揃うのは少し先になりそうです。

 学生時代の大切な友人がブログ俺の道を行くを開設しました。彼はサラリーマン生活に区切りをつけ今春、自分の会社を立ち上げたばかりです。
 そのブログからは起業の苦楽がにじみ出ています。

 出張中、水呑地蔵日記はしばしお休みです。その間、出来れば彼のブログをご覧ください。


ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント   トラックバック (1)

630円

2005年08月19日 18時19分41秒 | 我が家
 お盆休みには、我が家、姉家族、妹家族計15人ほどで旅行している。
 今年はどうも皆の都合がつかず、15年近く毎年続けてきた夏の大イベントが中止に。

 それではと、皆で焼肉を食いに行った。
 代金はしめて、うん万630円。

 支払いの時に、店員に言った。
 「はしたの630円負けてよ」

 店員
 「負けたら、怒られます」

 傍にいた妻
 「怒られて頂戴」

 店員
 「・・・」

 結局、630円負けてもらえなかった。
 焼肉おいしかったから、今日はこのぐらいにしといたろ。


 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

 

 

 
コメント

看護婦さん

2005年08月17日 14時53分34秒 | 我が家
 妻と二人で見舞いに病院へ行った。

 帰り際に妻
 「この病院、若くて綺麗な看護婦さんばっかりやね」

 私
 「ほんまやな」

 しまったと気付いた時には遅かった。

 妻
 「お父さん そんなとこばかりよう見てるんや」

 この次は妻の『引っ掛け』にくれぐれも乗らないようにしよう。


 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

妻のおいしい手料理

2005年08月16日 15時02分37秒 | 我が家
 先日の夕食はかしわの空揚げ。食後にぷっくらと膨らんだお腹を妻にひけらかして叩きながら、
 「おいしい手料理やったから、たらふく食って、お腹もこんなに出てきた」

 妻、
 「あ、そう」

 最近、ビールや夜食、運動不足で少し太り気味。自らの不摂生のせいです。それを“妻のおいしい手料理”に被せようとしたのですが、見破られていました。
 

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

戦争を終わらせ、戦後を続けよう

2005年08月14日 00時18分32秒 | ドンキホーテ
 明日、終戦60年を迎えます。10年前の50周年の時、色んなことを考えました。10年経ち、も一度振り返っています。
 10年前に私が書いた拙文を掲載します。読み返してみるとかなり大上段に書いていますし、時代の状況も変わっています。が、あえて原文のまま載せました。あの戦争への私の思いが今も変わっていないからです。ご批判もあるでしょう。ご意見や批判がありましたら、お伝えください。勉強させていただきます。
 お読み頂ければ幸いです。(以下本文)
 

 「戦争を終わらせ、戦後を続けよう」

 敗戦50年目の今年は、戦争を知らない私にとってあの戦争をどう理解すべきなのか、そしてこれからどう行動したらよいのかを探る年になった。
 いろんな本を読んだ、いろんな資料館に行った。元日本兵の話も聞いた。いろんな人と話もした。そして考えた。

 最初は混乱した。問題が大き過ぎ、多肢に渡っていた。今も結論はでない。ただ、分かったこともある。それは多くの人たちにとってまだ戦争が終わっていないこと。私達は彼らと一緒になって少しでも早く戦争を終わらせねばならない。そして戦争を終わらせた後で、戦後を続ける作業をしないといけないことだ。
 
 日本が2000万人を殺したアジア諸国と民衆にきっちりと謝罪、賠償をしていない現実。日本人を「東洋鬼」と教育しているアジア諸国と、侵略を教えない日本の教育の落差。今も続く在日韓国朝鮮人への法的、社会的、精神的な差別。分断されたままの朝鮮半島。やっと始まった従軍慰安婦への変則的な賠償。台湾などの軍属から起こされている補償の要求。サハリンに残る韓国朝鮮人。中国残留孤児。度重なる閣僚の問題発言、靖国神社参拝。広島、長崎に落とされた原爆の違法性。沖縄をはじめとした在日米軍基地。世界で常に10位以内に入る軍事費を使っている自衛隊の存在。それらにかかわっている人たちにとっては本当の意味で戦争は終わっていない。

