映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold

2015-12-11 | 映画 あ行
クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。
  
 まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ
本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」を巡る物語。
個人所有の絵画がナチスに没収され、戦後「Woman in Gold」のタイトルでオーストリアの
美術館に長年所蔵されていたもの。国家相手に絵の返還を申し立てる女性の実話に基づく
ストーリー。
戦争とは惨いもんです。


   ************************

       黄 金 の ア デ ー レ   名 画 の 帰 還

    ************************

    
          
             クリムトとモデルとしてポーズをとるアデーレ

 < ストーリー >
1998年@LA。洋品店を営むマリア・アルトマンは姉ルイーゼの遺品から、オーストリア政府に
対し叔母の肖像画の返還を求めようとしていたことを知る。法改正で過去の訴えの再審が
行われるのに間に合わせようと、友人の息子ランディ・シェーンベルクに弁護を依頼するが…。

美術の教科書などで目にしていた絵画に、こんなドラマがあったとは!
自分の伯母さんがクリムトの絵画のモデルというか、クリムトに妻の絵を描かせたというのが
凄いですわね。マリアの実家が当時どれほど裕福な一族だったかがうかがえます。
映画はオーストリアで幸せに暮らしていた若き日のマリアが、ナチスの台頭で財産を没収され
収容所送りになるところを間一髪命からがらアメリカへというストーリーと、
半世紀を経て家族の絵を取り戻すためにアメリカからオーストリアへ出向き、政府を相手に
裁判に臨むというストーリー。
二つのストーリーが、時代を変え、二つの国をまたいで進行します。
   若き日のマリアと夫はアメリカへ
         
               裁判に臨むマリアとランディはオーストリアへ

最近、第二次世界大戦のナチスドイツにフォーカスした映画を4本、立て続けに見ました。
顔のないヒトラーたち」「ヒトラー暗殺、13分の誤算(書きかけです)」「ミケランジェロ・プロジェクト」に
本作。
いま何故、ナチスに関連する映画がこんなに次々公開されるのでしょう?
「顔のない…」と「ヒトラー暗殺…」はともにドイツ映画です。

ナチスの台頭により、反ユダヤに傾きユダヤ人に敵意を示し排斥する普通の市民たち。
急激に変貌していく街の雰囲気が恐ろしい。

   マリア@オーストリア
オーストリアに帰ることは、記憶の奥に封印した恐ろしい過去に引き戻されること。
どれほど辛く苦しいことでしょう。
それを押しても取り戻したかったのはアデーレの絵というよりもユダヤ人としての尊厳と誇り。
8年に及ぶ法廷闘争を二人三脚で戦ったマリアと若き弁護士ランディはともにオーストリアの
ユダヤ人というルーツを持つ。アメリカで生まれ育ったランディだが、裁判を通して迫害され
アメリカに渡った音楽家の祖父シェーンベルクを想い、次第に自らのルーツに目覚めていく。
ドイツのみならず、オーストリアもナチス占領下でユダヤ人排斥に加担したという暗い過去を
引きずっていることが一枚の絵の所有を巡る裁判の過程からうかがわれます。
      
     二人を助けるジャーナリスト・チェルニンの父は元ナチス親衛隊。
     演じるのはドイツ人俳優ダニエル・ブリュール。 

そういえば誰もが知るミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐は
ナチス協力を拒んだことで追われ、一家で祖国オーストリアを出てスイス目指してアルプスを
越えたのでした。あれも実話に基づくストーリーでした。
あれ?ヒトラーって、もともとオーストリア人じゃなかったっけ?


演技の確かさと気品は言うに及ばず、素のヘレン・ミレンもカッコいい!
男優は年を重ねて渋くなる人はいらっしゃいますが、老いて一層素敵な女優さんは稀有です。
      

若き弁護士を演じるライアン・レイノルズ。
2010年ピープル誌に「もっともセクシーな男」に選ばれたとはいえ、いまひとつ日本での認知度は
低いです。スカーレット・ヨハンソンの元夫とか「アデライン、100年目の恋」主演のブレイク・ライブリーの夫っていうイメージが強いけれど、この人、なかなかいい役者さんです。
一見頼りなさそうな雰囲気から、徐々に精悍な顔つきに変わっていく演技がいいのよ。
あまりヒットしなかったけれど「デンジャラス・ラン」もよかったと、私は個人的にライアン押してます。

    
     裁判には勝ったけれど、マリアの心中に去来するのは…。

非常に見ごたえのあるお勧めの映画です。



にほんブログ村 映画ブログへ





 ***** 見た 映画 *****

 12月 1日 「黄金のアデーレ 名画の帰還」@TOHOシネマズ海老名
 
 12月 9日 「パレードへ行こう!」DVD

 12月10日 「イタリアは呼んでいる TRIP TO ITALY」DVD

コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« コードネーム U.N.C.L.E | トップ | 8周年…過ぎちゃってました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画 あ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold (勝手に映画評)
画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした....
黄金のアデーレ 名画の帰還 (あーうぃ だにぇっと)
黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール
映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー アメリカ・ロサンゼルス在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画的・絵画的・音楽的)
 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。アメリカ=イギリス。原題:Woman in Gold。サイモン・カーティス監督。ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホ ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)
TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24 (まぜごはん)
順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...
黄金のアデーレ 名画の帰還  (心のままに映画の風景)
1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて) (風に吹かれて)
あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで
「黄金のアデーレ 名画の帰還」:年の差コンビの掛け合いの妙 (大江戸時夫の東京温度)
映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を試写会で観ました。また出たナチスがらみの作品
『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (beatitude)
1998年、ロサンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人で溌剌と暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府にナチスに没収され...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (セレンディピティ ダイアリー)
ヘレン・ミレン主演の実話に基づくヒューマンドラマ、「黄金のアデーレ 名画の帰還」
黄金のアデーレ 名画の帰還 (だらだら無気力ブログ!)
3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。
「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。
「黄金のアデーレ 名画の帰還」 (或る日の出来事)
よかった~!
過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (真紅のthinkingdays)
 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが...
【映画】黄金のアデーレ 名画の帰還 (アリスのさすらい映画館)
裏でうらうらシニア選手権やってまして今日はチャールズ・ダンスを選出しました。デビュー当時はテレビドラマの出演が多く、レトロ作品として取り上げたいものがなかったので、今日はこちらで新作を紹介することにします。黄金のアデーレ 名画の帰還(2015)アメ...
映画:黄金のアデーレ 名画の帰還 WOMAN IN GOLD 名画の裏には、歴史あり。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」(写真:...