意外と社会派(予定)

赤熊の辛口社会派(予定)ブログです。
天佑自助が赤熊の基本理念です。

正気とは思えない参議院選挙区の統合案

2014年04月26日 | 政治
一票の格差をの問題で、参議院の区割りの統合案が出ました。

参院選「11合区」案 格差1・83倍、脇座長提示
http://blog.livedoor.jp/matuba96/archives/52136698.html

・・・・・・・正気か?

2人区同士、同人数区同士を統合させるのなら理解もできるが・・・なぜ、2人区と4人区を統合してるんだ?
中でも最悪なのは大阪と和歌山の合区案。
議員数は大阪で8人、和歌山で2人だろう。(半数改選なので、選挙は4人と1人)

単純に和歌山県から立候補者は消えると思うよ。
それでいいの?

そんな数合わせで選挙されても困ります。
数合わせだけをしたいのなら議員数を増やせばいいんです。
赤熊は議員を単純に増やすことは賛成しかねるけど、別に増やしちゃいけないとも思わない。
むしろ、こんな無茶苦茶な対応するくらいなら増やせと思う。
確かに馬鹿な国民はマスメディアにピーヒャララと踊らされますけど、流石にこれはないでしょう。

そもそも一票の格差ってそんなに重要なのだろうか?
一般国民の多くは差はない方が良いけど、あっても別に・・・くらいの意識だろう。
別に同一選挙区で2倍になったり3倍になったりするわけもないのですから、その点で言えば公平です。

いや、一票の格差に固執するというのなら、それは人が多い都市部に住む人間の意見だけが集約させるってことに他ならなないわけで・・・人が少ない地方の意見は無視してもいいという話にしかならないわけです。
人口の一極集中で様々な弊害が起きているのですから、人間を均一にさせる政策を取って対応したほうがマシなんじゃない?
そちらの方が有益だと思いますよ。

というか、それ以前に『選挙そのもの』の理念はどこにあるのでしょう?

地方の代表者を決める選挙・・・例えば、アメリカの上院みたいに各州代表2人ずつという理念を決めれば一票の格差がいくらあろうがどうでもいいことです。
日本の選挙にはこういう理念を蔑ろにしていることにこそ問題があって、一票の格差なんて二の次ですね。
そういったものを定めたうえで、この問題を語らない限り、堂々巡りにしかならないと思いますし、弥縫策に終始するだけです。
司法はそこにつけこんでいるのですから、そういう隙を与えないことです。

もし、そうやって定めたうえで、それでも裁判所が違憲と言ってきたら?
無視すればいいと思うよ。
無視しても誰も罰することはできないのですから。


参考にできるような意見があった。
県を切り貼りする「合区」案の問題点 山下雄平参議員
http://blogos.com/article/85264/

ふむ、前回の選挙の投票率で各選挙区の区割りを決める・・・か。
これは良いのではないだろうか?
確かに都心部では投票率が下がり気味ですからね。
賛否はあると思うが、よい方法の1つだと思う。


2014.05.02  訂正
コメント   この記事についてブログを書く
« 議論がかみ合っていない喜劇... | トップ | 日本の病理 7  何かのせい病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事