上は来ず・・・ (旧Mr.Bation)

なんの役にも立たない事を只管シコシコと

「trip on wire by Eiko Ishibashi」

2016-12-06 | 音楽
しまった。12月1日に六本木でのカフカ鼾ライブをマークしていたんだけど直前にすっかり忘れてしまっていた。 . . . 本文を読む
コメント

「その夜は忘れない」

2016-12-05 | 映画(DVD)
「原爆と銀幕 止まった時計と動き始めた映画表現」 「その夜は忘れない」 舞台は1962年の広島市。被爆から17年の歳月を経て、街は見事に復興を遂げた様に見える。被爆跡で目に付くものといえば、原爆ドームなど一部であり、戦後十七年の原爆記念特集号取材の為に広島へ出張した週刊雑誌編集記者・加宮恭介は少々肩透かしを食らう。そんな中、親友の菊田吾郎に誘われて訪れた店「あき」で早島秋子に出会う。 . . . 本文を読む
コメント

「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」

2016-12-05 | 展覧会・博覧会
ポスターメインビジュアルの絵が目にとまり、行ってみようかと思っていたピエール・アレシンスキー展。気が付けば、もうすぐ終わってしまうではないですか。と言う事で最終週に行ったよ。 ピエール・アレシンスキー(1927~)は、ベルギー現代美術を代表する作家の一人。 . . . 本文を読む
コメント

浦和レッズ10年ぶりのリーグ優勝を逃す 埼玉スタジアム2002

2016-12-04 | サッカー
贔屓チームの応援はどうしてもネガティブ思考になってしまう。 12月3日埼玉スタジアム2002 . . . 本文を読む
コメント

「団鬼六 縄炎夫人」

2016-12-03 | 映画(DVD)
「団鬼六 縄炎夫人」 新婚ホヤホヤの耕二は、地方で商談を済ませた後に芸者・小菊とある夫婦のSMショーを見た。帰路、耕二は運転する車で先程のショーに出ていた女をひいてしまう。彼は顔を真青にした小菊とともに逃げるが、それは地獄へのトビラが開いた瞬間だった…… . . . 本文を読む
コメント

2016年11月 映画観賞記録

2016-12-02 | 映画INDEX
渋谷に妄執・異形の人々が帰って来ました。 そもそも、中年以降の劇場通いのキッカケとなった特集。今回は文芸篇です。 今回特集でフジテレビ深夜ドラマ「恐怖劇場アンバランス」から3本が16mm上映されますので、なんとかこれはスケジュールを合わせたですね。 . . . 本文を読む
コメント

「この世界の片隅に」

2016-11-30 | 映画(DVD)
「この世界の片隅に」 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る  「食べているのは生きものだ」

2016-11-29 | 映画(DVD)
「エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る」 第六夜 「食べているのは生きものだ」 「ヴィルアンダースの家庭の屠殺 ベーコンとソーセージづくり」「ムングゴンナの女たちの豚の解体と調理」「フクロネズミの料理と食事」「亀の捕獲と料理」「カミキリムシ幼虫採集と料理」 ゲスト 森枝卓士(写真家)/ 高田ゆみ子(翻訳家) . . . 本文を読む
コメント

「白い指の戯れ」

2016-11-27 | 映画(DVD)
「デビュー50周年記念 映画特集 荒木一郎の世界」 「白い指の戯れ」 刹那的に生きるスリ集団の若者たちをアメリカン・ニューシネマテイストで描いた青春群像劇にして、村川透と伊佐山ひろ子の鮮烈なデビュー作。乱行シーンでの赤のバスタブと白い泡のコントラスト、荒木のスリの指さばきの鮮やかさが強烈な印象を残す。 . . . 本文を読む
コメント

「変態セックス 私とろける」

2016-11-27 | 映画(DVD)
「ゆきて帰らぬ渡辺護 官能の映画旅」 「変態セックス 私とろける」 監督のデビュー作「あばずれ」の脚本を一部カットしたリメイク作品。 印刷工場を営む父のもとにやってきた後妻は、従業員と不倫の果て工場乗っ取りを企む性悪女であった。女子高生の義娘にも後妻の毒牙は忍びより・・・ 純真な少女の変貌を描く復習譚。 . . . 本文を読む
コメント

「死霊館 エンフィールド事件」

2016-11-26 | 映画(DVD)
「死霊館 エンフィールド事件」 著名な心霊研究家ウォーレン夫妻の実体験に基づく大ヒットホラー「死霊館」の続編。今回は史上最長のポルターガイスト現象とされるエンフィールド事件。 ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は、正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現象に悩まされていた。助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため彼らの家に向かう。幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な闇に危機感を抱き……。 . . . 本文を読む
コメント

怪奇大作戦 「京都買います」

2016-11-26 | 映画(DVD)
昨年、MX放映の円谷劇場「怪奇大作戦」 以前BSで放映された時、当時我が家ではBSが入らなかったので知人に頼んでDVDに焼いてもらっているけれど、あの時は寄り抜き放映だったので今回は全話録画予約。録るだけでぜんぜん観てなかったのですが、実相寺監督の傑作「京都買います」は、やっぱり観たくなる。 . . . 本文を読む
コメント

「死霊館」

2016-11-24 | 映画(DVD)
「死霊館」 アミティヴィル事件など多くの超常現象を調査・解明してきた、アメリカでは非常に有名な超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻が、これまでに調査したものの中で「最も邪悪で恐ろしい事例」としてこれまで封印してきた、1971年に体験した衝撃の事件を基に描く。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「パリ、テキサス」

2016-11-23 | 映画(DVD)
「パリ・テキサス」 テキサス州の町パリをめざす男。彼は失踪した妻を探し求めていた。男は、4年間置き去りにしていた幼い息子との間にも親子の情を取り戻す。そして、やがて巡り会った妻に、彼は愛するがゆえの苦悩を打ち明ける……。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」

2016-11-23 | 映画(DVD)
「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」 10月観賞分。 日本カルト映画の代名詞とも言える稀代の珍品を観るのは10年ぶり。 . . . 本文を読む
コメント