えびす顔の造花卸売り問屋社長からの手紙

かすかな希望を抱いて幸せを自慢する尊大な日記。重複掲載御免。造花仏花の造花輸入卸売り問屋・卸専門ニューホンコン造花提供

大儀なく一年を終え、

2013年12月31日 14時46分18秒 | サンチョパンサ
 東北のみなさん こんにちは
 
 今年も本日が大晦日。昨夜は毎年末の町会の夜警。そしていつも通り鏡餅やしめ縄の飾りも終えました。ここまで来ると、「あーやっと一年が終わったな」とほっとします。また明日から新年が始まるのですが。

 お客様、お取引先様には一年間、当社をお引き立てくださりありがとうございます。
 当ブログの読者の皆様、平素からのご訪問ありがとうございます。
 来年もよろしくお願い申し上げます。

 皆様よいお年を

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

ペップ製造・岡田造花のものづくり

2013年12月30日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 東北のみなさん こんにちは

 当社は経歴書などで社歴を96年とさせていただいています。1917年に父方の祖父岡田安太郎が東大阪市で造花製造業を始めたのを創業としています。父は男4人女4人の8人兄弟の三男。長男が祖父の跡を継ぎトモエ商会社長、二男は造花に使うペップ(人工実)製造・岡田造花(豊中市)として独立。父も造花輸入部門をもらってニューホンコン造花として独立、四男はトモエ商会の博多営業所に赴きました。

 昨年の夏ごろ、その二男岡田昭治が営む岡田造花の工場を見学させてもらいました。ペップとはこんな商品です。

 

 

 花を作る際の赤実であったり、花芯のおしべめしべ、はたまた手芸用の犬の目などです。上は赤実、下は犬の目です。お分かりになるでしょうか、このつやがそう簡単には出せません。そして一つ一つを均一な大きさに仕上げるのがまた難儀です。

 

 伯父は機械も手作り、もちろんその調整も自身で。ペップのもとになる溶液の調合も日々の工夫で極めてきました。創意工夫とはこんなことを言うのでしょう。

 伯父の作った商品の品質はプラスチック製や中国産では太刀打ちできません。半面、手間暇かける分やはり割高です。以前は輸出もして多くの従業員が働いていました。しかし年々売り上げが減ってきて。さらに叔父が高齢となり昨年末で閉鎖。造花パーツの製造工程をどうしても見ておきたくて、閉まった工場を無理を言って開けてもらったのです。

 その叔父が今年4月、85歳で亡くなりました。造花一筋に70年間働き続けてきて。日本のものづくりを担ってきた人物が一人減りました。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント (2)

こんな時こそ「すんません」

2013年12月29日 14時46分18秒 | 我が家
 東北のみなさん こんにちは

 昨日の記事「夫婦円満の秘訣は悪いと思わなくても謝る」に友人からコメントが届き、「我が(司元)家でも妻の方が器が大きい」とコメントで返しました。

 それを知った妻、「(自分を)ええ風に言うな」

 訳するとこうです。
 「妻を立てているようなコメントをして、いかにも自分は妻に理解を持っていると、世間に思わせている」

 こんな時こそ、「すんません」です。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント (2)

新聞が報じる夫婦円満の秘訣「悪いと思ったら謝る」は甘すぎると分かるのに25年

2013年12月28日 14時46分18秒 | 我が家
 東北のみなさん こんにちは

 14日の日経新聞、夫婦円満の秘訣をアンケート調査していました。夫の考える夫婦円満の秘訣第一位が、「悪いと思ったら謝る」でした。しかし我が家ではそうはいきません。これだけではなまやさしすぎます。決して夫婦円満にはなりません。私の夫婦円満のコツは、

 悪いと思わなかっても謝る。『ごめんなさい』です。

 喧嘩になる時はお互い、自分が正しくて相手が間違っていると思うからこそ、自分から先に折れて謝れないのです。だから、悪いと思ったら謝るだけでは夫婦喧嘩は防げません。悪いと思おうが、思わなかろうが、まずは謝る。「すんません」、これにつきます。

 そういう私もここまで来るのに25年かかりました。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント (2)

本年もありがとうございます

2013年12月27日 14時46分18秒 | ニューホンコン造花(広告記事です)
 東北のみなさん こんにちは

 お客様、仕入先様へ

 当社は本日で今年の営業を終了しました。
 お客様には一年間ご愛顧賜りありがとうございます。
 仕入先様にもお世話になりありがとうございます。
 
 新年は1月6日(月)から営業を始めます。
 来年もよろしくお願いします。

 造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント (2)

