映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ザ・クラウン  The Crown

2017-02-16 | TVドラマ
随分ご無沙汰してしまいました
書くという作業は習慣性というか、筋力と同じなのかもしれません。
寝たきりだと足の筋力が落ちて歩けなくなるが如く、
口で咀嚼し飲み込むということを数か月休むと嚥下障害を起こすが如く。
人間の身体は怠け者です。使わないと筋力はあっという間に落ちてしまう。
元に戻すには地道なリハビリと、新しい身体に慣れるまでの時間が必要です。
でも、時間はかかるけれど機能を回復することはできるのですね。

9周年を迎えたのに…ここ半年ですっかり「書く筋力」を落としてしまったようです。
年が改まり、気持ちも新たにブログを再開しようとパソコンを前にしているのですが、
ついついスパイダーソリティアや四川省グラビティで時間を潰してしまい、なかなかブログ更新に
たどり着けません。
消化器官の一部切除手術は退院後の回復過程が厳しいのだと実感しています。
私にできるのは食事のサポートくらいで…ただ、そっと見守る毎日です。

今年に入って、映画館にも足を運べるようになり、DVDを含めて11本視聴。まあまあのペースです。
「ハドソン川の奇跡」「沈黙」「スノーデン」など書き始めてはいるのですが…。
そんな中、先週Netflixのオリジナルドラマ「ザ・クラウン」シーズン1の10本を一気に見て
「ブログ、書かなくちゃぁ~。書きたいわぁ!」と思った次第です。
久々に見ごたえのあるドラマに出くわしました。


     ****************

            ザ ・ ク ラ ウ ン 

      ****************

今月6日、「サファイア・ジュビリー」と呼ばれる即位65年を迎えられたエリザベス女王。
御年90歳で世界最長在位期間を更新しておられます。
本作は、
父王ジョージ6世(「英国王のスピーチ」の死去に伴い、25歳の若さで即位し、
国家元首として重責と、娘・妻・姉・母として家族との葛藤に揺れ動く心情に加え、
変わりゆく時代の流れの中で、古い慣習を守ろうとする年長の閣僚や英国国教会の聖職者たちと
開かれた王室を求める国民の狭間で、王家の存続をかけぎりぎりの決断を迫られる中
君主としての品格と強さを身に着けてゆく女王をドラマチックに描いています。
         
                             父王ジョージ6世と
        
   即位時の首相は、かのチャーチル。ジョン・リスゴーが演じます。
             
                             初々しいエリザベス
小娘と侮っていた老獪な閣僚たちに毅然と立ち向かう姿は痛快です。

後々王家を揺るがすスキャンダルを起こしたチャールズ皇太子やダイアナ妃が記憶に新しいけれど、
王家に、英国にメガトン級の激震を走らせたのは「王冠を賭けた恋」で有名な伯父エドワード8世。
この方、愛に生きたと美化されがちですがとんでもない困ったちゃんですわ。
女王さまにとっては、夫エディンバラ公フィリップさんも、妹君マーガレットもなかなかの悩みの種。
普通の人なら「もう、勝手なこと言わないでよ!いい加減にして!やってられない」っと
ブチ切れるところですが、夫や妹の心情を思い、善処しようと閣僚や大司教と掛け合う姿に
家族を思う一人の女性としての苦しい孤独なお立場を痛感しました。
           
         夫のエディンバラ公ってギリシャとデンマーク王家の血を引く方なのですね。
    

ダイアナ妃死去をめぐる騒動で揺れる英国王室を描いた「クイーン」で
女王様の苦悩と毅然としたお姿に感動しましたが、お若いころからご苦労が絶えなかったのですね。
「クイーン」の最後に書きましたが、
「全人生を神と国民に捧げる」と誓い、「務めが第一、自分は二の次」と毅然とおっしゃる女王は、
やっぱり凄いお方だなと思います。

今後リリースされるシーズン2が楽しみです。

  

この半年画像アップロードをまったくしていなかったのですが、
知らないうちにgooブログさんのアップロードシステムが変更されていて慌てました




***** 今年に入って見た映画 *****

 1月 6日  「ヒットラーの忘れもの」 @シネスイッチ銀座

         「ミス・シェパードをお手本に」@シネスイッチ銀座

 1月 8日  「幸せな独りぼっち」 @新宿 シネマカリテ

 1月 9日  「ハドソン川の奇跡」 @目黒シネマ

 1月 ?日  「ブルックリン」 DVD シアーシャ・ローナン主演

        「二つ星の料理人」 DVD ブラッドリー・クーパー主演

        「人生は小説よりも奇なり  Love is strange」 DVD 
                  ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリーナ主演

        「シチズン フォー スノーデンの暴露」 DVD ドキュメンタりー

 2月 1日  「沈黙」@TOHOシネマズ新宿

        「スノーデン」@TOHOシネマズ新宿

 2月 5日  「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」@TOHOシネマズ新宿

 2月 6日~13日「ザ・クラウン」Netflix シーズン1 
コメント (2)

ハウス・オブ・カード 野望の階段   HOUSE OF CARDS

2014-08-09 | TVドラマ
レンタルショップで見つけた新作ドラマです。
「セブン」「ファイト・クラブ」「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャー製作総指揮、
スーパー・チューズディ 正義を売った男」の脚本家ボー・ウィリモン脚本、
ケヴィン・スペイシー主演の政治ドラマときたら・・・即、レンタル決定です。
元々は1990年英国BBCで放映されたサッチャー後の英国保守党を描いた同名のTVドラマが
元になっているようです。英国版も見てみたいです。

