ニョニョのひとりごと

バイリンガルで詩とコラムを綴っています

2月26日、故 カンフィソン舞踊家の49日の法要が行われました。

2017-02-27 10:22:13 | 日記
2月26日、天王寺区茶臼山町にある統国寺において、故 カンフィソン先生の49日の法要が行われました。

通夜、告別式、初七日の法要、今日の49日の法要に至るまで、舞踊研究所のスタッフたち、舞踊団ナルセのメンバー、教え子たち、OGたち、保護者たちの団結した力で全てを執り行いました。


統国寺のスニムも仰ったように、教え子たちの力で、こんな大きなことを全て立派にやり遂げるということは凄いことだと思います。




カンフィソン先生の遺骨は、3月6日に先生が生前願われたように、箕面の霊園のミモザの木の下に埋葬され、安らかに永代供養されることになりました。


49日の法要では崔スニムの心のこもった読経、法話の後、全員が焼香をし、その後、研究生たちが、先生が自身の舞踊人生、研究所の36年の歴史を描かれた「舟歌」の最後の場面を再現いたしました。

私は先生の遺影を胸に抱き、40年間マネージャを務められたペへジャさんは位牌を胸に抱き、参加者と共に見させていただきました。泣くまいと決めていたのに、涙がとまりませんでした。

その涙は悲しみを超越して、教え子たちの心の中に先生が今も生きていらっしゃると確信した感動の涙でした。



























































私は遺影をだいた為に写真を撮ることができなかったので、カンフィソン先生の56年に渡る親友であった
兵庫のキムマッタルさんの娘さんに撮っていただきました。コマッスムニダ。





先生と15歳で出会って50数年間、舞踊研究所設立の日から36年間、共に過ごした時間は限られて居たけど、先生を研究所の仲間と共にお見送り出来たことを光栄に思います。

故 カンフィソン先生、安らかにお眠り下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月21日、232回目の「火曜行動」です。

2017-02-21 20:54:24 | 火曜日
寒い寒い232回目の火曜日です。なぜ火曜日ばかり寒いのでしょうか?!



梁オモニムのお元気な姿がどれほど勇気をくれたか知れませません。







今日のレポーターは「春母(ハルモニ)会」の平田さんです。手がちぎれるほど風が冷たいですが、よろしくお願いいたします。写真は毎回松尾和子さんが沢山送ってくださいます。





オモニ会の皆さんが大勢参加されています。




今日も長崎由美子さんの明るく力強いアピールから232回目の火曜行動始まりました。

-長崎さん-
18日、クレオ大阪で行われた、大阪朝鮮第四初級の芸術発表会に行ってきました。フラフープの演技、舞踊、六年生の“朝鮮学校を守り伝えていく”という演劇などがありました。補助金裁判の不当判決に悔しい、悲しい思いをしていましたが、子ども達の懸命な楽しそうな姿に元気をもらいました。

朝鮮学校の芸術発表会は、22日に東大阪初級が八尾プリズムホールで、24日には、生野初級がクレオ大阪・中央で、25日には、北大阪初中級がムーブ21学習センターで、26日には、中大阪初級がクレオ大阪・東で、28日には東大阪中級が八尾プリズムホールであります。チャンスのある方はお近くの会場へ足を運んで、ぜひ見て頂きたいです。

2月15日には、無償化裁判の最後の公判がありました。その日、共同代表の藤永先生は、
不当判決に対し651人の大学教授、研究者が声明をだしたこと、藤永先生たち3人が代表で、その声明を持って大阪府と市に申し入れに行ったことを報告されました。

18日には東大阪のオモニ会に行って、不当判決についてお話しをさせてもらいました。
さまざまのオモニから発言がありました。心から怒りを感じる、こうした時だから手を繋ぎ立ち上がって、一世、二世が守ってくれたことを繋いでいかないと、オモニたちも火曜行動に参加していこう、仕事を掛け持ちでしているひと、家庭の事情で行けない人は、メールなどで励まし合って声をかけ合っていこう、等がはなし合われました。

朝鮮学校についてマイナスの報道ばかりがされている中、実際の子ども達の姿を見てもらうことで、差別が不当なことを、肌で感じてほしいです。(レポート平田)






火曜バンドは強風にも負けません!

















