えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

沖縄県民11万人の抗議

2007年09月30日 23時04分46秒 | ドンキホーテ
 今日9月30日付けの毎日新聞によると、沖縄戦での住民集団自決を巡り、旧日本軍の命令、強制、誘導などの表現が削除された教科書検定を批判する沖縄県民大会が宜野湾市で開かれ、約11万人が参加した。
 95年の米兵による少女暴行事件に抗議する大会(約8万5千人)を大幅に上回った。

 私は私たち同時代の人に与えれれた使命を「歴史の批判に耐えられる行動を行う」ことだと考えています。
 それは過去の人達の「希望」を汲み取り、実現することです。つまりは、何代も前の先人達が司元の判断や行動を見た時に、「司元は良い判断、行動を行った」と
言うような行いをするのが私たち、今を生きる者に与えられた使命だと思っています。

 沖縄の方々の抗議の集会を前にして、私はその使命をもう一つ付け加えようと思いました。
 それは、過去の人達の希望を実現するよう今努めるのと同時に、過去から現在に連なる歴史を未来へと引き継ぐことです。

 沖縄県民の方々の今回の抗議集会はまさしく、過去の人達の希望「もう二度とあんな悲惨を繰り返して欲しくない」を実現し、そしてそれを未来へ引き継ぐことになります。

 渡嘉敷島の集団自決生存者・吉川嘉勝さん(68)の証言(毎日新聞からの要約)。
 米軍が1945年3月27日に上陸。島の駐在巡査を通じて「北山に集まれ」と伝えられた。村民数百人が身を寄せ合っていた。「天皇陛下万歳」の声とともに手榴弾が炸裂し始めた。
 役場職員だった兄は「役場で渡された」手榴弾を持っていたが、叩きつけても爆発しない。母が叫んだ。「その手榴弾は捨てなさい。生きられる間は生きよう」。無我夢中でその場を離れた。
 吉川さんは言う「手榴弾は紛れもなく日本軍から渡された。(検定)がこのままだと、あの時代がまた来るかもしれない」

 私は吉川さんが嘘を言っているとは思えません。毎日新聞が事実を捻じ曲げて記事にしているとも思えません。
 この歴史を次代に引き継ぐのも、同時代に生きる私たちの大切な役目だと思います。
コメント

息子のなーんや

2007年09月29日 19時29分38秒 | タイガース
 息子、
 「イエロー」

 私、
 「オレンジ」

 息子、
 「なーんや」

 タイガースファンならご存知でしょうが、阪神甲子園球場は内野一塁側ホーム席がイエロー(黄色)、三塁側ビジター席がオレンジです。

 その甲子園の切符が手に入り、私と同じ阪神ファンの息子に自慢したら、負け惜しみからか「ビジター席なんか興味ない」と言わんばかりの反応でした。

 その切符を手に、一昨夜、妻と中日戦を見に行ってきました。4対1の敗戦。これで10連勝の後の8連敗。
 この試合結果を話題にしたら、再び息子に「なーんや」と言われそうです。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

ミャンマーで

2007年09月28日 08時36分08秒 | ドンキホーテ
 今朝28日の毎日新聞によると、「ミャンマーで軍が市民らのデモ隊に無差別に発砲。日本人ジャーナリスト一人を含む9人が死亡」と。

 事実なら、「軍が市民に発砲する」なんて、許せない。

 この日本で、生野から私に何が出来るか。

 事態に注意を払う。
 手紙やメールでミャンマー政府に止めるよう求める。
 知人、友人にこの出来事を伝える。
 市民らの救援を行っている団体に寄付をする。
 日本政府に事態の改善をミャンマーに求めるよう要求する。

 などなどか。
 
 かすかな希望を抱いて、できることをしよう。
 
コメント   トラックバック (1)

娘の嘆き

2007年09月27日 17時33分17秒 | 我が家
 先週の金曜日、三連休を前に
 
 娘が、
 「寂しいわ」
 と嘆いていました。

 私、
 「何が寂しいねん」

 娘、
 「子どもと三日間会われへんやろ」

 教育実習で受け持っている4年生がとってもかわいいそうです。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

