映画の話でコーヒーブレイク

映画の話を中心に、TVドラマや旅行の話などを綴ります

ソーシャル・ネットワーク

2011-01-21 | 映画 さ行
ゴールデングローブで4冠に輝く本作、アカデミー賞はどうでしょう?
私としてはゴールデングローブで主演男優賞を取った「英国王のスピーチ」が早くみたいなぁ。

Facebookの加入者って日本ではどれくらいなんでしょう?
日本でのスタートは2008年、昨年10月時点で159万人ということですが、以降も増え続けているのかな?
実は、私は昨年12月友人に誘われアカウントを取りました。Facebookは、基本的に実名です。
ところが・・・、加入した途端、「この人はお友達ではないですか?」のメッセージと共に
顔写真や名前がずら~り。 え~!?何やこれ??
私のアドレス帳に入っている友人や、誘ってくれた友人の友人、子供さんなど、「友達の友達はみな友達~」
といわんばかり。
えっー、ちょ、ちょっと待って!私のアドレス帳を覗いたってことよね?!ひえぇ~。
Amazonで本を買ったら、こんな本は如何ですか?ってご丁寧に聞いてくるのも気持ち悪くって、
大きなお世話と言いたかったけれど一応自分で注文した本の傾向からの予測ってことだからねぇ。
Facebookの場合はプライバシー侵害ってことにはならへんか?
友人の友達って・・・友人のプライバシーまで覗いたような気がして、思わずログオフしてしまいました。

ただ、引越し+筆不精で音信不通になった友人は探せるかもしれないと思い直して検索してみましたが・・・
外国人の同姓同名って結構いるんだなぁ。いまだ探し当てられません

* 2013年秋、フェイスブックを使って○十年ぶりに友人ジェーンを見つけました!
  フェイスブック、恐るべし。

 
                         

           ソーシャルネットワーク

                         

 
            
  真ん中の彼は「ジュラシックパーク」シリーズで恐竜に追っかけられてた少年。大きくなって…。

  <  ストーリー  >
2003年ハーバード大学に通う19歳のマークは、ガールフレンドにふられブログに悪口を書き込んだ後、
大学のコンピューターをハッキングし女子学生の写真を集め顔のランキングサイトを立ち上げる。
公開後4時間で22000のアクセスとなりシステムを止められ、保護観察処分となり女学生から嫌われる
ことになる。この一件でマークの能力に目をつけたボート部の双子に、出会い系のハーバード学生専用の
コミュ二ティーサイトの製作を依頼される。
これにヒントを得たマークは親友エドゥアルドをCFOとして1000ドルの融資を受けて、双子に内緒で
独自のハーバード学生ネットワークサイトを立ち上げる。このサイトがたちまち評判となり、
アイビーリーグや西海岸のスタンフォード大学、大西洋を越えオックスフォードやケンブリッジにも広まる。
シリコンバレーに移って活動を広げる中、音楽ファイル共有サイト「ナップスター」創設者
ショーン・パーカーと出会い接近するなか、エドゥアルドとの関係がおかしくなる。
マークはアイデアを盗んだと双子に訴えられ、エドゥアルドからも訴えられることになり・・・。


   
  次はスパイダーマンを演じます      アイデアを盗まれたと訴える双子の片割れ
    
Facebookは大学生限定のソーシャルネットワークシステムとしてスタート後、
06年9月には学生以外でも登録可能になり、順調に利用者数を伸ばし、現在5億人を超える世界最大の
ネットワークだそうです。
5億・・・中国、インドの人口に次いで多い数、3位のアメリカ3億2000人を凌ぐ規模です。ワォ!


この映画がどれほど実際のフェイスブック創設ストーリーと重なるのか?はわからないけれど、
ザッカーバーグは2010年フォーブス誌「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位に25歳の最年少で
ランクインし、タイム誌の2010年「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ表紙を飾りました。

でも・・・映画を見るかぎりでは、映画の中のザッカーバーグはメッチャ嫌な奴です。
ガールフレンドを見下した態度、言葉尻を捉えて屁理屈をこね、ふられた腹いせにブログで悪口だぁ~?!
女子学生を顔の美醜ランキングをネットで公開だぁ~?!
親友?エドゥアルドに対する仕打ちも・・・間違いなく嫌われるタイプ。

世界中に5億人のユーザーが集うソーシャルネットワークサイトを作り上げたけれど、
皮肉なことに、彼ほど孤独で社会性の乏しい人はないんじゃないかな? 