本作はTVドラマではなく、会員向けネット配信のみのドラマだそうです。
今後はこういうネット配信ドラマって増えてくるのでしょうね。

本作では主役であるスペイシーが所々で観客に直接語りかけるという手法を採っていて、
なかなか効果的です。


   ************************

          ハ ウ ス ・ オ ブ ・ カ ー ド 野望の階段
                      HOUSE OF CARDS

   *************************


ワシントンDCリンカーン記念館の像を模したポスターのケヴィン・スペイシーの両手にご注目。
血塗られているのです。
スペイシー演じるベテラン下院議員フランシス・アンダーウッド。
自らが押す大統領候補ウォーカーに国務長官のポストを約束されていたのに…
反故にされたところから物語は幕を開ける。

表面上は冷静を装いつつ、内心はリベンジに燃え、ホワイトハウスのポストを狙って、
慎重に、強かに、着々と陰謀を巡らしてゆく。
フランシスの権力への欲求は止まるところを知らず。
政界の裏も表も知り尽くし、ありとあらゆる手を使い、飴と鞭で周りの人間を駒の如く翻弄し、
利用価値がなくなれは容赦なく切り捨てる。
金と権力の亡者たち。
高潔な政治信条や大勢の人の雇用なんて…「そんなの関係な~い(もう古い?)」っとばかりに
握り潰す。
いやぁ~、怖いわぁ!
でも、怖いもの見たさというか…止められない止まらない!
次の展開がどうなるのか待ち切れず、13話を一気に見てしまいました。

妻と二人三脚、「野望の階段」をひたすら上っていると思われたふたりですが、夫婦間でも騙し合い。
自分がすべての筋書きを描いていると思っていたフランシスでしたが、実は思いもよらない人物に
繰られていたことが発覚!
タヌキとキツネの騙し合い。政治の世界って~と呆気にとられてしまいました。
本作を見てアメリカの「ロビー活動」とはどういうものなのか、わかった気がします。
「事実は小説より奇なり」本当の政治の世界はもっともっとドロドロ?!
日本の政界でも、財界とマスコミを巻き込んで、公にできないようなあんなことやこんなことが
渦巻いているんでしょうね。


タイトルの「House of cards」辞書で調べたところ「砂上の楼閣」の意味がありました。
ホワイトハウスと懸けてあるのはわかりますが、「砂上の楼閣」ってことは・・・
いずれ彼の陰謀は露見し、失脚するという結末なのでしょうか?

13話見終わって「これで終わりか~。彼の策のほころびが少し出たところで、皆まで言うな。
後は推して知るべし」ってことかと余韻に浸っていたら、本作は全26話であることが発覚!
第2シーズンのリリースが待たれます。
いやぁ~、楽しみだわぁー。


フランシスの妻を演じるのはロビン・ライト。
優しい役どころが多かったような印象があったのですが、本作ではショートカットで
強い女を演じています。
    
          彼女の手も・・・血塗られている。 
 




 にほんブログ村 映画ブログへ






コメント

キャシーのBig C いま私にできること   THE BIG C

2014-06-03 | TVドラマ
お久しぶりでございます
ここのところ、断捨離で大物を処分したり、あれこれ買い替えたりと、
映画を見たりブログを更新する心の余裕がありませんでした。
マッサージチェアは布とプラ部分を自力で外し、金属として無料で処分してもらう
ことができました。部屋がスッキリ~して、達成感。
まだまだ、パソコンや本の処分があるのに…なんだか呆けてしまいました。

そんな中、ひかりTVで無料視聴できるアメリカTVドラマ「キャシーのBig C」シーズン2を見終わりました。
「The Big C」とは…癌を意味するスラングだそうです。
末期がん(メラノーマ)を宣告された主人公と彼女を取り巻く家族や友人の奮闘記です。
難しいテーマですが、登場人物たちが実にオープンに気持ちを表現し、
湿っぽくならず、カラっと且つ心に沁みる、いいエピソードが1話30分のなかに
ギュギュっと詰まって、笑いと涙があふれます。


    **************************

           キ ャ シ ー の BIG C
                 い ま 私 に で き る こ と

    **************************

 
 < ストーリー >
夫と息子と3人で暮らす高校教師キャシーはある日、末期がんの宣告を受ける。
生活は一変、がんを周囲には隠したまま、悔いが残らないよう残された人生を
謳歌しようと決意するキャシー。
夫と思春期の息子に加え、双極性障害の兄、高校の同級生、担当医、気難しい隣人、
落ちこぼれの生徒らとのエピソード。

シーズン2では彼女の癌が皆の知るところとなり、周りの人たちの反応や
共に化学療法受ける患者仲間との心の交流などが、とてもいいんです。

シーズン4まであるようなのですが、シーズン2の最終回は非常に気になる
終わり方で、シーズン3の放映が待たれます。

主演のローラ・リニーは笑顔とえくぼがチャーミングな女優さんです。
    
                                この笑顔が
           
     夫役のオリバー・プラット           息子アダムを演じるガブリエル・バッソ 



        
    癌患者のリーを演じるヒュー・ダンシ―   「プレシャス」のガボレイ・シディベは生徒役
                          いい味出してます

日本では30分ドラマってまず無いからねぇ。地上波やBSでの放送は難しいのか?
せめてDVDは発売して欲しいなー。



 にほんブログ村 映画ブログへ
コメント

SMASH

2013-10-10 | TVドラマ
最近、次々とTVドラマにはまってます。
それというのも、TSUTAYAでレンタルしたDVDにTVドラマの第1話が付いていて、
これを見ちゃうと続きが見たいな~っと、新たなドラマにはまるという次第です。
TSUTAYAの戦略にすっかりしてやられております
それにしても面白いドラマが多いです。