のこぎり演奏の認知度が世界で一番高い大阪だから「大工で第九」

2013年12月26日 14時46分18秒 | 芸術
 東北のみなさん こんにちは

 大阪・中之島の中央公会堂で開かれたの関西のこぎりオーケストラさんによるのこぎりコンサートを妻と鑑賞してきました。昨年末に続いて二回目です。「第九(大工)だけにのこぎりで演奏」との洒落は今年も健在で、こんな言葉が音楽に適切かどうかは分かりませんが、昨年よりもパワーアップ、魅了されました。

 大阪では横山ホットブラザーズさんの「お前はアホか」でよく知られるのこぎり演奏。海外ではミュージカルソウと呼ばれている立派な音楽です。しかしながらやはりとてもマイナーで、関西のこぎりオーケストラ主宰のサキタハヂメさんによると、そのホットブラザーズさんのおかげで、大阪は世界で一番のこぎり演奏の認知度が高い町だそうです。

 年末に第九をこれほど市民コーラスらが演奏歌唱するのも世界では日本だけといいます。先日のNHKテレビでは地方の小さな楽団だった群馬交響楽団(群響)が、数々の苦難を乗り越え演奏、その潮流を作ったと伝えていました。

 大阪で始まった大工(のこぎり)の第九演奏。今年で三年目を迎えましたが、サキタさんは「やっとここまでこれた」とも語っていました。来年はまた更にパワーアップした演奏を見せてくれるでしょう。群響のようにとは言わずとも、大阪らしい「大工の第九」の潮流はもう始まっているのかもしれません。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

孫とヅカ

2013年12月25日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 12月の関東出張最終日は静岡・清水の健康ランドで太平洋に昇る朝日を見ながら朝風呂に入ってから出発。
 
 

 焼津、浜松、愛知・豊橋を回り、その豊橋の娘宅へ。先月の出張の際、娘婿が我が家の家内安全を願って打ち上げてくれた手筒花火が化粧を施して飾れるようなったので取りに寄りました。

 最初は私だけが出張の帰りに寄る予定になっていました。しかしせっかくなので妻を誘うと喜んでやってきました。妻はいつものように大阪から新幹線で来て合流です。

 豊橋滞在時間は約3時間半。新幹線代は約7500円。ヅカファンの妻にすれば、宝塚を見に行くのとよく似た値段になります。孫の顔を見るのと舞台、どっちが嬉しいのか。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント (2)

殴ったらあかん

2013年12月24日 14時46分18秒 | 出張
東北のみなさん こんにちは

 「マスター、ためたらあきませんね。こらえきれなくなって切れてしまって。彼女を殴ったら泣いてしまって。自分はダメだと思いました」

 12月の関東出張6日目は静岡清水泊り。温泉に浸かってホテルの食堂で料理を待っている時、隣の若者の声が聞こえてきました。結局彼女とは別れ今はとても後悔しているようです。そしてそのあと、女性はどんな男性を望んでいるかの話にになり、女性のバイトさんも話の輪に入って、

 女店員「まじめで性格いい人。そしてパソコンを直してくれる人」
 若者「こんな顔しててもパソコン持ってるよ。少しぐらいやったら直せる」
 女店員「今度お願いしようかな」
 若者「ええよ」

 この二人の関係、今後どうなるかは知りませんが、絶対二度と過ちはしないように、彼。

 ハマチ、マグロ、イカ、タコのお刺身定食とアサヒの中瓶、食後にアイスを食べて1800円。
 
これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

横浜中華街・一品閣さんで背中を押されて「担担麺と炒飯定食」

2013年12月23日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 12月の関東出張5日目は東京都内をぐるぐる回って夕方に千葉・松戸、そして泊は横浜中華街へ徒歩3分の定宿。旅具を紐解きさっそく中華街に出かけました。

 初めて訪ねる広東料理「一品閣」さん。酢豚、エビチリ、豚肉キクラゲ炒め、焼きそばとおかゆなどお一人様用の定食がメニューに並びます。どれもおいしそうで選びきれず、注文を取りに来た女性に何が人気か尋ねました。
 「担担麺と炒飯定食もおいしいですよ」
 迷わずそれを頼みました。

 この日は少し冷え込んで温かいものが欲しい気分で、担担麺と炒飯は一番食べたいと思っていたところでした。しかしながら、どちらも炭水化物、更にビールまで飲めば、もうこれは取り返しがつかなくなりそうで躊躇していました。女性店員さんがその背中を押してくれた格好です。