大きな手術の後も重いスピーカーとハンドマイクを積んで坂を上って来られる長崎さん。今日用があって久しぶりに自転車で坂を上って行ったのですが、丁度前を長崎さんが自転車で走っておられました。途中何回も止まりながら、それでも全身に力を入れ進んでいらっしゃいました、なぜか涙が溢れそうになりました。

あぁ、こんな素晴らしい影の功労者にささえられ「火曜行動」を5年近くも続けてきたのだと思うと、申し訳なさと行政に対する怒りがごちゃ混ぜになり、複雑な思いに駆られました。





我らがオモニム!こんな寒い日はお休みになれば良いのに、、、





若者の代表がマイクを持ちました。許さんです。

―許さんー

火曜行動に参加して何年にもなります。僕のオクサンと子どもが参加したとき、大阪府知事に“学ぶ権利はない”と言われて1年になり、娘は2歳になりました。

1月26日、大阪地裁のあまりにも不当な判決が出たのですが、不当だと立ち上がってくれる皆さんがいる、僕たちも頑張ります。

テレビ・新聞などの一面的な報道だけで朝鮮学校を判断するのではなく、どのような教育がされているのか、子ども達がどのように育っているのか、実際の学校を見てもらうだけでちがうと思います。

ここに立っていると、この声は届いているのだろうかと不安になることもありますが、諦めず声を上げます。職員のみなさん、府民のみなさん、大阪の財産ともいうべき朝鮮学校を見守って頂きたいです。(レポート平田)
































豊中から来られた田中さんもマイクを持たれました。

―田中直子さんー

今、豊中では学校法人「森友学園」のとんでもない問題がおきています。

私達は「瑞穂の國小学院」問題を考える会を作って取り組もうとしています。近隣地価の1割、1億3千万余で国から購入したことはすでに報道されていましたが、朝日、日刊現代によると、1億3千400万円で、しかも10年の分割払いが認められていたのです。

しかもその契約の前に、国からゴミの撤去費用1億3千万円余りを受け取っていたと言うのです。タダ同然のような額で国から購入していたことになります。大阪地検が動かないとおかしいと思います。


朝鮮学校には1億2千6百万円の補助金すらカットして、このようなことを報道さえしないこともおかしいです。大阪府はまだこの学校の認可をしていないことが分かりました。しっかりと見て、取り組んでいきたいと思います。(レポート平田)

*後のFbでのコメントから

(瑞穂の國小學院」問題についてアピールさせてもらいました。あとになって、明後日23日の夜18時から19時、庄内駅前で「瑞穂の國小學院」問題を考える会がビラまきすることを話し、皆さんに、可能ならご参加をと呼びかければよかったと後悔しました。田中)






ニョニョも、朝、意訳を終えた出来立てほやほやの歌「勝利のその日まで」をバイリンガルで朗読させていただきました、曲は今、歌舞団の金和美さんが創作しておられます。


歌詞 승리의 그날까지(勝利のその日まで)

                 ニョニョ


1. 고개를 들어요  한숨을 거두자요
 空をみあげよう ため息はつかないで

아이들의 웃음을  빼앗길순 없잖아요
奪われてはならない 子供たちの笑顔を

포기를 말자요  단념도 하지말고
諦めるものか 放棄なんてするものか 

전진만이 우리의 길 승리의 그날까지
前進のみ我らの道だ 勝利のその日まで


2.뒤걸음은 못쳐요  사람답게 살아야죠
人らしく生きようよ 後ずさりは出来ない 

배움의 권리를 끝까지 지키자요
 学びの権利を 永遠(とわ)に守ろうよ

 포기를 말자요  단념도 하지말고
 諦めるものか 放棄なんてするものか 
 
 전진만이 우리의 길  승리의 그날까지
 前進のみ我らの道だ 勝利のその日まで







申さんも久しぶりのアピールです。

ーオモニー

大阪市に住む、2人の子どもを通わせている保護者です。

私達は納税など義務をしっかり果たしています。朝鮮学校に子どもを通わせるのは、日本人ではなく朝鮮人だから当たり前です。それだけです。

歴史的背景から永住権をもち日本で住む3世です。スポーツの場ではダメとされているのに、教育の場では差別が行われている。

政治・外交の問題など解決できない問題を、子ども達にホコ先を向け、いじめ、差別するのは止めてください。この子達の人権が保障されるまで闘います。(レポート平田)






歌舞団の舞姫。

















若いオモニたちは最後の一枚まで渡そうと遠くまで行きます。

























仕事の合間に駆けつけて下さった保護者もいます。









卒業まじかの三年生もアピールします。

ー高3生徒①-

バレーボールをしています。部活では練習や試合をします。スポーツでは平等に扱われているのに、教育になると不平等になる。理解できません。


26日は裁判所で判決を聞きました。補助金がカットされても・・やむを得ない、こちらから理解できない理由ばかりでした。私は卒業しますが、後輩のために一刻も早く補助金を再開し、無償化を適用してください。


