えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

我が家の素麺は1、2年寝かせてひねにしたなかねんさんの「三輪の誉」

2012年08月31日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 明日から9月というのに暑い。熱いといった方がいいのでしょうか。そんな時に頼りになるのが素麺。我が家はいつもなかねんさんの三輪素麺「三輪の誉」です。大きな木箱で買って、1年から2年寝かせます。「ひね」といってその方がおいしくなります。しかしながら3年を超えてくると麺に油が回ってしまうこともあり、微妙なところです。

 9月に入ってもまだまだお世話になりそうです。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

こんな映画大好きです「桐嶋部活やめるってよ」

2012年08月30日 14時46分18秒 | 劇・映画・音楽
 東日本のみなさん こんにちは

 「王様と私」、親孝行のランそしてもうひとつお盆休みに楽しんだのが、映画「桐嶋部活やめるってよ」です。

 日経新聞と毎日新聞にその評が大きく取り上げられていて、ともに絶賛していました。これはおもろそうと、天王寺のアポロシネマ8に妻と見に行きました。評判に違わずいい映画でした。

 同じ時間、場所を別々な生徒の目を通して何度も何度も描くカットは圧巻です。
 生徒たちの中の階層をもどちらかというと明るくえぐり出しています。
 そして一番いいのはハリウッド映画のようなヒーローがいないこと。
 アドベンチャーの末に、善が勝つようなやたらな展開が鼻につくことがありません。

 こんな映画大好きです。
 
これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

燦に味をしめて訪ねたティーズガーデンも

2012年08月29日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 ダイニングキッチンバー燦に味をしめて訪ねたのが、ツイン21・38階の燦とは反対の東側の窓に面した中華料理ティーズガーデン。燦に行った時、どちらにしようか迷ったお店です。今度は父、母、息子も連れて、もちろん妻も今の家族全員で。お盆休みなので、ちょっとぐらい親孝行をとの算段です。
 
 景色は大阪の東半分をすっぽり眺められ、生駒山地も北から南まで望めます。私が頼んだランチセットは1600円ほど。メイン2品がついていて、お味も抜群で、お腹も膨れます。

 

 こちらも景色を御代に入れたら、とてもリーゾナブルです。
 親孝行できたでしょう。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

城天は今

2012年08月28日 22時08分27秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 王様と私の会場からの帰り、JR環状線・大阪城公園駅に向かう途中、今でも「城天(シロテン)」と呼ぶのでしょうか。アマチュアバンドが数組、傾いた熱い夏の陽のなかで路上演奏を繰り広げていました。

 それこそ20数年前、つんくさんの「シャ乱Q」らが腕を競い合った場所です。あの頃はバンド数も多く、中高生のファンでごった返していました。そのアマチュアバンドらを取材し「お城のバンド天国」と表現しました。それを略していつの間にか「城天」と呼ばれるようになりました。

 逆光に浮かぶ数組のバンドを、自らの黄昏と重ねてしまうのは早すぎますね。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

景色を御代に入れたらリーゾナブル

2012年08月27日 14時46分18秒 | 食べる
 東日本のみなさん こんにちは

 王様と私の行きに寄ったのが、大阪ビジネスパーク・ツイン21にある「ダイニングキッチンバー燦」。
 
 魅力はなんといってもその景色、38階から大阪城を見下ろせます。妻が頼んだのは変り種のおそばと穴子寿司のセット1600円ほど、私は和食弁当のようなセット2000円ぐらいだっ、たでしょうか。どちらにもおばんざいが一品ととろろご飯がついて、さらにサラダはビュッフェ形式に自由に取りにいけます。お味ももちろんそこそこで、この景色も御代にいれたら、とてもリーゾナブルです。

 

 私たちが入ったのはランチタイム。夜景も見たいけどディナーは高くなりそう。

y 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

王様と私とShall we ダンス?

2012年08月26日 14時46分18秒 | 劇・映画・音楽
 東日本のみなさん こんにちは

 いまごろお盆休みのお話ですが、休み初日は妻とミュージカル「王様と私」を見に行きました。妻の友人の息子さんが王子役で出演しているので、その応援も兼ねてです。

 王様役の松平健さん、おいくつになられたのでしょう。紫吹淳さんと華麗なステップで会場を沸かせました。この日は一月半近くにわたる全国公演の最終日、アンコールも5回に及びました。

 映画「Shall we ダンス?」の曲「Shall We Dance」のオリジナルは「王様と私」だったんですね。ご存知の方にすれば何を今さらなんでしょうが、私には「えっ」でした。この曲で踊るお二人、見ものでした。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