本作は、スピルバーグが製作総指揮を務め、ブロードウェイを舞台にミュージカル製作の
裏側を描いたショービズ・サバイバル・ドラマです。
週1ドラマでこんなに力入れて作るんだぁ~と感心してしまいます。

                            

           S  M  A  S  H

                                    



 < ストーリー >
アイオワ出身でウェイトレスをしながら明日のスターを夢見るカレン。
実力はあるが舞台ではアンサンブル(バックコーラス)に甘んじてきたアイヴィー。
セクシーの代名詞マリリン・モンローを題材にしたミュージカルが製作されることになり、主役マリリンの
オーディションに臨むふたり。主役獲得の熾烈な競争に加え、製作側もストーリー、作詞作曲、配役に
資金集めにと奔走。果たして主役は誰の手に?ブロードウェイで舞台の幕は上がるのか? 
        
          新人のカレン                 ベテランのアイヴィー    
        
          演出家デレク                  作家ジュリア   
まだ、シーズン1の9話までしか見ていないので、今後の展開が気になるところです。
カレンとアイヴィーに加えて、強力なライバルとしてユマ・サーマンが登場するようです。

ブロードウェイ♪コーラスラインにかける夢」はブロードウェイの舞台裏、役獲得の熾烈なドラマえ
描くドキュメンタリーでした。
本作は、まずモンローをテーマにしてミュージカルを作るってどう?という思い付きから、
ストーリー、作詞作曲と並行して主役のオーデション・・・と一からミュージカルを作り上げる過程が
見られます。
ブロードウェイまでの道は遠く、まずワークショップといって出資者してくれそうな人を集めてパイロット版を
披露し、これを見て出資してもいいという人を募り、お金が集まったら出資者の意向、評論家の評価も
加味し、配役やストーリー、曲想までやり直しもあり
9話ではこの辺りまでなのですが、果たしてブロードウェーで上演できるのか?
最後に通しで華々しく舞台を見たいもんです。

ワークショップでは、役者は必ず舞台に立てるという確証もないまま、薄給でバイトもしながら全力投球。
ブロードウェイまでの長い長い道のりを頑張り続けなくてはならないんです。
ショービジネスはきびし~い!
まさに、生き馬の目を抜く世界。ライバルには容赦無し。
登場人物たちも「ショービジネス汚いわ」なんて台詞も一度や二度じゃぁありません。
そこに、恋愛、家族の問題、政治までがからみ、ストーリーはドラマティックに展開していきます。

なにより、毎回舞台のシーンがカバー曲やオリジナルの楽曲で、
練習のスタジオで、実際の舞台で華麗な衣装を纏って、
素晴らしく迫力のある美声でエネルギッシュに、情感豊かに歌われます

カレンを演じるキャサリン・マクフィーは「アメリカンアイドル」シーズン5で準優勝の実力派。
出演者は、歌って踊れる芸達者な人ばかりです。

デレクを演いるのは「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」やTVドラマ「フラッシュ・フォワード」の
ジャック・ダベンポート。
プロデューサー・アイリーンを演じるのはアンジェリカ・ヒューストン。

当分「SMASH」三昧、これからの展開が楽しみです。
ミュージカル好きは必見です。




 にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た 映画 *****

 10月 7日 「ゆれる」 DVD 香川照之、オダギリ・ジョー主演、西川美和監督作品
     
         「SMASH シーズン1 ①~②」 DVD 

 10月 8日 「夢売るふたり」DVD 阿部サダヲ、松たか子主演、西川美和監督作品

         「SMASH シーズン1 ③④」 DVD

 10月 9日 「SMASH シーズン1 ⑤」 DVD

 




コメント (4)

グレイズ・アナトミー シーズン8 祭り~!

2013-05-03 | TVドラマ
ゴールデンウィークの後半が始まりました。
今年の特徴は「高・近・短」だそうで、近場でちょっぴり贅沢に楽しむといのが主流のようです。

27日、近場の観光地の混雑ぶり(東京ディズニーランドのアトラクションは4時間待ち!)をTVで見て、
スカイツリーも、
30周年に沸く東京ディズニーランドも、
六本木も渋谷も、
展覧会も温泉も断念し、
家でまったりTVドラマ「グレイズ・アナトーミー シーズン8」祭り~やってます。

いやぁ~、シーズン8は流石に話のネタが尽きたんじゃないの?と
つまんなくなっていないか危惧したのですが、なかなかどうして、見始めたら止まらない!
どうなるのよ!この後?っと、全24話、一気に見てしまいました。

シーズン8は、
医者としての公私のけじめ、
パートナーを亡くす悲しみ、
親子や夫婦間の葛藤、
認知症の妻を介護する辛さなど、
患者のドラマと夫々の医者のドラマが交錯し唸らせます。
一人前の外科医になるのは如何に大変か、
睡眠時間やプライベートの時間を削って、先を争って(時には同僚を出し抜いて)手術に入り
技術を身に付けようと切磋琢磨する姿や精神力・体力には毎回圧倒されます。
精神的にも肉体的にもタフじゃないと医者は務まらんねぇ。