ー高3生徒②-

私達には補助金が支給されていません。子ども達の学ぶ権利は平等に与えられているのに。

一般の市民でなく、行政が行っていることに我慢ができません。

私達は企業や会社に就職します。日本社会の一員として在日コリアンが存在していること、日本社会の一員だということを分かって欲しいです。

そしていち早く平等社会を築いてほしい。そのために、差別を止め補助金を支給し、無償化を適用してください。

(レポート平田)










4人のお子さんを立派に育て上げたオモニもマイクを持ちます。

―オモニー

生野区に住んでいます。職員の方に尋ねたいことがあります

火曜行動をして6年がたちます。大阪府の対応のことも、司法の不当判決のことも、私達は落ち込んでいるひまもないのです。

職員のみなさんには、声が聞こえているのでしょうか?心の目はあるのでしょうか?なぜ声を上げないのでしょうか?

子どもが、後輩に同じ思いをさせたくないと言いました。私達も一世、二世の思いを引き継いで認められるまで闘います。声を広げていきます。

府知事は“学ぶ権利はない”と言いましたが、そんな行政でいいのでしょうか、声をだし、心の目で見て頂きたいです。(レポート平田)










かじかんだ手でレポートを続ける平田さん!





火曜バンドは無敵です。強風になんか負けてたまるか!








最後の歌には明日への希望が繋がれます!














いつもの駐輪場では、卒業生たちを始め、青年たちにあたたかい拍手が送られました、寒すぎて立っていられないので早々に解散しました。







来週も頑張るぞ!が合言葉です!^o^



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花とグルメとイベントと(今日から2月初めまで下がっていきます)

2017-02-17 23:25:49 | 花たち
ただのお花、グルメ日記です。^o^

























鶴見緑地公園





















無償化裁判の結審の報告











火曜行動のバレンタイン





木村さんが運んできてくれた富田林のみかん











大阪福島初の学芸会


























大阪城公園梅園














西日本口演大会を終えて



































李恵順さんからのあったか〜い差し入れ
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠なる詩人(バイリンガル)尹東柱生誕100年に際し

2017-02-15 09:50:11 | 詩・コラム

明日2月16日は、尹東柱詩人が無念にも昇天された日です。尹東柱生誕100年に際し、拙いですが心を込めて書かせていただきました。お読みくださり偉大な詩人を偲んでくださればあり難いです。


영원한 시인



암흑의 시대에 혜성처럼 나타나
참된 삶의 길 깨우쳐준 시인
세월이 갈수록 빛나는 시인

남의 땅 북간도에서 태여나 자라도
민족의 아픔을 온몸에 새기여
목숨바쳐 우리 글 지킨 시인 윤동주

우리 말로 시 지은것이 죄로 몰리여
민족의 십자가를 진 70여년전 그날이
가슴을 찌른다 《래일은 없다》고!

한점 부끄럼이 없기를 바라던 시인
읊을수록 더 읊고싶은 그대의 시
부드러운 시어에 칼을 품은 노래

하늘과 바람과 별을 노래해도
빼앗긴 삼천리강산의 몸부림 되여
그렇게도 우리 가슴 울리였느냐

이역살이 70년에 가슴엔 멍이 들고
분렬의 고통이 체념만을 강요해도
희망처럼 마음속에 살아있는 시인!

하늘을 우러러 우뚝솟은 그대의 모습
백년이 지나도 만방에 빛뿌리는 시혼
영원히 빛나는 시인이여


  永遠なる詩人

             

暗黒の時代に彗星のごとく現れ
真の道を諭してくれた詩人
歳月の流るるほどに光輝く詩人

他国の地北間島に生まれ育とうとも
民族の痛みをその身に刻み
命を賭してハングルを守った詩人 尹東柱

ハングルの詩が罪に問われ
民族の十字架を背負った70年前のあの日が
胸を刺す 《明日はない》と!

一点の恥なきを願った詩人
読むほどに読みたくなるあなたの詩
柔らかな詩語に刃を秘めた歌

空と風と星を歌おうとも
奪われし三千里江山の身悶えとなり
かくもわれらの胸に迫ったのか

異国暮らし70年の苦悩と悲しみ
分裂の苦痛が諦めだけを強いようとも
希望のごとく心に生きる詩人!