日韓朝の市民140人で平和を考えた勉強会「ソウルと大阪の狭間で」

2012年08月25日 17時22分18秒 | コリア
 東日本のみなさん こんにちは

 大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の平和を考える勉強会「高仁鳳 ソウルと大阪の狭間で 戦中・終戦・朝鮮戦争を生きた半生を語る」が昨日24日午後6時半から東成区民センターで開かれました。140人以上の方に集まってもらい、盛況な会になりました。ご参加頂いた方、お手伝い頂いた方、本当にありがとうございます。

 高さんのお話は戦争と平和だけでなく人生哲学にもおよび、参加者それぞれが何かを持ち帰られたでしょう。会最後の息子さんから高さんへ花束の贈呈、高さんから半生を支えた妻芳子さんへの花束の贈呈は、涙を誘いました。

 参加者は日本人と在日韓国・朝鮮人の方々が半分ずつくらい。日韓の関係が冷え込んでいるこの時期、日本人と在日の方々が一緒に平和を考えたとても大きな意義を持つ勉強会になりました。
 「歴史」はこの勉強会を必ずや評価してくれるでしょう。対立が激しくなる中、日韓でより良好な関係を築こうとともに平和を模索した市民がいたことを。

 写真は高さんと芳子さん

 あんしゃんて DE みよみよさんのブログから拝借
 http://ameblo.jp/enchante-miyomiyo/entry-11337315502.html

 高仁鳳さんと妻芳子さん

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

応援スタンドでしょんぼりの八岐大蛇

2012年08月24日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 その関西大学氷の甲子園の行き道、JR高槻駅を下りたら特設舞台で子ども石見神楽の実演がありました。石見神楽の本場島根県益田市と高槻市が姉妹都市の加減でのことのようです。石見神楽の人気演目が日本神話の「スサノオの八岐大蛇退治」です。この日の演目も八岐大蛇。子どもらが迫力満点に踊ります。

 見ていて思い出したのが、高校野球夏の甲子園大会に島根県代表として出場した浜田商業高校だったでしょうか、その取材で甲子園に毎日新聞松江支局から特派された時のこと。夏真っ盛りに汗まみれになりながら球児の熱闘を追いました。

 試合当日の浜商アルプススタンド、石見神楽の八岐大蛇が登場しました。しかし華美な応援は禁止されていて、一舞したら大会本部から中止の声がかかりお仕舞い。熱気ある応援スタンドの片隅でオロチがしょんぼりと頭を垂れている姿がとても印象的でした。

 あれからもう30年近く経ちます。こっちはそこそこ老いぼれてきましたが、若い球児たちのひたむきなプレーは変わりません。今年の夏も連日の熱い戦いの末、地元大阪桐蔭が優勝しました。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

平和を考える勉強会「ソウルと大阪の狭間で 戦中・終戦・朝鮮戦争を生きた半生を語る」本日開催

2012年08月24日 07時46分18秒 | フォーラム・アイ
東日本のみなさん こんにちは

 大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の平和を考える勉強会「ソウルと大阪の狭間で 戦中・終戦・朝鮮戦争を生きた半生を語る」が本日24日午後6時半から東成区民センターで開かれます。

 平和を語っていただく高仁鳳さんは今年初めから食道がんの治療中で、その治療の合間を縫って準備を進めてこられました。話す内容はもちろん、プロジェクターで映し出す画像の作成、そしてお配りする資料の製作と。抗がん治療の副作用で体調が優れない時期もありました。しかし何とか、この日に間に合いました。

 昨日は会場でちょっとしたリハーサルも行い、一番心配していたプロジェクターとパソコンの接続もうまく行きました。高さんの体調も上々です。そして高さんの半生の詰まった資料も今日ごごには出来上がってきます。カラー印刷22ページの立派な作りです。写真はその表紙原稿です。

 準備万端整いました。後はみなさんのご来場をお待ちするのみです。
 ご家族、ご友人をお誘い合わせの上、どうぞお越しください。 

 日時  8月24日(金)午後6時半~8時半(6時開場)
 場所 大阪市立東成区民センター(地下鉄今里駅西徒歩3分)
 資料代 500円
 お問い合わせ、お申し込みは 
 FI「平和を考える勉強会担当」岡田(司元)
 メール  e87jp@ybb.ne.jp

 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

平和を考える勉強会「ソウルと大阪の狭間で」いよいよ明日開催

2012年08月23日 07時00分00秒 | フォーラム・アイ
 東日本のみなさん こんにちは

 大阪商工会議所東成生野支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の平和を考える勉強会「ソウルと大阪の狭間で 戦中・終戦・朝鮮戦争を生きた半生を語る」がいよいよ明日24日に迫りました。

 平和を語っていただく高仁鳳さんは今年1月に食道がんの第4期と診断され、手術も難しいと医師から宣告されました。しかし放射線治療や4回にもわたる抗がん治療で、奇跡的とも言えるほどに回復。度重なる入院による体力の低下こそは免れませんが、それでも「元気」に2時間近くにわたってお話をされます。

