映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

デンジャラス・ラン  Safe House

2012-09-01 | 映画 た行
映画館で予告編を見て気になっていた本作、JALの飛行機の中で鑑賞しました。
画面が小さいのが残念ですが、アクション・バトル満載で最後まで惹きつけられました。

デンゼル・ワシントンとライアン・レイノルズ主演です。
前半、白髪交じりの長めの髪に髭で登場したデンゼルを見て「老けたなぁ〜」なんて思ったのですが、
髭を剃って髪を短くした途端「まだまだ、精悍だー!何と鋭い目線!」役者よのぉ〜。

     
                
スカーレット・ヨハンソンの元夫ライアンは、なんとな〜く頼りない風貌ですが、
追い詰められるにつれ、徐々に表情が引き締まり必死の形相に!(状況が状況ですものね) 
あなたは私の婿になる」でサンドラ姐さんに振り回されるちょっと気弱な年下の彼を演じ
「この人意外に上手いなぁ〜」っと思ったのですが、本作でも
「グリーン・ランタン」見てみるかなぁ〜。

そして、ヴェラ・ファーミガ。  
この方いろんな映画に出ていらっしゃって、よくお見かけします。
マイレージ・マイライフ」「エスター」「縞模様のパジャマの少年」「約束の葡萄畑」「ミッション: 8ミニッツ」
など、ちょっとミステリアスなクールビューティーです。
本作では味方なのか?敵なのか?ミステリアスなCIA幹部職員を演じてます。


   ***********************

       デ ン ジ ャ ラ ス ・ ラ ン  Safe Home

   ***********************



 < ストーリー >
大した事件の起こらないCIAの南アの隠れ家を管理している新米CIA工作員のマット(ライアン)は
上司にパリ勤務を申し出たが音沙汰なしで苛立ちを感じている。
そんな時、南アの米国領事館に一人の男が出頭。彼はCIAで屈指の腕を持つ伝説の工作員だったが、
敵国に機密情報を流したとして国際指名手配を受けているトビン・フロスト(デンゼル)。
彼が隠れ家に移送された途端、何者かが隠れ家を襲撃し、生存者はマットとフロストのみ。
敵の正体も事情もわからないまま、別の隠れ家にフロストを連行する命を受けたマットは
四面楚歌の中、逃走を繰り広げる。


繰り返し追ってくるのは正体不明の敵。
同行するのはで言葉巧みに心理戦で追い詰めようとする伝説の元工作員。
信頼していた上司たちも、誰が味方か黒幕なのかがわからない。
退屈な日々から一転!まさに孤軍奮闘です。

( 老獪な元工作員  新人工作員 )   謎の敵
カーアクションに、息詰まるバトル。
そこに不思議な友情?が生まれ怒涛の結末へ


飛行機で3本目にこんな激しいアクション映画を見たので、目がゴワゴワでしたわ。

原題の「Safe House」は「隠れ家・アジト」のことですね。





にほんブログ村 映画ブログへ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドン観光・・・ | トップ | ドーバー渡って、おフラ〜ンスへ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラッキー !!! (iina)
2012-09-02 10:51:31
映画ファンが、飛行機の中で気になっていた「デンジャラス・ラン」を鑑賞できたなんて、すごいラッキーでした。
一方のiinaは、観ようと考えなかった「最強のふたり」の試写会に行って、快作だったので、これもすごいラッキーでした。
ブログにアップすると、11 コメント14 トラックバックの反響がありました。

そして、おとといに行った「プロメテウス」は近々ブログにアップします。
Unknown (iinaさんへ(ryoko))
2012-09-02 15:20:03
早速のコメント、ありがとうございます。
ホントにラッキーでした。
私も最近フランス映画に魅かれてます。
「最強のふたり」面白そうなので近々行ってみます。
「プロメテウス」はiinaさんのブログを拝見してから行きま〜す
コメントありがとうございました (風子)
2012-09-02 16:19:23
見ながら体が動いてしまいましたよ。
こういう映画は、ゆったりした椅子に座ってスクリーンで見たいですよね。