今まで、とんでもない大事故や銃撃事件など、視聴者をハラハラさせてきた本作。
シーズン8は医者として一人立ちできるかどうかの外科医認定試験を控え、
なかなか落ち着いた展開ね~と思っていたのに、最終の24話でまさかの飛行機墜落事故。
この事故で誰がドラマを去ることになるのか?シーズン9が気になるーーーー!
こういう終わり方は…毎度のことながら、たまらんわぁ~

医療ドラマと法廷もの、警察・監察医ものって所謂「テッパン」です。
間違いなく面白い!
病院や法廷は生々しい人間ドラマが繰り広げられるから。

そして、日本人とアメリカ人の感性はやっぱり違うなぁと毎シーズン感じます。
彼らは自分の気持ちに正直で、周りを慮って我慢したり、感情に流されることが少ないです。
正面切って思いのたけをぶつけ合い、相手の気持ちを咀嚼し尊重する。
エネルギーのいることだけれど、嵐をくぐり抜け理解し合うことができたなら、
固い友情や愛情で結びつくことができる気がします。

シーズン1を見たのは2008年の連休でした。
シーズン6は2011年の5月でした。

このドラマ、一体シーズンいくつまで続くのかしら?





にほんブログ村 映画ブログへ
 



 ***** 見た 映画 *****
 4月28日 「みんなで一緒に暮らしたら ET SI ON VIVAIT TOUS ENSEMBLE?」 DVD
          ジェーン・フォンダ、ジェラルディン・チャップリン主演のフランス映画

 4月29日 「グレイズ・アナトミー シーズン8 vol.1」DVD

       「グレイズ・アナトミー シーズン8 vol.2」DVD

 4月30日 「グレイズ・アナトミー シーズン8 vol.3、4、5」DVD

 5月 1日 「グレイズ・アナトミー シーズン8 vol.6、7」DVD

 5月 2日 「グレイズ・アナトミー シーズン8 vol.8」DVD

 5月 3日 「グレイズ・アナトミー シーズン8 vol.9、10、11、12」DVD

コメント (2)

TVドラマ 「PAN AM」シーズン1を見終えて

2013-02-11 | TVドラマ
前回ご紹介したアメリカのTVドラマ「PAN AM」。
シーズン1を見終わりました。

本作も「TSUTAYAだけ!」でレンタル展開です。
TSUTAYAに行くようになって気が付いたのですが、「なかなかレンタル発売にならないなぁ~」と
思っていた作品は既に発売済みでTSUTAYAでしか借りれなかったんだということです。
そしてTSUTAYAで借りたDVDの予告編のほとんどが「TSUTSYAだけ!」と銘打たれているのです。
そして「他の店でレンタルしていたら違法なので連絡してください」というメッセージまで。
競合他社を潰す気かい?
そのうちTSUTAYAのない所では映画が観れなくなってしまうんじゃない? う~ん。
資本主義市場経済のもと、健全で公正な競争を維持するための独占禁止法に抵触しないのかしら?

これもあれも「TSUTAYAだけ!」といわれると反発したくなる私です。



    *****************

         P A N   A M

    *****************


 
 < ストーリー >
1963年のパンアメリカン航空が舞台。
ニューヨークを拠点に世界を飛び回る客室乗務員やパイロットたちのドラマを描く。

このドラマ、シーズン1で打ち切りになりました。
初回は非常に高い視聴者を獲得して好調なスタートを切ったのに、第8話までに半減したらしいんです。

最終話は1963年の大晦日、迎える1964年はどんな年になるのかーー?というところで終了。
各人の恋の行方も、スパイ活動もこれから波乱を迎えるってのに・・・残念です。

しかし、アメリカでは何故こんなに人気が落ちてしまったんでしょう?
同じく1960年代の広告代理店を舞台にしたTVドラマ「マッド・メン」は大人気で、5年を経て既にシーズン5が終了し、4月からシーズン6が始まるのに・・・。

ケネディ大統領を支援したり(ちょっとありえない展開かな)や暗殺で人々が落胆するシーン、
ロンドンでビートルズとニアミス、
未来のエネルギー原子力に反対する活動家の登場、
冷戦真っただ中にPAN AM初のモスクワ便就航、
CIAやMI6に協力するスチュワーデスの危機一髪シーンなどなど
63年という時代を意識したストーリーと当時のファッションはなかなか面白かったんだけどなぁ。

「マッド・メン」が男性社会を中心にアメリカの社会の変化を描くのに対し
「PAN AM」は女性の、スチュワーデスというちょっと特殊な華やかな社会を描いたことで
懐かしい時代というより時代遅れな感じに受けとめられたのかしら?