妻のため息

2007年09月26日 18時03分24秒 | 我が家
 昨夜、妻がため息を

 私、
 「今頃なんでため息なんかしてんねん」

 妻、
 「今日はお月見やろ。月に帰るかぐや姫の心境」

 どういうことなんでしょうか

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

近つ飛鳥

2007年09月25日 18時27分38秒 | フォーラム・アイ
 大阪商工会議所東成・生野支部異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の自転車巡りの下見に大阪・近つ飛鳥へ行ってきました。

 近鉄南大阪線・上の太子駅をレンタサイクルで出発。日本最古の官道(国道)と言われる竹内街道を南東に。FI会員の旧T氏邸を見学した後、聖徳太子の御廟と伝えられる古墳、その面前の叡福寺へ。
 
 メインは「大阪府立近つ飛鳥博物館」。「近つ飛鳥」とは奈良の明日香を「遠つ飛鳥」と呼ぶのと対照に古代・難波宮から近い方の飛鳥として名づけられた地域で、その南部には大古墳群があり、王陵の谷とも呼ばれています。博物館はその古墳や時代の背景を展示説明しています。大阪の人でも奈良だけでなく大阪に「飛鳥」があることをあまり知りません。

 歴史の勉強にもなり楽しい一日でしたが、問題はレンタサイクル。アップダウンが非常に厳しく、変速機無しの自転車ではとっとも大変なコースでした。途中何度も自転車を押すはめに。

 結局11月に予定している本ちゃんは、近つ飛鳥でなく、遠つ飛鳥に行くことになりそうです。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (1)

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展

2007年09月24日 21時37分33秒 | 芸術
 ロートレック展や国立国際美術館のご紹介などに続く’07芸術の秋シリーズ第四弾です。
 
 今日まで大丸梅田店で開かれていた「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」(毎日新聞など主催)を観て来ました。

 18歳でモディリアーニと知り合ったジャンヌ。3年後、モディリアーニが病死した二日後に夫を追って8ヶ月の身重で、アパートの6階から身を投げました。21歳の若さで命を絶ったのです。
 
 その一年前、20歳のジャンヌはモディリアーニのモデルになりました。「肩をあらわにしたジャンヌ・エピュテルヌ」(写真)。

 題名どおりシミーズ一枚半脱ぎのあらわな姿。病が次第に重くなっていく夫に、どんな想いでポーズを取っていたのでしょうか。そして、モディリアーニはどんな気持ちでその妻を見つめ描いたのでしょうか。
 この絵からは、互いをいとおしむ二人を感じました。

 会場にはジャンヌの遺髪も展示されていて、若くブロンドに輝くそれが、切なさを飛び越えて痛々しさをかもしていました。

 大丸梅田店での展覧は終わりましたが、巡回展で、これから島根、山口と回るようです。ぜひともの方は、どうぞ島根、山口へ。
 
これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)   トラックバック (1)

照れやんでも

2007年09月23日 21時40分04秒 | 我が家
 誕生日、娘が夕方出かける支度をしていましたが、バースデーケーキを皆で食べる時、てっきり出かけたと思っていた娘が家にいました。

 私、
 「お父さんの誕生日を祝うために、出かけるの止めたんやろ」
 娘、
 「違うし、しんどなったから行けへんかったし」
 私、
 「そう照れやんでもええやん」
 娘、
 「ちゃうし。そう思とったら幸せやな」

 こんなことを話しながら、蓼科旅行中の両親を除く妻、娘、息子の3人にバースデーソングを歌ってもらい、ケーキを頂きました。

 タマェモンさんへ、
 ブログには誕生日のことを書かないと言っていましたが、他に書かなければならないことがなくなりましたので、書きました。
 
これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (4)

Lady Jane(レディージェーン)

