Some Like It Hot

お熱いのがお好きな映画ファンtakが、日々気になる音楽・映画・その他もろもろを記す雑記帳

おっぱいとお月さま

2021-04-17 | 映画(あ行)


◼️「おっぱいとお月さま/La Teta I La Luna」(1994年・スペイン=フランス)

監督=ビガス・ルナ
主演=マチルダ・メイ ピエル・ドゥーラン ジェラール・ダルモン

愛すべき映画である。パトリス・ルコント監督作「髪結いの亭主」冒頭の女性賛美に通ずるおっぱいへの憧れを、素直に、いやフェチな心のままに表現した愛らしい映画である。また登場人物が皆一癖もふた癖もある変わり者だらけで、それが奇妙な人間臭さを漂わせており、また愛を感じてしまう。

自分だけのおっぱいが欲しい少年、性的に欲求不満の踊り子、性的不能のおなら芸人、踊り子のためにひたすら歌い続ける青年と、それぞれの偏愛ぶりが時に悲しく、時におかしい。それがこの映画の魅力だ。

男として身につまされるのは、なんといってもおなら芸人モーリス。若い男に妻を寝取られながらも、大人の男としての余裕を見せていたり、妻を愛しながらも満足させられない自分に怒る姿は涙を誘う。マチルダ・メイ演ずる踊り子は、男の足の匂いが好きで、自分の涙をビンに貯めるのが趣味というフェチ振り。彼らと主人公の少年も含めたハッピーエンドに思わず拍手。うん、愛すべき映画である。

マチルダ・メイは全裸吸血宇宙人役のイメージが強いけど、おっぱいだけの女優じゃない。オシャレなポップスを歌ってフルアルバムのCDも出してるし、ミュージカルもこなせる才女。大好きなんす。イヴ・モンタン共演の「想い出のモンマルトル」を学生時代に見逃したのが悔やまれる。観たいなぁー。

コメント

カセットテープ・ダイアリーズ

2021-04-10 | 映画(か行)


◼️「カセットテープ・ダイアリーズ/Blinded By The Lght」(2019年・イギリス)

監督=グリンダ・チャーダ
主演=ヴィヴェイク・カルラ クルヴィンダー・ギール ミーラ・ガラトナ ネル・ウィリアムズ

イギリスで暮らすパキスタン人一家の少年が、ブルース・スプリングスティーンの歌で自分に目覚める爽やかな成長物語。繁忙期の慌ただしさでちょっと疲れてたから、ちょうどやってた映画館で観られなかったのが悔しいーっ!新作DVDで鑑賞。

ポップスやロックの歌詞を聴いて、この映画の主人公のように何か啓示を受けたような気持ちになったことが幾度もある。それを日々を送る為の聖エルモの灯みたいに思って生きてきた。だから、この映画の主人公にはとても共感できる。それに文筆業に憧れるところも、あの時代の自分が重なって見えてしまう。

映画の舞台となった1987年の僕は、まさにそのど真ん中にいた。バックに流れる当時のヒット曲(Cutting CrewやLevel42、一瞬だったけどa-haを使ったセンス、素晴らしい!)カレッジラジオ気取りの校内放送、壁に貼られたポスターにも当時の小ネタが満載で、80's洋楽好きなら楽しくて仕方ないだろう。
「ワム野郎にバナナラマ女子」
「Tiffanyがゴミなのは私も知ってるわ」
もう笑い転げそう。

でも映画は厳しさを描くことも忘れない。サッチャー政権下の大不況。移民問題にからむ対立が当時からいかに根が深いものだったのか。父親に代表される異文化の壁を乗り越えようとする主人公のもがきと挫折、反抗と気づき。もし自分が若い頃にこの映画に出会っていたなら、純粋に主人公たちとストリートを駆け抜けたい!と思っただけだったろう。でもこの年齢で観たからこそ、父と息子、家族目線にもじわーっと感動できた気がする。この手の青春映画にはお約束とも言える、いちばんの理解者である一歩引いた女子の存在も大きい。彼女のその後も気になるけど、こういう存在の女子はその後が描かれないんだよね。