せめてもう1シーズン頑張って欲しかったです。

クリスティーナ・リッチ(上の写真左から2人目)ってこんなに華奢だったっけ?
それに、唯でさえ大きな目を話す度に目をむくので…ちょっと怖い。





にほんブログ村 映画ブログへ




***** 見た 映画 *****

 2月 4日 「私の生きる肌」DVD アントニオ・ヴァンデラス主演 スペイン映画 
 
 2月 6日 「ファースト・ポジション」@ 横浜ジャック&ベティ

       「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」@TOHOシネマズMM横浜

 2月 7日 「PAN AM シーズン1⑦~⑩」DVD

 2月 8日 「PAN AM シーズン1⑪~⑭」DVD 

 2月10日 「エージェント・マロリー」DVD
コメント   トラックバック (1)

私はラブ・リーガル DROP DEAD DIVA

2013-01-23 | TVドラマ
ひかりTVの無料放送で第1話を見てファンになった本作。
新たに入会したTSUTAYAでDVDを発見し早速レンタル。
シーズン1を見終え、シーズン2に突入。
すっかりはまってしまいました。
シーズン4で終了のようで、3・4のDVD発売が待たれます。


 *********************

      私 は ラ ブ ・ リ ー ガ ル
           DROP DEAD DIVA

  **********************


 < ストーリー >
モデル志望のブロンド美人デビーは、交通事故に遭い、天国の入り口にやって来る 。
恋人グレイソンとの結婚を目前にしていたデビーにとって事故死は受け入れがたく、
天国のパソコンのリターンキーを押して人間界に舞い戻る。ところが・・・、
彼女の魂はボスの身代わりで撃たれた頭脳明晰で心優しい太目の女性弁護士ジェーンの肉体に
戻ってしまう。心はモデル、体は太目の弁護士。
外見命だったモデルが、太目という体型に戸惑いながらも、野暮ったかったジェーンを変身させ
知性を武器に法廷で大活躍する。


原題の「DROP DEAD DIVA」。「天国から舞い戻った才能あふれる女性」って意味でしょうか。
ジェーンは歌唱力も抜群で、DIVAの「歌姫」って意味にもマッチ。
日本語のタイトルは弁護士だから「法律大好き」って意味でしょうが、ちょっと変なタイトルねと
思っていたのですが、「ラブ・リーガル」と「ラブリー・ガール」と掛けてあるのではということを知り、
「ほぅ~、なるほどねぇ~」っと感心しました。全く気が付きませんでしたわ。

似たような天国から舞い戻るストーリーといえば「天国から来たチャンピオン」。
ウォーレン・ビーティー主演でしたが、もっと昔モノクロ映画でも同じような
ストーリーの映画があったようで、本作のエピソードにも出てくるのですが
あの映画は何なのか? ご存知の方いらしたら、教えてください


 
 左上:恋人グレイソン、左下:守護天使フレッド      オシャレな太目のジェーン、かわいい~。
 右上:アシスタントのテリー、右下:事務所のボスパーカー
 中上:ライバル弁護士キム、 中下:親友ステイシー ステイシーがキュートです。

突如命を落とし、8歳年上のジェーンの身体に戻ったデビー。
同じ事務所で働く婚約者グレイソンへの思いは募るけれど、自分がデビーであることを
打ち明けることはできない。
次々持ち込まれる案件を法廷で解決していく中で、クライアントの問題を解決しながら
自分の問題とも向き合い納得していくジェーン。
法廷での対決、同僚との確執、アシスタントとの絆、親友との友情など、
なかなかいい話に仕上がっています。

現在NHKのBSで放送中で見ている「グッド・ワイフ」。
全くテイストの違う法廷劇ですが、両方を見て思うのはアメリカ人は戦うなぁ~っということです。
法廷ものだから戦うのは当然ですが、戦う気合というか意気込みというか、
絶対負けないぞオーラがメラメラ燃える感じ。
時として勝つためには越えてはならない一線をも越えてしまったり、腹の虫がおさまらず
卑劣な報復に出てしまうう人も現れたりして。
ここまで勝ち負けにこだわる日々を送っていたら「疲れませんか?」と思わず声をかけたくなります。

司法取引での双方の駆け引き、法廷での戦略とパフォーマンス、陪審員へのアピール、
双方の主張を聞きつつ法のラインを守る判事の役割などなど、日本の司法制度との違いと共に
アメリカ人の正義・倫理への考え方が垣間見えて面白いです。


ライザ・ミネリにエリオット・グールド、ジェシカ・ラングにリーリー・ソビエスキーなど
ゲストスターにも注目。
ジェーンを演じるブルック・エリオットはブロードウェーの舞台にも出演する歌手・女優だけあって
歌唱力抜群で、歌うシーンもあるんです。(デビーは音痴という設定です)

シーズン2の最終回はとんでもない事件が起こったところで終了
アメリカのTVドラマってよくこういう終わり方するんですよねえ
「半年後の続きをお楽しみに。また見てね~」という戦略ですが、この中途半端な気持ちを
どうしろってんだい 次のシーズンが始まるまで気が揉めます。
そのくせ、いざ放送が開始した時にすっかり忘れていて「何だったっけ?」状態。
できれば、波乱の山々を越えて穏やか~な気持ちで終了して、気持ちを新たにシーズンを再開
してもらいたいわ。




 にほんブログ村 映画ブログへ




 ***** 見た ドラマ&映画 *****

 1月19日 「私はラブ・リーガル2 Vol.2 ③④」 DVD

 1月20日 「私はラブ・リーガル2 Vol.3 Vol.4 ⑤~⑧」 DVD

 1月21日 「私はラブ・リーガル2 Vol.5 Vol.6 ⑨~⑫」 DVD

 1月22日 「私はラブ・リーガル2 Vol.7 ⑬」 DVD

       「目撃」BSTV クリント・イーストウッド監督・主演 ジーン・ハックマン他

コメント (2)