2007年09月22日 22時30分39秒 | 芸術
 芸術の秋、番外編です。

 先日、姉夫婦の絵画展を鑑賞した後、家族やおじさん家族らと食事に行きました。母の知り合いの方のご主人が経営されているフランス料理店です。

 お昼はメインディッシュを変えた数々のランチがあり、値段も1050円からと手ごろです。私たちが入った時は若い女性客でいっぱいでした。

 家族の多くはその中でも「ホタテのソティー」

 

 を頂きました。
 前菜、パンかご飯、デザートに珈琲までついて、1575円です。

 女性客に人気の訳が分かりました。

 「Lady Jane」
 中央区心斎橋筋1-5-19 電話06-4963-9939
 心斎橋・大丸を南に少し下った東側、しんぶら街奥

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

藤本由紀夫展

2007年09月21日 21時59分40秒 | 芸術
 ロートレック展、ロシア皇帝の至宝展に続く’07芸術の秋シリーズ第三弾です。

 ロシア皇帝の至宝展が開かれていた国立国際美術館で、同時に「藤本由紀夫展 +/-」が開かれていました。
 音響と造形を組み合わせる作家として有名だそうですが、私は知りませんでした。

 出展されていた「+/-」。
 縦16段、横15列に並んだ213のデジタルプレーヤーが、ビートルズのナンバー全213曲を奏でていました。
 どんな音になると思われます。

 空調設備のような「ぶーん」と言う音だけが鳴り響いていました。

 チラシによると、
 SILENT VIOLENCE(静かな暴力)
 沈黙とは、何もない状態であって、
 それは、すなわち
 何もかもがある状態
 足せば足すほど消えていくもの

 私の解釈では、意味のある音(ビートルズのナンバー)もその音を重ねれば重ねるほど、聞き取れないような(空調設備のような雑)音になり、その意味を消していく。ブーンと言う音の中には何もかも(ビートルズの全曲)があるが、それはSILENT VIOLENCE(ブーンと言う音)でしかない。と言うようなことでしょうか。

 なるほど。
 こちらもとっても楽しめました。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです

コメント

万延元年のフットボール

2007年09月20日 20時46分35秒 | 本・セミナー
 小さい頃から読書が好きでした。試験前になると、さすがにテレビを見たり遊んだりするのは気が引けて、机に向かって本を読んで勉強する振りを自分を納得させるためにしていました。
 
 そんな頃は、本をとっても大事に扱っていて、書き込みなんかめっそうもありません。
 
 しかし、最近は書き込みがやたらと多くなりました。
 2、3理由があります。
 1、歳を取って記憶力が落ち、書き込みでもしておかないと、後で見返した時にどこがどう面白かったさえも分からなくなる。
 2、人生の折り返しを過ぎ、残された時間が有限に感じるようになった。若い頃のようにいくらでも本を読めるではなくなり、これから読める本も限られてきた。限られた中で、知的な興奮を味わった箇所はぜひとも留めておきたくなった。

 読書人の中には、本は次代に引き継ぐもので、私の若い頃のように「書き込みなんかめっそうもない」と思われている方がたくさんいらっしゃいます。そんな方からは私の読書方法はたいそう叱られてしまいますが、今言った事情を考慮していただいて、ぜひともご容赦を。

 写真は、今読んでいます「万延元年のフットボール」(大江健三郎著)です。若い頃の再読ですが、中味の記憶がいっこうにありません。難しい本で、当時は読んでいてもほとんど理解していなかったんでしょう。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

大きな声で

2007年09月19日 20時50分36秒 | 我が家
 娘が昨日から母校の小学校へ教育実習に通っています。
 我が家の大きな話題に、外野がたいへんうるさくなります。

 司元の父(娘の祖父)、
 「子どもの前では大きな声でしゃべれよ」

 司元
 「お父さんの子やからうまく出来るやろ」

 司元の妻(娘の母)、
 「(朝礼の挨拶を心配する娘に)大丈夫」

 我が家ではいつまでも子ども扱いの娘も、学校では「先生」と呼ばれ、それなりにやっているんでしょう。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (4)