ブルース・スプリングスティーンの「Born In The U.S.A.」は、高校時代だった。「ベストヒットU.S.A.」の録画であの曲のPVを見ているタイミングで、親父が居間に入って来た。そう、この映画で主人公がThe Riverをテレビで見ながら歌ってる場面とまったく同じ。

👨🏻「勉強もせんでなん見よんのか」
😏「ブルース・スプリングスティーン。」
ちょうど"サイゴンに黄色人種を殺しに行った"とかいう歌詞が出てきた。
👨🏻「なんちゅう詩だ。とんでもない歌手だな。」
🙂「これはベトナム戦争の帰還兵を歌ったものなんだ。そんな国に俺は生まれちまった、という悲しみを歌ってるんだよ。」
👨🏻「…そうか」
しばらく一緒にPVを見て、親父は言った。
👨🏻「…いい歌だな。」

「涙のサンダーロード」を歌うミュージカルめいた場面、最高。

コメント

今日のBGM:55 STONES/斉藤和義

2021-04-07 | 今日のBGM



繁忙期の仕事帰り。本日の通勤BGMは斉藤和義の新作「55 STONES」。コロナ禍の2020年に彼が何を考えていたのか、何をして過ごしていたのか、何が楽しかったのかが伝わる作品集。

オープニングを飾るのはYMOの名曲BEHIND THE MASK。かつてマイケル・ジャクソンやエリック・クラプトンもカバーしたニッポンのテクノを、オリジナルにほぼ忠実にギターの多重録音で奏でる。

僕と同い年だからYMOは真剣に聴いてた世代。外出自粛で家にずっといたら、こんなこと試したくなるよなー…。自分もこの曲打ち込んでやったことあるだけにすっごく共感。

でも気づいて欲しい。この曲を選んだ本当の理由は、マスクで半分顔を覆い続けた2020年だから。みんなマスクの向こうで何を考えていたんだろう。

♪ 緊急事態宣言が…で始まる8分に及ぶ大作2020 DIARYは、そんな年の生活を綴った作品。政治への不満、鬱憤をネットでぶちまける人々を歌いつつ、この最中に働いている人々への感謝と会いたい人への素直な気持ちが心に響く。窓の外の青空と、僕らのなんとも言えない気持ち。

心のつぶやきみたいな歌詞が散りばめられたセルフレコーディングの曲が多い中、バンドで演奏されたのがBoy。この曲のはじけっぷりがとにかく心地よい。こんな演奏を安心して目の前で見られる日が早くきますように。
コメント

サブウェイ

2021-04-04 | 映画(さ行)


◼️「サブウェイ/Subway」(1985年・フランス)

監督=リュック・ベッソン
主演=クリストファー・ランバート  イザベル・アジャーニ ジャン・ユーグ・アングラード リシャール・ボーランジェ

別にリュック・ベッソンが嫌いではないのだけれど、ずっと敬遠してきた「サブウェイ」に挑む。なるほど、賛否分かれる映画なのは理解できる。確かにお話は深みがないし、説明不足も多々あるし、心情が読みづらい。でもこの上なく映像はカッコいいし、個性的な登場人物が面白い。起承転結がハッキリした映画の文法を切り捨てて、とにかく観ている僕らをグイグイ引っ張っていく。悪く言えば、問答無用の勢いだけの映画。でも他の映画では味わえない魅力がある。

冒頭のカーチェイスを除いて、終始地下鉄の駅内で物語は進行するアイディアもいい。そしてその限られた舞台をとことん活かそうと楽しんで撮影しているのが伝わってくる。しかし、それは観客置いてけぼりの作り手本位映画になりがち。社会的に追いやられた人々が地下鉄駅のさらに地下で暮らす様子と、地上にいるイザベル・アジャーニの裕福な夫や警察官たちの対比。「パラサイト 半地下の家族」と同様に貧富の差を上下で表現しているという見方もあるだろうけど、リュック・ベッソンはおそらく何にも考えてない。地下鉄という舞台が遊園地みたいで面白い。ただそれだけだ。