TVドラマ 「コバート・アフェア」

2012-08-08 | TVドラマ
TVドラマ「ロイヤル・ペインズ 救急医ハンク」のDVDをレンタルしたところ
おまけで入っていた「コバート・アフェア」の第1話を見ました。
その後、ひかりTVの見放題ラインナップに「コバート・フェア」シーズン1があるのを知り
早速全エピソード11話を視聴しました。
女性が主演のCIAスパイものです。
これがなかなか面白いです。


       ***********************

              コバート・アフェア  COVER AFFAIR
  
       ***********************


 < ストーリー >
旅行先のスリランカで恋に落ちたベンに突如姿を消されたアニー・ウォーカーは
「もう誰にも騙されるまい」と決心し、その語学力を見込まれCIAに訓練生として入局。
ある日トレーニング修了前にもかかわらず、現場諜報員へ昇進することに。突然の昇進理由は不明瞭のまま、
現場で危険なミッションを遂行する日々が始まる。


 ペラーゴは本作で2010年ゴールデン・グローブ賞TVドラマ部門主演女優賞にノミネートされました

CIAのスパイものというと、ハードで非情なドラマかと思いきや、
主人公が女性だからか、演じるパイパー・ペラーゴの爽やかなキャラなのか、
アクションシーンも満載でハラハラドキドキなんだけれど、安心して見られるのがイイんです。
AXNで放送中の「ニキータ」みたいなダークな雰囲気でなく、共演の面々もソフトです。

特に、アニーを支える先輩局員で盲目のオーギーには「アグリー・ベティ」のクリストファー・ゴーラム。
「アグリー…」ではちょっと気の弱い経理担当ヘンリー役でメガネにベスト姿でわからなかったのですが
この方、めっちゃムキムキマッチョです!甘いお顔からは想像できないほど。脱いだら凄いんです
盲目だけれどコンピューターの知識や情報分析能力やとっさの判断が素晴らしく、カッコイイ~


シーズン2のDVDも既にリリースされていて、
世界をまたにかけるミッションやオーギーが盲目になった経緯など、楽しみです。

因みに、「covert affair」とは「極秘の仕事」という意味で、
アニーは家族にもCIAの諜報部員であることを隠し、表向きはスミソニアン博物館の展示物調達員として
働いていることになっています。




にほんブログ村 映画ブログへ



***** 見た 映画 *****

 8月 6日 「ミラノ、愛に生きる IAM LOVE」DVD ティルダ・スウィントン主演

 8月 7日 「最低で最高のサリー THE ART OF GETTING BY」DVD フレディ・ハイモア主演
       「ネバーランド」「チャーリーとチョコレート工場」の子役がこんなに大きくなっちゃってビックリ!

 8月 8日 「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」DVD
コメント   トラックバック (1)

TVドラマ アルカトラズ

2012-07-29 | TVドラマ
AXNで放映していた・・・そう、もう過去形なんです。

今夜が最終回かと楽しみにチャンネルを合わせたら・・・8月から始まる
「犯罪予知ユニット パーソン・オブ・インタレスト」のスタート直前スペシャル番組になってました

えっ?先週の放送が最終回だったの?!
だって、タイムトラベルの仕組みも、時空を超えてアルカトラズの囚人が現代に現れる理由も
何~んにも解決してへんよ?
「アルカトラズ島に隠された壮大な謎に迫る超大作を、AXNが日本独占初放送!!」ってふれ込みだったけど
壮大な謎は未解決です。
J・J・エイブラムスが放つ超大作!だったはず

       

一体どうやってこの話は収束するんだろう?っとその斬新なドラマ仕立てに興味深々、
そして主演はサム・ニール(「ジュラシック・パーク」の恐竜博士)、
「ER」のニーラ・ラスゴートラ役のインド系美人で「ベッカムに恋して」でキーラ・ナイトレイと主演
を演じたパーミンダ・ナーグラも謎の博士で出演していたのに。

      
        サラ・ジョーンズもよかったのに・・・

AXNでは以前放送された「フラッシュ・フォワード」でも、とんでもない設定にどうやって終わるのか?と
毎週楽しみに見てましたがシーズン1で終了!でも一応何とか辻褄合わせをして終わりましたが、
今回、謎が謎のままのぶっちぎり。
幾らなんでもあれだけCMで煽ってこの打ち切りはないんじゃないの
アメリカでは視聴率が良くないと、こんなに途中でぶっちぎってしまうんですねぇ~

AXNも打ち切り知ってるんだから「あまり期待しないでねぇ~」とかなんとか匂わせて欲しかったなー!
っと、行場のない思いをブログにぶつけてしまいました。(そんなことしたら誰も見ないか)
今後の展開に期待していただけに残念です



にほんブログ村 映画ブログへ


コメント

パンナム  PAN AM

2012-07-08 | TVドラマ
アメリカのテレビドラマです。
ひかりTVで第2話まで視聴。

パンナムで思い出すのは・・・、大相撲の表彰式で紋付袴で「ヒョウ~ショウ~ジョウ~」っと
片言の日本語で優勝力士にトロフィーを渡していた黒縁メガネのアメリカ人のおじさんです。
パンナムの偉い方で、千秋楽の会場を毎回賑わせておられましたっけ。