光り輝く

2007年09月18日 23時44分58秒 | 芸術
 「芸術の秋」と呼ぶにはほど遠い気温ですが、昨日の「ロートレック展」に引き続き美術のお話しです。

 昨日まで国立国際美術館で開かれていた「ロシア皇帝の至宝展」(毎日新聞など主催)を見に行ってきました。あまり興味はなかったのですが、チケットがあったのと、万博公園から中之島に移った国立国際美術館を一度見たかったので、ロートレック展を後回しにして、最終日に行ってきました。

 写真の「胸間十字架 虹色に輝く大粒のダイヤとサファイア」(18世紀後半)は圧巻でした。チラシからの転載では、その良さを示しようもありませんが、言葉で表現すると、「光り輝く」宝石でした。
 よく、宝石や貴金属をほめる言葉に「光り輝く」を使いますが、みなさん「光り輝く宝石」を間近にに見たことあるでしょうか。私は初めてでした。それも「まばゆく光り輝いて」いました。「ピカピカと光り輝いて」いました。

 帰ってから妻に、「光り輝く宝石見たことある」と尋ねました。
 
 妻、 
 「買ってもらったことないし」

 仰る通り。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント

ロートレック展

2007年09月17日 10時10分57秒 | 芸術
 東京出張の前にご紹介をと思っていましたが、つい遅くなりました。

 「パリ、美しき時代を生きて ロートレック展 」(毎日新聞など主催)が、大阪・サントリーミュージアム[天保山]で開かれています。

 オルセー美術館からの日本初出品のコレクションをはじめ、傑作が集中する晩年10年間の作品を中心に展示。
 サンパウロ美術館、トゥールズロートレック美術館と世界各地から彼の代表作となる油彩、版画、挿絵、素描を集めました。
 また影響を受けた浮世絵とのかかわりも検証。
 
 日本人が大好きな印象派の一角をなしたロートレックの世界を堪能できそうです。

 ロートレックは南フランスの貴族出身で、三十代の若さで亡くなりました。もともと体が弱かったのですが、「飲む買う」の無茶な生活が命を縮めたと言われています。私などとは対照的の放蕩な生き様からどんな芸術が生み出されたのか、楽しみです。

 サントリーミュージアム[天保山]で、11月4日(日)まで

 司元をご存知で、前売り券ご希望の方は司元までご連絡下さい。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (2)

なにわのガイドと巡る大阪周遊バスツアー

2007年09月16日 17時17分46秒 | 出張
 東京の街角で、大阪神戸巡りの旅行パンフレットを見つけました。いろんなオプションツアーが載っていましたが、目をひいたのは「なにわのガイドと巡る大阪周遊バスツアー」

 白いジャケットに赤い蝶ネクタイ姿のおもろいツアーガイドと一緒に新世界、道頓堀、鶴橋をバスで巡ります。
 新世界では通天閣に登ってジャンジャン横丁を散策
 鶴橋ではコリアンタウンを巡って韓国料理店で冷麺の昼食
 道頓堀は「あのグリコ看板」を眺め、法善寺横町、道具屋筋へと

 コリアタウンが鶴橋エリアに入っているのは少し気にならないでもないですが、生野が難波、天王寺と肩を並べて大阪の観光名所の三角エリアに入っているのは嬉しいことです。

 ちなみに料金は、バス代、通天閣入場料、冷麺代にアイスキャンディー一本ついて、1500円。とってもお得です。

 昨夜、東京出張から帰ってきました。帰りは厚木で35キロの事故渋滞に巻き込まれ、たいがいでした。
 これでお盆明けから続いた香港・中国、南九州、東京の出張シリーズが一段落し、ホット一息です。
 これから、香港・中国のメーカーで集めてきた来年の春夏商品の選定に入ります。

 出張中、更新もしないのにご訪問いただきました水呑地蔵日記ファンのみなさん、ありがとうございます。

これから先は宣伝です。
元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則」(竹林館、岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E)、梅田・旭屋書店で好評発売中 
  
 造花のことなら、大阪で80年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。

(有)ニューホンコン造花のホームページです。
 http://nhkf.jp

ブログランキングに参加中です。クリックを。出来れば、毎日ワンクリックを。
blogランキング ←ココです
コメント (4)