この映画のもう一つの主役は音楽。音楽家の一人として出演もしているエリック・セラの劇伴や挿入曲は、観ているこっち側の気持ちに訴えかけてくる。他のベッソン作品で聴ける近未来的なテクノでもなく、オーケストラでもなく、疾走感のあるエイトビート。それがスクリーンの向こうから僕らに拍の頭で手を叩けと要求しているかのようだ。これにノることができた人は、きっとこの映画を好む人。

イザベル・アジャーニを愛でる映画としてもナイス。ファッションと髪型が出てくる度に変化して、人気女優を着せ替え人形にして楽しんでるみたい。黒いレースが美しいドレス、鮮やかな黄色と黒のチェック柄ジャケット、モヒカンみたいな髪型でゴージャスなコートを身にまとい、グレーのダブルスーツにモノトーンチェックのシャツ。色素の薄い瞳に引き込まれそう。

そもそもスティングの出演を予定していたらしいが、クリストファー・ランバートが演じたことで、無軌道な若造の感じがよく出た気がする。85年当時のスティングは、ジャズに走ってちょっと落ち着きが出始めた頃だからパンクだけど上品な感じになってたかも。ジャン・ユーグ・アングラード、ジャン・レノ、リシャール・ボーランジェと好きなフランス男優たちが脇に揃い踏み。

コメント

天国でまた会おう

2021-03-30 | 映画(た行)


◼️「天国でまた会おう/Au revoir la-haut」(2017年・フランス)

監督=アルベール・デュポンテル
主演=ナウエル・ペレ・ビスカヤー アルベール・デュポンテル ロラン・ラフィット

第一次世界大戦の終わりが近づいていたヨーロッパ。戦場で生き埋めにされそうになったアルベールは、エドゥアールに救われる。しかしエドゥアールは重傷を負い言葉を発することができなくなる。二人はパリに戻るが、帰還兵には大した仕事もなく生活に苦労していた。そんな時に、戦没者を悼む像を建てる話が持ち上がり、製作できる者を募集していた。エドゥアールは得意の画才を活かしてコンペに勝ち、製作費を手に入れたら逃げようとアルベールに持ちかける。エドゥアールの通訳となる少女を巻き込み、彼らは大掛かりな詐欺を実行しようとする。

「長い話になりますよ」と警察の取り調べでアルベールが語り始めるところから映画は始まるが、独特の映像美とテンポのよい展開で飽きさせない。西部戦線で塹壕の暗闇から煙草の煙と共に上官が現れる場面や、エドゥアールがその才能を発揮して様々なマスクを披露する場面は特に印象的だ。また人間模様もこの映画の見どころだ。戦争犯罪が埋もれてしまう憎っくき上官は、エドゥアールの姉と結婚してるし、二人がカモにするのは結果的にエドゥアールの父親。その父親が死んだはずの息子の存在にいつ気づくのかがハラハラさせるポイントだけに、クライマックスがグッとくる。

ラストはハッピーエンドなんだけど、そこにたどり着くまでにアルベールがいろいろ仕出かしたことは不問なの?と思うとちとモヤモヤするが、これはこれでいいのかな。
コメント (2)

王妃マルゴ

2021-03-27 | 映画(あ行)


◼️「王妃マルゴ/La Reine Margot」(1994年・フランス)