空を仰ぎ凛と立つあなたの姿
百年を経とうと世に光放つ詩魂
永遠に輝く詩人よ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日、 231回目の「火曜行動」です。

2017-02-14 15:24:35 | 火曜日
今日は231回目の「火曜行動」の日です。

行動後、「春母(ハルモニ)会」でお蕎麦を食べに行こうと約束していたので、地下鉄で行きました。^o^

留学生同盟の青年たちが大活躍した
231回目の「火曜行動」でした。





12時前に大勢の方が見えておられました。





今日のレポーターは「春母(ハルモニ)会」の横道さんです。寒いですが、よろしくお願いいたします。

写真は火曜バンドの松尾和子さんが沢山送ってくださっています、毎週お疲れ様です。






今日も第一声は長崎さんです。

☆長崎さんのアピールから

底冷えのする府庁前、231回目の火曜行動です。

2月9日山口県の朝鮮学校オモニ会でお話する機会があり、大阪補助金裁判不当判決の悔しい思いを伝えてきました。
山口県は2013年から補助金の支給を停止しています。下関市も県に追随しています。
山口初中級学校は生徒数24人ですが、大変厳しい中で頑張っておられます。


山口県では1942年2月「長生炭鉱水難事故」がありました。犠牲者の多くは朝鮮人労働者でした。
この歴史を忘れないために、日本キリスト教団が中心になって「こころに刻む会」がつくられました。その「こころに刻む会」が呼びかけた朝鮮学校を支援するネットワークに多くの日本人支援者が参加しています。県庁前抗議行動にも多くの方々が参加されました。


京都初級学校のヘイト裁判では、日本社会の中で朝鮮学校が大切な民族教育の場であること、朝鮮学校が日本社会で認められた存在となっていることが判決で明らかにされました。
しかし、今回の判決では、そういう朝鮮学校の存在意義には一切触れられませんでした。
学んでいる子ども達の声も一切反映されませんでした。


今回は行政が子ども達を差別し、差別行政を裁くべき司法が行政を守る,お上の言う通りの判決を出す。
三権分立は名ばかりになっています。
子ども達に多少の不利益があるかも知れないが、仕方がない。お上は正しいからという判決です。


朝鮮学校は各種学校として扱われ、助成金・補助金は僅かであるが、教育の独自性が認められてきました。今回の判決は国の言いなりの教育を強制するのと同じです。
これは、日本の私立学校でも独自性が認められないことに繋がっていきます。

今日は留学同の若い仲間が応援に駆けつけてくれました。
アピールをお願いします。
(レポート横道)











若者たちです。





[user_image 59/1e/fab34751b9d6ea9a617132348a4b5fc4.













保護者も見えます。






















イケメンニ銃士です。





「火曜バンド」気合いが入っています。






















北大阪の保護者です。







呉洋子さん、連続参加です。






留学生同盟の青年たちがアピールリレーです。


☆留学同の女性

久しぶりに参加しました。
前に参加した時も寒い日でしたが、今日はもっと寒いです。
前回参加した時は私たちの勝利が見えていると思いました。
しかし敗訴になってしまいました。

今日は留学同のみんなと来ました。
火曜行動は早く終わらせるべきだと思います。
そのために、私達もみなさんと一緒に頑張っていきます。(レポート横道)






☆留学同の男性

神戸から来ました。
困難な闘いですが、一つ一つ、少しずつ積み重ね、力を付けていこう!
一緒に頑張っていきましょう。



☆留学同の男性

火曜行動のような抗議行動が大事だと思います。
一人でも多くの人に朝鮮学校のことを知ってもらいたい。
そのために、私たち若者がもっと頑張らなくてはと思っています。



☆留学同の女性

私は幼稚園から高校まで民族教育を受けてきました。
オモニ、アボジが誇りを持ってウリハッキョに送ってくれました。
ウリハッキョの存在がなくては生きていけないと実感しています。
これからも民族教育を受けた者として、誇りをもって頑張りたいと思います。

☆留学同の女性

アンニョンハシムニカ  お疲れさまです。
皆さんがウリハッキョのために闘っておられる姿を見て、卒業生として、今から頑張りたいと思います。よろしくお願いします。



☆留学同の女性

今日は大阪朝高の生徒も来てくれています。
私たち若者が訴えています。
チラシを受け取って読んでください。私たちの声を聞いてください。
若者が力をあわせて頑張っていかなくてはと思っています。頑張りましょう!(レポート横道)












黄さんのアピール

☆(委員長の黄さん)

府庁のみなさん! ご通行中のみなさん!
大阪府・市の補助金裁判の判決が出ました。
裁判所は「補助金は権利ではない」と言った。
外国人の権利を否定しました。
これは日本の裁判史において大きな汚点です。