 ビールの当てのザーサイからピリ辛でおいしい。麺は卵がたくさん入ってもっちりと。辛目のスープはココナッツでも入っているのでしょうか、味あうと甘みが出てきてその辛さが程よく感じられます。炒飯は香港で食べる本場のと比べ日本人に合うようにでしょうか、パサパサ感を少し和らげています。それでいてお米の一粒一粒はきっちりと別れています。小さく切り刻まれたチャーシューもカラッと炒められて存在感があります。帰りにはお腹がぷっと膨らみましたが、とても満足。アサヒスーパードライ中瓶とで1450円なり。

 ホテルの部屋に戻って、帰り道のコンビニで買ったアイスクリームをほおばりながら、没後50年の小津安二郎のNHKの特集番組を見たら、朝からお昼も抜きで午後8時まで一日働いたことも含めて、言うことなし。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

マレーシアからならとても寒くて

2013年12月22日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 私「フェアーアーユーフロム?」
 「マレーシア」
 私「ベリーナイス イズイッツコールド?」
 「イエス トゥーコールド」」
 私「テークケア」
 「サンクス」
 私「グッナイン」
 「グッナイン」

 12月の関東出張4日目は茨城・古河を出発。埼玉・加須、越谷、川口、東京・三ノ輪を回り東京・浅草橋の定宿。ホテル前の丼丸さんで海鮮丼を買った帰りのエレベーターでの会話です。前日のテレビで日本への外国人客が目標の年1000万人を超えたとのニュースが流れ、日本の経済のためには海外からの旅行客増が必須との「おもてなし」の考えからではありません。わざわざ日本に来てもらって、ありがたいな、ちょっとでも日本を楽しんでもらえればうれしいな、そんな気持ちからの会話になりました。

 海鮮丼と麦とホップで700円ほど。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

茨城・古河のウイズで沖縄と再会

2013年12月21日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 12月の関東出張3日目は前橋から埼玉の深谷、川越、浦和と回って泊まりは茨城・古河のホテルサンシャイン。ジャグジー風呂でさっぱりしてから向かったそばの居酒屋ウイズ。朝日新聞を読みながら料理が出てくるのを待った。「特定秘密保護法 首相会見 根拠示さず」「東大阪のものづくり まいど魂技術つぐ」「北朝鮮独裁体制強化」の記事が躍る。流れるテレビからは牧村三枝子のみちづれ、「根なし明日なし浮き草に」と。

 頼んだサンマの塩焼きはとても細い。悪く言えば脂がのっていないが、青魚のくさみがなく身が締まっている。これはこれでうまい。

 隣の男が沖縄から機械のメンテナンスに来ていると言ったので思い出した。数か月前にも彼とこの店で会ったのを。風来坊のように全国を渡り歩き、今度も11月からずっと各地を回り、妻子の居る沖縄へは年も押し迫った27日に帰ると。

 年数回しか来ないのに再会。店名の「ウイズ(一緒)」にあやかってのことだろうか。生ビール二杯におでん少々、最後はご飯に味噌汁で締めて2200円。
 
これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

諏訪湖に昇る朝日を望みながら朝食を頂けば

2013年12月20日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 12月の関東出張二日目は、諏訪湖に八ヶ岳、中央アルプスを望むホテルレストランで湖畔に昇る朝日を見ながらの朝食でスタート。

 朝はマイナス三度の冷え込みで、駐車場に止めた営業車の窓は霜がびっしり。寒気の中、タオルでこすったりしながら取り除き、出発も遅れました。それでも諏訪湖の朝日、そして大阪ではそんなに見られないその氷の結晶の美しさを堪能したら、言うことありません。

 塩尻の商談を済ませた後は群馬・前橋へ。その地での泊まりとなりました。 

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

信州諏訪で迎えた12月8日は何の日

2013年12月19日 14時46分18秒 | 出張
 東北のみなさん こんにちは

 12月の関東出張は8日出発、中央道で寄り道をし、国道142号新和田トンネル、関越道を経て関東に入るコースとなりました。初日は信州・諏訪湖そばでの泊まり。

 午後8時前にホテルに着。荷解きを済ませ一風呂浴びたら9時前。直前に寄ったスーパーで赤魚西京焼と十種の雑穀飯御膳、太巻き寿司、おはぎ、いつもの麦とホップ、地元諏訪市の宮坂醸造の真澄吟醸あらばしり生原酒は今年の新米を使った新酒、をそろえて晩御飯です。1883円なり。