 戦争を終わらせるために、アジア諸国と民衆に心から謝罪と賠償を行おう。政府間で解決済みだからと賠償を避けるのは止めよう。従軍慰安婦への賠償は日本国の責任において行おう。在日韓国朝鮮人に参政権を含め国民と同じ権利を認めよう。理不尽な差別もなくそう。よその国に取り残された人たちを救援しよう。原爆は違法だと言い切ろう。日本がアメリカの戦略のための基地になるのを拒もう。自衛隊は縮小しよう。問題発言を行う政治家、役人を絶対許してはいけないし、政府の体質を変えさせよう。

 あの戦争はアジア諸国に対しては完全に侵略戦争だった。欧米諸国とは帝国主義同士のアジア太平洋地域での覇権争いだった。だから欧米諸国に対して謝る必要がないというのは間違いだ。日本が先に戦争に訴え、さらに戦争中に捕虜等への虐待行為を行った事実がある。私達はこのことを忘れてはいけないし謝罪もしないといけない。

 今挙げたのは問題のほんの一部だ。あの戦争によって起こされた全ての問題をきっちりと解決してこそ戦争が終わる。

 そのあとで、戦後を続けよう。日本が、日本人があの戦争で何をしたか、そしてどう解決したかを絶対に忘れてはならない。将来二度と日本人の手で、悲惨な戦争を繰り返してはいけない。繰り返さないために我々は記憶し子孫に語り継ぐ作業をしないといけない。つまり、戦後を続けなければいけない。それは、2000万人の犠牲者に対する義務だけでなく、将来の日本人、アジア人、さらには世界の人たちに対する義務だ。

 今から50年後に、戦後100年を迎える。その時、日本が国際社会の中でどんな位置を占めているか。それは現在の私達の行動に左右される。


 
 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント (2)   トラックバック (1)

なんとなく

2005年08月12日 22時57分57秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 「ポンプ小屋からえらいようけ水が出てますよ」

 昨夜、会社のご近所の方から我が家に電話があった。

 うちの会社は4階建てで、水道水を一旦屋上のタンクに貯めてから各階に給水している。その揚水ポンプが壊れて水漏れを起しているようだ。

 早速、浄水を管理してもらっている水道工事会社と会社の近くに住む叔父に連絡を取り、車で向かった。少しは役立つだろうと高二の息子も連れて行った。

 会社に着くと叔父も駆けつけてくれていた。ポンプ小屋に入るとポンプの水圧計の管が裂け、ものすごい勢いで水が噴き出していた。私道も水浸し。
 工事屋さんもまもなく到着。悪戦苦闘しながら2時間ばかりでようやく応急修理が出来た。

 電話を掛けてきてくれたご近所さん、夜中に駆けつけてくれた叔父、工事屋の職人さん。とてもありがたかった。

 息子と言えば、懐中電灯で照らしたり、試験の放水をしたりと“なんとなく”役立った。

 どろどろになって家に帰り着いたのは午前1時を回っていた。
 息子に「ありがとう」と言っておいた。
 
 そう言えば学生の頃、夜中に大雨で倉庫が浸水。父に連れられて商品の運び出しに行ったことがあったか。
 戦前生まれの父からはもちろん「ありがとう」は無かったが。多分、“なんとなく”は役立っていたのだろう。
 
ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント (2)

席順

2005年08月09日 23時35分18秒 | 幸せ
 我が家の食卓は上座から私、父、息子の順で並ぶ。
 まだまだ父が名実ともに家長だった15年も前からだ。

 息子が2、3歳のころ、私は仕事で5ヶ月近く家を空けた。
 帰宅し、初めての食事の時、息子がダダをこねた。
 「おじいちゃんのよこがいい」
 それを聞いた父が
 「俺がかわろう」
 と、私と席を入れ替わった。
 
 それ以来、ずっとこの席順だ。

 私が不在の間、父は私の二人の子らの面倒を実に良くみてくれた。
 遊んだり、話したり、叱ったり。
 遊園地、海、旅行と全く父親代わりをしてくれた。
 
 で、息子は「おじいちゃんのよこがいい」になった。
 今でも私より父に甘える。

 掛け値なしで、喜んでいる。
 これから年老いていく私の父を私の息子が私以上に面倒を看てくれるだろう。
 
 考えると席順は父の右横に私、左横に私の息子。
 二人で父を支えている様にみえる。
 実際、こっちはそんな気でいるのだが、案外父は
 両横の私と私の息子が自分(司元の父)に未だに
 ぶら下がってやがると、思っているのかもしれない。