昔、パンナムはアメリカの航空会社のシンボルでした。
1985年にユナイテッドが太平洋路線をパンナムから購入し、パンナムは撤退。
ここで入れ替わったんですね。
その後、パンナムは1991年破産し運航中止。各路線をユナイテッド、デルタ、アメリカンに
譲渡していたんですね。
以降、各国で航空業界は倒産・再生・再編。そして現在、日本でもLCCが次々参入し、
大きく様変わり進行中ですね。
いままでの航空運賃が高すぎたのか?企業努力の賜物なのか?
LCCの「目玉」運賃には驚かされます。


        ****************

             パ ン ナ ム PAN AM

        ****************


空の旅がまだまだ高嶺の花だった時代。
「キャビンアテンダント」じゃぁなくて「スチュワーデス」と言われていた1960年台を舞台にした
ドラマです。当時、アメリカでもスチュワーデスは海外に行ける女性憧れの職業だったんですね。


 < ストーリー >
1963年のパンアメリカン航空が舞台。
ニューヨークを拠点に世界を飛び回る客室乗務員やパイロットたちのドラマを描く。

      
      左から2人目、クリスティーナ・リッチ、大人になったね。
      フライト前には毎回体重を量られる彼女たち。体重超過はフライトから外される
      ガードル着用が義務付けられていたり、驚きの職務規定です。
     
「マッド・メン」同様、古き良きアメリカの雰囲気に溢れ、音楽もファッションも素敵です。
世界を飛び回る「スチュワーデス恋物語」かと思いきや、
母と娘の葛藤や、スチワーデスの一人がCIAやMI6と接触しスパイ活動に関与するなど
なかなか面白そうな展開で今後が楽しみです。

しかし…好調な滑り出しだったにもかかわらず、視聴率が下降しシーズン1で打ち切られたらしいです。

う~ん、もうちょっと見てみよっと。




にほんブログ村 映画ブログへ

コメント

「ドクター・フー」にはまってます。

2012-05-04 | TVドラマ
「ドクター・フー」ってテレビドラマ、ご存じですか?
名前を聞いたことがあるようなー?

英国BBC製作のドラマで、ひかりTVでシーズン3が見放題なんです。
たまたま見てみたら、面白くってすっかりはまってしまいました。

 < ストーリー >
ドクター(Doctor)と名乗る異星人が地球人の仲間とともに過去や未来へ時空を自由に行き来し、
旅の道中で遭遇した地球や他の惑星で起こる事件解決に奔走する。


ちょっとググってみたら・・・
「ドクター・フー」って英国で1963年から放映されている世界最長のSFテレビドラマシリーズ
だったんですね! 知りませんでした。
    詳しくは→ウィキペディア ドクター・フー

勿論、いま私が見ているのは
昔の白黒番組ではなくて2006年から2009年にかけて放映された10代目ドクター・フーの第3シリーズで、
ドクターを演じているのはディビッド・テナント。
なんと、先日見た「聖トリニアンズ女学院2 パイレーツの秘宝をねらえ!!」で悪の親玉を演じていたんです。
全く気が付きませんでした
非常に表情豊かなハンサムさんで、危機に接した時の目を見開いた必死の形相がナイスです。
第1シリーズ、第2シリーズを見ていないので、
彼が旅をしている理由や、ローズという女性を亡くした経緯、タイム・ロードの唯一の生き残りという設定など
謎な部分が多いのですが、1話完結で過去や未来にストーリーがユニークで面白いです。

そして、今日見た第4話「マンハッタンのダレック」第5話「ダレックの進化」に
何と!新作「アメイジング・スパイダーマン」で主役を演じるアンドリュー・ガーフィールドが
出演していたのです。
2007年放映ってことは「大いなる陰謀」に出演していた頃ですね。

「ターディス」という名前のポリスボックス型のタイムマシンが移動するシーンはチープな感じなのですが、
他のセットは毎回50分のTVドラマとは思えない、お金かけてるなぁ~感がありますよ。

5話まで視聴したのであと8話、まだまだ楽しめそうです




 にほんブログ村 映画ブログへ

コメント (7)

グレイズ・アナトミー シーズン7

2012-04-03 | TVドラマ
2008年から見始めた「グレイズ・アナトミー」も今やシーズン7です。
出演レギュラー陣も随分変わりました。
シーズン1から出ずっぱり組と
途中から加入組、
シーズン7から新たに加わった人などなど。

シーズン6の最後話は、壮絶でした。
 妻の死は医者の責任だと恨みを抱いた夫が銃をもって病院に現れ、次々銃を乱射。
 担当医、インターンにアテンダントら多くの医者が銃弾に倒れる。
 
シーズン7では、
事件解決後それぞれが抱えたPTSDを如何に乗り越えていくかという過程や、
関心の高い「認知症」についても大きなウエイトが占められます。
また、手術をツイッターで実況することで、多くの医者がツイートし、
手術中に起こった問題に対し、「○○法はどうか?」などの提案がなされ、
「必要な薬品や血清を提供しましょう」なんて申し出まであったりして。
手術ミスによる訴訟なんかも心配の種でしょうから、実際問題どの程度このようなことが
行われているのかはわかりませんが、こういう話題をいち早くストーリーに取り入れて
見ているものを飽きさせません。

やっぱり、アメリカのTVドラマは面白い。

DVD①~⑧まで見たのですが、まだシーズン7半ばのようです。
⑨以降の発売が待たれます。

テレビではいよいよNHKのBSで「デスパレートな妻たち」のシーズン7が始まります。
こちらも、目が離せませんわ~。

 


グレイズ・アナトミー シーズン1はこちら

             シーズン6はこちら です。
コメント

「ホワイトカラー」 アンティークワイン鑑定にセシウム?!