機内鑑賞お疲れ様でした。
デンゼル・ワシントン (KGR)
2012-09-02 16:40:44
は、さすがだし、ライアン・レイノルズとの対比もよかったです。
ただ全体の構図が単純すぎる気がしました。

また、メディアにリークしても問題は解決しないと思います。
Unknown (風子さんへ(ryoko))
2012-09-04 01:00:56
小さな画面にヘッドフォンで見る映画じゃないですね。
やっぱり大きなスクリーンでゆったりと見たいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
デンジャラス・ラン (試写会) (風に吹かれて)
工作員の悲哀公式サイト http://d-run.jp9月7日公開製作総指揮: デンゼル・ワシントン南アフリカのケープタウン。その地の隠れ家の管理を任されているマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ
スニーク・プレビュー「デンジャラス・ラン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/6/21、東宝東和試写室。 ここは2009年以来。 前回は「ワルキューレ」だったかな。(「チェンジリング」でした) 開始直前まで映画のタイトルは明かされていなかったが、 上映時間などから「デンジャラス・ラン」と予想していた。 スニーク・プレビュー....
デンジャラス・ラン (あーうぃ だにぇっと)
デンジャラス・ラン
デンジャラス・ラン (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン&ライアン・レイノルズ主演のサスペンス・アクションです。 真ん中にデンゼル・ワシントンがドーンと載っているチラシしか観たことがなくて、 どんな作品なのだろうと気になっていました。 南アフリカを舞台にハードなアクションが繰り広げられるド...
デンジャラス・ラン / SAFE HOUSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click デンゼル・ワシントン×ライアン・レイノルズ 元CIAエージェントの逃亡劇を描くアクション。 凶悪犯の保護収容所“セーフ・ハウス“に護送された大物テロリストが、武装集団に...
映画 :デンジャラス・ラン Safe House 「極悪」南ア ケープタウンで炸裂するお勧めの猛烈アクション! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
まず いい! のが原題。 Safe House セーフ・ハウスというのは、CIAが密かに用意している尋問などの秘密任務のための「秘密基地」。 主人公はその肝腎のセーフ・ハウスの管理人をしている、のだが、事件に巻き込まれ 逃げ回ることに。 そして皮肉なことに、そのセー....
『デンジャラス・ラン』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: SAFE HOUSE 監督: ダニエル・エスピノーサ 出演: デンゼル・ワシントン 、ライアン・レイノルズ 、ヴェラ・ファーミガ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2012年9月7日公開) 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行って来ました。い....
デンジャラス・ラン / Safe House (うだるありぞな)
ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    なんだ、この邦題は  僕の大好きなデンゼル・ワシントンの新作。 共演は、ハリウッドのチャラ男(キャラ?)、ライアン・レイノルズ。 彼は、前作の「グリーン・ランタン」があまりに不評で、いまだに....
デンジャラス・ラン (だらだら無気力ブログ!)
邦題はアレだけど、アクションは満足。
デンジャラス・ラン (心のままに映画の風景)
南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”の管理を任された新米職員のマット(ライアン・レイノルズ)は、退屈な仕事に不満を募らせていた。 ある日、36か国で指名手配中の元CIAエージェント...
デンジャラス・ラン / Safe House (勝手に映画評)
36カ国の指名手配犯トビン・フロスト=デンゼル・ワシントン。“悪役”のデンゼル・ワシントンが見られます。 舞台は南アフリカのケープタウン。南アフリカと言う事で思い出すのが『インビクタス/負けざる者たち』や『第9地区』。『インビクタス/負けざる者たち』『第9...
デンジャラス・ラン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(14) ひとことでCIAといっても、こんな地味な仕事もあるんですね(笑)
「デンジャラス・ラン」 こだわっていたのはリアリティかな? (はらやんの映画徒然草)
長く姿を消していた元CIAの伝説のスパイがケープタウンに姿を現した。 そして彼を
デンジャラス・ラン : しびれるほどのかっこよさ その2 (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日は、「踊る」とどちらを観るか悩みましたが、こちらを選んで大正解。では、レビュー始めます。 【題名】 デンジャラス・ラン 【製作年】 2012年 【製作国】 アメリカ