監督=パトリス・シェロー
主演=イザベル・アジャーニ ヴァンサン・ペレーズ ダニエル・オートゥイユ ジャン・ユーグ・アングラード

16世紀のフランス。ユグノーと呼ばれたプロテスタントとカトリックの宗教対立が激しさを増していた時代。国王の妹であるマルゴとプロテスタントの指導者であるナバラ王アンリの政略結婚により事態を収拾しようとした。映画はその婚礼から始まる。婚礼に列席するため、多くのプロテスタントが街に溢れていた。国王が頼りにしていたコリニー提督が何者に襲われる事件が起き、それは数万の人々を巻き込むサン・バルテルミの虐殺事件へと発展し、ナバラ王アンリは捕らえられ改宗を迫られる。しかしアンリやプロテスタントの貴公子ラモールを陥れようとする国王の母后の策が思わぬ事態を招くことに。

イギリス史ならまだしも、中世フランス史は世界史の授業でも馴染みがないパートだ。この映画で描かれる対立の構図や利害関係をきちんと理解するには、ちょっと予習が必要かも。僕も再生ボタンを押す前に、ユグノー戦争からナントの勅令までのフランス史を復習した。世界史の授業で使う資料集は映画鑑賞にとても役に立つ。皆さまも是非お手元に。

血塗られた宗教対立の歴史を描いたこの映画は、その歴史的事実がいかに悲惨なものだったかをこれでもかと鑑賞者に叩きつける。虐殺事件の翌日道の端に絶え間なく続く死体、その死体が集められて穴に埋められる様子、切り裂かれる皮膚から飛び散る血しぶき。信条が違うことが、こんなにも憎しみを生むものなのか。その悲惨さを思い知らさせる。

そしてラストは、ギロチンで死刑となった愛人の遺体を前に佇む王妃。現実なら目を背ける光景なのに、美しい絵画を見ているかのように心に焼き付けられるのだ。

全体的に暗い場面が多いし、男たちが国王を除いてみんな黒っぽい装束。何が起こっているのか分かりづらい面もある。だがそれだけに、イザベル・アジャーニの白い肌と、凛とした表情が映るだけで空気が変わる。仮面をつけて男漁りをする場面や、プロテスタントの貴公子を手当てしながら白い衣装が血で染まる様子までもが美しい。

コメント

未来のミライ

2021-03-16 | 映画(ま行)


◾️「未来のミライ」(2018年・日本)

監督=細田守
声の出演=上白石萌歌 黒木華 星野源 麻生久美子

細田守監督作でこんなに期待を裏切られたのは初めて。「時かけ」と「サマーウォーズ」は愛してやまない作品だし、世間で評価の厳しい「おおかみこども…」はファンタジーなのにキツい現実の部分を逃げずに描いているのは個人的にはかなり好きだった。「バケモノ」は観てなくて、本作に挑んだのだけど、感じたのは最初から最後まで違和感だった。

妹が生まれて主人公くんちゃんが、親の愛情を奪われたと感じて癇癪を起こす様子がこれでもかと描かれる。子育て経験者目線だと、ここはかなりリアルを感じる部分。「あー、言われたよな、こんなこと。」と思いながら観ていた。くんちゃん側の理屈と親側の気持ちそれぞれに気づきが与えられる話ではあるのだけれど、それぞれのエピソードがどうも浅いと感じる。東京駅の迷子の場面では、不安な子供の気持ちが凝った映像で表現されているけれど、家族の中での自分の立ち位置をくんちゃんが理解する流れは納得はあっても新たなこっちの気持ちを揺さぶるような感動とは程遠く感じるのだ。

違和感の原因は声の演出と台詞にあるのではなかろうか。多くの人も感想に挙げているが、くんちゃんの声がもう少し上の分別ある年齢の男の子を感じさせるからだ。落ち着きさえある。さらに周囲の人々も含めて台詞に選ばれる言葉がいちいち堅い。例えば母親がくんちゃんとアルバムを見ながら「ひいじいじは戦時中にね、徴兵されてね」とか説明する場面。とても5歳児に話しかけている会話とは思えないのだ。

そりゃ文節を区切ってひと言ひと言しゃべるような現実的な台詞で全編やってたら、上映時間がいくらあっても足りないけれど、こんな喋りの会話じゃ分かってもらえるとは思えない。タイトルロールとして登場する、未来のミライちゃんは、各挿話でくんちゃんをナビゲートしてくれる存在でいて欲しかった。あまりにも出番が少ない。それはかなり残念。

