工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
あなたの街のはり屋さん
お灸もやってます

栃木SC選手スパイクチェック2024 第10節

2024年04月18日 19時16分00秒 | サッカー馬鹿

スパイクは選手が唯一こだわりを持って選べるサッカー用具です。着用スパイクを知ることで、その選手のプレースタイルやサッカーに対するこだわり、試合運びの意図など様々な情報を読み取れます。


それでは、ダービー初戦のアウェー水戸戦出場選手のスパイクをチェックして参ります。



【丹野選手】
ミズノ・アルファ JAPAN SG MIX


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

丹野選手はミズノのスピードモデル、アルファ JAPANのSGモデル、2022年11月発売のホワイト×イグニッションレッド×ブルーを着用していました。レビュラの後継モデルで、ミズノサッカースパイクの真髄である軽量・柔軟・素足感覚を継承し、軽量性とフィット感を追及。アッパーには人工皮革が採用された、ミズノ史上最もスピードを追及したモデルです。



【藤谷選手】
ミズノ・モレリアNEO3 JAPAN


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

藤谷選手はモレリアシリーズに受け継がれる「軽量、柔軟、素足感覚」のコンセプトをより進化させたミズノのフィッティングスパイク、モレリアNEO3 JAPANのホワイトを着用していました。



【平松選手】
アシックス・DS LIGHT X-FLY PRO 2 ST


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

平松選手は2023年7月発売、DS LIGHT X-FLY PRO 2のMIXスタッドモデルを着用していました。アッパーのインサイドとアウトサイドに走行屈曲時に足とソールが一体化するための補強材を採用。これにより、足のパワーを効率的に地面に加え、プレーヤーのスプリント能力をより発揮できるようにサポートする、アシックスのスピード系スパイクです。



【大谷選手】
ナイキ・ティエンポ レジェンド 10 エリート FG


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

大谷選手はナイキのフィッティングスパイクであるティエンポ10のFG、2024年1月22日発売の春夏モデル「MAD READY PACK」を着用していました。軟らかさ、軽さ、耐久性に優れ、天然皮革のように伸びすぎない、ティエンポのために新開発された『フライタッチプラス』というエンジニアードレザー(天然皮革風人工皮革)を使用。極めて天然皮革の風合いに近い素材で、より高いフィット感を実現しています。



【神戸選手】
ミズノ・モレリア2 JAPAN


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

神戸選手はモレリア2 JAPANのショートタン仕様を着用していました。1985年に生まれた「軽量、柔軟、素足感覚」がコンセプトであるミズノのフィッティングスパイクで、伝統あるクラシカルなモデルです。ソールはMIXスタッドに加工されています。



【石田選手】
ミズノ・アルファ JAPAN


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

石田選手はミズノのスピードモデル、アルファ JAPANの2023年6月発売秋冬モデル「RELEASE PACK」のフェアリーコーラル×ホワイト×ボルトを着用していました。レビュラの後継モデルで、ミズノサッカースパイクの真髄である軽量・柔軟・素足感覚を継承し、軽量性とフィット感を追求。アッパーには人工皮革が採用された、ミズノ史上最もスピードを追求したモデルです。



【大島選手】
ナイキ・テイエンポ レジェンド 7 エリート SG-PRO


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

大島選手はナイキのフィッティングスパイクであるティエンポの旧モデルである7のMIXスタッドモデル、2019年9月発売のダークグレー×ブラック×イエローを着用していました。上質なカンガルーレザーと内側のキルティングがクッション性の高いボールタッチを実現。泥や土が付着しにくくなる加工が施されたアンチクロッグSG-PROソールが搭載されているモデルです。



【南野選手】
アディダス・コパピュア 2 ELITE FG


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

南野選手はアディダスのラインナンップの中で唯一の本革仕様スパイク、コパピュアシリーズの2代目のノーマルタンモデル、2024年1月16日発売の春夏コレクション「SOLAR ENERGY PACK」を着用していました。アッパー前足部のカウレザーには水の浸み込みを抑える加工が施された、より進化したFUSIONSKIN 2を採用。全天候型スパイクに仕上がっています。2代目はヒールや履き口形状が改良されています。



【大森選手】
アスレタ・O-Rei T7


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

大森選手は2024年2月発売、アスレタのフラッグシップモデルであるO-Rei T7のホワイト×ブラックを着用していました。T6から全体のアッパーパターンとGRIDSHELLの素材構成を再調整し、成熟度をさらに進化させています。履き心地に安定感があるスパイクです。ソールはMIXスタッドに加工されています。



【奥田選手】
アスレタ・O-Rei T7


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

奥田選手は2024年2月発売、アスレタのフラッグシップモデルであるO-Rei T7のホワイト×ブラックを着用していました。T6から全体のアッパーパターンとGRIDSHELLの素材構成を再調整し、成熟度をさらに進化させています。履き心地に安定感があるスパイクです。



【矢野選手】
アディダス・コパ ピュア .1 FG


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

アディダス契約選手の矢野選手は2023年1月発売、アディダスのラインナップの中で唯一の本革仕様スパイク、コパピュア.1のコアブラック×ゼロメタリック×チームショックピンクを着用していました。アッパー前足部に採用されたカウレザーは水の浸み込みを抑える加工を施した進化版FUSIONSKINで、全天候型スパイクに仕上がっています。



【宮崎選手】
アディダス・コパ ピュア .1 FG


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

宮崎選手はアディダスのラインナップの中で唯一の本革仕様スパイク、コパピュア.1の2023年秋冬モデルフットウェアホワイト×コアブラック×ルシッドレモンを着用していました。アッパー前足部に採用されたカウレザーは水の浸み込みを抑える加工を施した進化版FUSIONSKINで、全天候型スパイクに仕上がっています。



【小堀選手】
ナイキ・ズーム マーキュリアル ヴェイパー 15 エリート FG


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

小堀選手はマーキュリアルヴェイパー15の2024年1月22日発売、春の新色「MAD READY PACK」を着用していました。着地時に縮み、素早く元の状態に戻ることで爆発的な跳ね返りを生む「Zoom air ユニット」をプレートに内蔵し、爆発的な加速力で他のプレーヤーを圧倒するナイキのスピードモデルです。



【イスマイラ選手】
ナイキ・ファントムGX エリート FG


(http://www.tochigisc.jp/game/2024041310)

イスマイラ選手はナイキのボールコントロールモデル、ファントムGXのローカットバージョン2023年秋モデル、ブライトクリムゾン×ホワイト×ユニバーシティレッド×ブラックを着用していました。アッパーの素材にはグリップ力と柔軟性と耐久性に優れた新世代のニットアッパーであるNIKE GRIPKNITを採用。ピッチ上で精度の高いボールコントロールを実現させています。スタッドはナイキ史上最多の13本スタッドが採用され、丸型、V型、Y型と異なるスタッドで構成されており、全方向への動きに対応しています。

コメント    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« そういう話が聞きたかった! | トップ | 朝ドラに見る東洋医学 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

サッカー馬鹿」カテゴリの最新記事