映画「デンジャラス・ラン」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「デンジャラス・ラン」観に行ってきました。 デンゼル・ワシントンが主演と製作総指揮を兼ねる、派手なカーアクションあり・格闘ありの典型的なハリウッドアクション作品。 今作では拷問等のバイオレンス系な表現が作中の複数個所で展開されているため、PG−12...
デンジャラス・ラン (心のままに映画の風景)
南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”の管理を任された新米職員のマット(ライアン・レイノルズ)は、退屈な仕事に不満を募らせていた。 ある日、36か国で指名手配中の元CIAエージェント...
デンジャラス・ラン (ここなつ映画レビュー)
原題は「SAFE HOUSE」。個人的にはこの原題の方がずっとずっと良かったと思う。つまり、CIAが秘密裏に行う行動の裏には、必ず、証人や、極悪人や、社会的異常者や隠遁者を隠す必要のある事件が発生しているのが常であり、そういう事件の登場人物を隠すため...
『デンジャラス・ラン』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「デンジャラス・ラン」□監督 ダニエル・エスピノーサ □脚本 デヴィッド・グッゲンハイム □キャスト デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ■鑑賞日 9月9日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...
隠れ家〜『デンジェラス・ラン』 (真紅のthinkingdays)
 SAFE HOUSE  アメリカ人青年マット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)は、CIAの極秘施設 「隠れ家」 の「客室係」 として、不本意ながら南アフリカのケープタウンに 配属されてい...
デンジャラス・ラン ストーリーに破綻がないのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【=37 -5-】 関東への赴任、その準備に追いまくられ、仕事の引き継ぎに余念なく、嬉しいことにいろんな方面で歓送会をして下さり、波乗りもいつも通りしっかり楽しみ、と、むちゃくちゃ充実していて、目が回るほど忙しい日々を過ごしていても、デンゼル・ワシントンが出...
デンジャラス・ラン (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「おひさしぶりぶり〜〜!!」 「おかずですっ!」 「ずーこで
デンジャラス・ラン (映画的・絵画的・音楽的)
 『デンジャラス・ラン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントンと『リミット』のライアン・レイノルズが出演するというので、映画館に行ってみました。  物語は、まず、南アフリカのケープタウンに設けられているCIAのSafe H...
「デンジャラス・ラン」 (セレンディピティ ダイアリー)
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション、「デンジャラス・ラン」(Saf
「デンジャラス・ラン」感想 (流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜)
 「アンストッパブル」のデンゼル・ワシントン主演・製作総指揮。かつてCIAを裏切り、世界36カ国で指名手配されつつも10年間逃亡を続けた元工作員と、収監された彼の監視を命じられた新人工作員との、奇妙な逃亡劇を描くスパイサスペンス。
デンジャラス・ラン (銀幕大帝α)
SAFE HOUSE/12年/米/115分/サスペンス・アクション/PG12/劇場公開(2012/09/07) −監督− ダニエル・エスピノーサ −製作総指揮− デンゼル・ワシントン −出演− *デンゼル・ワシントン『アンストッパブル』・・・トビン・フロスト *ライアン・レイノルズ...
映画『デンジャラス・ラン』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-75.デンジャラス・ラン■原題:Safe House■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目) □監督:ダニエル・エスピノーサ◆デンゼル・ワシントン(トビン・フロスト)◆ライアン・レイノ...
デンジャラス・ラン (いやいやえん)
安心のデンゼル・ワシントン。でももじゃもじゃ。 物語は、新米のCIAエージェントと元CIAの収監者が、安全なはずの「Safe House」から正体不明の暗殺者たちから身を守るために逃行するというまさにデンジャラス・ラ
デンジャラス・ラン (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。彼はかつてCIAの 中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情 報を流したとされる、36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・ フロスト(デンゼル・ワシントン)。CIAの隠れ家に連...
【映画】デンジャラス・ラン…この映画は2013年のはじめに観たのだけど今更記事にした結果…。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
年も暮れです 今年は…特に後半は…仕事が忙しくて大変でした 今月は残業が…まぁ最近の我が社の中では、結構凄い時間数になってしまい、体的にも結構まいってしまいました。12月の週末は寝てた記憶しか無いなぁ そんな中での近況ですが… 2013年12月28日(土曜日)は...