ひいじいじが登場するエピソードは、馬やバイクに乗る疾走感があって素敵だったし、家族のつながりを強く感じさせていい場面。

ほぼ文句ばっかり言ったけれど、最後にもう一つ言わせて。子育て経験者の目線で最も違和感があったのは、あの段差の多すぎる家!階段とリビングに隣接した段差のある空間に、ベビー用の柵も置かずミライちゃんを置いておく無神経さ。あの階段だらけの家じゃ、くんちゃんは中庭に何度も落ちてアザだらけになってても不思議はない。冒頭登場するおばあちゃんが「建築家と暮らすとこんな家に住むことになるのね」とボソッと言うけれど、おばあちゃん、あなたの言う通り。小さい子供には危なっかしくて、見ちゃいられなかったよ。

と言う訳で、最後までファンタジーに気持ちを振ることができませんでした。失礼いたしましたw

コメント

プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス

2021-03-10 | 映画(は行)


◼️「プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス/Prince : Sign O' The Times」(1987年・アメリカ)

監督=プリンス
出演=プリンス シーラ・E シーナ・イーストン

80年代は映画に活躍の場を広げたアーティストがたくさんいた時代。スティング、マドンナ、フィル・コリンズ。もちろんマイケル・ジャクソンも。われらがプリンス殿下もその一人だが、単に出演しただけではない。「パープルレイン」ではアカデミー賞歌曲賞を獲得、「アンダー・ザ・チェリームーン」では監督も兼任。本業もしっかりこなしながら、独自の世界を描いてみせた。だけど殿下のいちばんの魅力は、演奏している時のステージアクションや演出のカッコよさだと思うのだ。

映画「サイン・オブ・ザ・タイムス」は、ヨーロッパ公演を記録した作品。アルバムジャケットを再現したステージセット、時折寸劇(コントじゃねえぞ)を挟む演出が心憎い。「パープルレイン」でも激しいプレイが見られたが、「サイン・オブ…」では、ギター弾きながらスライディングしたり、趣味の悪いデザインのギターをかき鳴らす姿にとにかく惚れ惚れする。

I Could Never Take The Place Of Your Manは、この映画で聴くことのできるバージョンがいちばん好き。当時の彼女だったシーナ・イーストンも登場。バックバンドでは、シーラEがドラムセットに陣取って、素晴らしいプレイを見せてくれる。80年代最後にプリンス殿下の九州公演があった時に行っておくんだったなぁ。そんな大昔のモヤモヤした気持ちはこの映画を観るとふっ飛ぶ。

映像作品では「グラフィティ・ブリッジ」を観たことないので、挑んでみたい。

(蛇足ですが)
ブルーノート福岡でシーラEのライブを見たことがある。ステージ向かって右の最前列の席で、コーラスのおねいさんと会話できて、セットリストがチラ見できるくらいの距離。ブルーノートでは、ラテンパーカッション奏者としての出演が多かったシーラEが、その回は珍しくロックミュージシャンとしてのライブ。80年代のヒット曲満載のステージだった。ティンバレスを叩きながら歌う勇姿を目の前で見られてもう感激。屈強な警備員のおにいさんに付き添われてステージを降りるシーラEは、目の前にいた僕に、ネーム入りのドラムスティックを2本手渡してくれたのでした。リムショットの傷も生々しいそのスティック、家宝でございます。

コメント

cfガール

2021-03-09 | 映画(さ行)


◼️「cfガール」(1989年・日本)

監督=橋本以蔵
主演=世良公則 高岡早紀 中村久美 我王銀次 岡田真澄

世良公則の主演作でなんとなく繰り返し観ているのがこの「cfガール」。世間では評価も高くないのだが、何故か繰り返し観ていた時期がある。これがデビュー作だった高岡早紀がお目当てだったのは認める。当時僕は社会人になりたての頃であれこれ迷っていたから、自信に満ちた主人公の姿がカッコよく思えたんだろうか。