 そうなら、そう思わせておいてやろう。

 その息子が合宿を終えて真っ黒な顔で帰ってきた。
 我が家も少しずつ賑やかさを取り戻してきた。

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん


コメント

静かな夜

2005年08月08日 22時50分35秒 | 我が家
 娘が研修旅行、息子がクラブの合宿、父が野暮用で不在です。ここ二、三日、母、妻、私だけ。

 明日には息子。そして父、娘と帰ってきます。また賑やかな我が家に戻ることでしょう。

 今日は静かな夜を噛みしめましょう。
 
 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

筋金入り

2005年08月07日 22時04分32秒 | 我が家
 先日、取引銀行の担当者が変わったので挨拶に来ました。
 
 会長を務める父に銀行員、
 「会長はいつからこの仕事やったはるんですか」
 
 来年喜寿を迎える父、
 「生まれてからずっとや」

 そこまでは言い過ぎとしても、
 もの心がついた時には、家業の造花を手伝っていました。
 頑固さも70年の筋金入りです。

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

赤いインク

2005年08月05日 22時30分15秒 | 我が家
 東京出張から帰宅した私の洗濯物を妻が整理していた。
 
 アンダーシャツの襟元を手にして、
 「口紅みたいなしみが付いている」
 平静を装いながら詰問してきた。

 結局、たまたま付いた赤いインクが汗で滲んだのだと判明した。
 
 妻、
 「おとうさん(司元)のことやから、そんなことと思った」
 と、さっきとは打って変わって平然とほざく。

 答えずにいるとそばに居た娘が真顔で
 「お母さんよかったね」
 
 さすが司元の娘、物事がよく分かっている。

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん


 
コメント

戦後60年の原点 広島・長崎1945年

2005年08月02日 22時06分22秒 | ドンキホーテ
 毎日新聞夕刊で「戦後60年の原点 沖縄1945年」に代わって、新しい連載「戦後60年の原点 広島・長崎1945年」が続いている。

 前回の連載と同じように60年前の出来事を60年後の今、同じ日付で伝えている。
 
 今日の記事

 ポツダム会談を終えた米大統領トルーマンは日本占領にソ連を加わらさせないように画策していた。一方、ソ連のスターリンは極東での影響力拡大を狙って、日本が降伏するまでに参戦しようと極東戦線部隊に配置命令を出した。
 そして広島。中国新聞は「空襲には濡れ頭巾、濡れ布団を被って逃げろ」と伝える。
 4日後の原爆投下をつゆぞ知らず。「濡れ頭巾、濡れ布団」とは。「哀れ」と言うのか。

 そして今の今日。毎日新聞は「自民党改憲案『自衛軍』保持を明記。現行憲法が禁じる集団的自衛権も容認」と伝える。
 所かわって生野のクーラーの利いた部屋。仕事を終えた司元がカマスのひらきで晩酌。一日先のことさえつゆぞ知らず。

 
 60年後の毎日新聞は、60年前の2005年8月2日今日この日をどのように伝えるのだろうか。そして、その時、あるだろう未来の日本人は私を「哀れ」と振り返るのだろうか。

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント

花華便り

2005年08月01日 22時29分30秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 九州の出張はルートセールスで、なじみのお客様がほとんどです。半面、東京は新規のお客様ばかり。
 なじみのお客様だから気を遣わない訳ではないのですが、新規開拓はルートセールスよりたいそう神経を使います。
 
 気まぐれなことばかり書いているこのブログのことなど、新しいのお客様の前では話しません。
 ですが、あるお客さんのところでHPの話題から、お互いブログを開いているところまで話が進みました。

 そして、早速、そのブログ花華便りに水呑地蔵日記を取り上げて頂きました。

 花華便りは名の通り、お花に関することを綴っています。お花が大好きなことがにじみ出ています。
 お花にご興味をお持ちの方は是非ご覧あれ。

 ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

 姉妹ブログ「週刊なにがニュースやねん」もよろしくお願いします。
週刊なにがニュースやねん

コメント (2)