行政は補助金が出ていた時も、民族学校を差別してきました。
府・市が「四要件」を突き付けた時、「人間のやることではない!」と思いました。
しかし裁判所までもが、これを追認してしまいました。

この判決内容は朝鮮学校に限らず、外国人学校、集団、個人全ての権利を剥奪出来ると言うことを意味するものです。

これは日本人の問題でもあり、こういう判決を許す日本人社会の問題でもあります。

朝鮮学校はこれからも民族教育を育てていくことでしょう。
私たちは民族教育を守るために、粘り強く、日本社会に訴えていきたい。(レポート横道)













池辺先生、久々の火曜参加です。お忙しいのにお疲れ様です。












アピール続いています。





先週は娘さんが、今日はオモニが来られ親子でアピールされました。

☆オモニ
(オモニからペーパーをお借りして転載しました)

私は大阪朝鮮高級学校に娘を通わせているオモニです。
残念ながら娘は補助金を受け取ることが無いまま3月に卒業します。

忘れもしない1月26日! 司法が下した不当判決。
悔しくて! 悔しくて!
腹がたって、ふるえる体を抑えるのにいっぱいでした。

ただただ私は「在日朝鮮人は差別されて当然」という風潮があるこの国で、子供達に自国の言葉や文化、歴史を学ぶことで、堂々と生きてほしい! そして日本社会で希望や夢を持って羽ばたいてほしい! と願っていただけなのに。
これが悪い事なのでしょうか!

どうしてウリハッキョに通う子供達だけが、差別を受けないといけないのでしょうか。
朝鮮学校の生徒達も、日本の学校と同様、日本社会を創る大切な人材なのです。
それなのに裁判所までもが、このような判断を下すとは、本当に信じられません。

でも、私達オモニ達は今回の判決で、悔しい気持ちでいっぱいでしたが、誰も落ち込んでいません! この裁判に勝つために、しつこく闘い続けると一致団結しました。

私達がウリハッキョを守る熱い魂は、ウリハッキョを無くそうとする日本政府や司法にも負けないし、誰も消すことはできません。
朝鮮学校に学ぶ子供達に笑顔をください。
どうかよろしくお願いします。(レポート横道)










クッスンさんが今日も愛のキャンディーをたっぷりと配ってくれます、ポケットからチョコレートも一杯取り出されたのに写すタイミングを逃しました。






アピールの後は横断幕を持ってくださった文さんです。





最後のまとめです。

☆長崎さんの結びのアピールから

大阪の不当判決はいろいろな所で注目され、声明も出されています。
京都大学の駒込武さんは不当判決を適格に批判し、朝日新聞に不十分ですが載りました。
また、連絡会・大阪の共同代表の藤永先生の呼びかけで大学の先生方の声明が準備されています。
大阪の公立高等学校の労組からも支援の声が届いています。


司法が子ども達の心を傷つける。権利を奪う。
差別を受けている人の声、少数者の声を司法が守らない。
それで「子どもの権利条約」を批准している先進国と言えるでしょうか。


明日は「無償化」裁判の結審を迎えます。
正義は私達にあります。
「大人が子どもの夢と希望を奪わない」
このことを大切に、頑張りましょう。


これから各ウリハッキョでは「芸術発表会」が行われます。
ぜひ近くの学校に足を運んでください。
日ごろ接するマスコミ報道が、いかに朝鮮学校の姿を歪めて伝えているか。
実際の朝鮮学校に出会ってほしい。見てほしい。感じてほしいと思います。(レポート横道)






武市さんの姿も見えます。





火曜バンドは最後の最後まで演奏を続けてくれています。





若者が一緒に歌ってくれたので、嬉しくて手をぎゅっと繋いで歌いました^o^







最後までかじかんだ手でレポートしてくださった横道さん、本当にお疲れ様でした。











いつもの駐輪場に集まり予定などをつたえました。



















ハルモニ会の木村さんが、又富田林の畑からミカンを沢山持ってきてくれました。誰でもできることではありません。感謝感謝です。




今日は留学生同盟の青年たちのお陰で寒さを忘れました!お疲れ様でした。







「先生、バレンタインだから」と可愛い子ちゃんがプレゼントをくれました。コマワヨ。

コーヒーのあてに食べようかなと開けてびっくり、味付きのスルメが入っていました。一本やられた〜笑 (コーヒーやめて熱燗にしようかな、笑)




15日は無償化裁判の結審です。明日です、3時に始まるので2時半には集まってくださいね。傍聴券が配布されます、最後の日まで頑張りましょう!

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加