 幼いころに巻き込まれた朝鮮戦争の体験から、戦争の悲惨さ、平和の尊さを訴えられます。私たちは過去の人たちの「希望」を実現し次代に引き継ぐ役割を担っています。ぜひともご参加くださり、その役割を担う一人となってください。よろしくお願いします。

 日時  8月24日(金)午後6時半(6時開場)~8時半
 場所 大阪市立東成区民センター(地下鉄今里駅西徒歩3分)
 資料代 500円
 お問い合わせ、申し込みは 
 FI「平和を考える勉強会担当」岡田(司元)
 メール  e87jp@ybb.ne.jp

 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

黒い棒のような銅メダリスト

2012年08月22日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 JR高槻駅近くの喫茶店で、若い女性二人の隣の席になりました。テーブルとテーブルの間が狭く話し声がよく聞こえてきます。

 「写真上手く撮れました?」
 「これ」
 「わー凄い。私のなんかこの黒い棒のようなの。携帯だからこれ一枚撮ってあきらめました。その写真あとでくださいね」
 
 関西大学が誇るバンクーバー冬季五輪銅メダリスト・高橋大輔選手が参加する関西大学氷の甲子園がこの日、高槻市の関西大学アイスアリーナで行われていました。私と妻は鑑賞した帰り高槻駅前の喫茶店に立ち寄りました。たまたまお隣さんもその帰りで、会場で撮った写真の見せ合いっこをしているところでした。

 この若い女性たち、次の高橋選手の演技はどこそこで見られるとか、今日はテレビクルーが来ていたから夕方のニュースを録画しておこうなどと、高橋選手の話で持ちっきりです。相当のファンなんでしょうね。愉しく語る姿に、こちらも楽しくなりました。

 この氷の甲子園には同じく関西大学の織田信成選手も出場していました。私の記憶では五輪メダリストの演技を間近に見たのは初めてです。世界のトップレベルの演技は違うと、勝手に納得しました。

 それにしても私が携帯で撮った写真もやはり黒い棒でした。

これから先は宣伝です。
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)

松井シニアアドバイザー誕生

2012年08月21日 14時46分18秒 | ニューホンコン造花
 東日本のみなさん こんんちは

 当社の松井部長が先月で定年退職しました。今月以降も再雇用で今までどおり四国、山陽、大阪の営業担当として活躍してもらいます。お客様方に置かれましても、これまで同様、可愛がっていただきますようよろしくお願いします。
 肩書きは部長からシニアアドバイザーに変わりましたが、後輩の指導も引き続きお願いしています。

 その退職の数日前の朝礼で他の社員からサプライズ。お祝いのプレゼントが贈られました。私も知らずびっくり。松井部長の驚きは格別、破顔一笑の「ありがとう」で応えていました。

 長い間お疲れ様でした。そしてこれからもよろしくお願いします。 

 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

どんだけ儲けてるんやろ

2012年08月20日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東日本のみなさん こんにちは

 先日、JR大阪環状線で見かけた釣広告です。車両全部が同じ会社の同じ広告です。それもなにかの販売でなく自社の社員募集広告です。

 求人だけにこんだけの広告出せるって、どんだけ儲けたはるんやろこの会社。
 

造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント

嫁に行った気はしないのだけど

2012年08月19日 14時46分18秒 | 我が家
 東日本のみなさん こんにちは

 娘が嫁いでひと月ちょっと、昨日今日と少し遅めのお盆の里帰りをしました。式を終えてから、新婚旅行の前泊、旅行に帰ってきてからお土産を持っての里帰りとちょくちょく帰ってきているので嫁に行ってしまった気はあまりなく、今でも家にいるようです。

 それでも、整然と片付けられた娘の部屋を見ると、「やっぱり行ってしもたんや」と思います。

 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (8)

造花屋失格

2012年08月18日 14時46分18秒 | お花
 東日本のみなさん こんにちは

 皆さんもうお気づきですね。お盆休み最後の日の一昨日の16日、当ブログの背景を「ヒマワリ」に変えました。その前の背景は多分6月に変えた「雨に映える紫陽花と蝸牛」でした。

 立秋も過ぎお盆の終わる頃になってやっと梅雨の紫陽花から夏真っ盛りのヒマワリとは、季節に敏感でないといけない「造花屋」失格です。

 今年の初夏からお盆までは例年にもましてたいそう忙しかったから、は言い訳にはなりませんよね。

 気をつけますが、また起こしそう。

これから先は宣伝です。

 造花の紫陽花はこちら
 http://nhkf.jp/shohin/f44/f_catalog44_22.html 

 造花のヒマワリはこちら
 http://nhkf.jp/shohin/f44/f_catalog44_23.html

 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)
コメント (2)