主人公はCMディレクター爽太郎。世間で認められているもののクライアントの要望を無視して問題を起こすこともしばしば。映画冒頭で、彼はクビを宣告される。そこへ元カノの洋子が現れ、新たな仕事を持ちかける。爽太郎はかつての仲間を集めて、CM製作を開始。浜辺で踊る姿を見かけた少女をスカウトした。ところがその少女をめぐって何者かから圧力がかけられ始めた。

当時Vシネマでアクションもこなしていた世良公則を主役にしたんだから、銃を持たせないのはもったいないのか、部屋で殺し屋を迎え撃つようなお遊びシーンが挿入される。これ必要?と思うけれども、カッコよきゃいいか。

追っ手から逃れるためにカナダをCMロケ地を選び、雄大な風景をバックに自転車に乗る少女を撮るクライマックス。そのしごとごうまくいったか、少女の祖父である業界大物との関係はどうなったのか、何も明らかにならないまま映画は幕を降す。ま、カッコよきゃいいか。

主役を支えるのは、当時靴のCMで高岡早紀と共演していた岡田真澄、我王銀次、そして少女の祖父に三船敏郎。浜辺でバレエを踊る早紀ちゃんが美しい。主題歌「抱きしめてくれ」はもちろん世良公則。

コメント

悪魔のような女

2021-03-04 | 映画(あ行)


◼️「悪魔のような女/Diabolique」(1996年・アメリカ)

監督=ジェレマイア・S・チェチック
主演=シャロン・ストーン イザベル・アジャーニ キャシー・ベイツ チャズ・パルミンテリ

アンリ・ジュルジュ・クルーゾー監督のサスペンススリラーの傑作をハリウッドリメイク。私立学校を経営するパワハラ夫ガイ殺害を計画したのは、妻ミアと夫の愛人である同僚教師ニコル。薬物を混ぜた酒を飲ませて溺死させた後、学校のプールに遺体を沈めた。しかしプールの水が抜かれると遺体は消えていた。遺体はどこへ?夫は生きているのか?不安になる妻と気丈に立ち振る舞う愛人。そこに私立探偵の女性シャーリーが現れる。

オリジナルは随分前に観ていて、モノクロのシャープな映像と戦慄のクライマックスが強く印象に残っていた。リメイクたる本作の魅力は何よりもキャスティングだろう。ニコル役はシャロン・ストーン、ミア役はイザベル・アジャーニ。

どちらも魅力的な役柄なのだが、その対比は演技だけでなくファッションでも印象づけている。男子校で教鞭とってるとは思えない派手な服装に豹柄のブラジャーのシャロン・ストーンに感じるのは揺るがない自信。一方、心臓病を患う元尼僧役のイザベル・アジャーニは、白のナイトウェアや露出の少ない黒っぽい服装で、大人しさや気弱な印象を与えている。そんな二人だが、ストーリーが進むにつれて気持ちが揺らいでいく様子がスリリング。こういう役者を活かしたキャラクターづくりは、ハリウッドリメイクの上手さだ。

探偵役のキャシー・ベイツも、決めるところでビシッと決めるかっこよさ。ラストシーンは完全に二人を喰ってる。彼女のゆったりとした服装は、見た目よりも楽であることを選ぶ年齢であることや、身体の線を出さない事情があることをきちんと納得させてくれる。いかにも悪党ヅラのチャズ・パルミンテリと言い、役者の使い方は確かにうまい。しかし、オリジナル版で感じた"スリラー"映画と呼べる程のおどろおどろしさはこのリメイクには乏しいのがちと残念。

学校のPRビデオを撮る為に雇われた二人組が出てくる。生徒たちに演出の指示をする黒縁メガネの男性は、後に映画監督となるJ・J・エイブラムス。

コメント