 テレビをつけるとNHKが真珠湾攻撃を取り上げた「開戦への道」を流していました。日独米英中露の情報戦が実は互いの猜疑心を生み、日米間を抜き差しならぬ関係に追いやり開戦へと進ませたと。「今頃なんでこんな番組を」と思った瞬間に気づきました。72年前のこの日、日本軍の真珠湾攻撃で日米が開戦、太平洋戦争に突入しました。結果はご存じのとおり。日本の侵略戦争はさらに勢いを増し、最後には自滅しました。

 この教訓から我々は何を学ぶのか。12月8日の意味を忘れた身でありながらも、「二度と他国を侵略してはならない」、このことに自らのできることをやっていこうと思いました。温かいシャワーを浴びて、贅沢なご飯をたらふく食って、おいしいお酒を飲んで、清潔なベッドで眠りにつく幸せをかみしめながら。  

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

うだうだぐたぐた来年もやりまっせ、高さん

2013年12月18日 14時46分18秒 | コリア
東北のみなさん こんにちは

 高仁鳳さんがお亡くなりになられて1年を迎え、追悼集会が先日、大阪生野のKBSマダンで開かれました。故人ゆかりの50人ほどが集い、会費千円で手製のキムチチゲを頂いたりの肩肘の張らない会でした。

 6時開会、三々五々に集まりだし、福岡から血と骨の作者、梁石日のファンだという若い女性が飛び入りで参加したり。高さんの思い出や日韓朝の政治や歴史を話題にうだうだぐだぐだと。一旦9時で中締めをしましたが、この場を去ることなんか考えられない気分。

 そして午前様が近づいたころには、もう来年の2周年が待ち遠しくて、「次は何の料理にしようか」、「焼肉がええで」、「千円やったらできんやろ」、「それをやるんがええんや」、とまたうだうだぐだぐだ。

 高さん、楽しませてもらいましたよ。来年もやりまっせ。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント

ドラッカーへの疑問

2013年12月17日 14時46分18秒 | ドンキホーテ
 東北のみなさん こんにちは

 大阪商工会議所東支部・異業種交流会フォーラム・アイ(FI)の例会で11、12月の二回にわたり、ドラッカーを勉強しました。以前から「会社の目的は顧客の創造」と言い切るドラッカーの考えに疑問を抱いていました。この機会にと講師の方に質問しました。

 質問、ドラッカーは会社の目的は顧客の創造だと。そしてそれを行わない会社はいずれかはつぶれると講師は仰る。それが本当かどうか確かめようと世界で一番古いといわれ創業1400年の金剛組のホームページを調べてみました。すると驚くことに会社の理念の最後は「全てはお客様のために」で結ばれていました。これはドラッカーの言う会社の目的は顧客の創造と同じ考えです。凄いと思いました。では一方、近江商人の言葉に「売手よし、買手よし、世間によし」という三方よしがあります。これはドラッカーの理論とあうのか、それともあわないのでしょうか。あわないなら、三方よしで会社を経営したら最終的にはつぶれるのでしょうか。

 答え、三方よしもお客さまにウエートを置けばよい。

 質問、ドラッカーは人の生きる目的について何か示唆を与えているのでしょうか。会社の目的は顧客の創造と言うなら、そこで働く人の生きる目的もそれに合致していないとおかしい。もし人の生きる目的と会社の目的が違うなら、その人は生きる目的に反して仕事をしていることになるから。

 答え、個人の幸せと組織の中での幸せがある。個人の幸せは宗教、哲学で語りつくされている。ドラッカーはそこには踏み込まなかった。組織の中の人の幸せは強みを生かすこと。

 この問答、みなさんはどう感じられるでしょうか。私はちょっと答えをはぐらかされた気がしました。このままだとより一層、ドラッカーへの不信を募らせてしまいます。たった二回のセミナーでドラッカーを理解しようとするのが横着すぎて、ちゃんと自分で読み解かないといけないんでしょうね。

これから先は宣伝です
造花のことなら、大阪で90年以上の歴史を誇る造花輸入問屋の(有)ニューホンコン造花へ。卸専門です。
装飾造花、ギフト造花から菊、百合、樒(シキビ、しきみ)、榊(サカキ)など仏花、神様用造花まで扱っています。
 (有)ニューホンコン造花・営業本部  〒581-0845 八尾市上之島町北5-32-2
 TEL 072-923-5587 FAX 072-996-4187  ホームページ http://nhkf.jp  E-mail info@nhkf.jp

元新聞記者が明かす 小さな会社 マスコミデビューの法則
(岡田 光司著、1500円 ISBN4-86000-104-4 C2034 ¥1429E
コメント (2)