2011-11-09 | TVドラマ
先月ご紹介した新作アメリカテレビドラマ「ホワイトカラー」。
すっかりはまってしまって・・・現在シーズン1全15話の13話視聴中。
あと少しと思ったら、もうシーズン2がリリースされているやないの!はぁ~。


ちょうど見終わった第12話「ライバルの出現 BOTTLENECKED」に驚かされました。
マリー・アントワネットがベンジャミン・フランクリンに送った1785年のアンティークのワインを
ライバル詐欺師が偽造しオークションに出すのを知り、自分も偽造品を出品し
どちらが本物(と認定されるか?)かを争うというストーリーの中で、真贋の見分け方を説明するくだりです。
世界に1本しかないのに2本出品されたらどちらかが偽物ということになり、調べれば両方偽造だと判明するという流れです。

               

・コルクの年代測定
・蝋の分子鑑定
・ボトルのガラスの屈折率 
この3点に合格した後に調べられるのが「セシウム」の有無だというんです。
費用は掛かるけれど、ボトルを開けずに昔の物か古く似せて偽造したものか鑑定できるのだと。

セシウム137は自然界では存在しない。
1945年の初の核爆弾使用(日本への投下ってことじゃないの!?)以降、世界中に広がっている。
1945年以前の本物のボトルならセシウムは検出されないが、1945年以降の物からはセシウムが検出されるという説明です。

つまり・・・1945年以降、世界中、もうセシウムが全く検出されないものはないってことですよね?! 
「セシウムが検出されました」と報道されるけれど、セシウム0はありえない。
問題は検出された数値が基準値を超えるかどうかってことです。

ワォ、このセシウムの有無による年代測定って、実際に真贋鑑定に使われているんでしょうか?

福島原発以来ラジウム・ヨード・セシウム・ストロンチウムなど、化学のクラスでしか耳にしなかったような
元素の名前を日常的に耳にするようになりました。
原発事故がなければ「へぇ~」で記憶に残ることもなかったであろう「セシウム」に、
いたく反応してしまった私です。




にほんブログ村 映画ブログへ
コメント (2)

ホワイトカラー

2011-10-25 | TVドラマ
何かのDVDをレンタルした時おまけで付いていた第1話を見て魅せられましたわ~ マット・ボマー。

          帽子が似合うんだこれが。

天才詐欺師ニールがその腕前を見込まれて、足首に監視システムを付けたままFBIに協力し
知的犯罪者逮捕するストーリー。

主演のマット・ボマーの爽やかな雰囲気と眼力に、このドラマにはまりそうです。
11月からAXNミステリーチャンネルでの放映を待っていたのですが、既にDVDが発売され
レンタルショップに並んでいるやないですかー。
もう3話まで見ちゃったしなぁ~、毎週テレビで1話づつ見るか、DVDレンタルか揺れています。

そのニールとコンビを組むFBI捜査官ピーターを演じるのは他のTVドラマで見た事のある方。
ティム・ディケイさんっておっしゃるのね。

そして、ピーターの妻エリザベスを演じているのが、
懐かしい~TVシリーズ「ビバリーヒルズ青春白書」のバレリーじゃないのー!
ティファニー・ティーセンさんですか。
バレリーってトラブルメーカーでみんなから敬遠される役どころだったんですが、
本作では素敵な奥さん役です。「ビバリー…」から随分経つのに、今も変わらぬ美貌をキープ

そしてそして、ニールを助ける情報屋モジーを演じるのは
「SEX AND THE CITY」でキャリーの親友ゲイのスタンフォード!!
演じるのはウィリー・ガーソンさんです。

お三人のお名前、今まで知りませんでした 
バレリーとかスタンフォードって呼んでたからね。これを機に覚えましょう。

         
      今回はスタンフォードじゃなくてモジー(左)

オドロオドロシイ犯罪ではなくて、公文書や絵画の偽造などの知的犯罪者との駆け引きが面白いドラマです。
若いのに、一体どこでそんなすんごい知識を得たんだよ、ニール?と、思わず突っ込みたくなります。
アメリカではもう第3シーズン放映中~、ってことは人気ドラマの仲間入りでしょうか

AXNチャンネル放映まで・・・やっぱり、待てないなぁ~




コメント

マッドメン  シーズン4

2011-08-01 | TVドラマ
先日した「マッドメン」のシーズン4が本日フジテレビで放映開始です

でも・・・本日と書きましたが、8月1日26:30~オンエアって、なんですか?!
つまり、2日の午前2:30からってことをこう表記するようです
午前2:30って、何という時間設定
シーズン4を楽しみにしている人は少なくないと思うけどなぁ~。

ヒカリテレビ経由の録画に慣れてなくて、この設定で果たして正しく録画できるかどうか? 
NHKのドキュメンタリー録画に2回失敗してるんです

明日が楽しみ~。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
                                          
  ちゃんと録画できてました                          
  しかし、深夜放送はCMが長い!                   
  そしてストーリーは・・・なかなか波乱がありそうなシーズン4の幕開けでした。  
                                         
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 



にほんブログ村 映画ブログへ



 ***** 見た 映画 *****

 8月 1日「幸せの始まりは   HOW DO YOU KNOW」DVD リース・ウィーザースプーン主演

      「戦場カメラマン 真実の証明  TRIAGE」DVD コリン・ファレル主演 
コメント (4)