メインのザッカーバーグ、彼を訴える双子とその友人など、みんな自己中心、傲慢な嫌な奴でガキです。
ハーバードのエリートだという意識がそうさせるのか?
「ハーバードの紳士として裁判沙汰は・・・」という双子も、金持ちの特権階級でございと言わんばかり。
ハーバードといえば女は寄ってくるだの、仲間に入れてやるからプログラムを書けだの。
挙句、アイデアを盗まれたと父親の力を使って学長に泣きついたり・・・。
ティーンエイジャーとパーティーで麻薬をやって捕まるショーン。
こんなガキどもがアイデアとITを武器に世界を牛耳っちゃっていいのかなぁ?
証言録取の場面での、大人の弁護士さんたちと訴訟当事者の若者たちの対比。
彼らの幼さや常識との乖離が際立っておかしいです。人の話は聞こうね~。
  
  ティンバーレイク、上手いね     早口でしゃべりまくる表情に後ろめたさが…
  
でも、ここまで実在の人物を描いて問題はないんでしょうか?
TVの「60ミニッツ」に出演して、私生活や訴訟など事実ではなく誤解をうむと怒りをあらわにしたようです。
創設ストーリーといいながも彼のプライバシーを侵害している気もします。


デジタルネイティブと呼ばれる、生まれた時からインターネットやパソコン・携帯のある環境で
育ってきた世代。
日本でも、高校生や中学生で起業したり、ソフトを制作して人気を博したりという今の時代、
昔(ったってほんの10年、いやほんの5年くらい前)に比べ、ブログ・ツイッター・SNSを使って
個人が様々な可能性を広げることができるようになったとか年齢・性別・国境を越え知り合うことができるという良い面がある反面、情報漏洩や個人攻撃など危ういことも多いですね。
FacebookやTwitterが無ければチュニジアの「ジャスミン革命」だって起こせなかっただろうし、
これほどの速さでエジプトや他の国に影響を与えることもなかったでしょう。


パソコン、携帯、スマートフォンにタブレットPCといったハードから、
ネットショッピング、グーグル、ブログ、ツイッター、SNS、アプリケーション、電子書籍などのソフト
といったIT技術の進歩によって、社会構造や私たちの生活は短時間でどんどん変化を遂げています。
5年後・10年後、私たちの生活はどれほど変わっているのでしょうか? 
おばちゃんは、時代の変化に果たしてついていけるのか? ちょっと怖い気がします。

そんな~時代もあ~ったねと きっと話せる日が来るわ~
  そんな時代もあぁ~ったねと  きっと笑える日がくるわ
  だから 今日は くよくよしないで~ 今日の風に吹かれましょう BY 中島みゆき


そんな動きのある「今」の裏を鮮やかに描き出し、躍動感みたいな変化を肌で感じることができる映画でした。

日本ではニックネームで参加できるmixiの方が断然強いようですが、
これからは日本でも実名登録が主流になっていくのでしょうか?
別に悪いことはしてないけれど・・・あまりにプライバシーがオープンになるのは如何なものでしょう?

情報も大事だけれど・・・架空の枠組みや場を作って大儲けすることより、目に見える、手でさわれる物を
時間をかけて作ることを大事にしなきゃいかんのじゃないのかなぁ?



にほんブログ村 映画ブログへ




***** 見た 映画 *****

 1月19日 「ソーシャル・ネットワーク」@TOHOシネマズ海老名



最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自業自得とはいえ、 (海パンjoe)
2011-01-22 02:09:34
ラストシーンが悲しすぎる……(涙)。
Unknown (海パンjoeさんへ(ryoko))
2011-01-26 01:43:37
はい、自業自得です。
でも、彼はなぜ彼女が怒ったかわかってないんでしょうね。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-22 02:20:43
TB有難うございました。
映画冒頭5分の会話シーンに引き込まれました。
あまり好きになれないなぁ~友達としては
どうかなぁ~と最初の印象でしたが、
フェイスブックに登録された元彼女にメールを
送った後の行動を見ていると…
最初の印象と大きく変わりました。
孤高の天才ですね。
Unknown (シムウナさんへ(ryoko))
2011-03-02 01:31:25
コメントありがとうございます。
冒頭の会話、彼の性格がよく出ていましたね。あれじゃぁ、女の子とは付き合えませんね。でも最後のシーンで・・・ほんとに好きだったんですね。
人付き合いの不器用さと、SNS立ち上げのエネルギーと行動力、裁判での子供っぽさ、やっぱり凡人には計り知れませんね。
Unknown (onscreen)
2018-01-10 00:24:02
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10が満10周年!にふと気づき
過去10年 映画ベスト10 にトライしてみました(笑)
 
 結果、この作品がトップ3に入りました!

よろしかったら、のぞいてみてくださいませ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。